人気ブログランキング |

こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 64 )

柴山港灯台

5/25

但馬へ磯釣りに行くヤナッチに野鳥目当てでついて行った。

柴山港からまだ夜明け前の山道をヘッドランプを頼りに歩く。・・・先には何か獣の眼が光り、近づくと向こうから慌てて逃げていく。
猪か鹿か。
まだ空が白み始める前、静かな道に、にわかに小鳥のさえずりが始った。目を覚ました野鳥たちが、いっせいに朝を迎えようとしている。
柴山港(大山)灯台まで来ると、もうすぐ日の出が始りそう。釣りに急ぐヤナッチと別れて灯台で太陽を待った。

少し顔を出したよ。
c0018489_18362778.jpg

本日の日本海はベタ凪。
c0018489_18475989.jpg

しばらくすると太陽の道ができたよ。
c0018489_18363955.jpg


灯台から先の磯までは、釣り師がつけたロープを頼りにどんどん高度を下げる。
磯のすぐ先の海で、漁師さんが器用にサザエを捕ってはった。
c0018489_18512817.jpg


海中を覗く筒のようなものは、顔に吸いつけて密着されているようだ。
左手で操船しながらサザエを探し、見つけたら赤い棒でサクッとついて手際よく取り上げる。
職人の技なんだろうなあ。



c0018489_18432864.jpg


荷物を置いて、もう一度灯台まで上がって野鳥撮影に。
朝はあれだけ近くで鳴いてた野鳥はどこへ行っただ・・・

ウロウロするも、ろくな写真が撮れずに終了・・・

ヤナッチの方も、安定の釣果なし。
海はベタ凪、カンカン照りで日差しを遮るものもなし。
午前中で終了~

柴山港への帰り道、キビタキの鳴き声頼りに、追いかけた。
高らかに歌うキビタキ君。枝が・・・
羽の色が薄いので、まだ若君のようだ。
c0018489_18374026.jpg
野鳥図鑑によると、さえずりは
「ホイヒーロ、オーシツクツク、チッチリリココインジを繰り返す」って。
どうやったらそう聞こえるんだ?

・・・枝が邪魔!だけどあんまり動いたら勘付かれて逃げてしまうんだよな・・・
c0018489_18375027.jpg
あああ、行ってしまった・・・

浜坂に移動して、但馬海岸遊覧船に乗船。
山陰海岸ジオパークを1時間ほど巡る。
船長さんが名所の説明をしてくれる。船はグラスボートになっているけれど、結構なスピードで走るため、海中のお魚観察タイムはほんの数分ほどだった(笑) しかもほぼ何もいない。そりゃ釣れんって。

鬼門岬。ライオン岩とも言うそうだが、ゴリラにしか見えないんだけど。ウホウホ
c0018489_18384374.jpg

孔雀岩。柱状節理が円形に広がります。
c0018489_18390896.jpg

獅子の口。
c0018489_18393594.jpg

三尾大島は島全体が柱状節理からなるようだ。
c0018489_18394584.jpg

おおお。
c0018489_18400022.jpg

下荒洞門。今日はベタ凪のお蔭で、穴をくぐってくれます!
c0018489_18402946.jpg

穴の高さが船ギリギリくらい。船長さんの操船がお見事!
中の水が光の加減で青の洞門みたい。
c0018489_18404216.jpg

この岬の突端など、色んな所に渡船で渡った釣り師がいたけど、皆さん釣れているの?
c0018489_18445602.jpg

餘部に移動して、余部鉄橋へ。昭和61年の列車転落事故を契機に平成22年、現在の橋梁が完成。
明治45年に造られた鉄橋の一部が残されている。
c0018489_18410287.jpg

反対方面
c0018489_18411306.jpg

クリスタルタワーと呼ばれるガラス張りのエレベーターに乗って、空の駅へ。
入場券なども不要でホームの辺りで展望できる。旧鉄橋の真上。というより張り出し。
真下が見えて、お尻がムズムズする~
c0018489_18412362.jpg

滅多に通らない電車がJR餘部駅に到着!
c0018489_18413979.jpg

おお、なかなかできない体験ですな。旧線路跡。
c0018489_18420680.jpg


空の駅は日本海の眺望も素晴らしい。
c0018489_20181058.jpg

最後に香住に移動して、香住鶴直売所へ。種々試飲して、酒粕アイス食べて、色々買い物して終了。

そもそもなぜ但馬に来たんだっけ?
香住鶴のみに来たんだよ、たぶん^^;

by Koh_Chang | 2019-05-25 22:40 | 旅行 | Comments(0)

