人気ブログランキング |

こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 201 )

滋賀・音羽山

6/5

京阪大谷駅~音羽山~国分

大谷駅を下車すると、炭火でうなぎを焼くめちゃくちゃいい匂いがする。
つられてフラフラ歩いていると、こんな標識が!
c0018489_01295798.jpg

ここは、これやこの~知るも知らぬも逢坂の関。
c0018489_01462629.jpg

そのまま道路脇を歩いていくと、本来行きたかった遊歩道の真下に来るも、そこに上がる道がない・・・
うなぎの匂いにつられたらだめだったのね!「うなぎ注意」ですわ。
c0018489_01340504.jpg

蝉丸神社まで戻って仕切り直し。
遊歩道に入り、登山道が始まると、ずっと階段が続く。605のシールが貼ってあった。
数えた人いたのね。

この日は、ヤマガラの幼鳥に遭遇。
c0018489_01301421.jpg

結構近くの樹でピーピー鳴いてた。もっと警戒心持たなきゃ、猛禽類に捕まっちゃうよ。
c0018489_01302244.jpg

達者で暮らせよ。
c0018489_01302993.jpg

メジロ
c0018489_01303865.jpg

またまたヤマガラ幼鳥。
c0018489_01304409.jpg

一生懸命に何かをつついてた。
c0018489_01305829.jpg



音羽山頂上。
c0018489_01361703.jpg

少し下ったところから、琵琶湖南部のくびれが見えた。
c0018489_01310628.jpg

どこに行っても、執拗に追いかけてます。もうきっと名前は覚えて下さってますよね。
c0018489_01311497.jpg

キビタキ君。あっという間に目の届かないところへ飛んでいってしまった。
c0018489_01312114.jpg

国分へ下りる登山道は、最初は気が付かないほどの小さな流れが、小川となっていく。
自宅の裏を流れる三田川となる源流。
渓流沿いの道に、コマドリでも鳴いていればよいのだが、そう上手くはいかない。
高らかに歌うオオルリは、遥か高い樹の上にいるようで、姿すら確認できず。

そうこうするうちに、「国分ふれあい広場」。パラダイスの匂いがプンプンする。
c0018489_01313017.jpg

全部手作りのアスレチック・遊具みたい。誰もいないけど。
c0018489_01313860.jpg

このコースは、実家に直接帰れるハイキングコース。
父によると、小学生の時に家族4人で歩いた東海自然歩道の最初のルートだったんだって。
覚えてないけど・・・ゴメン^^;

by Koh_Chang | 2019-06-05 22:52 | | Comments(0)

比良・権現山~蓬莱山

5/22

平バス停~折立山~権現山~蓬莱山~打見山~志賀駅

蓬莱山のラッパスイセン見に行こうと思ったんよね。。。

こちら方面のバスは平に9:23着しかないんだな・・・
登山道からちょっと入った折立山。展望なく新緑に包まれた頂上。
c0018489_10224790.jpg


昨年の台風の影響かな。痛々しい。権現山の手前、少し道が分かりにくくなっていた。
c0018489_10233447.jpg

権現山の稜線にポンと出ると、思わず、うわー!と声をあげた。
c0018489_10234849.jpg

空気がとても澄んでいて、素晴らしき眺望
c0018489_10240228.jpg

快晴より、少し雲がある方が絵になるよね
c0018489_10241911.jpg

稜線歩きがとても爽やか
c0018489_10243203.jpg

琵琶湖の景色を満喫して歩く
c0018489_10244887.jpg

小女郎峠手前のお地蔵さん
c0018489_10245949.jpg

小女郎池
c0018489_10251591.jpg

蓬莱山へ
c0018489_10252793.jpg

蓬莱山まで来たら、平日にも関わらず琵琶湖テラスに来るお客さんでいっぱい!
やっぱ皆さん、スイセン見に来るんかな(て、この時は思ってた)
このテラスは無料だけど、この下に有料席があった。
c0018489_10254504.jpg

ブランコベンチもある。スイセンはどこだ?
c0018489_10260008.jpg

頭上を飛んでいたトンビがゲレンデに下りてきた。
カフェの看板とコラボしてます~
c0018489_10253659.jpg

なんとなんと!入れません!
スイセン終わってました!!!ほぼ枯れてます。てへぺろ(^o^)丿
・・・じゃねえよっ!
あれ?ヤマップの満開の記録、4/30だし・・・
ていうか、よく見ろわたし!!!
c0018489_10261128.jpg


