こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北海道・最終日編

6/29

ツアー最終日。ゆっくり朝食をとって、後片付けと出発準備。
今日は朝から眩い青空が広がる。昨晩行った天文台とコテージは、こんなに近いのだ。
c0018489_16383286.jpg

鍵を返却しに行くと、管理人さんが暑いからね、とかき氷を作って下さった。
c0018489_16425948.jpg

かき氷マシーンのある倉庫には、ちょっと変わったキックボードがあって、試させてもらう。おもろいぞ。
c0018489_16432863.jpg

森の休暇村、本当に素敵な所だった。是非とも再訪したい。

新千歳空港へ向けて出発・・・して間もなく、おしゃれなカフェに立ち寄り。プリンとベーグル、美味しかった☆
c0018489_16453949.jpg

北海道といえば、スープカレー。空港に着く前、千歳のここでランチ。
c0018489_16464920.jpg

大きな骨付きチキンにお野菜たっぷり。もちろん激辛で。旨い。なんでこっちにないんやろ。
c0018489_16475528.jpg

Hさん達が夕食に用意して下さったジンギスカン。確かこれ。空港でも見つけて買って帰った。
やっぱりとても美味しかった。長沼のタンネトウ、忘れないように載せておこう。
c0018489_16501180.jpg



北海道クライミングツアーはこれでおしまい。愉快な素敵な仲間たちのお蔭で、毎日本当に楽しかった。
ツアーを計画してくれたMちゃん、てきぱきと全てを手配・調査してくれたHちゃん、いつも長い間辛抱強くビレイして下さるHさん。本当にありがとうございました。心から感謝です。来年も行きましょう☆

そしてこの期間コンビニ弁当で我慢してくれたヤナッチ。Special thanks! いつもありがとね。
---
帰宅後、やたらと脇腹が痒い。
Tシャツを巻くって驚愕。赤いブツブツだらけではないか。数えたらお尻から脇腹、お腹まで50ヶ所以上・・・ぎゃーっ!!!確かに、今朝お腹痒くて、数ヶ所ぷつっとしたのがあったのだが・・・。
コテージの布団にいたダニのようだ。刺されてすぐではなく、8時間から1-2日たって赤く腫れ痒くなるそうだ。もう、猛烈に痒い痒い痒いよーーー(泣)一緒に持って帰ってないかが一番心配だったので、翌日洗濯と布団干しを丹念にしたら大丈夫だった。まあ、家のダニで死ぬことないから、良しとするか・・・。

怖いのはマダニ。少し前にツアーに行ったKさんは、現地で刺されて病院で取ってもらったそうだ。
我々も、カッパやザックに付いたりしてたので、こちらは本当に気を付けないといけない。
ダニはいやだに~ (おい)
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-30 16:35 | クライミング | Comments(0)

北海道・見晴岩編

6/27

ゲート手前に駐車して歩く。林道から岩場への入口には、立木にテープ印がありすぐ分かった。
c0018489_042319.jpg

昨日までの雨で、アプローチは一部ヌッチャウェイ。こけたらアカン。
カッパ着て正解。雨露と泥でぐちゃぐちゃになった。
岩が濡れてないか心配だったけど、大丈夫みたい。

・森のカバさん 5.10a 
ちょいとランナウト気味なので、気を付けよう。OS

・プチトマト 5.10a ★ 
アップにはルートが短め。上部の幾つかのルートのアプローチにもなる。FL
上部ルートを確認するために、終了点ついてから視線を上にやると・・・
ぎゃー!大きな蛇が二匹、とぐろを巻いてこっち見ているではないかーっ!!!
ぎゃあぎゃあ、下ろしてーーーーっ!!!
・・・結局この日も翌日も、この上の壁を触ることはなかったのであった・・・

