人気ブログランキング |

こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クライミング( 440 )

備中・ニューエリア

3/28-29
Mさんと備中・ニューエリアへ。

ゲロリンピーがやっと治ってよかった~と思った翌日、タイヤ交換のため台車を出したところ、誤って足の親指の上に落としてしまった。
うむ、ヤバい(笑) いや、笑っている場合ではない。痛いっちゅうねん。指が曲げられない。
その翌日と翌々日は仕事、でもクライミングシューズ履くだけでも痛いので、全く登らず。

で、備中突入。大丈夫かアタシ。
この日のために、あえて親指に力入れずに温存しておいたのだから、大丈夫、のはず。
恐る恐る靴を履いてちょっと登ってみる。あ、うん、痛いなりに大丈夫。よかった~

今日のカンテはバッチリ壁は乾いてますわよ~私のお肌も乾いたまんま~
前回まで寒い寒いって言ってたのに、今回は暑い暑いですやん。
c0018489_00232035.jpg

前回、レストポイントは確認したつもりだったけれど、通してやるとしんどいね。。。
最後のアンダーレストは、そこにいるだけで力が岩に吸い取られていく感じ。

それでも今回、終了点まであと2手まで進めた。あと2手まで登って落ちるのは、びゅわ~っとロングフォールになる訳だが、Mさんは毎度上手に落として下さるので、ふわっと止まる。なので限界まで頑張れる。いつもありがとうございます。
リードクライミングでビレイヤーを信用できることは、とても大切な事。ビレイヤーに「落ちんといて下さいね」って言われたら、このルート一生登れへんんし^^;

岩壁の隙間から咲くど根性スミレ。アナタの根性を見習いたい。
c0018489_00302667.jpg

冬エリアであるニューエリアのシーズンは、もう終盤。高槻でもトップを争うヌメラーMさんには、汗で岩の色が変わってしまうコンディション。Mさんとここに来るのは、来シーズンだなあ。
うむ・・・

by Koh_Chang | 2019-03-30 00:36 | クライミング | Comments(0)

備中・ニューエリア

3/13-14
Mさんと備中へ。

週末にたっぷり降った雨で、カンテ上部のコルネがぴかぴか光ってるっちゅうことは濡れているんじゃね?(泣)
雨に強いというニューエリア、降った直後は強いけど、春が近づくと染み出しが増えてくるそうだ。

下からはよく分からないので、どれほどなのか確かめに途中まで登ってみた。
ランナウトした後のちょっと悪いムーブのところがぺっとり濡れている。
いやいやいやいや、小心者の私にゃ、怖すぎて無理。。。

そしたら岩場で一緒になったM君のお友達、お目当てのルートをRPしたので登ってみようかな~という気になって下さった。そりゃもう登るしかないですよ!!!と残りのヌンチャク2本押し付け…いや渡して、精一杯の声援を送る^^;
c0018489_10265793.jpg

お兄さん、ベッチョリポイントも根性で越えて、雑巾でふきふきし、ノルマ達成!とヌンチャクを無事かけて下さった。
こんな状態の悪い時に登らせてしまって、申し訳ございませんでした&ありがとうございました。

お兄さんのご厚意を無駄にしてはならぬ。私もなけなしの根性と勇気で何とかさきほどのポイントを抜け、染み出しを雑巾で拭い、最終ヌンチャクへ。ここで下りようと思ったけど、M君に最後もやろうとけしかけ…いや後押しされ、今日も落ちるまで頑張ってみることに。
そして、初めて終了点まで繋がった!!!めちゃめちゃ嬉しい!!!大フォールしなくて済んだ(笑)

翌日。昨日の雑巾がけの箇所は、元の木阿弥。再びべっちゃべちゃ。
一応トライをしたものの、1回目は手が滑り、2回目は足が滑りフォール。
染みだしは昨日よりも進んでいて、拭いてもすぐ上の穴から涙のように水があふれ出てくるので、もう仕方ない。
終了点には、たっぷり休んだ後なら行けるようになったは、今回の大進歩だ。

Mさん、今回もありがとうございました☆


by Koh_Chang | 2019-03-14 23:41 | クライミング | Comments(0)

滋賀・芹谷

備中の予定だったけど翌日が雨予報のため、残念ながら中止。
Oさんに彦根駅でMさんともどもピックアップして頂いて、近場の芹谷にGO!

