こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

介護職員初任者研修

c0018489_21274276.jpg
5月半ばから約2ヶ月のスクールが始った。
近くの特別養護老人ホームに通っている。
同期は7名、揃って修了できるよう頑張ろう☆



勉強するにつれて
自宅で看取った認知症の祖母のことを思い出し
色々と後悔の念に駆られる。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-29 00:02 | 雑記 | Comments(0)

鳳来・鬼岩

5/14

Kみさん、Charさんと鬼岩へ。
Kみさん@あんこでアップ中  Kみさんメットめっちゃちっちゃい=小顔ですやん。
c0018489_19413211.jpg


Charさん@鬼岩入門  
ポイントはレスト! RPおめでとうございます♪ 実力したら当然ですけど(^^;)
c0018489_19421443.jpg


Kみさんと一緒にジェット触ったけど、叩きのめされましたorz
まず傾斜に身体がついていけへん。体幹鍛えんことには全くあきまへん。

で、登っている時は平気だったのに、不注意で痛めてた腱が翌日からいてててて(T_T)
しばらく休養します・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-26 19:56 | クライミング | Comments(0)

淀川の草花たち

5/13

けやきの森市民大学・自然環境講座で淀川河川敷へ。
c0018489_18404657.jpg道端でもこの時期良くみかける
ピンク色の丸っこいお花は、ヒメツルソバ。

繁殖力が強いそうで、
このお家の生垣中が
ピンクに覆われていた。

中央に交じったピンクのお花は
ムラサキカタバミ。
ハート型の葉っぱで
10円玉を磨いたら綺麗になりまっせ。

c0018489_18541118.jpgイネ科のカラスムギ。

イネ科の植物は、全て自家受粉する。花が咲くのは、不要になった花粉を捨てるためだそうだ。そのため、お米の品種が異なっても、すぐ近くで育成できる。では、自家受粉してしまうのにどうやって品種改良するのか。

それは、めしべとおしべの耐熱温度の差を使うそうだ。44℃でおしべが先にダメになってしまうので、残っためしべに他の花粉を受粉させるとのこと。

c0018489_1994394.jpg
淀川河川敷で
うじゃうじゃ咲いているヤヨクサフジ。

c0018489_19122850.jpg
ノイバラも
わっさわっさと咲いている。

c0018489_1914533.jpg

この樹の名前ははっきりしないけれど
サクラの仲間であることは確実だそう。

それは、葉の基部に
ぷちっとした蜜腺があるからなんだって。

近所のソメイヨシノの葉っぱをみたら
ちゃんと蜜腺ありました。

c0018489_19175882.jpg

カレーカズラとも呼ばれるツリガネカズラ。

その香りは
まさにカレー!

ちょうど昼時で
腹ペコのお腹が鳴りますわー
今日も主に雑草と言われている草花たちの面白い話をいっぱい教えてもらえました。
先生方は、とても元気で博識のシニアの方々。ありがとうございました!
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-26 19:21 | | Comments(0)

石垣島・観光編

ANAは新空港ができてきから直行便が飛ぶようになったのかしら。
昼前に到着したので、半日だけレンタカーを借りた。その一番の目的がここ。
明石食堂のソーキそば。
c0018489_1554613.jpg

7年前に食べて、めちゃくちゃ旨かったので是非再訪したかった。
お店の場所がちょこっと移動していて、すぐに駐車できないくらいお客さんいっぱいでびっくり。
大人気店になっているんですね。

運ばれたアツアツのソーキそばのお肉を一口頂いたら、その理由が分かる。
旨い!やっぱりめっちゃ旨い!
軟骨までトロントロンになった、分厚くてほろりと柔らかいお肉。
豚骨スープにこのソーキの甘辛味が少しずつ染みだしてたまらん旨さ。

一般的な沖縄そばの、あの独特のそば自体はあまり好みではないのだが、ここのソーキそばだけは、レンタカー借りてでも食べにくる価値は十分にある。少なくとも食いしん坊の私にはね。

