こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日和佐

1/25

予定していた八甲田ツアーが中止になり、いじけていたらヤナッチが岩場につきあってくれた。といってもヤナッチの目的は岩場の先にある磯なんだが。

日和佐へは、10年以上前に一度行ったことがある。その時は強風で、洞窟内まで波と飛沫が入り登れなかった。外をちょこっと触ってさっさと撤退したので、どんな岩場だったかほぼ忘却の彼方。
アプローチも全く覚えていなかったので、マメオさんのブログを参考にして無事到着。
この先、入口が若干分かりにくいかも。
c0018489_1748309.jpg


c0018489_17541944.jpg

岩場のある洞窟への入口。

c0018489_17545635.jpg

洞窟内の岩場からは海が見えて
格好いいロケーション☆

洞窟を抜けると、ドーンと海が広がっていて
何と素晴らしい景色!

この日はすっきりしない天気だったけど
青空だったら確かにポカポカで最高やろうね。

以下登ったルート
◇幸せな海亀 5.8
◇潮騒エクスタシー 10b
◇のぼれタイヤキくん 10c
◇岬めぐり 12b

10台まででヤナッチは釣りに専念するらしい。岩場でお会いしたMさんが、洞窟内なら岬めぐりがとても快適で楽しいとお薦めして下さった。ヌンチャクが掛かっていたのをお借りしてトライ。洞窟の岩は冷たく、登り始めてすぐに指がかじかんできて、これはダメかもと思いつつ、首筋で必死に温めた。次が核心か、と常に疑いつつ少し進んではレストを繰り返し、無事終了点についてOSできた。あらま自分が一番びっくりよ。

まさかのOSで更に戦意喪失のヤナッチは、完全に釣りモードへ。
岩場からすぐ下の磯で釣りができる。
c0018489_18191622.jpg

この辺りの磯は、なかなか人気の釣り場らしい。アプローチの際、釣り師の道もあるので、磯に迷い込まないように要注意。
c0018489_18194432.jpg

大物回遊魚は、来てるかどうかも判断できないから難しいよね・・・
本日は(も?)、無駄な殺生のないエコフィッシングで終了。

帰り道の絶景。
c0018489_23183249.jpg


c0018489_23231121.jpg道の駅ひわさで地元のおやつ。

すだちの缶ジュース「ザ すだち」は、さっぱりと美味しかった!
これはリピートしまっせ。

「ゆこうチーズ」は、幻の柑橘と言われる「ゆこう」の風味をいかし
白あんとクリームチーズをコラボした和洋菓子。
・・・不思議な味がする・・・
残念ながら私の好みではなかったけど、地元の特産品を
使ったものを頂くのは、旅の楽しみの一つやね~

この道の駅では「寒茶」も扱ってはるのだが、残念なことに売切。
TVの影響で、道の駅に問い合わせ殺到で完売だったらしい。
私もその番組見て、是非とものんでみたい!と思ったのだが。

小さな集落でお婆ちゃんが大切に育てて作ってはるお茶、
いつか頂ける日が来るかな~

c0018489_063478.jpg
帰りに徳島ラーメンを食べてみよう!と
道中で目についたラーメン工房「りょう花」に入る。

あれ?
愛媛が本店?
徳島ラーメンちゃうしorz

でも、炭火焼の鶏チャーシューが
めちゃ美味しかったよ。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-26 22:38 | クライミング | Comments(0)

パンプ大阪

1/22

Mみさんと外岩の計画をするとなぜか雨になるのは何故かしらん026.gif
パンプへ転戦。大阪駅からバス1本で店のすぐ近くまで行けるのですね。本数少ないけど、時刻をチェックしておけば大丈夫。メモメモ。

12:26 大阪駅発 42番のりば/18:19 中島1丁目発

やっぱりリードは面白い。ボルダーは膝が心配で落ちるのが怖く、ある程度の高さになると一か八かのムーブは絶対しない。故障はもうこりごり。リードは思い切ったムーブもできるが嬉しい。
どの課題もOSトライでパワー全開!ピンクの巨大ホールドが出てくる12bは、解明できずに敗退。。。
正面にあった11aのクラシック的ルート、ムズオモシロかった☆