登ったルート
・ラ・バンバ 11a
・マシラ 12a

芹谷は10台も幾つかあるものの、アップに適したルートがあまりない。10aでもツルツルのスタンスに乗るのが恐ろしくて、力み過ぎてしまう。ジェントルマンOさんが、我々のためにラバンバにヌンチャクをかけて下さった。ありがとうございます。
かといって、簡単に登れるわけでもない。まだ岩が冷たくて、指の感覚が・・・何とかテンションかけずに登りきる。

Mさんのマシラに便乗する。おい、リーチが足らないって5年前に封印したんじゃなかったっけ(笑)
5年間で背が伸びたかもしれないし。(それはない)
TRで遠いところを探らせてもらった。あの大きな割れ目んとこねえ。どうしよ。
c0018489_10451428.jpg


TRでなら、だけど再三やって初めて上の割れ目に届いた。ありえんわっていうスタンスに足を置かんとだめ。
まともなホールドに届くには、そこから渾身フルパワーで伸長せんとあかん。
こんなんリードで再現できるんだろうか。。。

あーだこーだとムーブを探すのは、登れずとも楽しいもんですね。
時間はかかるけど、次の一手を取る最適ムーブを自分で発見できたら、すごく嬉しい。
ジムの課題の足限は届かなければ終わりだけど、自然の岩は、たとえ鼻くそみたいなホールドでも、5mmほどの凹みでも、それを手掛かりに1手進めることもある。自分の努力次第で、何とかなることも多い。だから私は外岩が好き。

今日も1日、ありがとうございました(^^)


by Koh_Chang | 2019-02-27 21:29 | クライミング | Comments(0)

ソレイユカップ 2019

2/16 ボルダリング大阪選手権
c0018489_14554219.jpg

2/17 ソレイユ6周年記念セッション&キッズコンペ
c0018489_14575150.jpg


ソレイユカップ、2日とも無事終了致しました。
ご出場頂いた選手・関係者の方々に深く御礼申し上げます。ありがとうございました!

全課題約80本、しばらくソレイユに残っていますので、ぜひ登りに来てください(^^)
キッズセッション30課題だけでも、めっちゃ楽しいです!
キッズコンペ課題になると、もう大人と変わりません・・・というかある意味大人よりスゴイっす(汗)
by Koh_Chang | 2019-02-17 22:53 | クライミング | Comments(0)

備中・ニューエリア

2/13-14

Mさんとニューエリへ。

登ったルート
・ただのアプローチ 10d
・美しくカンテ 12b/c

アプローチのガレ場に、まとまった小鳥の羽毛が。
c0018489_14081650.jpg
何の小鳥だろう。カワラヒワかアオジやろか。大型の猛禽類の餌食になったのかな・・・

ニューエリでは時々小鳥たちが遊びに来て、かわゆい鳴き声に癒されるんだけど、彼らは必死に生きているんですよね。
うちらも必死に登らんと!

ということで、必死に登ってみたわよ、「美しくカンテ」。
今日からスタート。昔から憧れのルートだったので、取り付ける事だけでも嬉しいやら怖いやら。
そう、憧憬と恐怖。

ニューエリの壁を下から上までどーんと突き抜けるカッコいいシビレるルート。
最終ボルトから終了点までのランナウト、叫びながら大フォールするクライマー。

6-7年前に、ルートが空いているので記念に触ったものの、終了点手前の残置カラビナまで行くだけで、どれほど大変だったことか。もちろん終了点まで行くことができず、100年早いと封印した。
そのルートにやっとトライできる日が来た。100年経ってないやん、とつっこまないで。。。

しかし噂通り(てか昔登ったはずなのに)、下部の「ただのアプローチ」で苦戦。おいおい、大丈夫か(苦笑)
しかしほんとにひどいルート名。つるつるホールドに立つのがめちゃ怖い。

