こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

奄美大島・お魚編

4/30-5/2 奄美大島南部でダイビング

ニモでお馴染みのカクレクマノミ。
c0018489_2393100.jpg


ハナビラクマノミ。シャイなクマノミ達は、共生するイソギンチャクにすぐに隠れてしまう。
c0018489_2311631.jpg


セジロクマノミ。このクマノミが一番臆病なんじゃないかな。宿主からほとんど離れることがない。
c0018489_235026.jpg


サンゴの中にイソギンチャクのオアシス。ハナビラクマノミは隠れているけど、白2本線のノーマルなクマノミは外に出て泳いでいる。1本線のハマクマノミと同様、ダイバーを威嚇してきたりする強者。
c0018489_23114666.jpg


可愛さでいうと私には断トツ首位のミナミハコフグの幼魚。
c0018489_23374779.jpg


幼魚といえば、タテジマキンチャクダイの幼魚は、実に美しい。
c0018489_23423828.jpg


一方、成魚になりつつあるタテジマキンチャクダイ。
こんなに姿が違うのは、縄張りを守ろうとする成魚の攻撃を避けるためらしい。
c0018489_23465382.jpg


ハナヒゲウツボは幼魚は逆に真っ黒で地味だけど・・・
c0018489_235693.jpg


成魚になると、輝くブルーに変身。
c0018489_00376.jpg


身体の中まで透けているガラスハゼ。
c0018489_23401699.jpg


c0018489_23413168.jpg


ホタテツノハゼSP たまたま見つけた、初めて見るハゼだった。地味だけど^^;
c0018489_014380.jpg



背中にランプを点けているようなノコギリダイ。
c0018489_2323864.jpg



続く。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-30 22:47 | ダイビング | Comments(0)

奄美大島・観光編

今年のGWは、おともdeマイルの空席状況で行き先を検討。なんやかんやで奄美に決定。

3年ぶりの奄美大島、前回は南部まで本数の少ないバスで移動したため、観光する暇もなかった。今回は片道乗り捨てOKのレンタカーを借り、空港のある北部から観光しながら南下した。

あやまる岬
奄美大島の海って、こんなに綺麗なの?と純粋に驚く。
c0018489_12453625.jpg


土盛海岸
んまあ! ここも衝撃的な美しさ。
c0018489_1344100.jpg


GWなのに、観光客がほぼ皆無なのも、衝撃的なのである。
c0018489_1345618.jpg


奄美自然観察の森
入場無料。でも駐車場にほぼ車がない。世間は確かGWのはず。
c0018489_1311259.jpg

無料というのもあるのか、森の中は自然のまんま^^; 遊歩道が通行止めの箇所も幾つかあるし、遊具は全部使用禁止だった。管理棟みたいな所も閉まっているし、いいのか悪いのか、誰もいない。小鳥の声を聴きながら展望台まで散策。ここからの景色を見るだけでも、この森に来る価値ありまする。
c0018489_22244866.jpg


道の駅 奄美大島住用のマングローブパーク。展望台から見たマングローブの森。カヌー体験は満潮でないと楽しめないようだ。ちなみにこの展望台も貸切・・・。
c0018489_22303965.jpg


展望台から階段を下っている途中、偶然ルリカケスを発見!
c0018489_22395930.jpg

ルリカケスは、世界で奄美大島周辺にしかいない日本固有種で国の天然記念物。カラスの仲間だけど、瑠璃色のとても美しい鳥。本物に出会えて、嬉しいな♥・・・これでこの旅の運を使い果たしたか!?
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-29 22:38 | 旅行 | Comments(0)

三重・椿岩

3年ぶりの椿岩。前日かなり雨が降ったので、きっと染み出しで登れないのでは・・・と思いきや、コンディションは上々。それより強風で寒くて寒くて^^;

登ったルート
・マタマタ 5.9  最後が悪い・・・濡れたスタンスが怖かったよう。
・燃えろ!ドラゴンズ 5.10c  マタマタより登り易いと思いません?
・ケイブマン 5.11b/c  下部のボルダーをこなせれば、上部は快適!
・スターウォール 5.11d  今回も高いアンダーをどうするべ?と未解決のままA0で回収^^;
・棠記飯店 5.10b  確か隣の10bが悪かったような・・・こっちも十分悪いような・・・

開拓者は中日ファン?
c0018489_17223867.jpg


椿岩は、滋賀にいる頃よく通ったなあ。あの頃は私も可愛かった・・・っけ? 少なくとも若かった。
私の初12は、この岩場のシザーハンズ 12a/bなのよん。そう、あの頃は・・・(遠い目)
c0018489_17234630.jpg


本日もありがとうございました☆
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-27 23:14 | クライミング | Comments(0)

