こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

天下分け目の天王山

そうだ天王山へ行こう。
突然思い立ってママチャリで西国街道をつっ走り、JR山崎駅前の駐輪場からウォーキング開始。
天王山の登り口。
c0018489_1243295.jpg


宝積寺。日に日に桜が満開へと近づいてく。
c0018489_1254286.jpg


天王山の戦い、山崎の合戦と呼ばれる明智光秀と羽柴秀吉両軍が激突した合戦。実際の戦場は天王山ではなく、この展望台から見下ろした場所で、両軍が睨みあったのは、大山崎JCTの辺り。
c0018489_1262140.jpg


頂上までの登山道に、秀吉が山崎の合戦から天下を統一していく歴史を、こんな案内板で順番に記してある。陶板絵図とともに、読みながら進んでいくと背景も分かって面白い。
c0018489_2327383.jpg


高槻城主・キリシタン大名で先日福者に認定された高山右近もこの合戦に参加している。
c0018489_23345134.jpg


天王山頂上。なんか寂しいけど。山頂といっても270m。ひくっ。山崎城跡でもあり、井戸跡などもある。
c0018489_23394191.jpg


帰りの西国街道。ああ、ここを秀吉が備中松山城から飛んで帰って駆けつけたんだなあ・・・なんて思いながら走る。この通りは、古い建屋や神社仏閣などがあって、歴史を感じる街道だ。
樹齢800年と言われるクスノキ。なんだか画像が歪んでますなあ。大きさ伝わるかしら。
c0018489_23431614.jpg


ちなみに、「天下分け目の戦い」を巡って、山崎町と関ヶ原町が合戦をしていたって知ってました?
―――
戦国時代「天下分け目」と呼ばれた大戦(おおいくさ)が2つ。
羽柴(豊臣)秀吉が明智光秀を討った「天王山の戦い」と
徳川家康率いる東軍が石田三成率いる西軍を打ち破った「関ケ原の戦い」。
その戦いの舞台となった地が「京都大山崎町」と「岐阜関ヶ原町」です。この両町が「どちらが本当の『天下分け目の地』なのか?みなさんに決めてもらおうじゃないか!」とPR対決が始まりました。
『天下分け目の地』の称号は、果たしてどちらの手に!?
―――
先月ネット投票の結果、関ヶ原町が12万9千票獲得し、8万3千票の大山崎町に勝利したそうな。
更に後日。「大山崎町と関ヶ原町が和睦 PR対決で関ヶ原勝利も大山崎は白旗ギャグで応戦」 
両町長さんが甲冑姿で協力関係を誓いあってます。ほのぼのとしていいですね(^^)
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-04-05 20:48 | | Comments(0)

桜はどこだ・2

今日も桜を求めてポタリング。
今城塚古墳公園に行ってから・・・
c0018489_20371666.jpg


國乃長の酒蔵に寄って・・・
c0018489_20383328.jpg


本照寺を回って・・・
c0018489_20394823.jpg


三輪神社でようやく桜発見!まだ三分咲きくらい。
c0018489_20402267.jpg


まだ続くらしいよ。
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-04-03 20:32 | MTB | Comments(0)

桜はどこだ

本来ならば満開を迎えるころの桜。高槻市の桜の名所をチャリで確認しに行ってみたが。

芥川桜堤公園は入口の樹だけが、我々の気持ちを汲んでくれたようだ。
c0018489_20102856.jpg


あくあぴあ前の公園では、あちこちで花見ならぬ、つぼ見でみなさん酒盛り中。
もう桜関係ないし。花より団子だし。てか花ないし。
c0018489_2015831.jpg


本日がさくら祭りの摂津峡公園。見事な蕾並木・・・。
案内係のおっちゃんが、15m先に数輪咲いている教えてくれたけど。どこ?
c0018489_20121130.jpg


新川桜堤。咲いてるわけないわな^^;
c0018489_20145364.jpg


これがどう変わるかお楽しみに!?
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-04-02 20:05 | MTB | Comments(0)

