こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 191 )

犬鳴山渓谷とスパワールド

酷暑が続く今夏。
Kぶんと無謀にも低山ハイキングを試みた。
渓谷沿いなら、少しは涼しいかも?と、泉佐野市の犬鳴山渓谷へ。

渓谷沿いのハイキング道には、大阪府下で一番背が高いという杉の木。
38mで上の様子は分からず・・・
c0018489_16175390.jpg


さざれ石があって、「中心より強い霊気霊波が湧出」との説明。
抱きついてみたが、全然分からんかったわ^^;
c0018489_16240620.jpg


行者の滝。一般の方でも事前予約で修行体験ができる。
この日も沢山の方が参加されてた。
c0018489_16262097.jpg


ハイキング道は渓谷を離れ、車道へと続く。
車道を歩き始めて間もなく・・・アカン、これはアカン。暑くて死にそう。
アスファルトの照り返しもあって、熱中症で倒れるかもしれんってことで、Uターン。

同じ道をもどって、渓谷に下りてのんびり休憩。河原はとても涼しくて快適だった。

新今宮まで戻って、第二の目的地・スパワールドへ。
一度行ってみたかったんだ!
プールには入らず、お風呂のみ。この日は女性はヨーロッパ調のフロア。テルマエロマエみたい。
お風呂もいっぱいあって、とても広い。
カフェもあって、かき氷、アイスやジュース、ビールなどを頂けるんだけど、みんなすっぽんぽん。
不思議な空間やったわ。

近場でハイキングは、もうちょい先にならないと、無理そうですね^^;
運動不足が続くわ・・・



by Koh_Chang | 2018-07-22 22:17 | | Comments(2)

白山

毎年恒例行事が台風のため延期になり、あっという間に梅雨も明けてしまい。
昨日までの日常が、突然なくなってしまうことが身近にあって。

行ける時に出かけようと、ひとり白山へ。
交通規制のかからない金曜日夜22時に別当出合着。
窓を閉め切って寝ようとしたら、暑くて眠れない。ここで標高1200mあるのに…。
網戸にできる網があってよかった。

三連休の初日。登山バスがやって来る前に出発しようと思っていたのだが、臨時バスが出ていたようで、別当出合は登山客でいっぱい。
人混みをさけ、観光新道からアプローチ。
c0018489_16093486.jpg
稜線に出るまでが、蒸し暑くて忍耐であった。
ササユリやクルマユリなどの花に励まされる。

ずうーっと峰々が続いて、ようやく夏山らしくなってきたよ。
c0018489_15300946.jpg
殿ヶ池避難小屋の赤い屋根。この辺りからお花が増えてくるよ。
c0018489_15451469.jpg
ニッコウキスゲが見頃☆
c0018489_15461989.jpg
別山とお花畑。
c0018489_15471263.jpg
日差しをうけて。
c0018489_16084690.jpg
見事な群生だったよ。
c0018489_16082301.jpg

ニッコウキスゲの先はコバイケイソウ。
c0018489_15490501.jpg

ミヤマダイコンソウ
c0018489_15494051.jpg

弥陀ヶ原。クマザサだらけ。昔、コバイケイソウのお花畑だった気がするんだけど。
c0018489_15513489.jpg

クロユリ。臭いと分かっていても、一度は確認したくなる。
やっぱりカビの生えた雑巾みたいなニオイだった^^;
c0018489_15531283.jpg

室堂も小さくなってきた。
c0018489_15534062.jpg

御前峰2702mに到着。さすがに山頂は涼しいわ~
c0018489_15561512.jpg

剣ヶ峰を望む。お池巡りコースへ。
c0018489_15571812.jpg

翠ヶ池がとても綺麗だった。
山頂はすごい人混みだったのに、お池巡りする人はぐっと減る。もったいないよ~
c0018489_15581458.jpg

チングルマのふわふわ綿毛。
c0018489_15592702.jpg

ハクサンコザクラ。
c0018489_16010140.jpg

ハクサンフウロとミヤマナデシコ。
c0018489_16031483.jpg

岩礫地に咲くイワツメクサ。こんなところで、力強いなあって思う。
c0018489_16035959.jpg

イワギキョウも岩が好き。
c0018489_16043004.jpg

下りはエコーラインから砂防新道へ。
南竜山荘とキャンプ場を望む。
c0018489_16022932.jpg

南竜道と合流してからが、暑さとの戦い。合流点で標高2100mあるのに、気温が33℃ってどやねん!
風もないし、こんな高所でも熱中症を気にしながら歩いた。。。。。

別当出合から細い道で登山バスとすれ違いたくないため、最終バスを見送ってから帰路につく。


by Koh_Chang | 2018-07-14 23:48 | | Comments(0)