Mみさん、雨の中ありがとうございました。次こそ外岩で(笑)
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-24 22:50 | クライミング | Comments(0)

奥神鍋&万場

1/18

今季ようやくの初滑り。まずは近場のゲレンデで調整しようと、奥神&万場へ。
まだあまり使っていないパウダー用の板で練習ができればいいなと。
・・・関西のゲレンデで非圧雪パウダーなんてあるのかってつっこまないで・・・

それでも奥神にはオフピステコースってあるみたいので行ってみた。
かなり荒れた斜面を我慢してトラバースしていったら、おお、まだトレースのない斜面が残っていたよ。
c0018489_1471272.jpg

浅いけど、一応非圧雪でふんわり気持ちいい~板のお蔭やろな~
その代わり、圧雪バーンでは若干滑りにくい。ついいつもと同じようにエッジを立てようとするからやろう。

奥神と万場は上部で繋がっている。万場の方が広くて解放感があっていい感じ。
日曜日なのにこんなに空いていていいのか?
c0018489_14494180.jpg

たっぷり降雪あった後に行けば、ゲレンデでも十分楽しめそう。

帰りは渋滞を避けて、丹波篠山から亀山を経由する下道で。
篠山で、吸い込まれるようにここに寄りまする。
小さな酒蔵・狩場酒造場の直売店。
c0018489_158476.jpg


c0018489_15385999.jpg


秀月「朝一番しぼり」
をリピート購入♪

冬の早朝、搾り始めから3時間の最もキメ細かな部分だけを瓶詰めにした、新鮮なお酒。
口当たりが良くて、ぐいぐい飲み過ぎてしまいそう。
美味しいお酒です(^^)


[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-23 22:36 | スキー | Comments(0)

三重・白クラ

1/12

最近、釣りがセットになってないとクライミングに行くモチが上がらぬヤナッチをそそのかし、三重へ。
まず向かうのは尾鷲港。
c0018489_21542760.jpg

今日はアジング。
わずかなアタリを逃さないように
慎重にルアーを巻くのだが。

夜釣りってめちゃくちゃ寒くて、アタリすらない私は1時間でギブアップ。さっさと車で仮眠体制へ。
c0018489_21545380.jpg

ヤナッチは更に数時間粘って、
なぜか小さいシーバスをゲットしていた。


翌朝白クラへ。
冬でも天気がよければポカポカのこの岩場も、陽がささないとめちゃ寒いってことがよく分かった。。。
「道普請は慌てずに」のコルネの横に、大きな蜂の巣の跡が。
c0018489_2202089.jpg
「私は大女様」でアップして、10年以上前にトライしたことのあるこの課題にトライ。
このコルネ上の核心、何度も行ったり来たりして、10cとは思えないハードムーブでようやく越えることができて、無事RP(T_T) 上部は楽しいので、諦めないでガンバ!

「仙人掌」10aのハング越えでずり落ちそうになるのを耐え、隣の「葛藤」12aで遊ぶ。
左壁をどこまで使っていいものか?ある程度限定がありそう。
チョーク跡でおおまかにラインの見当をつけて、ヤナッチRP、私はギブアップ。。。
更に寒さにもギブアップで、早めに切り上げる。

c0018489_22241390.jpg

帰り道、道の駅きつつき館で購入。

鹿肉の甘露煮は、肉の臭みは全くなく、味付けは牛肉のしぐれ煮っぽい。
少々肉がパサついている感じだけど、柔らかくて噛めば噛むほど旨味がお口に広がりまするぞ。

鶏ハムももちろん美味しかったよん。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-21 22:17 | クライミング | Comments(0)

