こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 189 )

比良・蛇谷ヶ峰

恐らく梅雨入り前の最後の晴れ間。
しばらく歩けないかもしれないので、朽木まで出かけた。

いきものの里からスタートしようと思っていたら、駐車場がない。
いつの間にか閉園してたのですね・・・
てんくう温泉まで戻って、そこから歩いた。

エゴノキ
c0018489_13345964.jpg

ヤマボウシ
c0018489_13352094.jpg

道中はコアジサイがいっぱい咲いていた。
c0018489_13363314.jpg


とてもいい香り。
c0018489_13404348.jpg

昼間でも活発に活動するコゲラちゃん。
c0018489_13415564.jpg

頂上からは今日もマザーレイクが美しい。
右の方の山は、4月に歩いたリトル比良。
c0018489_13440460.jpg

仲良しコゲラがペアで餌を探してた。
c0018489_13424125.jpg

初めて見るゴジュウカラにひとりで大興奮!
わわわー!ちょっと待って!!飛ばないで!!!
c0018489_13432389.jpg

こうちゃんのばーか。
誰が止まってやるか。
c0018489_13511892.jpg


と、ピンボケのまますぐにどこかに飛んでいってしまった。ドケチ。

キョロロロロロ・・・とアカショウビンの独特な鳴き声が聞こえる。
この山のどこかに、あの赤い鳥がいるんだね、と嬉しくなった。

下山後は当然てんくう温泉へ。
源泉の湯船は25℃。私にとったら叫びたくなる冷たさなんだが、
皆さん平気なのかドボンと入られる。
水温に慣れたら大丈夫なんだけどね。
熱いのと冷たい湯船に、交互に入浴できるのは、身体によさそう。
お風呂でのんびりしすぎて、帰りに寄ろうと思っていた道の駅は営業終了。
残念でした^^;



by Koh_Chang | 2018-06-04 22:33 | | Comments(0)

金勝アルプス

上桐生~落ケ滝~天狗岩~竜王山~狛坂磨崖仏~上桐生

滋賀の金勝アルプスへ。
昔、チャーリーと歩いた思い出の場所だ。
瑞浪がミニ小川山なら、ここをミニミニ小川山、と呼ぶには無理があるか。c0018489_20564188.jpg

そんなにアップダウンのない道ながら、岩や沢や滝など楽しいハイキング。
落ケ滝。水の勢いはないけど、涼やかだ。
c0018489_13562039.jpg

天狗岩周辺は湖南の展望もよく。
c0018489_14021588.jpg


シジュウカラが近くに来てくれた。わわわって、あせるカメラ初心者。
c0018489_14032231.jpg


シジュウカラは顏からお腹にかけて黒い帯があって、
ネクタイみたいなのね。
c0018489_14041300.jpg

トンボを撮ろうと思ったら、カメラに止まったよ。
c0018489_14091119.jpg

ニホンカワトンボ。どあっぷ失礼します~
c0018489_14103531.jpg


高さ6mの花崗岩に刻まれた狛坂磨崖仏は国指定史跡。
奈良時代後期のものらしい。登山道のすぐ脇にドンと見応えあり。
c0018489_14201397.jpg


1996年4月、一緒に歩いたチャーリーの写真を発見
行く前に見ておけばよかった。。。
今度行く時は、ここと同じショットで写真を撮ろう。
c0018489_14520322.jpg

by Koh_Chang | 2018-05-25 20:52 | | Comments(0)

御池岳・花と野鳥編

野鳥の声に耳を澄ませながら歩く。
c0018489_14281274.jpg


足元には、小さな花たち。ミヤマハコベ。
c0018489_14204154.jpg


岩にへばりついて咲くヒメレンゲ。誰かみたい(笑)
c0018489_14210627.jpg


美声を響かせるオオルリ。
いつもは鳴き声だけで、なかなか発見できないのだが、ようやく撮れた
c0018489_15345694.jpg
オオルリは、木のてっぺんとか、飛び出た枝の先っぽとかで鳴いていることが多い。
気持ちよさそうに歌っているんだな~♪
c0018489_15355743.jpg