比良・蛇谷ヶ峰

恐らく梅雨入り前の最後の晴れ間。
しばらく歩けないかもしれないので、朽木まで出かけた。

いきものの里からスタートしようと思っていたら、駐車場がない。
いつの間にか閉園してたのですね・・・
てんくう温泉まで戻って、そこから歩いた。

エゴノキ
c0018489_13345964.jpg

ヤマボウシ
c0018489_13352094.jpg

道中はコアジサイがいっぱい咲いていた。
c0018489_13363314.jpg


とてもいい香り。
c0018489_13404348.jpg

昼間でも活発に活動するコゲラちゃん。
c0018489_13415564.jpg

頂上からは今日もマザーレイクが美しい。
右の方の山は、4月に歩いたリトル比良。
c0018489_13440460.jpg

仲良しコゲラがペアで餌を探してた。
c0018489_13424125.jpg

初めて見るゴジュウカラにひとりで大興奮!
わわわー!ちょっと待って!!飛ばないで!!!
c0018489_13432389.jpg

こうちゃんのばーか。
誰が止まってやるか。
c0018489_13511892.jpg


と、ピンボケのまますぐにどこかに飛んでいってしまった。ドケチ。

キョロロロロロ・・・とアカショウビンの独特な鳴き声が聞こえる。
この山のどこかに、あの赤い鳥がいるんだね、と嬉しくなった。

下山後は当然てんくう温泉へ。
源泉の湯船は25℃。私にとったら叫びたくなる冷たさなんだが、
皆さん平気なのかドボンと入られる。
水温に慣れたら大丈夫なんだけどね。
熱いのと冷たい湯船に、交互に入浴できるのは、身体によさそう。
お風呂でのんびりしすぎて、帰りに寄ろうと思っていた道の駅は営業終了。
残念でした^^;



by Koh_Chang | 2018-06-04 22:33 | | Comments(0)

金勝アルプス

上桐生~落ケ滝~天狗岩~竜王山~狛坂磨崖仏~上桐生

滋賀の金勝アルプスへ。
昔、チャーリーと歩いた思い出の場所だ。
瑞浪がミニ小川山なら、ここをミニミニ小川山、と呼ぶには無理があるか。c0018489_20564188.jpg

そんなにアップダウンのない道ながら、岩や沢や滝など楽しいハイキング。
落ケ滝。水の勢いはないけど、涼やかだ。
c0018489_13562039.jpg

天狗岩周辺は湖南の展望もよく。
c0018489_14021588.jpg


シジュウカラが近くに来てくれた。わわわって、あせるカメラ初心者。
c0018489_14032231.jpg


シジュウカラは顏からお腹にかけて黒い帯があって、
ネクタイみたいなのね。
c0018489_14041300.jpg

トンボを撮ろうと思ったら、カメラに止まったよ。
c0018489_14091119.jpg

ニホンカワトンボ。どあっぷ失礼します~
c0018489_14103531.jpg


高さ6mの花崗岩に刻まれた狛坂磨崖仏は国指定史跡。
奈良時代後期のものらしい。登山道のすぐ脇にドンと見応えあり。
c0018489_14201397.jpg


1996年4月、一緒に歩いたチャーリーの写真を発見
行く前に見ておけばよかった。。。
今度行く時は、ここと同じショットで写真を撮ろう。
c0018489_14520322.jpg

by Koh_Chang | 2018-05-25 20:52 | | Comments(0)

御池岳・花と野鳥編

野鳥の声に耳を澄ませながら歩く。
c0018489_14281274.jpg


足元には、小さな花たち。ミヤマハコベ。
c0018489_14204154.jpg


岩にへばりついて咲くヒメレンゲ。誰かみたい(笑)
c0018489_14210627.jpg


美声を響かせるオオルリ。
いつもは鳴き声だけで、なかなか発見できないのだが、ようやく撮れた
c0018489_15345694.jpg
オオルリは、木のてっぺんとか、飛び出た枝の先っぽとかで鳴いていることが多い。
気持ちよさそうに歌っているんだな~♪
c0018489_15355743.jpg