こうのさん

あれ? こうのさん、なんだ。

大阪の交野市(かたのし)にある交野山。山の名前は、かたのじゃなくて、こうのなんだって。

お天気がいいので、ポタリング&ウォーキング。
JR津田駅近くの公園まで自転車。暑かった!
c0018489_14122012.jpg


国見山登山口から整備されたハイキング道を歩く。国見山のてっぺんには、鯉のぼり。
確かにどの屋根よりからも高いのお。
c0018489_1523027.jpg


白旗池。爽やかな新緑。
c0018489_15435698.jpg


シャガの花にバッタの子供かな?
c0018489_15455972.jpg


交野山の頂上は巨石の上。大阪平野を見下ろし、素晴らしい眺望。
c0018489_15472225.jpg


この時期は、モコモコした新緑の木々が美しい。今日はあべのハルカスまで見えた。
c0018489_15501483.jpg


天王山、ポンポン山方面。高槻のみなさーん、わたし、見えますかあ?
c0018489_155612.jpg


ここから大阪の夜景見たら、めっちゃ綺麗やろうね。
彼女の心、鷲掴みちゃう?・・・その前にヘッドランプでここまで彼女連れてくるのが核心。

今日はここからUターン。このまま南下すればボルダーのあるくろんど園地に至る。
そうえいば、山頂の巨石の1つにも、チョーク跡があったな・・・
ってググってみたら、ボルダーしている人いるわ(゜゜)
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-24 22:31 | | Comments(0)

高槻・三島江れんげの里

高槻市南部・三島江地区の「れんげの里」にママチャリで行ってみた。
c0018489_041056.jpg


c0018489_052264.jpg


c0018489_053759.jpg


c0018489_055157.jpg


一般公開は4月末まで。公開終了後、れんげを肥料として鋤き込んで水田作りに活用されるそうだ。
小さい頃、田んぼのれんげを摘んで、花冠や首飾りを作ったなあ。懐かしいなあ。

帰り道、三箇牧トマトを購入。寺本農園の無人販売コーナー。甘くて美味しいよ!
c0018489_016223.jpg


れんげの里は、秋にはコスモスの花畑になるそうだ。また秋にも行ってみよう。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-23 21:22 | 雑記 | Comments(0)

釣果?

確か釣りに行ったはずのヤナッチ。今日の釣果は純米酒2種(^^♪
芳醇辛口の瑞泉は店主が薦めてくれた1本。鳥取・高田酒造場の酒は、ほとんど県外に出回らないらしい。
小さな酒蔵の旨い酒は全国中にあるのだろう。旅先でそんな酒に出会うのもいいもんだ。
c0018489_19122841.jpg


釣った魚の刺身で、これをクーっと空けたら、もっと旨いやろうなあ・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-22 22:56 | Food | Comments(0)

鳳来・鬼岩

今年初の鳳来\(^o^)/
5ヶ月ぶりの鬼岩。行けることが嬉しくって。前日、小学生の遠足前みたいに全然寝れなかったよ。

あんこでアップ。ステロイドもアレー部分から綺麗サッパリ白紙に戻っており、完全に1からやり直し。
頭悪すぎ。力なさすぎ。ちーん(+_+)
いやもう、こんなに全く登れない状態から、ちょっとでも這い上がれるのか自分?
今日の成果は、100均で買ったサポーターは、相性が悪いと判明したこと・・・。成果とは言わんか。
とにかく今日は、鬼岩に行けただけでも、感謝なのです。
c0018489_1735955.jpg


ご一緒した皆さま、ありがとうございました!またよろしくお願いします!!!
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-20 23:31 | クライミング | Comments(0)

ポンポン山

ポンポン山でカタクリの花が見られるそうだ。日曜日がちょうど満開だったらしいので、こりゃ急がねば!
本山寺の駐車場までヒーコラ漕いでアプローチ。大汗かいた。
c0018489_1052383.jpg


本山寺経由で頂上へ。人ごみを避けるため、ポンポン山頂上は15時。さすがに誰もいなかった。
c0018489_10564223.jpg


頂上で足踏みしても、んー、私にはポンポンとは聞こえない。

ポンポンと 鳴るのは おつむと 腹つづみ


釈迦岳方面へ歩くとほどなく防獣ネットに囲まれた区画が現れる。防獣扉を開けて群生地へ。
c0018489_110847.jpg


この保護区にだけ、カタクリが見事に広がっていた。
ピークは過ぎていたが、可憐な姿に癒される。
c0018489_1131340.jpg


c0018489_1132864.jpg


c0018489_1134274.jpg


c0018489_1135589.jpg


スミレの花との競演。
c0018489_1141214.jpg


カタクリやスミレに交じって、一輪だけ、リンドウみたいな花が咲いていた。
c0018489_1142346.jpg


樹齢300年を超える天狗杉。高さ20m。
c0018489_11185112.jpg


駐車場近くのミツバツツジ。
c0018489_1119516.jpg


駐車場の八重桜。こちらはこれから見頃を迎える。
c0018489_11192287.jpg


ポンポン山のカタクリは、鹿などの食害にあい絶滅の危機にあった。2011年「ポンポン山の自然を守る懇話会」の方々を中心に、所有者の承諾を得て防獣ネットを設置、管理されているそうだ。
昔は、山中の至る所に咲いていたんだろうかと思うと残念だが・・・。
下山中、ケーンと鹿の鳴き声を聞く。鹿にとっちゃ、カタクリだろうが知ったこっちゃない。
鹿との共生は難しい。
鹿さんよ、奈良公園を目指すのだ・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-19 10:41 | | Comments(0)