久米島・観光編

久米島は初めてなので、1日レンタカーを借りて観光した。
テッパンコースを回たわよ。

1.畳石
イーフビーチの先、奥武島の海岸にある国指定天然記念物。
600万年前に安山岩のマグマが冷えて固まったもの。亀の甲羅に乗ってるみたい。
c0018489_10122483.jpg

2.比屋定バンタ
久米島の北側にある展望台。バンタは崖っぷちという意味。
c0018489_10050050.jpg

展望台にいた。どこにでもいるスズメだけど、あまりにカワイイので。
c0018489_10052108.jpg

ワタみたいなもの、営巣に使うのかな
c0018489_10051438.jpg

3.宇江城城跡
久米島最高峰で15世紀に築かれた石積みの城壁が残る。
久米島一番の観光地、ハテの浜も見えたよ。行ってないけどー。
c0018489_10054844.jpg

4.熱帯魚の家
干潮時にいくと、めちゃくちゃ楽しい。ダイビングしなくたって、熱帯魚がその辺にいっぱい!
足元が非常に悪いので注意。こけたらザックリ流血ですぜ。
c0018489_10060051.jpg

5.YUNAMI FACTORY
GW期間限定のシュリンプバーガー。めっちゃ旨かった!けど、めっちゃ待った。
ここに限らず、久米島のお食事処は、注文してから配膳されるまで、びっくりするぐらいゆったりした時が流れる。いやほんま、海老取りに行ってるんちゃうかって思う。けど、それが当たり前なので、気持ちも島時間でゆったりもって。。。
c0018489_10061250.jpg

6.タミジャミ自然公園
北部の海岸にある。テッポウユリが咲く階段をどんどん下りていく。
c0018489_10063531.jpg

タミジャミとは「立ち神」の意味。高さ40mの奇石がどんど現れる。
c0018489_10065470.jpg

城壁みたいだね~
c0018489_10070633.jpg

海岸から道路の方面を見上げると、滝が二つもあった。どこから水が湧いているんだろう。
c0018489_10071930.jpg

7.具志川城跡
15世紀初めころの築城と伝えられる城跡。
c0018489_10073136.jpg

次行く海岸が見えてるよ。
c0018489_10075094.jpg

8.ミーフガー
女岩っていう意味。左右で岩質が違うんだって。不思議な奇石。
c0018489_10080615.jpg

9.五枝の松
南国の島に松?って感じだけど、久米島には松が結構生えている。
1839年に植えられたという琉球松。枝が這うように広がり、その面積は250㎡もある。
c0018489_10081757.jpg

10.シンリ浜
夕焼けが人気ポイントらしいんだが、ちょいと早すぎた。
キャンプしている人がいっぱいいたよ。
c0018489_10083524.jpg

午後から釣りに行ったヤナッチは、ロウニンアジを釣ったんだって。
c0018489_10110980.jpg

11.イーフビーチ
翌日、出発まではここで遊んだ。日本の渚百選にも選ばれたビーチ。
c0018489_10084846.jpg

こういう磯だまりが楽しい。
c0018489_10090148.jpg

カニを追いかけたり
c0018489_10091337.jpg

ヤドカリを引っくり返したり
c0018489_10092249.jpg

シャコもいるし
c0018489_10093918.jpg

カツオノエボシ!こんな危険生物も!死んでるけど。
水餃子みたいって触っちゃだめだめ。
触手に触れたら、最悪ショック死することもあるんだって。
c0018489_10093047.jpg

ほぼゴミの塊のようなイソクズガニ
c0018489_10095581.jpg

どこが脚でハサミで目なのかよく分からないけど、かわいい。
c0018489_10100253.jpg


・・・帰る日が一番天気良かったことは内緒ね!
c0018489_17214884.jpg

by Koh_Chang | 2019-05-04 10:04 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・観光編

年に一度のお楽しみ、トリプルヨーコの石垣島ダイビングツアー。7月に計画していたが台風直撃で延期となり、今回は台風と台風のつかの間に、タイミングよく決行できた。
お昼に1人で到着したため、夜合流するまでレンタカーを借りて島をぶらり。