・グレープフルーツ 5.10d ★
クラックを使ってレイバックで登る。OS

・モグラの穴 5.11a ★★★
壁に開いた顕著な穴を使う大人気ルート。穴から終了点近くまで、気を抜けない。
グレードは他の課題と比べたら辛めだと感じた。OS

・マギーミネンコ 5.11a
モグラの穴に比べたら、登り易いんでは・・・ FL
昭和の人間ですけど、マギーミネンコ知りませんなあ。

・アンジェラ 5.11c ★★★
トポに「人工壁クライマー返し」との記載。なるほど。
後半、凹角クラックをちょっとトリッキーなムーブを交え、頑張ってOS。

c0018489_13191040.jpg

モグラの穴


マギーミネンコ
c0018489_13194660.jpg


c0018489_13244319.jpg

アンジェラ


岩場で何回も見かけた蛇。ようやくお日様が照りはじめて、蛇たちも日向ぼっこしてるみたい。
お蔭でこちらは、あちこちでぎゃーぎゃー叫ぶことになったけど^^;
c0018489_13254161.jpg


下山時に、Oさんご夫妻がゲートについてご説明して下さった。ありがとうございました。
夕食は本日も寄せ鍋で乾杯☆

6/28
見晴岩二日目にしてクライミング最終日。先日の雨を境に、北海道は一気に夏が来たみたい。
昼間でも木陰ではダウン着て、夜はストーブ入れてたのに、今日は特にカンカン照りで暑い暑い!

・プチトマト 昨日登ったルートでアップ。終了点の蛇は今日は居なかった。

・月の石 5.12d ★★★
ドンと高い岩頭目指して突き進む、めちゃくちゃ格好いいルート。
たった1日では登れないだろうけど、トライしてみた。
1便目、中間部までこなすも後半のカチ帯に入ってテンション。ムーブ確認しながらトップアウト。
終了点まで行けたので、とても嬉しかった。
この後、岩場はカンカン照りになり、とても登れる状態でなくなった。
見晴岩っていう位ですからね^^; 日当たりいい場所はめちゃくちゃいいです・・・
夕方になっても陰らないので回収便。頑張ったけどカチ帯で手順間違えてテンションしてしまった。
もっと登りこまないとね。リーチないと、超甘いホールド使わなアカンので、真夏はきついなあ。
登りごたえのある長~いルート。好きな持久系。また来れたら、是非トライしたい1本。

・私が好きだ
 5.11a ★★★
夕方、蚊やらブヨやら増え始めたよ。
段々ハングをグイグイ登る。出だしが一番嫌かも。OS

月の石
c0018489_14533747.jpg

c0018489_14523974.jpg

c0018489_15257.jpg


私が好きだ
c0018489_1533086.jpg

名残惜しいけれどこれにてクライミングは終了。
毎日楽しく、無事に終了することができた。ありがとうございました。

最後の晩餐は、豪快にジンギスカン焼うどん。
ホットプレートは正しく使うと、ジュージュー美味しそうな音を出しますね。わはは。
c0018489_15104826.jpg


夕食後、すぐ近くのきたすばる天文台に行ってみることに。
ちょうど天体観望会が開催されていて、途中から参加させてもらった。スタッフのお兄さんが、とても丁寧に説明してくれる。こんな大きな望遠鏡を覗くのは、初めて♪
c0018489_1513277.jpg


赤い火星、土星の輪、白鳥座の口ばし、M13、M57、金銀に輝く星、眩い星雲、はかない光を放つ死にかけの星・・・。初めて見る夜空のロマン。遠い宇宙に想いをはせるちっぽけな私。。。

北海道最後の夜に、素敵な経験ができました☆ この観望会、お薦めです☆ 休暇村に宿泊なら是非!
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-28 23:30 | クライミング | Comments(0)

北海道・観光編

6/25

予報通り朝から雨。
朝食後にみんなでヨガ。やーん、女子力高い☆
これもクライマー的女子力?バンガローにブラサガローでくるり1周。
c0018489_13255868.jpg


今日は名寄へ向けて、途中の観光スポットに立寄りながら移動。
まずは富良野チーズ工房。3種類のチーズを試食。美味しかった~
c0018489_13291651.jpg

