こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 186 )

六甲山

本日のハイク&湯治は六甲山。
JR芦屋駅スタート。駅から歩いてアプローチできる山は、便利だね。その分人も多いけど。

今日は荒地山コースへ。
鷹尾山のてっぺんは、都会を見下ろす展望台。
ここ数日寒かったのだが、今日はここに上がるまでに上着もフリースも脱いだ。
一気に春の陽気。身体もびっくりしてるで。
c0018489_10401148.jpg
荒地山までのコースは、岩を登ったりくぐったり、ぷちアスレチックみたいで面白い☆
c0018489_10425014.jpg
さすがに人気の六甲山。道中も頂上も人が多い。
c0018489_10435682.jpg
下山はもちろん有馬へ。下山口でまた「太閤の湯」の割引券を配ってはったんで、そちらの温泉へ。
一般料金は2600円とかなり高いが、割引券は60分1000円。有馬特有の金泉、銀泉の他、炭酸泉もあり楽しめる。

が、浴室の大きさの割に湯船が小さく、露天風呂の金泉は数人しか入れない。
芋洗いみたいになりながら、他のお客さんと「狭いですよね・・・」とお話しする。
割引券がなかったら、行かないかな・・・

帰りのバスの時間まで、温泉街を散策。土曜日ってこともあって、観光客がめちゃめちゃ多い。
有馬といえば、炭酸せんべい。手焼き製造のこのお店、今日も作業中のおばちゃんが試食どうぞ、と割れたのをくれた。
パリパリでほんのり甘くて美味しいよ。お土産にも最適。
c0018489_11054226.jpg
別のお店で、「なま炭酸せんべい」ちゅうのを売っていた。賞味期限5秒って???
c0018489_11093174.jpg
焼き立てを、「はい!、急いで!」
慌てて一口目。二口目にはもう硬くなってて、普通の炭酸せんべい^^;
なま感は5秒じゃなくて2秒くらい???

梅田行きの特急バスは20分遅れで出発。考えてみたら、普通の路線バスで芦屋に戻ればよかった。
さらに中国道で宝塚の渋滞に巻き込まれる。もうすぐ新名神が神戸まで延びるので、解消されるのを大いに期待しよう。


by Koh_Chang | 2018-03-03 21:36 | | Comments(0)

福寿草@ポンポン山

さあ!今度こそ福寿草を見ますぞ!!!

同じコースを辿るのも芸がないので、出灰から登ることにした。
登山口まで、MTBでアプローチ。
本山寺のような急坂はないけれど、川沿いを上流に向かって走るので、地味にしんどい。
登山口まで1時間半かかった。
橋を渡った先の電柱に駐輪していると、「おーい」と声が聞こえた。
声の方を見上げると、登山口のお家の方が、ここに停めていいよと。
ありがたく駐輪させて頂いた。おじさん、どうもありがとうございます!

登山口にある、尸陀(しだ)寺跡。一休さんが開創した草庵跡と伝えられる。
c0018489_22485239.jpg
ここからポンポン山へは、一気に高度を上げていく。
本山寺のコースはアップダウンを繰り返し、ダラダラ登って行くけど、こちらは距離は短いながらもしっかり登りごたえがある。
この前見過ごした看板のところから西尾根コースを下りる。
保護区前のテントで受付をして柵の中へ。

おお!いっぱい咲いてるよ
c0018489_23202851.jpg
c0018489_23204264.jpg
c0018489_23205355.jpg
c0018489_23210311.jpg
保護区の中は一方通行。この保護区の中だけ、福寿草が咲いている。
先週よりもずっと開花が進んでいて、とても可愛い花を見ることができた。
c0018489_23213244.jpg
昔はどこにでも咲いていたのだろうか・・・。

一応、また頂上にも上がっておいた。
霞がかかっているけれど、このどこかにうちが見えているはず。
c0018489_23240787.jpg
往路をたどって下山。おじさんに御礼を言って、次の目的地・樫田温泉へ向かう。
出灰のバス停からもう少し亀岡方面へ行った所にあるはずだ。