まずジェラードが美味しいというミルミル本舗の本店へ。
1カップで2種類選ぶので、ミルクと紅イモにしたけど。んー、イモ写ってないし、そもそも全然インスタ映えしてない。
ミルクは人気No.1だけあって牛乳感がしっかりあり美味しかったが、紅イモは存在感なさすぎ・・・ほんとにイモ?
c0018489_23053616.jpg


野鳥撮影できるかな、ひょっとしたらリュウキュウアカショウビンがいたりするかしらって期待してバンナ岳へ。
展望台から市街地を望む。えーと、野鳥はどこだべ?
c0018489_23114704.jpg


お!リュウキュウアカショウビンいた! っておい。看板じゃねえか。
c0018489_23154093.jpg


何の収穫もなく、御神崎へ移動。
c0018489_23182568.jpg

ダイビング船が一艘。めだかさんではなかった。
c0018489_23202484.jpg

おや、左の岩塔の先端の岩。絶妙なバランスで乗っているように見えるんだが。
c0018489_23223147.jpg

灯台の下方に見える岩の穴をよく見ると・・・穴の中の砂地に・・・
c0018489_23241912.jpg

は、ハト!?お前、こんなところまで・・・
といっても、こんなところなので、リュウキュウキジバトでしょう。日陰で一休み。
c0018489_23254821.jpg


米原のヤエヤマヤシ群落
c0018489_23431807.jpg

上を見上げていると、コツン、コツンって何かが落ちる音。
小さな青いどんぐりみたいな実が落ちてくる。トトロみたい。
c0018489_23480753.jpg


ヤエヤマヤシの上の方を拡大してみると、まあ、そのどんぐりがたわわに実っている。
ヤシの実といっても、ヤエヤマヤシの実はこんなにちっさいんだね。
c0018489_23502228.jpg


夕方になったら、野鳥が出てくるかもしれないともう一度バンナ岳のダム側の公園に行ったが。
気持ち悪い芋虫しかおらん。
c0018489_00063851.jpg

最後に宮良川のヒルギ林へ。
c0018489_00094234.jpg

めちゃくちゃ臆病なシオマネキ。でもじっと見守っていると、カーモンベイビーと踊り始める。
c0018489_00115796.jpg


空港へヨーコ様たちをお迎えにあがり、ぎりぎりセーフでレンタカー返却。
再会の乾杯をいつものぬくいで。明日からよろしくお願いします☆
by Koh_Chang | 2018-08-30 22:41 | 旅行 | Comments(0)

平安神宮

平安神宮の花菖蒲を見たいという母と。
c0018489_19300029.jpg



神苑の花菖蒲。
カキツバタと似ているけれど、花の時期が異なり、カキツバタは5月下旬が見頃らしい。
c0018489_19310034.jpg


ハナショウブ・カキツバタ・アヤメの一番の見分け方は、花弁の元を見ること。
ハナショウブが黄色の目型模様、アヤメが網目模様、カキツバタが白の目型模様なんだそう。
この写真を拡大してみると、確かに黄色の模様があった。
c0018489_19314502.jpg
 
c0018489_19321541.jpg

スイレンも見頃。
c0018489_09231471.jpg
 
c0018489_19331578.jpg
 
c0018489_19334538.jpg
 
c0018489_09370163.jpg
 
c0018489_09400689.jpg



子供の頃来た事あるらしんだけど、全く覚えてない^^;
c0018489_09235089.jpg
ちょうど夜に薪能が開催される日で、昼間は準備中。
夜には大勢の人で賑わったでしょうね。

by Koh_Chang | 2018-06-01 17:22 | 旅行 | Comments(0)

重伝建(福岡・新川田篭/大分・豆田町)

翌日、うきは市の山あいをドライブ。重伝建の新川田篭地区へ。棚田が美しい山里。c0018489_19055623.jpg
段々を利用したユニークなひな人形。
c0018489_19084904.jpg
大分県日田市豆田町。
江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」で、当時の商家や土蔵など古い町並みが保存されている。
今回の重伝建の中では一番観光客で賑わう町だった。
c0018489_19100027.jpg
レトロな町並みを散策。
c0018489_19151651.jpg
近くにいいちこ工場があるので、見学に。
c0018489_19181654.jpg
ショップ横の枝垂桜。
c0018489_19170848.jpg
工場横の桜並木。今年の花見はこの3日で十分やね^^;
c0018489_19193527.jpg
最後に太宰府天満宮を駆け抜けて、北九州の旅を終了。
c0018489_19204222.jpg
お疲れ様でした(^^)
いつもありがとう
by Koh_Chang | 2018-03-30 19:04 | 旅行 | Comments(0)