ファーム富田。ラベンダーはこの時期ならでは。満開はもう少し先かな。
c0018489_1435181.jpg

あれ?お花がまだスカスカ・・・。色彩豊かな花の絨毯になるまで、まだまだ先だ。
c0018489_1463839.jpg

とみたメロンハウスでのお目当ては・・・
c0018489_148944.jpg

やっぱりメロンパン!メロン果汁たっぷりの濃厚クリームが旨い。もちろん果物のメロンも美味しかった!
c0018489_1493252.jpg

うおーっ!ジェットコースター道路って呼ばれてるんだって。
リクエストにはお答えせず、超安全運転しましたが^^;
c0018489_14113857.jpg

長いドライブの末、ようやく名寄市へ。
今日からサンピラーパーク森の休暇村で宿泊。到着してあまりにも立派な施設でびっくり!
晴れた日に外から撮った写真。一軒家ですやん。
c0018489_1415979.jpg

扉を開けてまたまたびっくり!
リビングにダイニングキッチン、お風呂にWC、2階には二段ベッドの寝室。完全に一軒家ですやん。
鍋や食器、炊飯器、TVに給油不要ストーブも完備。感激。コテージにしてよかった。予約ありがとうHちゃん!
c0018489_14242560.jpg

管理棟でホットプレートを借りて、夕食にジンギスカン。
しかしながら、ホットプレートが2種類重なって収容されていることに知らずにそのまま使用。
何だか、なかなか火が通らないねーなんて言ってたんだけど、洗うと時に気付いたorz
c0018489_1431693.jpg

一部十分焼けていない肉があったようで、若い二人がWC通い・・・。
(なぜかオバチャン組はぴんぴん) 申し訳ございませんでしたm(__)m

6/26

朝から大雨。広いコテージなので、のんびりできてありがたい。
ゆっくり朝ごはん頂いて、ヨガして、おやつして、岩場のアプローチ確認へ。
無事ゲートまで行けた。
帰りに下川万里の長城って何やろねって行ってみた。。。えっ、めちゃ低い。
うーん、万里の長城と言ったモン勝ちか。。。
スポーツ公園の外壁が遊歩道になってました。。。
c0018489_17234184.jpg

こういう石垣登るアホがいますが(私?)、もろくて危ない個所があるので、良い子は絶対登っちゃだめだよ。
1周トラバースしたら、ほどよくパンプしていい運動になりそうだけど、やっちゃだめだよ。

マックスバリューで買い物して、夜は寄せ鍋で乾杯☆ 明日はようやく晴れる予報♪
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-26 12:39 | クライミング | Comments(0)

北海道・赤岩青厳峡編

6/22-29 北海道クライミングツアー

6/22
ジム仲間の女性4人で、岩を求めて梅雨のない北の大地へ旅立った。

ピーチの機材遅れのため、予定より1時間半以上遅れて新千歳空港到着。
片道7500円ですもん、文句言えませんわ。
レンタカーの送迎を待つ美女たち。
c0018489_2249266.jpg

この夜は、札幌市内のHさん宅にてご馳走になり、皆で泊めて頂いた。
この上ないご厚意に、心より感謝申し上げます。

6/23
Hさんとご友人も一緒に、いざ赤岩青厳峡へ♪

岩場の駐車場。管理棟とWCが完備されている。
c0018489_0163110.jpg
岩場からも近く、WCに戻るのも全く苦にならない。女性には本当にありがたい。

道路のすぐ脇に岩場があり、アプローチは極めて至便。
その名の通り、大きな赤岩が点在している。
以下、ツアー中に登ったルートと感想。トポは100岩場。

・にんじん 5.9 ★
素直で楽しいルート。OS

・ジェロニモ 5.11a ★★★
なんぼでもいられる中間テラスのレストポイントから出ていくのを躊躇してしまう。OS
上部核心の行き方は何パターンもあるみたい。

・ワンダーボーイ 5.11b ★★
テクニカル。核心かと思われる個所を粘って諦めずクリア。最終クリップ後、リップ取った時点で腕パンパカパン。ランナウトしてるし落ちる訳にはいかず、かなり長い間レストして気合のOS。
グレードが辛いと思うのは私だけやろか・・・。地元の方から、なかなかOSは難しい課題と後で伺った。