沖縄ツアー・観光編

◇辺戸岬

砂浜で登るだけじゃなくて、辺戸岬も観光。打ち寄せる波際の間際まで歩いていけそう。
いかないけど。コワいし。
c0018489_203425.jpg

岬近くの海中には、「辺戸岬ドーム」と呼ばれる神秘的なダイビングスポットがあり、2万年前に作られた海底鍾乳洞があるそうだ。いつか潜ってみたいな~

◇沖縄美ら海水族館

本島観光のテッパン。
サンゴ礁の水槽でちょうど餌の時間。豪華絢爛ですな~
c0018489_17435572.jpg


ジンベイザメが3匹、やっぱり迫力あるな~
c0018489_17463220.jpg


c0018489_17483744.jpg

ジンベイザメの
お食事タイム。

立ち泳ぎしながら
水面付近に大きな口をあけて
小さなエビを大量の海水とともに
豪快にバキューム。

3匹のうち一番大きなオスが5.5tで
オキアミなどを1日30Kg食べるそうだ。

餌をこしとった後の濁った海水が
エラからどばーっと出てきて
水槽が汚れていくのであった・・・



◇ひめゆりの塔

c0018489_18151227.jpg

ひめゆり平和祈念資料館を見学。
沖縄本島で繰り広げられた悲惨な過去。

戦後70年の節目の年、
国際情勢がひと際不安定な今こそ
ここで戦争の愚かさを感じることは
ちっぽけな自分にできることの一つ。

過去を学び、現在を知ること。

争うものは皆、自分が正義だと信じる。
正義ってなんだ?
このまま報復を繰り返し
その先に何があるのか。
憎しみは憎しみを生むだけで
何も解決しないのに。

とにかく。
自分とは考えの異なる人の意見を聞くこと、
納得しなくてもその人を否定せずに受け入れること。
普段生活している中で、ものすごく大事なことだと思う。


◇具志頭

奇石が点在する具志頭はボルダーエリアで有名だけど、今回は観光で。
戦跡であるこの地を訪問する前に、道中のひめゆりの塔を見学されることをお薦めしたい。
c0018489_10435883.jpg


ガビガビの琉球石灰岩。キノコみたいな岩峰が浜の至る所にあって、不思議な景観。
c0018489_10532032.jpg


ニャンコがクライミング中。テーピングしてなくても大丈夫なの?!
c0018489_1056129.jpg
見るからに面白そうな岩がたくさんある。次回(いつやねん?)は、マット持って来たいな~

2014年大晦日の夕日。
c0018489_1118897.jpg


あ、そうそう、ヤナッチの釣果は、地球という超大物のみ。
備忘録。釣竿はかなりコンパクトにしても機内持ち込み不可なので、ハードケースに入れて預ける方がベター。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-20 18:04 | 旅行 | Comments(0)

沖縄ツアー・クライミング編

いつの間にやら随分経っとりましたが、備忘録として記しておきましょう。
---
年末年始の休み、クライミングなら城ケ崎か備中に行きたいとヤナッチに提案するも、寒いのいややと却下され。ほんなら貯めたマイルで沖縄行けるし、辺戸岬どない、と食い下がったら、まあええみたいな反応やったので、気が変わらないうちに、即行で飛行機と宿とレンタカー手配。出発まで10日をきっており、すぐには取れないのもあったが、何とかなってよかった。寝正月になるとこだったわ。

12/27-1/1

初日は夜のフライトだったので、那覇泊まり。その翌日と帰る日は観光、クライミングは中3日。

辺戸岬・宇佐浜の岩場への訪問は今回初めて。
観光地でもある辺戸岬は、写真の飛び出た岬にあたるので、すぐ近くなのが分かる。
駐車場から砂浜をサクサク歩いていく。
c0018489_174639.jpg

正面から見ると、3つの岩場が重なって見えるため、ちょっと規模が小さく見える。
c0018489_1524415.jpg


◆オラウータン岩
c0018489_16244579.jpg
下は砂地で目の前が海と絶好のロケーションで、初心者から楽しめる♪ 
以下触ったルート(グレードは100岩場参照)