重伝建(福岡・八女福島/筑後吉井)

その日の朝、支度をしながら見ていたNHKあさイチで、ちょうど近くの観光地を紹介していたので、行ってみることにした。

両親は巨木マニアでもあるので、とりあえず武雄市の巨樹から。
武雄神社のクスノキ。樹齢3000年!!!屋久杉もビックリ!!!
樹高30m、幹回り20mの大木。
c0018489_17543124.jpg
樹根には12畳の大きさの空洞があって、天神様が祀ってある。入れないけど。c0018489_18031890.jpg
神社の枝垂桜も綺麗だった。
c0018489_18053181.jpg
次に、TVで紹介されたスポット、祐徳稲荷神社へ。日本三大稲荷の1つ。
なんでもタイ人観光客に大人気らしい。
c0018489_18064278.jpg
ド派手な門をくぐりまして。
c0018489_18160481.jpg
色鮮やかな本殿。タイの映画・ドラマのロケ地になった影響で、観光客が急増したそうだ。
タイ語のできる宮司さんもいらっしゃるとか。
c0018489_18170489.jpg
本殿から見た桜がまた見事なこと。
c0018489_18251108.jpg
こういうの、伏見稲荷にもありますね。
c0018489_18241589.jpg
本殿を下から見ると、こんな立派な造り。清水寺より高いそうです。
c0018489_18274352.jpg
佐賀を後にし、福岡県八女市へ。
八女福島の重伝建を散策。かつて福島城の城下町と栄えた。
c0018489_18312937.jpg
提灯や仏壇などの工芸品の産地として賑わった町も、ひっそりしていた。c0018489_18420941.jpg
町にあるお寺の桜。早くも散りはじめ。
c0018489_18434732.jpg
次に、うきは市の重伝建へ。
うきは市吉井町は、江戸時代、城下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の宿駅として機能した。また商品作物の栽培・加工及びその集散や、有力商人の金融活動などにより繁栄した町である。
c0018489_18471714.jpg
大きな通りに面して続く古い町並みには、電柱・電線がない。景観を考慮してのことなんだろう。c0018489_18550092.jpg
町をあげてひなまつりが開催されていて、たくさんのお店でひな人形が飾られていた。
十二単の立派なおひなさま。
c0018489_18583506.jpg
by Koh_Chang | 2018-03-29 22:07 | 旅行 | Comments(0)

重伝建(佐賀・有田町)

重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)巡りをしている両親のお供で北九州へ。
博多からレンタカーで佐賀入り。
まずは、有田町から。

町並みの一画に、樹齢1000年の巨木あり。
高さ40m、根回り18mのイチョウ。おっきい!
こんなに大きな樹木だと、落葉の後始末も相当大変でしょうね。
c0018489_23143522.jpg
磁器のまち、有田町。
江戸時代から昭和初期の和風・洋風の建造物が並ぶ町並みが重伝建に指定されている。
有田焼の老舗・香蘭社本店。建物も素晴らしいが、ショールームも豪華。
c0018489_23273501.jpg
トンバイ塀。登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンバイ)の廃材や使い捨ての窯道具、陶片を赤土で塗り固め作ったユニークな塀。裏通りで見られる。
c0018489_18081145.jpg
町を散策した後、武雄市へ。
御船山楽園は桜の名所。
c0018489_17374933.jpg
立派な岩壁は、かつて登攀対象でもあり、裏から登山道で頂上にも行けたそうだが、事故があってから禁止されたとか。
残念でした^^;
裾野のもこもこのツツジが咲けば、これまた華やかな景色になるのでしょうね。
c0018489_17420663.jpg
ちょうど満開で、見頃の桜。
c0018489_17454171.jpg
夜に再訪し、幻想的な夜桜に酔う。
c0018489_17473540.jpg
by Koh_Chang | 2018-03-28 22:54 | 旅行 | Comments(0)