GR梅田

梅田に出る用事があったので、グランフロントのGRに久々に行ってみた。
ジムで3時間なんぼっていうのはよくあるけど、90分1200円ってのは初めてだ。隙間時間にちょこっとだけでも、っていう客には便利だね。
土曜日だけあって、最初に覗いた時は、入場制限中。相変わらず流行っているのね・・・。19時前に行ったら制限解除したばかり。
何から登ればいいのやら、適当に登った後に、できたばかりらしいマンスリー課題を。初級の12課題登ってちょうど90分近くで終了。また続きをやりたくなりますやん、絶妙ですな、90分。
梅田店は初めてボルダリングをするには、登れる課題がいっぱいあって楽しめる。まず楽しみを知ることも大切なこと。お店のコンセプトも、きっとそうなんでしょう。
でも、登れる課題だけたくさん登ったところで、上手くなるかというとそうではない。どれだけ梯子を登ってもクライミングは上達しないのと同じ。さあ、どうする?

たまには違うジムで登ってみるのも、課題の他にも色々な事を感じられていいもんですね。
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-04-01 23:16 | クライミング トレ&ケア | Comments(0)

高知観光

両親と高知へ。いつも通り父がプランを作成、事前に行程表&タイムスケジュールをもらっていた。毎度父のまめさには感心する。しかもこのタイムスケジュールが、これを見て行動している訳ではないのに、ほぼ予定通りに進んでいくこと。雨が降った場合、母がこっち行きたいと言った場合など様々なプランを用意していて、添乗員か?!ってつっこみたくなる。一方行き当たりばったりで行動する私。少しは見習わないと・・・
さて、今回はそんな添乗員の配慮で、運転手一人だと長距離でしんどいやろ、と気を使ってもらって岡山までは新幹線、そこからレンタカーで四国入り。

今回は高知県東部をメインに観光。
色々巡って感じたのは、高知県が観光産業に力を注ぐ並々仕掛けと努力。
至る所で「志国高知 幕末維新博」ののぼりやパンフレットがあり、ボランティアの方々が進んでガイドをして下さる。箱ものだけでなくって、そこに地域を愛する人がいて、その思いを観光客に伝えようとしてくれる。

今年は大政奉還から150年、来年は明治維新から150年の節目の年で、歴史上の偉人を多数輩出している高知県をもっと知ってもらうおうと「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」を各地でやっているっていう事は、実は現地に行くまで知らなかった。県全体で盛り上げようとしていることに、観光客がこの企画を知らなくても気がつくって、すごいことじゃないかな。高知県、頑張ってるね。こういう気質が、日本の歴史を作ってきたんかしらんと思ったり。

前置きが長くなってしまった。

3/29
与島PAから瀬戸大橋を望む。
c0018489_19543235.jpg


今月オープンしたばかりの高知城歴史博物館。ここでざっと高知城をめぐる歴史を学んでから高知城へ。
c0018489_19561355.jpg


例年なら桜が満開の頃。今年は遅かった。なんとこの日が開花宣言。。。
高知の桜標本木は、この高知城にある。
c0018489_1113100.jpg

高知城は約400年初代藩主山内一豊により創建される。現在の天守は1749年建造。
c0018489_16421197.jpg

天守の急な階段を登り、一番上の6階からの眺め。
c0018489_16431623.jpg


3/30
母がTVで見たという絵金蔵へ。写真NGなので近くの掲示板。
土佐藩狩野派の絵師が贋作事件から追放された後に描かれた芝居屏風絵。ボランティアの方が、色々と説明しながら案内して下さった。
c0018489_1726865.jpg


北川村の「モネの庭マルモッタン」。北川村は工業団地の誘致に挫折後、方向転換を計りモネの庭造成に踏み切ったそうだ。多くの苦労を乗り越えて、フランスから正式に「モネの庭」を名乗ることを許可された庭園。
今年は春の訪れが遅く、池の周りは寂しい感じ。浜名湖ガーデンパークの「元・モネの庭」と比べると、残念というか気の毒というか・・・。むこうが派手過ぎるのか・・・。
c0018489_17464850.jpg