◇てんぷら 5.7
◇あわのぼり 5.9
◇ハブハブトラップ 10c
◇初日の出 11a
◇アンダギーマン 11a
◇シークワサー 11b
◇マンモスクイナ 11c/d

全てFLかOSできて嬉しいな~!初日の出はFLできたものの、出だし核心でそこだけ極端に難しい。OSトライだったら一撃は無理やったやろう。
アンダギーマン以下3本が人気ルートだというのは登れば納得。シークワサーは、下部は被ったガバ、上部はカチが繋がっていて、すごく楽しい♪
マンモスクイナはOSしたかったので、先にトライさせてもらった。2014年内ギリギリでOSグレード更新。
ヤナッチありがとう!

◆アンダーウォール
c0018489_16493678.jpg

クライマーA君と
久しぶりに再会。

ルートの情報を
色々教えてくれた。
どうもありがとう。

Yちゃんとこれからも
仲良く登ってね(^^)

◇ブエノチキン 11b
◇うるま 12a/b

こちらの岩場はうってかわって傾斜もあり、ホールドも乏しい。
ブエノチキンはカンテを回り込む辺りが核心か。アルパインチックで何とかFL。
うるまに至っては、リーチ、パワー、精神力と全てが不足、終了点にすら辿り着けず。
石灰岩ってホールドが限られるので、グレードが上がるとリーチないとつらいものがある。下部がめちゃくちゃ厳しい。なのに核心はまだ触ってもいない上部にあるそうでorz 登れるんかいな、自分。
伺うところによると、隣のタコライスチーズ12b/cの方が登り易いそうだけど。
次回(いつやねん)は、終了点まで行ってみたい!
c0018489_1727617.jpg



冬でも暖かくて、のんびりできるいいところです




あれはもしや!ヤンバルクイナではないか!!!
c0018489_1730559.jpg


宇佐浜に降り立つと右手に見える
「ヤンバルクイナ展望台」でーす。
c0018489_17305147.jpg


宇佐浜の沖には、波乗りや素潜りの人たちもいる。
さすがに海の中は寒いと思うけど。。。

また来れますように☆
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-19 01:12 | クライミング | Comments(0)

初めてのお餅作り

お手軽食パン作りで使っているホームベーカリー。お餅も簡単に作れるようなので、試してみた。
c0018489_9323450.jpg
もち米2合を洗って、
30分水切りし
185ccの水とセット。
ちょうどひたひたくらい。
50分後作業、表示される。

しばらくすると
お米を炊くいい香りがしてきた。




c0018489_9351069.jpg
50分後、水分を飛ばすために
ふたを開けて更に10分。


クルクル回って
お餅つき。


c0018489_9382395.jpg出来上がったら
打ち粉をした作業台に取り出す。

うーん。。。アカン。
水分が少なく固めの仕上がり。

「ちぎって丸める」のコツが分からず
うまくできない。
シワシワになってしまう。
シワは顏だけで十分やっちゅうねん。


c0018489_942171.jpgシワを隠すために
きな粉のファンデーションで厚塗り。

出来立てはそれなりに美味しい。
3個で足りず5個瞬食。
が、のろのろ成形しているうちに冷めてしまった。
そうでなくても固いのに・・・

次回は200cc、出来上がったら
速攻作業してアツアツを食べる!
でやってみよう。
食べ切れなかった分は冷凍して、後日鍋に入れた。さすがに煮込むと柔らかくよく伸び、美味しく頂けた。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-16 22:27 | Food | Comments(2)

初めての成分献血

先日、御堂筋の献血ルームを通りかかった。私はチビのため400ml献血ができない。200mlは必要量が確保しやすいようで、やる気満々でも断られることも多い。試しに、200は足りてますよね?と伺ったところ、血液型を聞かれ、時間があれば成分献血を、とのこと。ではやってみようかと献血ルームへ。

献血ルームに入るのも初めて。綺麗な施設。飲み放題の紙コップ自販機には、ソフトドリンクの他にコンソメスープやコーンスープもある。問診と検査の後、「温かい飲み物をもってトイレ済ませて来てください」と言われ、指示に従い成分献血開始。個々の椅子ごとにTVがついているし、雑誌も持ち込めるし、1時間退屈することはない。