木々の葉っぱはもうわっさわさになっているため、ピーピー飛び回るヒガラをロックオンするのは至難の業で・・・
c0018489_15415304.jpg

目立たぬようこんな色になったのかしら、のミソサザイ。
なのに歌声はとても賑やか。鳳来・鬼岩の河原でもよく鳴いてたね。
c0018489_15512347.jpg


シマリスがいそうな岩場&苔の環境は、ミソサザイも好きなようで。
c0018489_15590873.jpg

シマリスを探している時に、ひょいっとまんまるな姿に出くわすことも。
c0018489_16003825.jpg

アカゲラ by Ya
私はまともに撮れなかった。中型のキツツキで、ドラミングの音は意外と大きく森によく響く。
c0018489_16020866.jpg

野鳥とシマリスを探しながらの登山は、びっくりするほど進まなくて、この日は九合目で引き返しましたとさ^^;

そして下山後。駐車場で念のためヒルチェックしたら・・・
c0018489_16105738.jpg

シマリスの背中と同じ模様のヒルが、紐を通す穴に挟まって身動きできなくなっていた・・・
まだ大丈夫だと思っていただけに、ちょっとショック。早過ぎるわ・・・

by Koh_Chang | 2018-05-21 14:16 | | Comments(0)

御池岳・シマリス編

4月に予想外の積雪で会えなかったシマリス。
ヒルが出る前に、行かなくては。
シーズン最後の山スキーが、悪天で中止になったので、かわりに御池岳へ。

コグルミ谷から入山したら、ほどなくシマリスがお出迎え。

「あ、まさかこうちゃんが来たの? この前は寒くて眠ってたんだ。」
「今さ、穴の中の虫を捕まえたの。んで、食べてるとこ。」
げっ!よく見たら、昆虫らしき脚が見えた。勝手に草食かと思ってた・・・
c0018489_15542852.jpg

「やだな、こうちゃん、知らないの?僕らタンパク質の補充に虫食べるんよ。」
「どんぐりに入っている幼虫なんか、めっちゃうまうまなんやで!」
c0018489_15552562.jpg

「でも、虫捕まえるより、こんなお花咲いたあとの実を採る方が早いからね。」
c0018489_15555405.jpg

「あっ!あそこにうまそうなものが。」
c0018489_15561760.jpg

もぞもぞ。
c0018489_15565685.jpg

「あった、あった。」
c0018489_15564442.jpg

もぐもぐ。
c0018489_15562829.jpg

「今日はお天気がいいから、岩の上があったかいんだ。」
c0018489_15570910.jpg

「気持ち良くて、まぶたが・・・眠い。」
c0018489_15572458.jpg

「あ!大好きなシマちゃんが遊びに来たよ。」
c0018489_15575896.jpg

「こんにちはっと、狭いわね、ここ。」
あっという間に、2匹とも追いかけっこしてどこかに行ってしまった。
c0018489_15574391.jpg

「こうちゃんに、大サービス。ここまで近づいてあげたよ。」
ほんとは触ってみたい。
c0018489_15582231.jpg


「とにかく、僕らはおいしいもんないか、ひたすら探し回っているんだ。」
c0018489_15583336.jpg

「こうちゃんに構っている暇はないの。もぐもぐ」
c0018489_15584749.jpg

かいかい。
c0018489_15590421.jpg

「こうちゃん、まだいたの?お肩もみましょうか?」
まじ?頼むわ。
c0018489_15591848.jpg

「なわけないやん。どんぐり持ってきてくれたら考えるわ。」
c0018489_15593528.jpg

「何かないかなー」
c0018489_15594517.jpg
「もぐもぐ。」
c0018489_15595744.jpg

「うまい!」
c0018489_16000659.jpg

「頬ぶくろが膨らんでないって?」
「前来たのは秋でしょ?冬眠前にいっぱい食べ物貯めないとアカンかったからね。」
c0018489_16002286.jpg

「だからさ、今は食べ物もいっぱいあるから、ずっともぐもぐしてるんだ。」
c0018489_16003272.jpg

「このフカフカの苔が生えた岩場が、僕らのお気に入りなんだよ。」
c0018489_16005836.jpg


シマリスは実際はとても小さくて、ちょろちょろ走り回ってすぐどこかに行ってしまうので、裸眼ではあまり観察できない。双眼鏡があれば、かわいい姿をはっきり見ることができるので、おすすめだ。