カンテは何とかヌンチャクかけられたけど、1回目は終了点まで行く勇気なし。
2回目は勇気をふりしぼって少し進んだら戻れなくなって、キャーの大フォール。
翌日は更にもう1手出してみたのに、全然甘いホールドで間違い、落ちるしかなかった。
ギャーーーーー。

ほんとにボルト2本半落ちますね。でもMさんのナイスビレイのお蔭で、落ちても大丈夫。ビレイヤーの方が怖いですよね。
本当にありがとうございます。
これからも何度も何度も怖い思いをさせてしまいますが、どうかお付き合い下さい・・・・・

まだ解決していない箇所もたくさんあるが、きっと解決できるはず。と、前向きに思っておこう。
早く登りに行きたいよ~
c0018489_14382248.jpg

帰りに権現湖Pのちゃんぽんをリピート。安定の美味しさですね。

by Koh_Chang | 2019-02-15 14:20 | クライミング | Comments(0)

姫路・小赤壁

天気予報が寒くなるってうるさいので、山に行くモチがなくなってしまった…
暖かい岩場を求めて、実に16年ぶり!のレッドクリフ。
姫路市の小赤壁にやって来た。
c0018489_21074640.jpg
海だ~!
久しぶりすぎて、トポの岩場が分からなくてウロウロさまよう。
あのグループに聞いてみようと行ったらKさん!こんな所でお会いするとは。
お陰様でやっとどこにいるか判明しました(^^;
c0018489_21085834.jpg
ちゃぷんちゃぷん。波の音。
それだけで満足してしまってクライミングどーでもよくなってくる(^^;
c0018489_23181262.jpg

登ったルート
・イルカはおるか 5.9
・ブラックメルセデス 5.10a
・がんばれ上高地 5.11a
・サンデーピクニック 5.10c

以前何登ったか覚えていないが、上高地は登ったような気はする。が、もう一度トライしてみた。
内容は全く覚えていなかったものの、がんばって一撃。隣のピクニックもあわせ、なかなかオモシロイ。カチひろって足で立っていく、クラシックなクライミング。ジムではこういう感じ、なかなか味わえないよね。

ヤナッチの方は、時々、地球という大物を釣り上げていた。
c0018489_21163302.jpg


夕暮れ時に、アイナメget!
c0018489_22115339.jpg
こんな時に限ってクーラーboxがない。
持ってくると、釣れない。釣りあるある。

とても寒い朝だったし、クライミングなんてできるのかと思って来たので、これだけ登れたら大満足。お目当てのルートは、また次の機会に残しておこう(^^)

夕食に、近くのアジアンキッチン・マヤへ。
めっちゃ陽気なネパール人のお兄さんが一人で切り盛りしている。
「ナン焼いてるの見たことある?」
生地をコネコネ、クルクルして、
c0018489_21442383.jpg
炭火の入った石窯の側面にペタッ!
c0018489_21464204.jpg
絶対落ちないんだって。
タンドリーチキンなども串に刺して、この釜で焼くんだって。
c0018489_21484305.jpg
辛さは0~5まで選べてもちろん5にしたけど、マイルドでしたわ。
豆とほうれん草とお芋のカレー。ネパールの家庭でよく食べられるカレーなんだそう。美味しかった!
〆のネパールチャイがスパイシーでこれまためちゃ美味しかった!

釣り夜の部、私は車でお休み。
釣果は…
おこぼれを期待していたノラ猫ちゃんは、とっととあっちに行ってしまったとさ。

by Koh_Chang | 2019-02-10 23:03 | クライミング | Comments(0)

備中・ニューエリア

2/1-2

Mさんとニューエリへ。

登ったルート
・フェイス(左)5.10b
・フェイス(右)5.10b イマイチどれがどれか分かってない…
・水の泡 12a/b

木曜日は冬には珍しいほどの大雨だった。予定を変更して金土で再び備中へ。
総社から冬タイヤ規制が出ており、ほんまかなって思ってたんだが、その辺りから景色が一変、賀陽ICを降りると一面の銀世界☆
ひゃー!クライミングなんてできるん?!
高梁の街まで来るとさすがに積雪はなくなったが、こっちも相当雨降ったんでしょうね。道中の岩壁がべっちょべちょ。
まだ時雨れているし、しばしコンビニで待機。どうしましょ。
雨雲レーダーでは映っていないのを確認し、駐車場まで移動して歩きはじめると、今度はパラパラ霰が降ってきた。やめて~!