無料の手作りアトラクション(輪投げとか)を興じるお客さんがいっぱい。
童心に返っておっちゃんおばちゃんも楽しそうに遊んでる。

打見山からロープウェイ脇を下山。
クリンソウと菜の花
c0018489_10262504.jpg

土曜日と同じ琵琶湖と思えないほど綺麗
c0018489_10263983.jpg

道中のイワカガミ
c0018489_10265439.jpg

やっぱりお花は癒されるな~
c0018489_10270931.jpg

天狗杉ドーン!大きさが伝わるだろうか
c0018489_10271618.jpg
志賀駅の前の湖岸に、たくさん釣り人が居た。ブラックバス目当てのお兄さんの他にも、
地元のおばちゃんっぽい人も糸を垂れている。何釣ったはるんかな。

by Koh_Chang | 2019-05-22 22:46 | | Comments(0)

比叡山

実家に帰る前に、比叡山へ。
JR比叡山坂本駅下車。来年のNHK大河ドラマの主人公は明智光秀。ゆかりのある坂本では、のぼりがあちこちで立っていた。
明智光秀の眠る西教寺には、この翌日主演の長谷川博己が参拝に来たそうな。1日違い!おしい!?

日吉大社脇の階段から
c0018489_23021861.jpg


今日は風強し。タニウズキ撮るのも、実は枝を押さえている。
c0018489_23032886.jpg

ギャー!巨大ミミズ!!!
c0018489_23192079.jpg
まじでビビったっちゅうねん。。。(笑)

延暦寺エリアに入ると、参拝客や外国人観光客がいっぱい

c0018489_23034670.jpg

車でも来れますからね
c0018489_23035451.jpg

ん?色とりどりのツツジが咲いてるよ
c0018489_23040650.jpg

つつじが丘ってところなんだって
c0018489_23042499.jpg

ここのツツジは、規模は小さいけれど、色彩豊か
c0018489_23043624.jpg

ロープウェイ駅近くで、シャクナゲがここだけ残っていた
c0018489_23044752.jpg

ここが山頂
c0018489_23051699.jpg

クリンソウが風でブンブン揺られる
c0018489_23052643.jpg

マザーレイクはどんよりしてました・・・
c0018489_23054112.jpg

実家に帰って庭仕事。雑草、ゴメンな。
by Koh_Chang | 2019-05-19 22:20 | | Comments(0)

大和葛城山

母とツツジを見に、大和葛城山へ。父は残念ながら風邪気味でお休み。
電車とバスを乗り継ぎ、ロープウェイ乗り場へ。臨時バスも出ており、スムーズに乗車できた。
乗り場の建屋に、キセキレイが営巣しているようで、さかんに出入りしていたよ。
c0018489_19463731.jpg


うわ、なんじゃこれ?!キャベツみたいな蛾って検索したら、「オオミズアオ」と判明。
c0018489_19464761.jpg


ツツジ園に到着!
c0018489_19470382.jpg
満開のツツジが迎えてくれた

c0018489_19471599.jpg

あちら側までツツジの中を歩いて下りる。
c0018489_19474092.jpg

下から見上げると、稜線は人人人・・・
c0018489_19480215.jpg

赤い壁
c0018489_19481337.jpg

たまにピンク色のツツジのある
c0018489_19482393.jpg

少し歩いて山頂へ。
c0018489_19483665.jpg
ほんとに綺麗やったなあ。
次回は歩いて登ろうかな。

京都駅でたまたま入ったパティスリー&カフェ デリーモ。
チョコレートメインのお菓子屋さん。パフェやパンケーキがどれもめちゃんこ美味しいそう
抹茶のパンケーキにした。こんないっぱい食べられるかなって思ったのに、
軽く完食^^; ふわっふわでとってもおいしかった。
c0018489_19485159.jpg
お母さん、1日遠くまでお疲れ様でした♪
ちょっと遅れた母の日デートでした☆

by Koh_Chang | 2019-05-15 19:27 | | Comments(0)

六甲周辺ハイク

5/11
仁川駅~甲山~北山公園~ガベノ城~ゴロゴロ岳~奥池~東おたふく山

T労山の個人山行にご一緒させてもらって、新緑ハイキング。
爽やかというよりは、この日はめっさ暑かった~105.png

仁川駅で集合。懐かしいなあ、っていうほど覚えてないけど。この辺りは卒業以来初めて。
なんて話をしていたら、企画して下さったMさんが大先輩だった!