いったんもぐもぐし始めると、無防備にじっとしている。あれじゃ、背後から簡単に蛇などに襲われるんじゃないかな。
そもそもここにいた種ではないとはいえ、あの健気な姿で命を繋いでいるのだと思うと、そっと見守ってほしい。。。


by Koh_Chang | 2018-05-20 22:31 | | Comments(2)

鈴鹿・竜ヶ岳

ちょっと前に、高槻ジムのKぶんさんから、鈴鹿の山で羊の放牧が見られるよって教えてもらった。
そろそろ羊さんが見頃かも。行ってみよう。

宇賀渓~金山尾根~竜ヶ岳~遠足尾根~宇賀渓

登山道からちょこっと外れたところの魚止め滝。
むかーしむかし、蛇谷を遡行した時は登ったんだっけ?
c0018489_17391325.jpg

展望台からは街と海が見えた。
c0018489_19375916.jpg

羊というのはシロヤシオのこと。
c0018489_19332128.jpg

満開です(^^)
c0018489_17401543.jpg

真っ白の花と新緑が青空に映えて。
c0018489_19464728.jpg

竜ヶ岳頂上付近は一面の熊笹。
c0018489_19483100.jpg

熊笹の中のシロヤシオが咲くと、羊さんに見えるのだ。
c0018489_19505622.jpg

藤原岳と御池岳
c0018489_19530754.jpg

全てが満開ではないので、もっと羊っぽくなるんだろうね。
c0018489_19541403.jpg

遠足尾根は登山道を挟んで斜面の植生が随分異なる。
c0018489_19551660.jpg

今年はシロヤシオの当たり年なんだそう。
c0018489_19561693.jpg

ヤマガラ君だけ何とか1枚・・・うーん、やっぱり難しい。
c0018489_20045011.jpg

帰りに道の駅奥永源寺渓流の里に立ち寄る。
ここで売っているこれ。
c0018489_20555425.jpg
滋賀県の酒蔵の酒粕を使った生チーズケーキ。酒粕たっぷりでめっちゃ美味しいので、ぜひぜひ
そのあと、永源寺温泉八風の湯でさっぱり。やっぱり山と温泉はよろしいな~

Kぶんさん、素敵な情報ありがとうございました(^^)

by Koh_Chang | 2018-05-11 19:33 | | Comments(0)

比良・武奈ヶ岳

今年は雪解けも早く、桜もカタクリも早く開花。シャクナゲも然りらしく、あわてて見に行ってみた。
坊村~御殿山~武奈ヶ岳~コヤマノ岳~金糞峠~北比良峠~ダケ道でイン谷口への縦走コース。

JR堅田駅からバスで坊村下車。
晴天の土曜日。シャクナゲ満開とあって堅田駅ではバスを待つ長蛇の列。
平・坊村下車限定の臨時バスが出たので、全員座れた(と思う)。ありがたや。

登山道を歩いていると、目の前でヒガラが一心不乱に何かをつついてるではないか。
c0018489_18004166.jpg
どうも、何か動物のフンから巣作り用の毛をつつき出していたようだ。
春の野鳥は、恋に巣作りに子育てに大忙し。

御殿山より武奈ヶ岳を望む。山頂付近も新緑に包まれている。
c0018489_18124433.jpg

西南稜は晴れていたら本当に気持ちの良いところ。
c0018489_18150289.jpg

山頂への道の足元に、イワカガミも満開。
c0018489_18152516.jpg

縦走路を振り返る。
c0018489_18180003.jpg

お昼時の頂上。青空の下でランチを楽しむ人でいっぱい。
c0018489_18193487.jpg

シャクナゲを見るために、コヤマノ岳へ。頂上付近はブナ林が美しい。
c0018489_18224241.jpg

頂上から中峠に下りるのではなく、尾根の道を行く。
私の2010年山と高原地図には載っていない道。ヤマップには記載あり。
以前歩いてシャクナゲがいっぱいあったので、いつか花の時期に来ようと思っていた道。