・爆発するぜ! 11c ★★★
被った壁のガバ(か?)を繋いでいくルート。下部が濡れていたけれど、こんな遠くまで来たのだから、色々触ってみたい!と、やる気はあるのだが、先ほどのトライで腕は終わっていたようだ。傾斜が強くなる前でレストしても、腕が戻らない。ハング乗越で腕が爆発するぜ!で、テンション。ワンテンで抜ける。
さすが三ツ星、面白いルートだった。1トライのみで本日終了。

c0018489_038474.jpg

ジェロニモ

c0018489_0373168.jpg

ワンダーボーイ

宿泊は、日高沙流川オートキャンプ場。
とても爽やかなキャンプ場。近くに温泉もあるのだ☆
c0018489_2338614.jpg



バンガローを1棟借りた。女子4人でちょうどよい広さ。
c0018489_23401327.jpg
バンガローの前にはテーブルとイスもあるけど、夕食時には寒すぎて使えず^^;

夕食時、Hさん達がジンギスカン鍋を作って下さった!!!
北海道ではコンビニでもジンギスカン用味付ラム肉が売っているほど超ポピュラーなメニュー。
鍋も使い捨て用が安価で入手できるので、どこでもすぐに作れるそうだ。

玉ねぎ、もやし、ニラの上にラム肉投入。
c0018489_110489.jpg



炒めて、火が通るのを待つだけ。こんな簡単なんですね!
c0018489_1175246.jpg

味付け肉の旨味が野菜たちにしみ込んで、めちゃくちゃ美味しい。
★★★★★五つ星!ご馳走さまでした~


6/24
赤岩青厳峡2日目。明日から雨予報のため、青厳峡は今日で終了予定。残念無念。
Hさん達は今日の夕方帰られるので、バンガロー前で記念撮影。
皆それぞれタイマーで撮影していたのだが・・・
c0018489_23162387.jpg


ななんと、車のフロントガラス前にカメラをセットしたMちゃん、忘れてそのまま出発!
コンビニで駐車した時に、Hさんが驚愕の事実を発見!
よくぞご無事で!!!!!
c0018489_23202486.jpg


・アパッチの逆襲 5.7
5.7やと気軽に取付いたら逆襲を食らう。5.9でもいいと思うけど・・・。FL

・マサイ族 5.10a ★
ここのエリア名、「しょうちゅう(焼酎)岩」と思っていた。「しゅうちょう(酋長)岩」ですぜ。
それでこのルート名も納得。FL  

・天国列車 5.12b ★★★
12台の看板ルートも1つくらい触っておかねば。やっぱりこれでしょう。
1便目、OSトライ列車は各駅停車。必死のヌンチャク掛け。4P目が特に大変で抜けられないかと思った。必死のパッチでトップアウト。
2便目、ムーブ組み立て。いやはや、テクニカルなルートだ。
3便目、4P目後のデッドでいい所持てずフォール。ワンテンで終了。あと1日あれば。。。がくっ。

c0018489_23131729.jpg

天国列車


Hさんご夫妻、Tさんには大変お世話になりました。お陰様でとても楽しい3日間でした。
心よりお礼申し上げます。
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-24 23:15 | クライミング | Comments(0)

柏島・サンゴ編

見事なテーブルサンゴ群
c0018489_21401281.jpg

キンギョハナダイやルリスズメダイやらいっぱい
c0018489_22442744.jpg

これ、何やろ?その1 藻?卵?
c0018489_2245511.jpg

これ、何やろ?その2 卵?う〇こ?ざるそば??
c0018489_2381810.jpg

今回もシーエアーさんにお世話になりました。ありがとうございました♪
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-22 21:39 | ダイビング | Comments(0)

柏島・お魚編

イバラタツ  タツノオトシゴの仲間。体長10cmほどで見つけやすい
c0018489_15234222.jpg

ピグミーシーホース  こちらもタツノオトシゴの仲間ながら、1~2cmほどで同じ色のウミウチワにつくため
老眼にはカメラに収めるのが非常に厳しい。1枚だけピントが合ってた。拡大したらお腹がぷっくり!オスだ。
タツノオトシゴの仲間は、オスに育児嚢があり出産する。その瞬間見てみたいなあ。
c0018489_15272352.jpg

ジャパニーズピグミーシーホース  老眼泣かせはこちらの方が上手。周りの環境に溶け込んで、
裸眼ではどこにいるのかさっぱり分からない。適当にシャッター切ったら、たまたま写りこんでいた!
こんなにアップにしても、判別しにくいよね~(ど真ん中にいます)c0018489_1550423.jpg

