こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日本酒飲み比べ

覚書。有馬温泉の宿で頂いた日本酒飲み比べセット。
c0018489_10545057.jpg


1.仙介 特別純米おりがらみ無濾過生原酒
2.黒龍 龍 大吟醸
3.梵 特撰純米大吟醸

どれも旨い♪ 自分には仙介が一番好きな味。東灘の酒。JR大阪三越伊勢丹にあるかも。
梅田に出たら要チェック。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-28 10:53 | Food | Comments(0)

志賀高原

2/24-26

神戸・愛知・東京のシニアスキーチームに入れて頂いて、志賀高原へ。
84歳を筆頭に、80代が3名、70代が5名、60・50・40代が各1名と小生が一番の若手。
大先輩を前にすると、青っ洟の小僧です。いやはや、皆さんの元気なことったら!
初日は高天ヶ原~西館~発哺、二日目は高天~奥志賀、三日目は横手山~渋峠。
志賀高原には何年も来ている来れど、車で移動するのが面倒で避けていた横手山方面は今回が初めて。
c0018489_1958321.jpg


横手山といえば、標高2,307mと日本一高い所にあるパン屋さん。
このヒュッテの中に、パンコーナーがあった。
お昼には早すぎて、残念ながら試食はまたの機会に。。。
c0018489_19591679.jpg


気温が低いのにお天気がよくて、バーンの状態は全然良くない。志賀高原といえば上質スノーなのに、今回は三日ともカリカリがメインだった。特に横手山は標高が高いので、寒いのなんの。更にコースが短いため身体が温まる前にリフトに乗らないとアカンので、修行であった。。。空にはX状の虹。
c0018489_204428.jpg


c0018489_2004626.jpg夕食前後の宴会がとても贅沢!
独のスパークリングワインで乾杯。
しかもシャンパングラスもわざわざ持ってきて下さっているとは。

一粒がとても大きい牡蠣の佃煮。
自家製野菜のサラダ、お漬物(ゴマから手作り!)、南蛮漬け等々次から次に旨いつまみとお酒が出てきて、話も弾む☆


愛知チームYさんが持ってきて下さった44年前のスキージャーナル!
Kご夫妻にまつわる思い出話が掲載された号で、そのことをつい最近告白されたそう。
大事に保管されていたのですね。
そんな昔から一緒にスキーをされていて、今もこうして仲間でいらっしゃるのがとても素敵。
冊子には関西のスキー場として比良山など紹介されていた。この頃はもっと華やかだったんやろな~
c0018489_2005825.jpg


東京チームのお二人は、60年以上前に白馬鑓の温泉でお知り合いになって以来のお付き合いだそう。
80歳を過ぎても一緒にスキーに来られるなんて、並大抵のことじゃない。
元気に人生をエンジョイされている皆さんに、来年もまたここで再会できますように。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-27 19:58 | スキー | Comments(0)

福井・銀杏峯

2/21

Yさん、ヤナッチと福井のゲナンポ(と読む)へ。今季初の山スキー(^^)/

今年は雪が多い!宝慶寺いこいの森までは除雪されておらず、道路脇の駐車スペースからスタート。
そのいこいの森までの道路のガードレールがこんなに埋まっていた。
c0018489_17121627.jpg


仁王の松
c0018489_17202733.jpg


高度を上げると、遠くに白山系の山並み。
c0018489_17234587.jpg


銀杏峯から部子山へと続く稜線を見る。
c0018489_17255969.jpg


稜線の樹氷も美しく。
c0018489_1727622.jpg


多雪で頂上の祠も完全に埋まっており、余計にだだっ広く感じる頂上で休憩。
お天気はいいけれど風はめちゃ強かった。いざ、滑降態勢へ。
c0018489_17284019.jpg


志目木谷。ドロップポイント付近はカリカリのアイスバーンで慎重にトラバース。
少し高度を落とすと、なかなかよいパウダー♪
山で初めて使う板CAKE100がいい感じに浮いてくれる。
c0018489_17312737.jpg


振り返ると、唯一太板でないヤナッチが、楽しいはずのパウダーにトラブル続出。
板の太さでこんなにも変わるのね。。。
c0018489_17341611.jpg


膝を捻らないように大回りで無木立斜面を楽しんだ。
c0018489_17384521.jpg


最後は堰堤先の林道まで左岸をトラバース。水車小屋まで先に下山したYさんが、車を取りに行って下さった。ありがとうございました!!!
c0018489_17403646.jpg


帰りは、大野のあっ宝んど温泉→勝山のはや川で羽二重くるみ→勝食で越前そばのゴールデンコース。
Yさん、お土産の羽二重くるみは好評だったそうで、無事次回の山スキーも許可が出たそうな(^^)
奥様曰く、大野の芋金つばも美味しいそうだ。
今度こちら方面に来るときには、このお店もコースに入れなければ!
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-23 17:10 | 山スキー | Comments(0)

Newシューズ・オゾン QC

この冬は12月からしもやけで足の指が腫れ、ジム用のクライミングシューズが痛くて辛い状態だったので、大き目の靴を買った。
c0018489_17315767.jpg
ロックピラーズのオゾン・ベルクロ。

試しに色んなシューズを履き、スカルパのインスティクトVSに決めかけていたけれど、親指に余裕あるサイズでも他の指が痛くてやっぱり我慢できずに諦めた。たまたま大き目のオゾンがあるので履いてみたところ、まずすっと足に馴染む履き心地。足入れ感が抜群。(外岩用のカタナレースを履いた時もそうだったよ)
ミウラ系の固い靴が好きなので、ソールもぐっと立ちこみやすい。