牡蠣と梅

牡蠣シーズン真っ只中。んー牡蠣が食べたい!
が、週末の牡蠣小屋なんて、予約なしじゃ無理無理。
牡蠣の産地ではあるけれど、さほど有名でない所がマシなんではないかと、兵庫県たつの市の道の駅むつへ。
ランチからずらして14時半頃行ったこともあり、レストランにはさほど待たずに入れた。
蒸し牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣のお味噌汁などの牡蠣膳。普通に美味しかった(笑)
c0018489_00172434.jpg
近くに大きな梅園があるので、行ってみたら早すぎて全然咲いていなかった。。。c0018489_00264684.jpg
ロウバイは他の梅より先に咲きますな。いい香りです。
c0018489_00273938.jpg
他にも数本だけ。。。今年は開花が遅いそうだ。
c0018489_00292083.jpg
焼きガキもやっている道の駅あいおいペーロン城へ移動。
が、本日営業終了。チーン。
でもここは温泉併設。もう一つの目的、ペーロン温泉にて湯治。
しかし、更衣室でも浴室でも、ずっと演歌がかかっているのは、いかがなものか。。。風呂ぐらい静かに入りたいって。

うーん、牡蠣も梅も温泉も、残念な感じで終わってしまった。
とりあえず、高槻のオイスターバーに行ってみる?

by Koh_Chang | 2018-02-17 23:16 | 旅行 | Comments(0)

淡路島観光

福良の道の駅で車中泊。目が覚めた時、外はまさかの吹雪。。。
淡路島でも雪降るんや。。。

この道の駅から出船する渦潮クルーズ出航の30分前。慌てて窓口に行きチケット購入。この吹雪でも大丈夫なんだ^^;
船ではカモメの餌が売っていて、ちょうだいちょうだいとカモメ達の猛攻撃がある。
c0018489_21580231.jpg
鳴門大橋の辺りで渦潮が出現!c0018489_22174881.jpg

c0018489_22190783.jpg

c0018489_22195225.jpg
渦潮は海水を引き込む力で見られ、逆に引き込んだ海水を噴き上げる様子も見られる。
まるで温泉が湧いているみたい。
c0018489_22212819.jpg
クルーズ船『咸臨丸』の中で、なぜ鳴門で渦潮が発生するのかを解説したDVDが放映される。鳴門海峡を挟んで紀伊水道(干潮)と播磨灘(満潮)との潮目による海面の落差がこの自然現象を生み出しているそうだ。

道の駅のそばにある福良マルシェに立ち寄り、セルフの海鮮丼を食す。
サワラやタチウオのお刺身って珍しいよね。
c0018489_23050021.jpg
本日の湯治はホテルニューアワジ プラザ淡路島へ。
露天風呂の湯気が爆風で渦巻いてるし。
湯船から立ち上がると鳴門海峡の絶景なのだが、寒くて立ち上がれんかったわ。c0018489_23040723.jpg
灘黒岩水仙郷へ。全然知らなかったのだが、日本水仙三大群生地の1つ。c0018489_23144039.jpg
かなりの急斜面に水仙の花畑。500万本自生してるってすごいね。
c0018489_23181818.jpg
c0018489_23203134.jpg
梅の花も咲いていた。
c0018489_23220579.jpg
淡路島まで行って、釣りだけで帰るなんて、もったいないと改めて思った1日であった。
by Koh_Chang | 2018-02-04 23:23 | 旅行 | Comments(0)

箕面スパーガーデン

ウォーキング&温泉第二弾。
そういえば行った事のない箕面スパーガーデン。JR茨木駅からリムジンバスが出ているので気軽に行けるのね。
箕面大滝まで散歩できれば上々だったのだけれど、現在通行止めで途中まで。
c0018489_18550981.jpg
小鳥たちが遊ぶ箕面の森を歩き、川沿いを下りる。適当に1時間半ほど歩いた。
c0018489_18554104.jpg
川沿いに大きなツララが出来てた。寒いはずだ。
c0018489_18560907.jpg
箕面スパーガーデンは大江戸温泉物語グループなのですね。
c0018489_18592184.jpg
つるつるのいいお湯。広い内湯の割には、露天風呂がえらいコンパクトやったなあ。
宿泊客による利用の方が多いのかしら。
今回は温泉を楽しんだだけだが、お笑いやら演芸やらのショーもあって1日遊べるところなんやね。
逆に温泉だけならお値段もったいないかな・・・

by Koh_Chang | 2018-01-26 23:37 | 旅行 | Comments(0)