沖縄は数日前に梅雨入りで、天気予報もずっと雨だったのだけれど、旨いそば食べて一番北端までドライブしたら青空が広がってWで嬉しくなる。
c0018489_0241733.jpg


石垣島最北端の平久保崎灯台。
c0018489_0262983.jpg


吹通川の汽水域に広がるマングローブ。
c0018489_0273931.jpg


水辺ではオキナワハクセンシオマネキが大きなハサミを振り回す。
辺りを見渡すと、右が大きいもの、左が大きいものどちらもいる。普通、シオマネキは9割ほどで右のハサミが大きいそうだけど、ここのシオマネキは違うようだ。
c0018489_198246.jpg


ブンブンハサミを振り回すそばで、水面を走るトビハゼ。
近くで見ると、胸鰭がまるで足のよう。眼は完全に飛び出ている。
c0018489_1921183.jpg


アダンの実もなっている。パイナポーに似ているけど食べられません。
c0018489_19225264.jpg


c0018489_19242980.jpg米原のヤエヤマヤシ。

ごく限られた場所にしか自生していないそうだ。
高さ20m以上にもなるのに、
実の大きさは1㎝ほどってそんなヤシもあるんですね。


ギランイヌビワ。幹から直接実がたわわに生っている様がユニーク。蝙蝠の好物なんだって。
c0018489_19281317.jpg


名蔵アンパルでも生き物観察。ヤドカリがいっぱいいたよ。
c0018489_1931435.jpg


リュウキュウアカショウビンの鳴き声が聞こえたけど、姿は残念ながら確認できず。
肩にとまってくれたらいいのにね~
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-19 15:09 | 旅行 | Comments(2)

石垣島・ダイビング編

ANAのマイルが今月末で期限切れになってしまうので、せっかくならば同じマイルでちょっとでも遠く・・・と久しぶりに石垣島へ。

めだかさんのボート、申し訳ないけど貸切^^;
ダイビングは1年ぶりなので、のんびり系リクエスト。
5/9 1本目「サブマリン」。地形ポイント。心の清い人だけ、潜水艦に見えるんだそーです。
c0018489_13162753.jpg


2本目「リトルクリーチャーズホーム」。サンゴの根から根へ。
ハダカハオコゼ。写真じゃ分からないけど、実物をじっと見ていると眼がダイヤモンドのようにキラキラ輝く。
c0018489_13255051.jpg


イシガキカエルウオ。正面から見ると、テヘって笑っているように見えるんだけどね。
c0018489_13292522.jpg


3本目「トカキンの根」。大物狙いで。
イソマグロ。デカい。
c0018489_13362448.jpg


グルクンの群れに反応するイソマグロたち。
c0018489_13371317.jpg


5/10 今日は風が強く、潜れるポイントが限られてしまったそうです。今日も癒し系で。
1本目「黒島テラピー」
c0018489_13392954.jpg


擬態が上手なコノハガニ。
c0018489_13414445.jpg


ハマクマノミ。
c0018489_1344925.jpg


ハナヒゲウツボは何故いつも大口を開けているのだろうか。
c0018489_134527.jpg


2本目「パナリ 竜宮の根」。赤いイソバナがとても綺麗なポイント。
c0018489_13463641.jpg


竜宮城てこんなとこかな~と思わせる所。
c0018489_1348352.jpg


c0018489_1354171.jpg


大きな根の周りは、広い砂地。潮の流れが結構速い所なので、砂紋ができる。
c0018489_13505453.jpg


3本目は「秘密のオアシス」。
オニダルマオコゼが睨みをきかせてます。
c0018489_13543425.jpg


ハナビラクマノミに、
c0018489_13554496.jpg


カクレクマノミ。
c0018489_13563321.jpg


大きなミアミラウミウシ。
c0018489_1357665.jpg

ハナミノカサゴがゆったり泳いでいました。
c0018489_13574754.jpg


産卵を控えてお腹が大きくなったハマクマノミや、いっぱい産みつけた紫の卵を守るロクセンスズメダイは、我々にも来るな来るなと猛攻撃をしてきます。勇敢ですね。そっと見守ってあげましょう。