他のシューズよりも、親指から小指にかけてのカーブが若干緩やかで丸みがあるため、指が痛くない!冬用シューズはこれに決まり!!!
1ヶ月ほど主にジムで使用。今までは紐靴のためトゥーフックが掛けにくく、それがネックになっていた課題が、靴が違うと出来なかったムーブができるやん☆
紐靴を言い訳にして放棄していた高槻の課題に、今もう一度取り組んでいる。
・・・どうやらできないのは、靴のせいだけではないようだが・・・・・・・ガンバ、自分。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-20 17:33 | クライミング | Comments(0)

ナカガイジム@白鷺

Kめさんから、白鷺の壁は高さがあまりないから怖くないよ、と嬉しい情報を頂いたので、遊びに行く。
地下鉄のなかもず駅下車。なかもずって漢字で書くと「中百舌鳥」。いやいや、普通読めないよね。
ジムがあるのは白鷺。モズにシラサギって野鳥の名前だけど、どうしてこういう地名なんだろう。

とちょっとググってみた。
中百舌鳥の方は、地名「百舌鳥」のナゾとして産経のこんな記事があった。仁徳天皇陵の正式名「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」が由来のようだが、更に調べると諸説あり、ナゾは深まるばかりである。白鷺の方は、かつてこの辺りの田園にシラサギの群れが見られたことが由来らしく、モズとシラサギには直接な関係はない模様。

さてさて初白鷺ジム。高槻よりもこじんまりして、妙にほっこりしてしまった。Kめさん、この高さでもやっぱり飛び降りるのは無理。。。黄色14番までの全課題と長モノ幾つかトライ。黄色は10番ルーフ越えたところが曲者じゃ。14番はデカホールドから終了点行くのが怖いよう。長モノは6aになると甘々ホールドが続いてかなり手強い。2月長モノ課題は、リーチ関係なく楽しめるよ。
今月は1度も外岩に行けなく終わりそうだけど、そういう時期は割り切ってトレーニングに励むのみ。
とは言え、結局トレーニングも思うようにはできてないんだなあ。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-19 00:20 | クライミング | Comments(0)

辛辛魚

c0018489_10465098.jpg
毎年冬の短期間だけ販売される
寿がきやのカップラーメン
「辛辛魚」

久しぶりに無性に食べたくなって
コンビニに行くも
なかなか置いている店がない。

ようやく1つだけ残っている店があって
棚の奥からゲットした。


c0018489_10493995.jpg乾燥わかめを足してからお湯を注いで4分後。
後のせ激辛パウダーはもちろん欠かせない。

いかにも体に悪そうな濃厚スープは
辛さの中に魚介ダシの旨味が広がり
ついつい飲み干してしまう。
少し太めの縮れ麺が辛さと絡み合い
もっちりと旨い。

激辛度も涙腺を刺激されるほどの納得の辛さ。
辛いだけのラーメンなんて美味しくないが
これは激辛系カップラーメンとしては
文句なしのNo1。

注:本当にとっても辛いです。私の激辛好き度は、一風堂のからか麺の超特辛が普通に食べれます。辛さにどんな強くても何の役にも立たないけど・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-17 10:46 | Food | Comments(0)

大人のピアノ

c0018489_23304690.jpg
時間が出来たら取り組みたいことの一つがピアノだった。
邪魔だし物置化している電子ピアノ、
もう処分してしまおうかと思うこともあったけど
いつかまた弾いてみたいと、思いとどまった。

先日☆子さんとピアノの話をして、
再開したい気持ちが高まる。

電子ピアノの上をようやく片付けて
久しぶりにふたを開けた。
懐かしいなあ。

ピアノは5歳から高3まで習っていた。近所の先生の家には、週刊ジャンプとブラックジャックが置いてあって、それを目当てに通っていたと断言できる。練習を全くしていなくても、北斗の拳の続きが読みたくて行った日もある。決して怒らない、優しい先生だった。だから続けられたんだろう。

久しぶりに弾いても、「音は鳴る」レベルで指が動かない。
バイエル教則本、ソナチネアルバム、ツエルニー40番。
数十年前の楽譜が役立つ時が来たぞ。

錆びついた頭を活性化させるためにも、少しずつでも続けていきたい。
そして、いつかは「英雄ポロネーズ」!(←いつかは15!と同じレベルやろそれ。。。)
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-16 00:07 | 雑記 | Comments(0)

ハマチ

日和佐の翌週、ヤナッチは南紀でリベンジ。ハマチをゲットしてきました。
c0018489_020963.jpg

魚をおろすのは釣り人の責務。

料理もしてほしいけど。


c0018489_0231334.jpg

初日。

お刺身で頂きます。

ぷりっぷりの歯ごたえですが、
味の方は・・・
残念ながらちょいと血が廻ってしまったかも。


c0018489_0261614.jpg

2日目。

漬け丼で頂きます。
お味噌汁にはあらをいれて。

醤油、みりん、だし、わさび、ゴマのタレに
3時間ほど漬けました。
これはめっちゃ美味しかった!

c0018489_0293764.jpg3日目。

あら煮で頂きます。
大根にあらの旨味がしみ込んで
これもうまうま。

3日であの一匹を完食。
もっと大きいメジロやブリを
下手に冷凍するより
食べ切れるこれくらいが
ちょうどいいサイズかも。
釣り師ってどうして大きいもん釣りたがるのかな。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-04 19:17 | Fishing | Comments(2)