到着したものの、何か変。
駐車場に車が1台も停まっていない。嫌な予感。あの張り紙は・・・
c0018489_23282044.jpg
近寄ってみると・・・
c0018489_23293696.jpg
うそ!4月からじゃねーか(-"-)
何か変だな~と思いながらも、仕方なくいつもの美人の湯に行き、まったりして帰路につく。

今調べたら、私が行ったのは施設の一部であるクラフトセンターで、温泉のある本館は、もうちょっと先にあったようだ。そんなん知らんがな。空っぽの駐車場は第二駐車場だった・・・。ガクっ。



by Koh_Chang | 2018-03-02 21:54 | | Comments(0)

ポンポン山

昨日運動せんかい!と言われましたんで。
久々にMTBで本山寺へ向かったが、あまりにしんどくって川久保との分岐点で放り出しましたわ。
c0018489_18151167.jpg
いつもの1.5倍の時間かけて、ヒーヒー言いながら駐車場着。
こんなしんどかったっけな。体力なさすぎやろ。。。

ポンポン山にも福寿草が咲いているという情報を得て、保護地区に向かう。
頂上から20分あれば行けるようなので、初めて出灰方面へ下る。

15分ほど下っても分岐がない。オカシイ。
GPSで確認したら、かなり下っているではないか・・・
運動不足解消じゃ、と登り返し、随分上で細い樹に小さな手書きの看板発見。
c0018489_18224792.jpg
おーまいがっ!見落としておったではないか。
そちらの尾根をずんずん下って、ようやく保護区へ。

おーまいがっ!開園は15時までですって!!!!!(只今の時刻15:10)
c0018489_18284040.jpg
堅く鎖で閉ざされている。
カタクリ保護区は柵の中に自由に出入りできるので、こちらも勝手にそうだと思っていた。
ガッカリ。んじゃ、柵を攀じ登るか・・・

な訳ないでしょ。
見たところ、福寿草見当たらず。
せっかくここまで来たので、出口の扉までぐるり廻って本当に咲いているのか確認。c0018489_18350210.jpg
この中から福寿草を探せ。
まだ咲き始めたばかりみたい。また来なはれ、と言われたようで、今日は下見ってことにした。

帰りに美人の湯で湯治。美人になったかな^^;


by Koh_Chang | 2018-02-22 18:14 | | Comments(0)

摂津峡

摂津峡ウォーキング。塚脇橋まではママチャリでアプローチ。
桜公園まで行くと、ピッカピカのハイキングコースが。こんなのなかったよね。c0018489_15112801.jpg
せっかくなので、案内板の中から行ったことのない中腹自然林コースへ。
c0018489_15315266.jpg
広い展望台があった。そこから川を挟んでちょうど向かい側に、開けた台地がある。
ひょっとしたら、あそこが芥川山城跡じゃないのかな。
c0018489_22150183.jpg
ここからコースは一気に沢まで下る。摂津峡を抜けた後、芥川山城の看板から再び山道へ。
山城跡まで来て、向こう側を見たら小さく展望台が見えた。やっぱり。
山城跡からは北摂はもちろん、梅田のビル群、あべのハルカスまで見える。
とても眺望がいいところだ。
そしてこの芥川山城、なんと続日本100名城に昨年選出されているのである。
山城として、様々な遺構が残っているのが珍しいそうだ。
c0018489_22213545.jpg
たまたま石垣跡で整備をされていたボランティアのおじさんに、お話を伺った。
実は少し前まで頂上は樹や草で鬱蒼としており、眺望も全くなかった。山城としての価値を多くの人に知ってもらおうと、地主さんの許可をもらって、4-5年前から整備を進められたそうだ。
昨年は、芥川の鯉のぼりフェスで使われたものをお借りして、山城跡に掲げたそう。摂津峡に来られる観光客はそれなりにいても、すぐ近くにある芥川山城は知らない人が多い。まずは認知度向上のため、鯉のぼりを見つけてくれたら、あれ何だろう?と興味を持ってもらえるのでは、とのこと。
今年は更に、4月7日、甲冑姿の大名行列も開催されるそうだ。城主の三好長慶らに扮するのかな。
大手門の道はかなり急なので、甲冑姿でも歩きやすくするために、これから階段を作られるそうだ。