岩場についてビックリ。壁、ペッカペカに輝いてますやん。ニューエリは雨に強いという噂は本当なのですね♪
まあ、誰もいないのは当然か^^;
c0018489_16074548.jpg
この日は日差しがほとんどなくて、寒かった~

いつものルートでアップして、今日から水の泡。6年前に取り付いた時は、辛うじてトップアウトして、まだ早いと封印。
とりあえず、色々すっ飛ばしながらも終了点までヌンチャクかける。時間がなかったので、そのままTRで途中まで探っておいた。
寒いのでユニクロの薄いダウンを着て登ったが、フリースより動きやすいよ。

翌土曜日はお天気もよく、さすがに人気エリアでどんどんクライマーさん集合。
いつものアップルートは順番待ちなので、右の方を登る。こちらの方が長くてアップにいいかも。

水の泡、1便目でだいたいムーブの組み立て完了。
スタンスがよく分からないところが幾つかあり、最終パートもあのムーブでいいのかどうか。
こんな状態ではあったが、2便目でどこまでいけるのか試してみよう。

2便目、まさかのRP。自分でも本当にまさかだったので、めちゃくちゃ嬉しかった。
途中で手順間違えたし、腕もパンパカパンになってたけれど、レストできるところで、できる限りレストして。届け!とか、止まれ!とか自分で言い聞かせながら。そしたら身体が言うこときいてくれた。

そうだ、最後で水の泡になるかも、と最終レストポイントでは、Mさんが眠たくなるのでは、っていうほどレストした^^;
先ほど試したムーブをするしかないので、慌てずしっかり保持して最終ホールドへ。

肩の故障の始まりがちょうど2年前。それ以来12台をRPしたのは初めて。
やっとここまで戻ってきた。長かったな・・・

落ちても大丈夫、というビレイヤーMさんの安心感。
お陰様で思い切りトライできました。ありがとうございました。

まだ登れる。また新しいルートにトライできる。
また怖い怖い、から始まるんだろうけど、今はそれも楽しみだ。

帰路の山陽道・権現湖PA。
ちゃんぽん押しがスゴイ。
c0018489_20072148.jpg
全ての窓に貼ってます。
c0018489_20090449.jpg

今日もリピート。具だくさんでとても美味しいですよ♪
c0018489_20092054.jpg

by Koh_Chang | 2019-02-03 20:11 | クライミング | Comments(0)

備中・ニューエリア

1/18-19

Mさんとニューエリへ

登ったルート
・フェイス 5.10b
・ランコロ 12b/c

ランコロはヌンチャク掛けの1回を除くと3回とも、最終ホールドを保持してクリップする体勢まではできるけど、ロープをたぐる余裕なく、終了点掴んで終了。
色んな方にお話し伺ったところ、やっぱりあの岩の欠けた跡が、終了点のキーホールドらしい。
欠ける前でも悪くて終了点にクリップが出来ない方は、長いスリングで下の方でクリップしておいて、終了点タッチでOKとか、最終ホールド10秒保持でOKとか、各々自分が納得するやり方でこのルートに決着つけてるみたいで(笑)
終了点掴んでクリップでもいいんじゃないかって気がしてくるやん(笑)

このルートを初めて触った時は、こんなん登れるかって思ったけど、ムーブが解決していく過程が楽しくって、終了点まではすごく面白いルートになった。なので、最後があんな感じになってしまったのは、残念ですなあ(遠い目)
いつも空いている理由が、納得ですわ。うんうん。

誰に聞いても、水の泡を猛烈にお薦めされるので、もうランコロはいいかな。極端に悪いクリップに拘るより、もっと色んなルートを登ってみたい。上部の京都物集女街道する時に、また登るわ(爆)