Mさんが昔よく登ったという岩、ムーンライト。ボルトが残っている。
c0018489_17532693.jpg


とても広い甲山頂上。
c0018489_17534670.jpg

北山公園に入る。
c0018489_17540268.jpg

ムーブを探るHさんとYっしー。
残念ながらこの暑さではスラブは無理^^; もちろん誰も登っていない。
c0018489_17545339.jpg

植物園はお花が綺麗。
c0018489_17550518.jpg

ちょっと変わったシャクナゲ
c0018489_17551537.jpg

快晴で青空はいいのだが、暑い暑い暑い!
c0018489_17553324.jpg

不思議な名前「ガベノ城」。結局謎は解明せず。
朝日新聞のネット記事によると、国有林管轄の近畿中国森林管理局、
西宮市教育委員会に照会しても、判明しなかったそうだ。
c0018489_17554678.jpg

ゴロゴロ岳の名前の由来は、565.6mから来ているのですね!
c0018489_17561652.jpg

奥池を通って、東おたくふ山登山口から頂上を往復して終了。

芦屋駅の近くのおサレなカフェで、汗の匂いを気にしながら、女子でお茶して帰りました。
お疲れ様でした&ありがとうございました!!!

by Koh_Chang | 2019-05-11 22:18 | | Comments(0)

京都・小塩山

いっけね!カタクリ見に行くの、わっすれてたっ!
間に合うかしらんと、小塩山へ。

おおお!ニホンリス!!!もぐもぐタイム中。
c0018489_20362145.jpg


動物に会うのは、偶然のタイミング。会えてうれしいな
c0018489_20370018.jpg

カタクリ、ギリギリ間に合った^^;
c0018489_20400041.jpg
もうほぼ終わりかけだけど、遠目にはまだいっぱい咲いている^^;
c0018489_20401654.jpg

小塩山のカタクリとギフチョウは、西山自然保護ネットワークの方々の
保護活動により守られています。ありがとうございます。
c0018489_20402685.jpg

保護区の網に、ギフチョウが止まってた!初めて見たよ!
c0018489_20403388.jpg

アセビとミツマタツツジや
c0018489_20404472.jpg

八重桜も
c0018489_20405342.jpg

里の池で、カワセミの声が聞こえた。
c0018489_20405930.jpg

こんな小さなところにも住んでいるんだね。
c0018489_20410692.jpg

by Koh_Chang | 2019-04-23 20:34 | | Comments(0)

鈴鹿・御池岳 お花と野鳥編

御池岳のお花と野鳥

まずはお花から。リスに会う前にカタクリがまず出迎えてくれた。
c0018489_09470254.jpg

シロバナネコノメソウ
c0018489_09471566.jpg

ヒトリシズカ
c0018489_09472517.jpg


ミヤマカタバミ
c0018489_09473853.jpg

ニリンソウ
c0018489_09474497.jpg

ネコノメソウ
c0018489_09475337.jpg

お次は野鳥。
ゴジュウカラを見るのは、まだ2回目。
c0018489_10164316.jpg



声は聞くことあるんだけどね。なかなか姿を見せてくれない。
c0018489_10202453.jpg



渓谷沿いで美しい澄んだ声でピーチク賑やかなミソサザイ
c0018489_09475818.jpg

オオルリの雌かな。オスはあんな綺麗なのに、地味なのよね。
c0018489_09480269.jpg

こちらがオオルリのオス。歌声もとっても綺麗。 
c0018489_10153702.jpg

ヒガラ。シジュウカラに似てるんだけど、頭ボサボサでなんか羽毛が薄汚れた色で
惨めな感じなんだよね。この子は綺麗なヒガラちゃん。
c0018489_10205328.jpg

お花もいっぱい、野鳥やリス、猿、鹿などの野生動物も見られる御池岳。
大切に見守っていきたいですね。

by Koh_Chang | 2019-04-21 23:46 | | Comments(0)

鈴鹿・御池岳 シマリス編(18禁?)

4/20

シマリスに会いに、鈴鹿の御池岳へ。

いないな~どこかな~会えるかな~
と、あ、いました。

「あ、こうちゃん?!」
c0018489_14243858.jpg


「こうちゃんだよね?!」
c0018489_14293688.jpg

「ご無沙汰してたね。寒い冬を乗り切ったよ。」
c0018489_14294506.jpg
おう!久しぶり!相変らず、超絶かわいいな。

「あ、シマちゃん、待ってよ!」あ、ゴメン、お邪魔だったかな。
c0018489_15292477.jpg

「シマちゃん、今日もカワイイね」
c0018489_15293512.jpg



「うふふ、シマ君ったら」
c0018489_15283307.jpg


c0018489_14301490.jpg

「あー、待って待って」思わずお尻かぷっ
c0018489_14300714.jpg
からの
c0018489_15303318.jpg

c0018489_15304050.jpg
春は恋の季節。
この後、追い駆けっこしていっちゃった。

「この季節は、食べ物がまだ少なくってね、大変なんよ」
c0018489_15305058.jpg

後姿もキュートだね
c0018489_15305822.jpg

「もぐもぐ」
c0018489_15310697.jpg

「うまっ」・・・シマ君、なかなか立派なモノが見えてるね
「あ、これは繁殖期にだけこうなるんだよ」
c0018489_15311447.jpg

秋に比べると、頬袋に入れる量が少ないね。まだ貯める必要ないもんね。
c0018489_15312452.jpg

ててて
c0018489_15325856.jpg

かいかい
c0018489_15330834.jpg

とう
c0018489_15332328.jpg

8合目で会ったシマ君。よく見ると、左前足がダランと垂れておかしい。
普通餌は両手でしっかりホールドするのに、右だけで食べている。
c0018489_23074502.jpg