高槻といえば、高山右近や高槻城の方が知名度が高いですもんね。
続100名城に選ばれたので、これからマニアの方の来場も増えるかも。
少なくとも、そのうち姉が来るやろ(笑)

by Koh_Chang | 2018-02-16 23:55 | | Comments(0)

天王山

本日のチャリ&ウォーキング&湯治は、天下分け目の天王山へ。
やっとこパンクしたまんまのMTBを直してもらったので、試乗も兼ねて西国街道を走る。

駅前駐輪場のおじさんが、優しくて感じのいい方だったよ。
c0018489_15345256.jpg
急坂を登ったところにある宝積寺。合戦の際、秀吉軍の本陣おかれたそうだ。
重要文化財にも指定されている三重塔は、秀吉が命じて一夜で建てられたとか。
c0018489_15432952.jpg
腕をフリフリウォーキング。
展望台で明智・秀吉両軍の布陣の図と現在の様子を見比べて、あの辺りかなあと思いを馳せる。c0018489_15441618.jpg
下山後は、高槻天神の湯。ぬる湯の炭酸泉にじっくり入る。はよ肩なおれ。
by Koh_Chang | 2018-02-14 21:28 | | Comments(0)

大文字山

本日のウォーキング&温泉は、大文字山へ。京の街が一望できる火床は、本日暴風なり。
景色見ながら休憩しようって思ってたのに、無理無理!寒い!
c0018489_19155077.jpg
下山したところにある銀閣寺に、外国人観光客に交じって入る。c0018489_19172526.jpg
子供の頃、キラッキラの金閣寺見た後、銀閣寺見てガッガリした覚えがあるな^^;c0018489_19184009.jpg
手入れの行き届いた苔の庭が美しかった。
c0018489_19231746.jpg
蹴上トンネルのねじりまんぽを見てから駅へ。
c0018489_19244925.jpg
今日も高槻の天神の湯で湯治☆
やっぱり温泉はよろしいなあ。

by Koh_Chang | 2018-01-31 19:14 | | Comments(0)

御池岳のシマリス

今年は戌年なんですけどね。あまりにシマリスが可愛くって。
今年の年賀状に使いました。
他にも可愛い写真が撮れているので、よかったら見てね。
昨年11月、鈴鹿・御池岳にて。

「もうすぐ冬がやってくるから、いっぱい食べなきゃ」
c0018489_19532197.jpg

「もぐもぐ」
c0018489_19544947.jpg

「もぐもぐ、もぐもぐ」
c0018489_19553537.jpg

「ほほ袋がもういっぱいだぜ・・・ん?」
c0018489_23461908.jpg

「誰か、ボクを呼んだ?」
c0018489_23464984.jpg

「よくね、樹の枝の上にいる僕たちのイラストを見るとさ、
しっぽがふさふさでくるんと上に向いているんだけど、
あれ、シマリスではまずないんだよね、もぐもぐ」
c0018489_19564752.jpg

「えへ、ほほ袋の餌はかくしてきたよ」
c0018489_19571112.jpg

「まだまだ足らないよ。忙しい、忙しい」
c0018489_19573187.jpg

「んー、木の実おいしい」
c0018489_19580863.jpg

「ぱくっ!うまー!!!」
c0018489_19574695.jpg

「ほんと、にいちゃん、いつまで見てるん?」
c0018489_19584076.jpg

photo by Yanacchi

ちなみに私のコンデジでは、米粒みたいなシマリスしか撮れません。
仕方ないので、ヤナッチがリスの一番近くで撮っている姿を撮りました。
リスは黄色い〇の中にいるのですが、分かるかな?
c0018489_20160055.jpg

今頃シマリスたちは、雪の中。今年もまた会えるといいね♪
by Koh_Chang | 2018-01-03 21:12 | | Comments(0)