20分ほどたった頃、何だか唇がピリピリする。針の刺さった血管に血液が戻っているのだろうか、細かい振動のような感覚はあまり気持ちの良いものではない。何となく不快な感じも、軽い貧血なのかなあ、って思っていた。

30分ほどたつと、看護師さんが手の平でにぎにぎしているものを、温かいカイロと交換。
管の先をみると、濃い黄色と薄い黄色の液体がたまっている。これが血漿と血小板の入ったものらしい。オシッコみたい。。。なんて思っているのは私だけか。

50分くらいで終了。終了後はアイスやパンやお菓子の自動販売機のコインと、歯磨き粉をもらった。
お腹が空いていたので、パンやらスープやら頂いて帰る。

あのピリピリ感って何だったんだろう?と後で調べてみたら、「クエン酸反応」というものだった。

成分献血は、血液が固まらないように抗凝固剤(クエン酸+クエン酸ナトリウム)を加えながら採血する。クエン酸は、血液凝固に必要なカルシウムを捉えることで、凝固を防ぐ働きをしているため、体が一時的にカルシウム不足になる。カルシウムは神経の伝達、筋肉の収縮にも関わるため、不足すると唇や手指に痺れを感じたり、こわばり、気持ち悪さ等になって現れる。

正にこれやんか。

クエン酸は肝臓で速やかに代謝されるので、その流入速度を遅くすれば症状はすぐなくなる。

つまり、ピリピリ感を感じたら、看護師さんに伝えればよかったってことね。
この症状は成分献血では珍しいことではないのだし、こんな症状が起こり得るってことを、事前に説明してくれたらいいのにね。また献血の機会あれば、このこと話してみよう。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-15 17:01 | 雑記 | Comments(0)

なにわら納豆

たまたまぶらりと入った大丸梅田の地下食品売り場で発見!
c0018489_21422089.jpg
小金屋食品のなにわら納豆
大阪・大東市で作ってはります。
稲わらに自生している天然納豆菌を使って昔ながらの製法で作った納豆だそうです。

あまりに久しぶりなので、嬉しくなって購入。

藁をそおっと開けると
大粒の大豆がたっぷり入ってます。

たれはついていません。納豆臭さがあまりなくて、頑張って混ぜてもアワアワにはなりません。大豆の濃厚な味を楽しむために、塩をちょいと入れます。
うん、やっぱり旨い。大粒大豆の旨味がいつものスーパーの安モンとは全然違う~!

で、5年前の記事とパッケージが違うなあと思ったら、中身も若干違うようで、こちらの商品の方が「天然納豆菌のより濃度の濃い部分のみを使用して醗酵室の配置も配慮して作った納豆」で、お値段も若干高め。以前食べた方は売り場にはなかったので、食べ比べができないのが残念。といっても凡人にその違いが分かるのかな。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-14 00:43 | Food | Comments(0)

アンビレーバーボー!

Climbing MagazineのHPに、読者が現場で見た驚くようなビレイシーンや支点の取り方等を写真を交えて紹介した連載がある。英語が読めなくても、写真だけでもアンビリーバボー!って分かる、その名も「アンビレーバボー」という記事。岩場でごく普通のデニムを履いたオッサンが、そのズボンのベルトでビレイしてたり。ジムでお母さんが子供のトップロープのビレイをハーネス・確保器なしでロープ掴んでるだけだったり。

リンクは一番新しい記事。リンク先の記事の中に過去記事へのリンクがあるので、興味のある方はクリックしてみて下さいね。

Unbelayvable: 5 Photos of Absolutely Awful Belayers

クライミングには想像力―登っている時には自分が今ここで落ちたらどうなるか、終了点ではこのセルフビレイを取ったらどうなるか、ビレイ時にはクライマーが今ここで落ちたらどうなるか等々-が大切やなって改めて思う。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-08 22:51 | クライミング | Comments(0)