ブナが終わると、植生が変わって立派な芦生杉がたくさん見られる。
c0018489_18264362.jpg

下りからちょこっと登りがあって、その先がシャクナゲ林へ続く。
頂上にあんなに人がいたのに、この道では誰も会わなかった。
あんまり知られてないのかな。
c0018489_18330119.jpg

c0018489_18442226.jpg

c0018489_18464857.jpg

c0018489_18444137.jpg

c0018489_18444995.jpg

金糞峠から北比良峠までもシャクナゲが見られる。
c0018489_18460854.jpg

峠から見るマザーレイク。
c0018489_18481924.jpg

ダケ道の途中で白いイワカガミが咲いていた。
c0018489_18490680.jpg

ヤマツツジ。
c0018489_18494139.jpg

登山口辺りではタニウツギ。
c0018489_18494906.jpg
イン谷口でバスで比良駅へ。バスだと比良とぴあ温泉に寄れないのが残念。

春の山はお花がいっぱい。花に癒される山道でした。

by Koh_Chang | 2018-05-05 20:56 | | Comments(0)

金剛山

大阪府最高峰、金剛山。
野鳥の餌台があって、手のひらに餌を乗せておけば、野鳥が手乗りで観察できるらしい。
素焼きのクルミを持ってでかけたのだが。

GW前半の山が暑すぎた。
北アルプスであの暑さだったので、と油断してしまった。
めちゃくちゃ寒い・・・
c0018489_17040746.jpg

シジュウカラのみ何とか撮れた。
c0018489_17053842.jpg

長袖にカッパを羽織るも、頂上では手がかじかんで、指で3が作れない状態。
GWだけあって、登山者はいっぱい。半袖の人もいたけど信じられん。
c0018489_17071138.jpg

広場では、キジバトだけエサをせがんでベンチの周りをウロウロしてたけど^^;
あまりに人が多く、これじゃ野鳥も来ないだろうと、早々に下山。

登山口の「まつまさ」で豆腐やデザートを購入。
絹ごし豆腐がとても美味しかった。
c0018489_17101006.jpg
なかなかカメラが活躍できませんなあ。
by Koh_Chang | 2018-05-04 20:55 | | Comments(0)

比良・蓬莱山

青空と新緑に誘われて。
JR蓬莱駅~金毘羅道~蓬莱山~小女郎峠~JR蓬莱駅
今日もてくてく歩いて来た。

湖西線の普通車両。
背中ぴんっの直角シートのボックス席。
このタイプの車両、懐かしいなあ。
c0018489_18330340.jpg

この季節の新緑は、同じ色が一つとしてないほど「緑」色が多彩。
小鳥たちがさえずる新緑の中を、ぽくぽく歩く。
c0018489_18331919.jpg

林道から登山道に入ると、根こそぎ樹木が倒れていて、あちらこちらで通せんぼ。
えらい荒れてますなあ。GPSがあれば安心。
c0018489_18333231.jpg

登山道の脇に、カタクリやショウジョウバカマが咲いている。
花を見るたび、にっこり。
c0018489_18363661.jpg

c0018489_15284932.jpg

大規模な土砂崩れの跡。
c0018489_15261776.jpg

登山道からびわこバレイのゲレンデにぽんっと出る。
マザーレイクの美しいことったら。
ゲレンデから金毘羅道の入口には、台風による倒木で通行止め、との張り紙が。
入山口にはそんな張り紙はなかったけど。
ロープウェイで上がって、安易に下るだけの人はやめとた方がいいでしょう。
c0018489_15325798.jpg