正面から見たら、やっぱりそうだ。
我々はこの丹下左膳を彷彿させるシマリスを「タンゲさん」と名付けて
見守ることにしました。(ダーウィンが来た風)
・・・て、タンゲサゼン??誰? 
c0018489_15334964.jpg

「丹下左膳は右腕と右眼がない剣士なんだけどね。知らない人はググって」
あ、はい、ググっときます。
タンゲさん、実は2017年11月にここで出会っている。
それから2回の冬を乗り越えて、逞しく生きている。
左前足が折れ曲がった状態で走り回る姿は、すばしっこくって他のリスと変わらない。
c0018489_15340053.jpg
頑張れ、タンゲさん。

しかし、なんだね、シマリスのこういう姿は猛烈に可愛くないか?
c0018489_15340980.jpg

「もぐもぐ、こうちゃん、またね」 うん、また来るね。
c0018489_15341790.jpg


by Koh_Chang | 2019-04-20 23:53 | | Comments(0)

六甲山

遅ればせながら、本年初山歩き。っていってもお手軽六甲山をひとりてくてく。
JR芦屋~荒地山~東お多福山~蛇谷北山~六甲山~有馬温泉
あかん、やっぱり温泉に下りてしまう。一度も宝塚方面に行ってない^^;

風吹岩コースよりも人は少ないけど、この岩梯子&岩くぐりのところだけ、若干渋滞。
三連休の晴天中日、仕方ないよね。
c0018489_10472802.jpg


六甲山神社の辺りは、うっすらと雪が残ってた。
c0018489_10513474.jpg

あまり写ってないけど、頂上はたくさんのハイカーで賑わってた。
c0018489_10524411.jpg

神戸から大阪まで眼下に広がる眺望。
もうすぐ1.17であることを思い出す。こうやって好きな山歩きができることは、本当に幸せなことだ。
c0018489_10530564.jpg

有馬までは、ちょいとトレラン気分も味わってみたり。
下山後は登山口からすぐ近くのかんぽの宿で待望の温泉。
金泉しかないけど、それで十分。めちゃ癒されるわ~♥

温泉街はいつも観光客でいっぱい。
炭酸泉公園にいって、蛇口でひねったら出てくる源泉を味見してみた。
うっ、まずい・・・
c0018489_10532511.jpg

いつもの通り、炭酸煎餅発祥店の三津森本舗で手焼の作業をガン見してたら、やっぱりお姉さんが、はいどうぞ、って作業しながらお煎餅をくれた。よっぽど欲しそうな顔してるんだろうね^^;
c0018489_10534182.jpg
今年はもっと山に行くぞ!
っと毎年年初は威勢がいいのに失速するので、今年こそはっ!!!
by Koh_Chang | 2019-01-13 22:26 | | Comments(0)

氷ノ山

Mさん、Yしーと氷ノ山へ。
今年のお盆休み、出かけられたのはこの山行だけ。
1日でも山に行けてよかったよかった!

福定親水公園から入山。

登山道から少し入ったところにある布滝。
c0018489_21510617.jpg

不動滝は、木々が生い茂ってほんの一部しか見えなかった。

七種の樹木が一つの木として支え合っている「連樹」。
ホオノキ・ミズメ・コシアブラ・リョウブ・ネジキ・ナナカマド・マツブサの七種。
c0018489_21503695.jpg

稜線のブナ林が見事でした。
c0018489_21580974.jpg

稜線歩きはあまり眺望がなく、暑いし、なかなか修行な感じで・・・
頂上に近づくと、ドローンがぶんぶん何台も飛んでいた。いやいや、うるさいもんですなあ・・・
静かな山旅が好きな者にとっては、せっかく頂上に到着したのに、落ち着かないんですけど。

まあ、外は暑いんで、山頂避難小屋の中で、ゆっくりランチ休憩。

東尾根の途中にある、人面岩。
ああ、ほんま、顔があるわ!!!猿っぽいね。
c0018489_21590694.jpg


氷ノ山国際スキー場からは舗装道で駐車場まで戻る。
c0018489_22120458.jpg

お疲れ様でした。
登山のあとは、温泉でほっこり。まんどの湯が合格の湯って名前が変わってた。
本当は次の週末に白馬岳ツアーで、その足慣らしだったんだけどね。
台風接近中で、多分ダメだろうねっていいながら解散(T_T)
by Koh_Chang | 2018-08-19 21:44 | | Comments(1)