頑張れ北川村!
c0018489_18115537.jpg


更に東へドライブし、室戸岬へ。海岸の散策がとても面白かった。
c0018489_18193055.jpg


何層にもなり隆起したタービダイト層。1600万年前深海にあった地層が目の前に。
c0018489_18203216.jpg


根っこが岩にへばりついている大きなアコウ。
c0018489_18244617.jpg


室戸市吉良川町の重要伝統的建造物群保存地区。古い街並みが残る。
c0018489_18273666.jpg


台風被害から家を守る、いしぐろと呼ばれる石垣塀。
c0018489_18293672.jpg


かつて郵便局だった建屋の鬼瓦。〒マーク入り。
c0018489_18335839.jpg


夕方、馬路村へ。
なんでわざわざ、こんな辺鄙なところへ?と思わなくもなかったが、ここがまたいい所だった!

3/31
ぬるっとした美肌の温泉に泊まってのんびりした翌日。
馬路村は人口1000人ほど、コンビニも信号もない小さな村。
村の生き残りを懸けたゆず製品の商品化、ブランド化に成功したストーリーは、村の加工場で見学しながら知ることができる。見学後は美味しいゆずジュースとゼリーを頂いた。(見学無料)
c0018489_184484.jpg


加工場にいる方やお店、宿の方、皆さんとても感じがよくって、観光客を歓迎して下さる。
全国に村のファンが増えているというのが、よく分かる。ふるさと納税したくなるもん。
c0018489_1851421.jpg

馬路村のぽん酢しょうゆ・ゆずの村。スーパーでも買える商品。
日経のポン酢ランキングで、堂々の1位。美味しさに間違いないので、是非ご賞味あれ!
c0018489_18555648.jpg

なんと!馬路村には、魚に梁瀬と書いて魚梁瀬(やなせ)地区があるぜよ!
魚梁瀬杉は日本三大スギ美林の一つで、高知県の県木に指定されているぜよ!
c0018489_19105396.jpg


高知県のもうひとつの重建、安芸市土居廓中。こちらは時計が一般でなかった頃に作られた野良時計。
c0018489_190239.jpg


最後に、香美市の鍾乳洞、龍泉洞へ。
c0018489_1925068.jpg


造形された悠久の時を想う。人生は短し。
c0018489_1941428.jpg


以上、高知東部観光の報告ぜよ!
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-31 23:51 | 旅行 | Comments(0)

足限課題の罠

本日の大人クライミングタイム@ナカガイ高槻 
足限課題に慣れていこう、とトライした課題の1つがこんな感じ。
♥スタートからオレンジを経由、黒(本物は青)バーをマッチして次、ピンクを取るところ。
足位置がスタートホールドの♥やもっと下にあるフットホールドからは届かない距離。
c0018489_10515841.png

足限なので、次のフットホールドはオレンジしかない。
足限に慣れていないと、ついつい左足をとても狭い状態でオレンジに上げてしまう。
窮屈な姿勢になってしまって、身体が上がらず、フォール・・・
c0018489_10544446.png

足限だからといって、必ず足を次のホールドに上げる必要はないのだ。
こんな場合は、思い切って一瞬黒ホールドにぶら下がる。
c0018489_1111910.png

そして左足ではなく、右足をオレンジにのせる。
c0018489_1123662.png

右足ハイステップでオレンジにのり込んでいき、左手は黒ホールドを最後までプッシュ。
c0018489_1142020.png

ピンクに届きました☆

今回は人生で2回目のジム体験!という方もいらっしゃったので、足限が難しかったら、足自由でもOKとしました。が、皆さん果敢に足限でトライ。素晴らしい☆ 
「足限の方が、足位置を迷わなくて済むし、決まったムーブになるので分かりやすい」とのことでした。
なるほど、一理ありますね。
私はリーチがないので、既存課題が足限になると届かないものが多く、また私のリーチで気持ちのよい足限課題を作ると、狭いと言われます^^; 逆に、遠いなあと思われるこうちゃん課題は、私が届くのだから必ず何からのムーブでいけるので、安心して?トライしてみて下さい。