リフトのてっぺん辺りに、こんなテラスが作られていた。
まだ作業中なんで、もっと豪華になるのかしら。
c0018489_15352080.jpg

蓬莱山から小女郎峠方面。開けて気持ちのいい斜面。
c0018489_15370692.jpg

静かな小女郎池。この辺りの新緑はまだこれから。
c0018489_15385257.jpg

小女郎峠から下山。ミヤマカタバミが咲いていた。ニリンソウも撮ったけどピンボケ…c0018489_15401545.jpg

薬師滝
c0018489_16114247.jpg

駅周辺に温泉があればいいのに^^;
by Koh_Chang | 2018-04-20 21:54 | | Comments(0)

リトル比良

『リトル比良』なんてかわいい名称、誰がつけたんでしょう。
『It's a small world』がBGMに流れて、お人形さんが歩いているような。

JR近江高島駅~リトル比良~JR北小松駅のコースは、見どころがちょこちょこあって、なかなかユニークな山歩きを楽しめる。

賽の河原から少し登ったところに謎の日本庭園風スポット。
c0018489_10121682.jpg

まるでスキーのゲレンデのような、白坂。眩しいほどの白い砂壁。
c0018489_10155395.jpg

「またつまらぬものを切ってしまった。」
c0018489_10180185.jpg

オウム岩の看板があったら、そちらの方に行ってみてね。
展望台になっているし、ボルダーできるような岩が点在していて面白い。
いかにも課題がありそうなんだけど。
c0018489_10190412.jpg

楊梅の滝は、回り道でも行かなきゃ損!
5つの滝からなり、県下一の落差76mを誇る。
上の雄滝40m。
水しぶきを浴びながら、間近に見ると大迫力。
c0018489_10265802.jpg

雄滝から段々になって落ちてく。
c0018489_10355068.jpg

雌滝15m。ここに来るまでに途中長い梯子があって、結構怖い^^;
c0018489_10364681.jpg

リトル比良は稜線上にも巨石が多く、これ登れるかも?と考えながら巡るのも楽しい。
ザックにシューズ忍ばせておきますか(^^)
by Koh_Chang | 2018-04-13 22:05 | | Comments(0)

小塩山のカタクリ

ポンポン山の北にある小塩山に、カタクリ群生地があるらしい。
今年の春は早いので、間に合うかな?

地図は持参したが、ガーミンのGPSを忘れたので、試しにヤマップを使ってみることにした。
アプリを入れて、該当山域の地図をダウンロード。

JR向日町からバスに乗って、南春日町下車。ここでスマホを機内モードにして、ヤマップスタート。
きっとみんなカタクリ見に行くんだろうと年配の人についていったら、何だか違う方向のような・・・
そうそう、こんな時のヤマップ。おおお!なんと見やすい画面。登山口じゃない方に進んでいるし^^;

軌道修正して、山里を歩く。
この季節、新緑の色が眩しい。
c0018489_10495630.jpg

小塩山にはカタクリの群生地が幾つかある。
いずれもポンポン山と同じように、害獣防止の柵で保護されていた。
c0018489_10565854.jpg

咲いてました(^^)
c0018489_10593485.jpg

ボランティアの方が、カタクリについて色々と説明をして下さった。
カタクリの中の模様には、受粉をしてくれるハチや蝶を惹きつける仕組みがあるとか。
c0018489_11022532.jpg

今年は開花が早く、例年ならこれから見頃を迎えるのに、もう満開を過ぎているそうだ。c0018489_11135207.jpg
c0018489_11142439.jpg

白いカタクリ。白い個体は、葉っぱのまだら模様がなく、茎の色も薄い。c0018489_11143242.jpg

ミツバツツジに、
c0018489_11154015.jpg

アセビも。
c0018489_11160882.jpg

今回初めて使用したヤマップ。スマホ画面がGPSになるのでガーミンよりずっと見やすい。
ルート、距離、時間などの活動記録も分かりやすいし、これで無料ってすごいですね。
ガーミンとの軌跡の差もみてみたいし、また使ってみよう。

登山道にこんなもんありました。
なっつかしい!!! でもなんでこんな所に???
c0018489_13065682.jpg
by Koh_Chang | 2018-04-12 16:02 | | Comments(0)