宿泊はクライマーズハウス黒鳥。2Fの部屋に貼ってある写真。おおお!
そうそうたる超有名クライマーの中に、あのお方も\(^o^)/ スゲー!
c0018489_18543759.jpg

Mさん、お世話になりました。ありがとうございました(^^)

by Koh_Chang | 2019-01-19 23:04 | クライミング | Comments(0)

備中・ニューエリア

1/4-5 今年の初登りはビッチュウ♥
”新春家族大サービス”でヤナッチが付き合ってくれた。
去年のお正月は、絶賛五十肩中で、腕が上がんないわ、痛いわ辛いわ、でクライミングどころじゃなかったので、岩場に行けることが心から嬉しい。

4日は早起きできず、岩場についたらもうお昼。
太陽が燦々と降り注ぎ、ポカポカ陽気のクライミング日和。日なたは21℃、さすがニューエリ。
c0018489_00174722.jpg

1ヶ月前に、Mさんとここへ来た時触ったランコロ。
いつも空いてるので、気兼ねなくトライできるこのルート、やっぱり今日も空いている(笑)

ヌンチャク掛けに行くのも初めてだし、前回は途中敗退しているので、何としても今日は終了点まで行くのだ!
貴重な晴れ間なので、1便目はアップを兼ねてヌンチャク掛け。先月登ったはずのパートもすっかり忘れていて、情けない限りであったが、とりあえず終了点まで行くことができた。
というのも、終了点にのみ残置ヌンチャクがあって、大いに助けられたのだ^^;

2便目でムーブ作り。最後の最後が悪いのに、何年か前に更にホールドが欠けたらしい。
クリップできるとは思えんのだが。。。うーん、困った。。。

5日。夜半に雨が降った上に朝からどんより曇り空。早く行っても寒そうなので、本日もお昼着。。。

アップする時間もないから、1便目からランコロ。でもこの時間になっても岩は氷みたいに冷たくて、テンション入れては指を温める。

2便目、気負いがないのがいいんでしょうね。終了点手前までノーテンで来たが、最後が解決できてない。
はあ。その後は何とか終了点クリップできるムーブがないか、散々探る。
最後の最後に、鬼のようにきついムーブになるんだが、これでいいのかどうか・・・
指も痛いし、肘も痛いし、もうこれ以上無理・・・
また次回、考えてみよう。

この日は岩場で、色々嬉しい再会があった。
Ko-wall時代のI君。ヤナッチに「ひょっとしてYさん?」って声かけてくれてからの展開は、爆笑もんだった。
何だかエラそうな賑やかな奴がおんなあと思ってたら! 元気そうで何より!

K姉さんペアがフェースに来てる!珍しい! 少しずつ復活ですね。嬉しいです♪

去年のお正月もいらっしゃってましたよね?って山梨の好青年から言われて、そうだったかしらん、また来年!と最後握手して別れたが、よくよく考えてみたら冒頭書いた通り、クライミングどころじゃなかったやん、去年。。。
ゴメン、好青年、うちらとちゃうわ(笑)


by Koh_Chang | 2019-01-05 23:26 | クライミング | Comments(2)

国体近畿ブロック

7/28-29

国体山岳競技・近畿ブロックのお手伝い。
28日はリード、29日はボルダリング。

28日。リード壁が外にあるため、雨の影響が懸念されたが、無事終了。
終了後、セッター陣によるボルダー課題作成。
出番を待つホールドたち。
c0018489_20231731.jpg
29日。ボルダー競技も無事終了し、表彰式。
皆さま、お疲れ様でした!!!
c0018489_20270973.jpg

運営側として参加。全てが初めての経験で、色々と勉強になった。

国体のクライミング競技に「山岳」がつくのは、今年が最後。
来年からは五輪とあわせて「スポーツクライミング」に変更される。
昔は国体でザック背負って山走ってはったもんなあ・・・

当然の時代の流れ、ではあるのだが、「山岳」としてクライミングとは別に、トレランも今後競技になったりすることがあるのかな・・・



by Koh_Chang | 2018-07-30 20:21 | クライミング | Comments(0)