木々の葉っぱはもうわっさわさになっているため、ピーピー飛び回るヒガラをロックオンするのは至難の業で・・・
c0018489_15415304.jpg

目立たぬようこんな色になったのかしら、のミソサザイ。
なのに歌声はとても賑やか。鳳来・鬼岩の河原でもよく鳴いてたね。
c0018489_15512347.jpg


シマリスがいそうな岩場&苔の環境は、ミソサザイも好きなようで。
c0018489_15590873.jpg

シマリスを探している時に、ひょいっとまんまるな姿に出くわすことも。
c0018489_16003825.jpg

アカゲラ by Ya
私はまともに撮れなかった。中型のキツツキで、ドラミングの音は意外と大きく森によく響く。
c0018489_16020866.jpg

野鳥とシマリスを探しながらの登山は、びっくりするほど進まなくて、この日は九合目で引き返しましたとさ^^;

そして下山後。駐車場で念のためヒルチェックしたら・・・
c0018489_16105738.jpg

シマリスの背中と同じ模様のヒルが、紐を通す穴に挟まって身動きできなくなっていた・・・
まだ大丈夫だと思っていただけに、ちょっとショック。早過ぎるわ・・・

by Koh_Chang | 2018-05-21 14:16 | | Comments(0)

御池岳・シマリス編

4月に予想外の積雪で会えなかったシマリス。
ヒルが出る前に、行かなくては。
シーズン最後の山スキーが、悪天で中止になったので、かわりに御池岳へ。

コグルミ谷から入山したら、ほどなくシマリスがお出迎え。

「あ、まさかこうちゃんが来たの? この前は寒くて眠ってたんだ。」
「今さ、穴の中の虫を捕まえたの。んで、食べてるとこ。」
げっ!よく見たら、昆虫らしき脚が見えた。勝手に草食かと思ってた・・・
c0018489_15542852.jpg

「やだな、こうちゃん、知らないの?僕らタンパク質の補充に虫食べるんよ。」
「どんぐりに入っている幼虫なんか、めっちゃうまうまなんやで!」
c0018489_15552562.jpg

「でも、虫捕まえるより、こんなお花咲いたあとの実を採る方が早いからね。」
c0018489_15555405.jpg

「あっ!あそこにうまそうなものが。」
c0018489_15561760.jpg

もぞもぞ。
c0018489_15565685.jpg

「あった、あった。」
c0018489_15564442.jpg

もぐもぐ。
c0018489_15562829.jpg

「今日はお天気がいいから、岩の上があったかいんだ。」
c0018489_15570910.jpg

「気持ち良くて、まぶたが・・・眠い。」
c0018489_15572458.jpg

「あ!大好きなシマちゃんが遊びに来たよ。」
c0018489_15575896.jpg

「こんにちはっと、狭いわね、ここ。」
あっという間に、2匹とも追いかけっこしてどこかに行ってしまった。
c0018489_15574391.jpg

「こうちゃんに、大サービス。ここまで近づいてあげたよ。」
ほんとは触ってみたい。
c0018489_15582231.jpg


「とにかく、僕らはおいしいもんないか、ひたすら探し回っているんだ。」
c0018489_15583336.jpg

「こうちゃんに構っている暇はないの。もぐもぐ」
c0018489_15584749.jpg

かいかい。
c0018489_15590421.jpg

「こうちゃん、まだいたの?お肩もみましょうか?」
まじ?頼むわ。
c0018489_15591848.jpg

「なわけないやん。どんぐり持ってきてくれたら考えるわ。」
c0018489_15593528.jpg

「何かないかなー」
c0018489_15594517.jpg
「もぐもぐ。」
c0018489_15595744.jpg

「うまい!」
c0018489_16000659.jpg

「頬ぶくろが膨らんでないって?」
「前来たのは秋でしょ?冬眠前にいっぱい食べ物貯めないとアカンかったからね。」
c0018489_16002286.jpg

「だからさ、今は食べ物もいっぱいあるから、ずっともぐもぐしてるんだ。」
c0018489_16003272.jpg

「このフカフカの苔が生えた岩場が、僕らのお気に入りなんだよ。」
c0018489_16005836.jpg


シマリスは実際はとても小さくて、ちょろちょろ走り回ってすぐどこかに行ってしまうので、裸眼ではあまり観察できない。双眼鏡があれば、かわいい姿をはっきり見ることができるので、おすすめだ。