ちょっと遠いハイステップ

本日の大人クライミングタイム@ナカガイ高槻

ご参加頂いた方々、ありがとうございました。
課題の1つに、足限のゴール取りがちょっと遠いハイステップ課題がありました。
黒ホールドを両手でマッチ、黄緑スタンスにハイステップで緑ゴール。

ポイントは
・上げる足の膝の向き
・体をあげていくときの手の力

一連の流れは以下の通り。

黒を両手で保持し、スタンスになる黄緑に右足をあげます。
c0018489_13194562.png


黄緑に乗り込んでいくように、体重移動します。勢いをつけた方が乗りやすいです。
この時、股関節を広げて、右膝&つま先は壁ではなく、右方向へ向くように。
また体重移動の際、両手の力もポイント。黒ホールドを下へ押し下げ、身体を上げる推進力にします。
c0018489_1320586.png


右膝が右に行くほど、重心(お尻)が黄緑スタンスに近くなり、より次の緑ホールドにも近くなります。太ももと壁とが平行になるよう意識すると、上半身が壁から離れにくい体勢になります。上半身が壁から離れると、右手が緑のホールドが届いても、すっぽ抜けてしまいます。
左手は最後まで黒を下へ押し続け、体重移動をサポートします。
c0018489_13235874.png


右膝を右下に引くようにすると、お尻が踵に近づくようになり、ほぼ黄緑スタンスの真上まで重心が移動します。そこまで体重移動できれば安定するので、左手を緑ホールドにマッチできます。
c0018489_13263891.png


この一連の動きを、流れるようにできるといいですね(^^)

大人クライミングタイム、来週は火曜日ナカガイ高槻店、金曜日摂津店で14:00~開催予定です。
まったり&がっつり、わいわい一緒に登りましょう☆ 

お待ちしております\(^o^)/
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-18 19:09 | クライミング トレ&ケア | Comments(0)

あと10年早くクライミングを始めていたら・・・

社会人になってクライミングに出会った方がつぶやいていました。
「あと10年早くクライミングを始めていたら・・・」

もっと上達したと思います?
心配ご無用。あなたの歳ならば、スタートが10年前でも10年後でも、
大差ありません

今を楽しみ、諦めずに登り続けていくことが大事。

と、先日の新聞記事を見て思いました。
---
『巧みなアスリート脳』 日経2017年4月2日 概要

世界を舞台に活躍するトップアスリートは、一般人と何が違うのか。筋肉量、心肺能力の高さ、メンタルの強さ
等々。では一般人がそれらを訓練で手に入れれば、同様に活躍できるのかといえば、そうではない。
違いは「脳」。

脳の中で運動機能を司る「運動野」を、トップアスリートは効率的に使用している。一つの動作に必要な神経細胞が少ないと、その分を他の動作に使える。
例えば、一般の人がサッカーで3つの動作をする。
ドリブル→右に動く→シュート
これがプロサッカー選手の場合、運動野を効率よく使うため、速く複雑な動きが可能。
ドリブル→左に動く→フェイントを入れる→右に動く→スライディングを避ける→シュート

このようなアスリート脳は、どうしたら手に入れられるのか。
人間の脳には脳の動きが環境や経験などにより変わりやすい「境界期」と呼ばれる時期があり、12歳頃までとのこと。この期間に訓練することが、後の運動機能に大きな影響を与えている可能性がある。
ただ、幼少期に脳機能を鍛えなかった人が、大人になってからスポーツを始めても上達が見込めないわけではない。訓練をすれば神経細胞を効率的に使えるようになるらしい。練習さえすれば、いつでも上達するチャンスはある、ということだ。
---
クライミングに置き換えてみよう。
クライミングには、パワーはもちろん必要だけど、体幹と四肢を組み合わせた繊細な動作が必要だ。
オンサイトトライなどでは、ホールドの形状と配置から瞬時に身体をに動かし、最適な持ち方、足位置、ムーブを作っていくことになる。運動野に長けているほど有利に間違いない。

社会人からクライミングを始めて、世界レベルのトップクライマーになるのは難しい。
けれど、練習次第で上達する。

じゃあどうやったら上達するん?
とりあえずジムに行って、どんどん登ろうぜ!!!
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-17 22:03 | クライミング トレ&ケア | Comments(0)