魚の寄生虫や食べかすをクリーニングしてくれるホンソメワケベラ。海の中で、気持ちよさそうにつつかれている魚をよく見かけますが、何度か私もほっぺたや唇をつつかれました。ご飯粒でもついてたんかしら^^;
ちくっと痛いけど、足の角質やったら気持ちいいんやろな。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-17 14:12 | ダイビング | Comments(0)

白馬岳~白馬鑓ヶ岳

5/3

Yさん、Fさん、ヤナッチと白馬へ。Hさんは非常に残念ながら、直前に怪我のため今季は山スキーシーズン終了となってしまった。早く快復されますように。。。

前夜、関西組は松川の道の駅で仮眠予定であったが、Yさんがシュラフを忘れた!とのことで急遽、Fさん宿泊予定の大町の宿へ送り届け、近くの公園で仮眠。いやはや空室あってよかったね^^;
当日の朝、お二人をピックアップして猿倉へ。
猿倉荘の前で、遭対の方に計画書を提出。今年は例年より雪が少なめ、また昼頃一時天気が崩れるので気をつけて、とのこと。
天気予報もそんな予報だった。7時過ぎに出発。

白馬尻に到着する頃は、まだこんな青空☆大雪渓を登る人たち。
c0018489_027782.jpg


10時過ぎには、上空はどんより雲に覆われ始める。
c0018489_0303464.jpg


11時半頃、大雪渓を振り返る。
大雪渓で一番斜度が増す岩室の辺り。ツボ足組はそのまま直登、シール組は斜度が緩めの杓子寄りを登る。ツボ足組とは若干離れてしまったので、この後大きく右にトラバースして傾斜が緩んだところで合流。
c0018489_0331390.jpg


ツボ足組のYさん、ヤナッチと合流したものの、シール組のFさんがトラバースしてこない。
休憩兼ねてかなり待ったもののこちらに現れないので、そのまま杓子寄り斜面を登っていると判断し、3人で出発。この頃には天気は更に悪くなり、次第に雨、霰、濃い霧で視界がほとんどなくなった。

休憩前には頂上宿舎が見えていたので、ここからはあともうひと踏ん張りのはず。体調の悪いYさんが遅れ気味になるので、先頭のヤナッチに声をかけながら、お互いの姿を確認しながら進む。
時折、激しく雨や霰が身体を打ち付ける。ここまで天候が崩れるとは・・・
白馬山荘は、目の前に来るまで全く見えないほど視界がなかった。GPSがなかったら、容易には見つけられなかっただろう。

白馬山荘に14時過ぎに到着。先に着いていると思っていたFさんがいない。
電話はすぐには通じなかったが、30分ほどして連絡が入る。
シール登行に拘り過ぎていた模様。やはり杓子寄りから稜線に出たものの、あまりにもの強風とガスの濃さで稜線歩きは危険と判断し、他のスキーヤーと同じく大雪渓を下っているそうだ。GPSで自分の位置は確認できており、半分ほどは降りたので、このまま下山して今日は猿倉荘に宿泊するとのこと。
・・・何はともあれ、無事でよかったと胸をなでおろす。

その後もびしょ濡れになった登山者が山荘に続々と到着。天候の崩れは一時的なもので、夕方には再び晴天となる。相変わらず風だけは強く、稜線に建つ山荘は夜中も小刻みに震動していた。

この日、山荘に辿り着けずに引き返したご夫婦の事故を、後日知った。
他人事とは思えない。ご冥福をお祈りいたします。

5/4

天気予報によると、残念ながら5日は天候が崩れ雨になる見込み。予定を繰り上げ、3日目予定のコースで猿倉に戻ることにした。

朝食後、準備をしてまずは白馬岳頂上を目指す。
c0018489_1443339.jpg


白馬岳頂上到着。
c0018489_1454421.jpg


主稜を登るクライマーたち。
c0018489_1474361.jpg


剱岳方面を眺めるYさんとヤナッチ。
c0018489_1484936.jpg


Yさん、残念ながらやはり体調が戻らない模様で、無理せず大雪渓を下るとのこと。
当初5人の計画が、結局ヤナッチと2人になってしまった。Yさんに見送られ、清水谷へ。
c0018489_1495640.jpg