4月も下記日程にて。お待ちしております♥

「大人クライミングタイム@ナカガイジム」14:00~15:30 途中参加OK!
初心者、女性、アクティブシニア大歓迎! ベテランは基本の見直しにどうぞ☆

高槻店: 4/4・11・18・25 いずれも火曜日
摂津店: 4/28(金) 
c0018489_1113359.jpg

ベテランさんの登りを皆さんガン見。上手な方の登りを見るだけでも、色々と勉強になりますね☆
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-28 23:47 | クライミング トレ&ケア | Comments(0)

こうもり谷

今日もおしゃべりモードでこうもり谷へ。
コーナーだけ登って、あとはビレイ専門^^;
岩場に来れるだけでも嬉しいんです。

スミレの花がいっぱい咲いていた。衝原湖周辺の桜はまだまだ蕾硬し。今年は開花が遅くなりそうだね。
c0018489_057498.jpg


[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-27 22:55 | クライミング | Comments(0)

気分転換

身体は強くない。無理するとすぐ故障する。回復は遅い。1日登ったら2日レストが必要。
仕事の場合はほとんど登らないとはいえ、何やかんやでクライミング7連チャン目の今日。
筋肉痛が治らないし、肩の違和感がずっと続いている。故障者リスト入りも近いか?!

なので今日は近くの岩場にでかけたが、私はビレイ専門で。
午後になっても太陽がなかなか雲から出てくれなくて、寒いよう。。。
なので皆さんもおしゃべりモード全開^^; 
壁を前にしても、登る気力はない。でも岩場に来れるだけでも、幸せだ。
今日色んな話を聞いて、再認識した1日だった。
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-24 23:11 | クライミング | Comments(0)

あるときー

あるとき~!016.gif
c0018489_23563191.jpg
あるとき~! 003.gif
c0018489_23565439.jpg
あるとき~! 041.gif
c0018489_23572173.jpg
やっぱり豚まんは551が一番美味しいね!!!
コンビニの豚まんは、どれも生地が蒸しパンふわふわ系で頼りない。やっぱり551のようなもっちり系が好きだ。一つ手のひらに乗せた時のどっしりとした重量感。ジューシーでほんのり甘い具がたっぷり。その存在感は、赤い箱をそのまま冷蔵庫に入れてしまった後にもよく分かる。扉を開けた瞬間、庫内が551の香りで満たされており、あわててジップロックに箱ごと入れることになる。

ご馳走さま☆また買ってきてね!
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-23 23:55 | Food | Comments(0)

THE・普通 スズメ

『スズメ つかず・はなれず・二千年』 三上 修著

一番身近な野鳥のスズメ。1年通してそこらにいる、THE・普通。
多くの野鳥は人がいる場所を嫌がるのに、スズメは人のそばに住む。でも人は嫌い。「人のそば」が好きなのだ。我々が嫌われてしまった理由は、人が食用・駆除のために過去から長きにわたってスズメを捉えてきたことで、警戒心が遺伝的にプログラミングされているのかもしれない。

人が嫌いだけど、そばにいたい。
なぜそばが好きなのかは、タカ、蛇、イタチなどの天敵を避けるためと考えられている。人のいない自然環境には既に他の野鳥が生息しており、その環境に適応するには難しい。そこで、人のそばで妥協しているようだ。

そのスズメが、この20年で数が半減してしまったという。スズメにとっての住宅難、空地の減少、雛の数の減少などなど。カラスや鳩はさておき、町で野鳥を見かけたり、さえずりを聞くのは、ほっこり笑顔になる。
スズメがぷっくり丸くなって休んでいる姿なんぞ、何とも愛らしい。これからもつかず・はなれずの関係でそばにいられるといいですね。
c0018489_1715328.png

(パワーポイントの図形で描いてみました。スズメに見える?)
もうすぐ桜の季節。スズメはメジロのように口ばしが細くないので、直接蜜を吸うことができない。受粉媒介をしないで、ただ花をちぎって蜜を吸うため、「盗蜜」と呼ばれる。
ただし、ソメイヨシノは受粉によって子孫を残すことはほぼなく、盗蜜によって落とされる花は、全体から見たらごく一部。お花見の時に桜の花が落ちているのを見ても、許してね♥
[PR]
# by Koh_Chang | 2017-03-22 23:07 | bird | Comments(0)