イナズマヒカリイシモチ  少し前まで柏島固有と言われていた魚。模様が稲妻っぽい?!
c0018489_15554617.jpg

クダゴンベ  模様といえば、この魚も稲妻っぽいような。緑色のおめめが綺麗。
c0018489_162845.jpg

タテジマキンチャクダイ(幼魚)  綺麗といえば、この幼魚の配色は本当に素敵。
c0018489_1644789.jpg

ハタタテハゼ  ペアでいることが多い。柏島のハタタテハゼは、沖縄に比べて大きいのは何でだろう。
c0018489_167927.jpg

魚がいるの分かります?
c0018489_16101492.jpg

体長70cmほどのヒラメでした。
c0018489_16112114.jpg

ウミタケハゼ
c0018489_16131378.jpg

ガラスハゼ  この子たちはちっちゃくてすばしっこく動き回る
c0018489_1614222.jpg

クマドリカエルアンコウ  斜め上から見た図。中央の赤いホニャっとしたものが擬似餌にするエスカ。
c0018489_16441140.jpg

ベンケイハゼ  この岩場の奥にホムラハゼが隠れている。俺を撮れっちゅうことらしい。
c0018489_043416.jpg

ホムラハゼ、なかなか出てこないなあって撮った1枚に、よく見たら写ってるやん!小さすぎ!
c0018489_0141957.jpg

上の赤丸を拡大したら、確かに一応写っている・・・ホムラハゼ。
c0018489_0155632.jpg

何この水玉?初めて見た! 後で調べたら、大好きなモンガラカワハギの幼魚だった。感激。
c0018489_017264.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-21 15:22 | ダイビング | Comments(0)

柏島・ウミウシ&エビ編

6/18-20

高知県の柏島で潜ってきた。あんな不便で辺鄙な場所に、多くのダイバーが惹きつけられる。
多種多様な海の生き物たちが、我々を魅了する。

【ウミウシ編】
ウミウシって、無駄に綺麗。多分色なんて見えてないよね。
いやいや、無駄なんて言ったら失礼か。ちゃんと理由があるんだよね。

イガグリウミウシ  なんなん、この可愛さ
c0018489_23462279.jpg

キイボキヌハダウミウシ
c0018489_23553261.jpg

ベニゴマリュウグウウミウシ
c0018489_23563611.jpg

クロスジリュウグウウミウシ  あら?交接中かしらん。
c0018489_23565732.jpg

ヒロウミウシ 他種と比べて画像が荒いのは、個体が5mmほどとちっちゃいから(にしとく)。
c0018489_23551435.jpg

【エビ編】
アカホシカクレエビ
c0018489_10122720.jpg

オルトマンワラエビ  山でよく見かける座頭虫を思い出すのは私だけだろうか
c0018489_10193730.jpg

ビシャモンエビのペア  サンゴの仲間・ムチカラマツに擬態していて、見つけにくい~
c0018489_10225367.jpg

ヒメイソギンチャクエビ  身体が透明のスケルトン
c0018489_10265919.jpg

イソギンチャクエビ  おお、こっちもスケルトン
c0018489_10364985.jpg

エビは目立たないにスケルトン系が多いのに、ウミウシは派手なのが圧倒的に多い。
ウミウシがカラフルである理由の1つが、逆に派手な色で毒を持っていることを外敵にアピールするため。
もう1つが、カラフルだけど生息場所の色に溶け込みやすい配色で、実は目立ちにくい種類もいる。
確かにクロスジリュウグウウミウシの写真、周囲の色と同色系で遠くから見たら分かりにくそう。
なるほど、面白いね~
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-20 23:57 | ダイビング | Comments(0)

鳳来・鬼岩

6月は3日、鬼岩へいけました☆

6/2

・あんこ
・猫しゃく
ギャス後の次の一手、出せたがいい所持てず。次の便ではその一手が出せなかったが、根性のワンテン。
ワンテンっちゅうても、レストたっぷりしてやけど・・・
c0018489_17455624.jpg

アプローチに咲くササユリ。
・・・多分ササユリ。ピンクのイメージだけど、白もあるんだって。

6/10

梅雨入りしてしまった。前日雨でアプローチも濡れている。ダメ元で岩場へ。
案の定、岩はシケシケでヌメりまくりんぐ。
猫しゃくを掛けアップ含め3便、本日は筋トレと思って登った。
c0018489_17555923.jpg