黒部五郎岳

今日は黒部五郎岳へ。出発する登山者で賑わう太郎平小屋の前で薬師岳方面を振り返る。
c0018489_2175145.jpg


北ノ俣岳に向かう途中の木道。気持ちいい。初日も通っているけれど、何にも見えなかったからね。
c0018489_21252846.jpg


チングルマの花畑の向こうに黒部五郎岳。遠いね^^; 
c0018489_21554352.jpg


黒部五郎岳の背後に槍ヶ岳。
c0018489_21573269.jpg


笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山。
c0018489_21591947.jpg


薬師岳。稜線歩きは、やっぱり眺望がないとね(^^)
c0018489_2271488.jpg


途中、オコジョに遭遇。ぬいぐるみみたいに可愛いかった。
こんな可愛い顔して雷鳥襲うんだもの、カワイイ奴に騙されるなよ。
c0018489_14345959.jpg


黒部五郎岳のてっぺんはガスの中~
c0018489_1436259.jpg


しぶとく待っていたら、少しガスが晴れてきた。
c0018489_1438196.jpg


黒部五郎岳のカールを下っていく。氷河で削られた岩石群に悠久の時を想う。
c0018489_14391635.jpg


c0018489_14435259.jpg


岩の向こう雲ノ平、その向こうには裏銀座。
c0018489_1444726.jpg


古代人の要塞?
c0018489_14444294.jpg


黒部五郎小屋の周りは一面のコバイケイソウ。当たり年に来たらきっと腰抜かすほど綺麗だろう。
c0018489_14475294.jpg


ここのキャンプ場は、さほど込み合うこともなく。明日は天気が崩れる前に下山したいところだが。
c0018489_1449437.jpg


by Koh_Chang | 2017-08-14 21:03 | | Comments(0)

テントの100均便利グッズ

そうそう。
百均で買った洗濯ネット。大きさこれくらいので四隅にひも、中央にチャックついてるやつ。
c0018489_23532197.jpg


今回の山行で、初めてこれをテント上部に括り付けてみた。ネットの中にたくさん小物を入れられるし、ネットの上にもちょいっと置けるし、紐のところにはタオルやら帽子やら掛けられるし、めっちゃ便利!
c0018489_23571991.jpg


今までは細い紐を通してたけど、ネットの方が断然便利。軽いものだし、おすすめですよ(^^)/


by Koh_Chang | 2017-08-13 23:51 | | Comments(0)

薬師岳

翌日。とりあえず青空の下、黒部五郎岳から槍ヶ岳まで見えた瞬間。
c0018489_16144521.jpg


朝露をのせたチングルマ。
c0018489_16162966.jpg


可憐なハクサンイチゲ。
c0018489_16173357.jpg


c0018489_1618853.jpg


薬師岳へ向かう登山道を振り返る。シナノキンバイも咲いてたよ。
c0018489_16183851.jpg


雪渓に近いところは、まだチングルマが咲いている。
c0018489_16195137.jpg


頂上に近くなると石英斑岩という白っぽい石が多くなり、遠くから見ると輝くように見える。
c0018489_16214334.jpg


氷河が山肌を削った大きなカールが見られる。
c0018489_16243199.jpg


薬師岳山頂着。まだもっと可愛かった頃(ってどやねん)、GWに山スキーで来た時、途中で滑落してスキーが壊れて登頂できなかった苦い思い出が蘇りますなあ^^;
c0018489_16255395.jpg


頂上にいる間だけ、ちょうど青空で下に雲海が広がって。
c0018489_16322724.jpg


しばらくボケッとしましたわ。こういう時間がたまらない。
c0018489_16331783.jpg


そうこうしている間にガスがあがってきて。下山は花を愛でながらゆっくりと。
チングルマって、ほんとカワイイのよ。
c0018489_16363337.jpg


ミヤマキンバイ
c0018489_16373971.jpg


ミヤマリンドウ
c0018489_16391533.jpg


アオノツガザクラ
c0018489_164029100.jpg


ハクサンイチゲがたくさん咲き誇ってた。
c0018489_1658542.jpg


薬師峠キャンプ場、13:30でこの混み具合(@_@;)
c0018489_1642917.jpg


朝出発する前に、一等地が空いたので移動させておいて大正解(^^) 
地形上すぐ近くにテントが張れないので、静かに過ごすことができた。
c0018489_16432599.jpg


さて、明日の天気も心配だ。
by Koh_Chang | 2017-08-13 22:39 | | Comments(0)