こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 30日 ( 1 )

蓮華温泉ツアー(五輪山)

今朝は下山の方が多いようで、我らの出発時にはまだたくさんのスキーが残っている。c0018489_14181617.jpg
目指すは正面の五輪山。
今年は融雪が早く、瀬戸川のスノーブリッジが崩壊し渡れないため、雪倉岳には行けない。
朝日岳はコースタイムが11時間以上と長丁場、ならば片道1時間近い五輪山を目標とした。
なかなかよさげな斜面が見えている。
あちら方面の山に行くには、標高差300mをいったん下って登り返さないといけないのが辛い所。c0018489_14201293.jpg

下るといっても、あまり楽しく滑れるところはない。狭かったりトラバースだったり。

兵馬の平。ミズバショウが咲いていたよ。向こうに見えるのは雪倉岳。
c0018489_14291295.jpg

瀬戸川にかかる橋が見えた。橋の手前は急斜面のため、歩いて下る。
c0018489_14305559.jpg

瀬戸川からはシールをつけて登る。
白高地沢の橋は、左右のチェーンが外されていて、ビビりながら渡った。c0018489_14325775.jpg

橋を渡ったところは広くて気持ちのいいところ。ここからが本格的な登りだ。ガンバロウ。c0018489_14390433.jpg

『半分、青い。』五平餅食べたくなるよね!
c0018489_14395097.jpg

広い斜面を黙々と。
c0018489_14433364.jpg

とにかく暑かった!!!
c0018489_14435034.jpg

ヒーコラ登って、振り返ると素晴らしい景色。
c0018489_14440161.jpg

更に黙々と。
c0018489_14441162.jpg

蓮華温泉ロッジが、豆粒のように見える。
c0018489_14442839.jpg

妙高方面を振り返って。
c0018489_14475556.jpg

残すところあと標高差100mほどの斜面は、急なのでツボ足で。
我々は頂上を見て左斜面から登ったが、誰も登った形跡なし。

そして、頂上まで高度差ほんの5mほどのところで、背丈を越すハイマツ帯に行く手を阻まれる。
この山は登山道がないため、残雪期しか行けないのだが、逆に今年は雪が少なすぎてハイマツが出過ぎているようだ。

空身になって藪漕ぎしたら行けなくもなさそうだが、無理矢理ハイマツを痛みつけるのも何なので、ほぼ頂上、ってことで終了。
c0018489_14480722.jpg

私としては、ここまで来られる自信がなかったから、とても嬉しかった。
素晴らしき景色。
c0018489_14564215.jpg

素晴らしき斜面。
c0018489_14570644.jpg

今春は雨が多かったのだろう、縦溝が発達していて若干滑りにくい^^;
c0018489_14571617.jpg

思い思いに滑って滑って滑って!!!
ひゃっほーーーーー!!!
c0018489_14572333.jpg

あああ、どん底の瀬戸川まで来たわよ。
後は地獄の登りのみ。。。
c0018489_15014780.jpg

ロッジが見えた!!!
6時半出発、17時着。明るいうちに無事帰って来られたよ!!!
お疲れ様でした(^^)/
c0018489_14573309.jpg

普段飲まないビールがこんなに美味しいとは。
本日の夕餉もおなかいっぱい。
とんかつにふきのとう味噌の組合せ。こりゃ旨い♪
c0018489_14580988.jpg

今日も内湯は貸切状態。最高に気持ちのいいお湯。
湯の花いっぱいの温泉か、冷たい水道のどちらで頭を洗おうか。
お水だな。うん。
十分身体が温まっているので、お水でも全然大丈夫。
この山の中で、温泉に入れる贅沢。

部屋にTVはなく、ネットも繋がらない。
コンセントも使えないが、食堂で頼めばタダで充電して下さる。
そうそう、昨日は到着時にモンベルカードを提示したら、缶ビールをプレゼントしてもらえた。

玄関の靴置き場は、夜通しストーブをつけて下さっていて、べっちょべちょのインナーも翌朝にはカラカラに乾いている。

残雪期のスノーヤーにとって、最高のお宿だ。
色々とありがとうございます。


by Koh_Chang | 2018-04-30 20:17 | 山スキー | Comments(0)