いったんもぐもぐし始めると、無防備にじっとしている。あれじゃ、背後から簡単に蛇などに襲われるんじゃないかな。
そもそもここにいた種ではないとはいえ、あの健気な姿で命を繋いでいるのだと思うと、そっと見守ってほしい。。。


by Koh_Chang | 2018-05-20 22:31 | | Comments(2)

鈴鹿・竜ヶ岳

ちょっと前に、高槻ジムのKぶんさんから、鈴鹿の山で羊の放牧が見られるよって教えてもらった。
そろそろ羊さんが見頃かも。行ってみよう。

宇賀渓~金山尾根~竜ヶ岳~遠足尾根~宇賀渓

登山道からちょこっと外れたところの魚止め滝。
むかーしむかし、蛇谷を遡行した時は登ったんだっけ?
c0018489_17391325.jpg

展望台からは街と海が見えた。
c0018489_19375916.jpg

羊というのはシロヤシオのこと。
c0018489_19332128.jpg

満開です(^^)
c0018489_17401543.jpg

真っ白の花と新緑が青空に映えて。
c0018489_19464728.jpg

竜ヶ岳頂上付近は一面の熊笹。
c0018489_19483100.jpg

熊笹の中のシロヤシオが咲くと、羊さんに見えるのだ。
c0018489_19505622.jpg

藤原岳と御池岳
c0018489_19530754.jpg

全てが満開ではないので、もっと羊っぽくなるんだろうね。
c0018489_19541403.jpg

遠足尾根は登山道を挟んで斜面の植生が随分異なる。
c0018489_19551660.jpg

今年はシロヤシオの当たり年なんだそう。
c0018489_19561693.jpg

ヤマガラ君だけ何とか1枚・・・うーん、やっぱり難しい。
c0018489_20045011.jpg

帰りに道の駅奥永源寺渓流の里に立ち寄る。
ここで売っているこれ。
c0018489_20555425.jpg
滋賀県の酒蔵の酒粕を使った生チーズケーキ。酒粕たっぷりでめっちゃ美味しいので、ぜひぜひ
そのあと、永源寺温泉八風の湯でさっぱり。やっぱり山と温泉はよろしいな~

Kぶんさん、素敵な情報ありがとうございました(^^)

by Koh_Chang | 2018-05-11 19:33 | | Comments(0)

比良・武奈ヶ岳

今年は雪解けも早く、桜もカタクリも早く開花。シャクナゲも然りらしく、あわてて見に行ってみた。
坊村~御殿山~武奈ヶ岳~コヤマノ岳~金糞峠~北比良峠~ダケ道でイン谷口への縦走コース。

JR堅田駅からバスで坊村下車。
晴天の土曜日。シャクナゲ満開とあって堅田駅ではバスを待つ長蛇の列。
平・坊村下車限定の臨時バスが出たので、全員座れた(と思う)。ありがたや。

登山道を歩いていると、目の前でヒガラが一心不乱に何かをつついてるではないか。
c0018489_18004166.jpg
どうも、何か動物のフンから巣作り用の毛をつつき出していたようだ。
春の野鳥は、恋に巣作りに子育てに大忙し。

御殿山より武奈ヶ岳を望む。山頂付近も新緑に包まれている。
c0018489_18124433.jpg

西南稜は晴れていたら本当に気持ちの良いところ。
c0018489_18150289.jpg

山頂への道の足元に、イワカガミも満開。
c0018489_18152516.jpg

縦走路を振り返る。
c0018489_18180003.jpg

お昼時の頂上。青空の下でランチを楽しむ人でいっぱい。
c0018489_18193487.jpg

シャクナゲを見るために、コヤマノ岳へ。頂上付近はブナ林が美しい。
c0018489_18224241.jpg

頂上から中峠に下りるのではなく、尾根の道を行く。
私の2010年山と高原地図には載っていない道。ヤマップには記載あり。
以前歩いてシャクナゲがいっぱいあったので、いつか花の時期に来ようと思っていた道。