ガリガリのアイスバーン。こんないい斜面なのに。。。白馬山荘方面を振り返る。
c0018489_1535258.jpg


清水谷は斜度も適当で素晴らしい斜面。なのに誰もいない。
c0018489_1555243.jpg


振り返ると、ここかしこに素晴らしき斜面が。
c0018489_1582625.jpg


ロケーションも素晴らしい。
c0018489_1583635.jpg


二股から鑓に向けて登る。
c0018489_20186.jpg


鳥の羽が散乱。何かに食べられてしまったのだろうか。
c0018489_222416.jpg


鑓ヶ岳に直接登ろうと思っていたものの、稜線の方が歩きやすいかも、と杓子岳と鑓のコルへ上がった。
c0018489_231019.jpg


白馬岳と杓子岳。
c0018489_242049.jpg


稜線に出てからはアイゼンつけて歩く。鑓まで意外と時間がかかったので、コルに上がらない方が良かったのか???
c0018489_25827.jpg


白馬鑓ヶ岳頂上。
c0018489_273655.jpg


頂上から少し夏道を下った所から滑れるそうだが、下が見えず雪がついているのか、斜度がどれくらいか分からず、結局確実なコルまで下った。
c0018489_28093.jpg


大出原は大斜面で快適。
c0018489_295387.jpg


ひゃ~めっちゃ快適。
c0018489_2102037.jpg


鑓温泉到着。入りたいのはもちろんだけど、またのお楽しみ~
お湯はかなり熱いらしく、雪を入れて調整しないといけないそうだ。
c0018489_2122186.jpg


鑓温泉から下は、スノーヤーでにぎわう。どんどん雪が重たくなっていく。
c0018489_215478.jpg


小日向のコルへ登り返し、グサグサ雪を猿倉まで滑り降りる。
c0018489_2185385.jpg


駐車場でYさんと再会、大変長らくお持たせ致しました。
柳又谷源頭や清水岳は行けなかったし、この二日目のコースはとても良かったので、
今度こそ皆でいきましょう!小日向のコルにベースはって、色んな斜面を滑るのも良さげですね☆
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-08 01:37 | 山スキー | Comments(0)

初ベーグル

週末家でのんびりする日は、ホームベーカリーで食パンを焼いている。
c0018489_20134319.jpg

寝る前に、材料量って放り込んでほっとくだけで
朝、焼き立てのパンを頂けるなんて
何て便利なんでしょう。

焼き立ては
ふわっふわで
何もつけずにそのまま食べるのが好き。


食パン以外に使ったことがなかったので、付属のレシピ集に載っていたベーグルを作ってみた。
c0018489_20171065.jpg

生地をこねるのだけは
ベーカリーがやってくれるようで
とりあえず、できたものを取り出してみた。

8つに分割して
「きれいな面を出して」丸めるって書いているが
意味が分からん。


c0018489_202078.jpg

テキトーに進めて
オーブンで発酵させてみた。

勝手に膨らんだらつるっとすると思っていたが
結局ごつごつしたままで・・・

ベーグルって焼く前に軽くゆでるんですね。
ゆでる間にさらに不格好に。


c0018489_20244346.jpgめげずに焼いたらこんな感じ。
初ベーグル完成!

・・・ベーグルってもっと表面がつるっとぺかっとしてるわなあ。

最初丸める時点でもっとつるんとすべきだったのか。
ググったら熱湯でゆでちゃアカンってかいてるし。
ゆでるお湯にハチミツか砂糖いれたらいいだと?
そんなんどちらもレシピに書いてないぞ。


見た目はともかく、焼き立ては、それなりに美味しかったです・・・
[PR]
by Koh_chang | 2014-05-05 20:34 | Food | Comments(4)