壁の浅い穴に、ミソサザイが巣作りしようと、何度も何度も小枝やコケを運んでくる。
穴は傾斜しているため、運んだものはほぼ全て地面に落ちているのだが・・・
それでもめげずに、トライを繰り返す小さな野鳥。
この壁に挑戦しているのは、クライマーだけじゃないんだね。

このミソサザイ、本当に美しいさえずりだ。岩場に響き渡る澄んだ鳴き声に、しばし癒される。
さえずり聞きたい方は右のリンクをどうぞ! ミソサザイのさえずり

6/15

梅雨の合間。本日もアプローチはしっとり濡れている。昨晩雨だったらしい。先週と同じかとガッカリしながら歩いたが、岩場に着くと状態よさそう。風もあって先週よりはずっと良い。

猫、掛けアップ後の2便目、核心を越え初めて7P目まで進めた。その上で右手が滑ってフォール。
3便目、核心手前でかなり疲れていたので、傾斜の強いここではあまりレストせずにトライ。クリアできたので7P目をクリップしてからじっくりレスト。その後は前便のこともあったので、慎重かつ大胆に動いて、何とかRPすることができた。

今月もご一緒して下さった皆さま、ありがとうございました。

c0018489_1919331.jpg
鬼岩近くに掲げられた看板。
「安全対策を徹底して下さい」


ベテランも

初心者も

頑固者も

怖がりも。
一人一人の心がけが大切なのは当たり前だけど、
そもそも「安全対策」が何かわかってないと事故は防げない。

もし岩場で、誰かに危険性を指摘されたら、
素直に受け入れる柔軟性を持ってほしいと思う。

互いに声を掛け合うこと。
当たり前のことを確認し合うこと。

大好きなクライミングが、続けらるように・・・

あのレジェンド・リンヒルだって、ロープちゃんと結んでなくて終了点からグランドフォールしてますからね・・・
私がポカミスしてたら、教えて下さいませ・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-16 16:53 | クライミング | Comments(0)

舟屋の里・伊根町

6/6

京都府伊根町へ。来月開催されるイベント準備のお手伝い。
伊根町といえば、重要伝統的建造物群保存地区のある歴史的な町だ。
道の駅から見た舟屋の並び。
c0018489_16143766.jpg
舟屋とは1階が船のガレージ、2階が居室という大変珍しい建物。
伊根湾は日本海側では珍しく南向きで、その出入口に島があるため波が穏やかで、
更に三方を囲んでいる急傾斜の硬い岩山がそのまま海に落ち、深い淵を作っているため、
潮の干満差も極めて少ないそうだ。
c0018489_16355436.jpg
伊根町マップの左下が舟屋群のある所で、左の赤丸が道の駅。
イベント会場は右の赤丸の本庄浜。舟屋からは少し離れる。
c0018489_16375239.jpg
ここも日本海とは思えない穏やかな海。真夏なら間違いなく飛び込むでしょう。

c0018489_16432389.jpg
岩場には、ぽよんとかわいい
多肉植物がたくさん生えてた。

こんな岩の上で
生きていけるなんて
逞しいなあ。

私にもその力を
分けておくれ。
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-08 16:02 | クライミング | Comments(0)

一庫ダム

6/4

久しぶりに一庫ダムへバスフィッシング。

ダムには藻が大量発生していたが、気にせずジョイクロを振るオッサンひとり。
c0018489_16112951.jpg

そしてジョイクロに騙された不幸なバス、40cm後半。オッサン歓喜。
c0018489_16131065.jpg

私は相変わらずエコフィッシングを続けていたが、何かがコツンとヒット。
慌てて巻いて巻いて引き上げてみると・・・
c0018489_16145535.jpg

あれ?

ニジマス?

何でダムにニジマス?????

どうやら上流に管理釣り場があり、そこから自由を求めて下ってきたものがダムで育っているみたい。
せっかく逃れてきたのに私ごときに釣られるなんて、相当運が悪いよね・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2016-06-05 16:09 | Fishing | Comments(0)