ブナが終わると、植生が変わって立派な芦生杉がたくさん見られる。
c0018489_18264362.jpg

下りからちょこっと登りがあって、その先がシャクナゲ林へ続く。
頂上にあんなに人がいたのに、この道では誰も会わなかった。
あんまり知られてないのかな。
c0018489_18330119.jpg

c0018489_18442226.jpg

c0018489_18464857.jpg

c0018489_18444137.jpg

c0018489_18444995.jpg

金糞峠から北比良峠までもシャクナゲが見られる。
c0018489_18460854.jpg

峠から見るマザーレイク。
c0018489_18481924.jpg

ダケ道の途中で白いイワカガミが咲いていた。
c0018489_18490680.jpg

ヤマツツジ。
c0018489_18494139.jpg

登山口辺りではタニウツギ。
c0018489_18494906.jpg
イン谷口でバスで比良駅へ。バスだと比良とぴあ温泉に寄れないのが残念。

春の山はお花がいっぱい。花に癒される山道でした。

by Koh_Chang | 2018-05-05 20:56 | | Comments(0)

金剛山

大阪府最高峰、金剛山。
野鳥の餌台があって、手のひらに餌を乗せておけば、野鳥が手乗りで観察できるらしい。
素焼きのクルミを持ってでかけたのだが。

GW前半の山が暑すぎた。
北アルプスであの暑さだったので、と油断してしまった。
めちゃくちゃ寒い・・・
c0018489_17040746.jpg

シジュウカラのみ何とか撮れた。
c0018489_17053842.jpg

長袖にカッパを羽織るも、頂上では手がかじかんで、指で3が作れない状態。
GWだけあって、登山者はいっぱい。半袖の人もいたけど信じられん。
c0018489_17071138.jpg

広場では、キジバトだけエサをせがんでベンチの周りをウロウロしてたけど^^;
あまりに人が多く、これじゃ野鳥も来ないだろうと、早々に下山。

登山口の「まつまさ」で豆腐やデザートを購入。
絹ごし豆腐がとても美味しかった。
c0018489_17101006.jpg
なかなかカメラが活躍できませんなあ。
by Koh_Chang | 2018-05-04 20:55 | | Comments(0)

比良・蓬莱山

青空と新緑に誘われて。
JR蓬莱駅~金毘羅道~蓬莱山~小女郎峠~JR蓬莱駅
今日もてくてく歩いて来た。

湖西線の普通車両。
背中ぴんっの直角シートのボックス席。
このタイプの車両、懐かしいなあ。
c0018489_18330340.jpg

この季節の新緑は、同じ色が一つとしてないほど「緑」色が多彩。
小鳥たちがさえずる新緑の中を、ぽくぽく歩く。
c0018489_18331919.jpg

林道から登山道に入ると、根こそぎ樹木が倒れていて、あちらこちらで通せんぼ。
えらい荒れてますなあ。GPSがあれば安心。
c0018489_18333231.jpg

登山道の脇に、カタクリやショウジョウバカマが咲いている。
花を見るたび、にっこり。
c0018489_18363661.jpg

c0018489_15284932.jpg

大規模な土砂崩れの跡。
c0018489_15261776.jpg

登山道からびわこバレイのゲレンデにぽんっと出る。
マザーレイクの美しいことったら。
ゲレンデから金毘羅道の入口には、台風による倒木で通行止め、との張り紙が。
入山口にはそんな張り紙はなかったけど。
ロープウェイで上がって、安易に下るだけの人はやめとた方がいいでしょう。
c0018489_15325798.jpg

リフトのてっぺん辺りに、こんなテラスが作られていた。
まだ作業中なんで、もっと豪華になるのかしら。
c0018489_15352080.jpg

蓬莱山から小女郎峠方面。開けて気持ちのいい斜面。
c0018489_15370692.jpg

静かな小女郎池。この辺りの新緑はまだこれから。
c0018489_15385257.jpg

小女郎峠から下山。ミヤマカタバミが咲いていた。ニリンソウも撮ったけどピンボケ…c0018489_15401545.jpg

薬師滝
c0018489_16114247.jpg

駅周辺に温泉があればいいのに^^;
by Koh_Chang | 2018-04-20 21:54 | | Comments(0)