こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北アルプス 白馬岳

7/6(土)

梅雨時期に咲くウルップソウが見たい!とのKMちゃんのお誘いで、山女6名が朝白馬村に集合。前日午後休取って名古屋まで移動、KRちゃんにひろってもらって白馬のKMちゃん常宿に前泊できたので、身体が随分と楽だった。温泉に海と山の幸♪前泊できるってシアワセやわ~☆

天気予報が芳しくなく、生憎の曇り空。とりあえず様子見で白馬尻までやってきた。
小屋は本格的な夏山シーズンを前に、大急ぎでトンテンカンと準備中。
c0018489_23304995.jpg


KMちゃん、KRちゃん、U子さん、Uちゃん、N子ちゃんと小生の6名。
東京、北陸、東海、関西と住む所もバラバラだけど、山!で集まる逞しい女性たち。
c0018489_23363768.jpg


あちこちに石が転がっている。落石には細心の注意を払い、耳を澄ませて歩いた。
c0018489_23423271.jpg


クレバスが渡れないから、と降りてこられる方が何人かいらっしゃった。
途中でザックをおろし身軽になってから渡ったところが2ヶ所。
そこで天気も悪いし、状況もあまりよくないので、とU子さん&KRちゃんは下山されることに。
事前の打ち合わせ通りなので、問題なし。
c0018489_23435618.jpg


小雪渓のトラバース。氷化している所もちょっとあって、アイゼンがなかったら恐怖やったやろう。
斜面の下がガスで見えないのが良かったのかどうか^^;
c0018489_23523854.jpg


夏山シーズンならお花畑のはずの葱平には、まだ花が全然なかった。
遠くに頂上宿舎が見えてくる辺りから、ようやくお待ちかねのカワユイお花たちが(^^)
ミヤマキンポウゲ
c0018489_2356351.jpg


おお!初めて見ましたツクモグサ!この花も梅雨時期にしか見れない。
c0018489_011151.jpg


眺望はないけど、お花が出てくるとワクワクしてくる♪ ハクサンイチゲは花のシーズンが長いなあ。
c0018489_023426.jpg


ウルップソウ!!!枯れて可哀想な姿はよく見たけど、本当はこんな立派な花☆
c0018489_064581.jpg


オヤマノエンドウ。これも花の時期が早いのだ。
c0018489_09347.jpg


シナノキンバイ
c0018489_0103887.jpg


稜線に出ると、風が強い。。。ウルップソウ率がグンと上がります。
c0018489_0121330.jpg


ツクモグサ。天気が悪いと、花が閉じてしまうのだ。。。
c0018489_0143926.jpg


白馬山荘に到着、宿泊客が少ないので、女子4人で個室♪♪♪
そういえば、この4人って伊吹山メンバーだったね~また一緒に来れてよかったよ~
なんて話に盛り上がってたら、雨が激しく降り出し、頂上行きは明日に持越し。

雨はその後夜中も激しく降り、風も小屋を揺るがすほど。テントだったら吹っ飛ばされるやろう…
小屋のありがたさが身に染みる。

7/7(日)

c0018489_029325.jpg

雨女は誰だべ?


c0018489_0293371.jpg
やまんがな、やまへんがな、なんでやねん。
梅雨やし、しゃーないて。

なんも見えへんけど
もう下山するべ。


c0018489_030254.jpg

雷鳥さん。

お互い雨は嫌ですなあ。


白馬三山→槍温泉は当然却下、大雪渓を下る。下りは早いね~落石怖いけど。
c0018489_031462.jpg


白馬尻小屋まできたら、ようやく緊張から解放された。

c0018489_0372232.jpg

雨にうたれて、
サンカヨウの花が透き通って綺麗。

c0018489_0373680.jpg

キヌガサソウ



下山後は温泉入って、そば神でお蕎麦すすって解散。Uちゃんに大町駅まで送ってもらいました。

お天気は残念だったけど、今しか見ることのできないお花たちにもあえ、山好きな女子たちと楽しい週末を過ごすことができた。計画してくれたKMちゃん、いつも感謝です。ご一緒してくれた山女のみなさん、どうもありがとう。また山で再会しましょう(^^)/
[PR]
by Koh_Chang | 2013-07-31 23:32 | | Comments(2)

京都北山・由良川ゲロク谷

6/30(日)

京都北山のゲロク谷へ。

京大芦生研究林のトロッコ軌道をてくてく歩く。
屋久島の縄文杉への道を思い出す。c0018489_2318672.jpg


こんな人里離れた山奥に、生活の跡がある。大きな鐘が転がっているのは、寺でもあったのだろうか。
c0018489_23242816.jpg


途中に、「灰野の歴史」が記された看板があった。
昭和35年に廃村になったのは、電気が来なかったからだとか。
実際にはどんな暮らしをされていたんだろうなあ。
c0018489_2330583.jpg


ゲロク谷右俣の出合にかかる滝。大木が寄りかかっていて、ここからも登れる?!
c0018489_23375639.jpg


カツラの巨樹
c0018489_23401615.jpg


c0018489_23405789.jpg

沢沿いに
カツラの巨木が
あちこちに見られる。


2段12mの滝。
c0018489_2343115.jpg


沢を詰めて藪漕ぎもなく稜線にでる。911mのピークには、台杉の巨樹。
c0018489_23493481.jpg


赤崎東谷を下り、本流と合流する手前でトロッコ軌道に出会う。
そこで靴を履きかえていたら、周りにヒルがウネウネしているではないか。

その後本流でヤナッチがちょいと竿を振っている間、なんか違和感を感じて
靴を脱ぐと、うぎゃー!靴下にでかいヒルが!この大きさは絶対吸われたと思ったが、
被害なく一安心。

帰り道、美山のかやぶきの里。
美山町あたりは、昔ながらの家屋が数多くみられて、ドライブするだけでも楽しめますよ~
c0018489_2350462.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2013-07-23 23:21 | | Comments(0)

福井・経ヶ岳

6/23(日)

福井県大野市と勝山市の狭間にある経ヶ岳へ。以前山スキーで向かったことがあるものの、時間切れで途中敗退だった。下見を兼ねて?行ってみましょう。

今回は、広域林道法恩寺線から銚子ヶ口展望広場の登山口からスタート。保月山経由で山頂に向かう。
c0018489_23575624.jpg

ササユリ


c0018489_23591218.jpg

ヤマボウシ


c0018489_23594570.jpg

ヤマツツジ


c0018489_003296.jpg

「アダムとイブ」

ブナとミズナラの木が
ぴったりくっつてますねん。。。


c0018489_045538.jpg

ガマズミかな?


c0018489_0283071.jpg

ツクバネソウ


c0018489_2333623.jpg

コイワカガミ


c0018489_23343658.jpg

杓子岳から中岳、
奥のピーク経ヶ岳を
望む。

頂上に着いた時には残念ながらガスがかかって眺望なし・・・
本来なら、今まで登った福井の山々や白山が、ド迫力で見えるはずなんだが。

c0018489_23383495.jpg

ニッコウキスゲが早くも咲いていた。
(この写真撮ったのは、6月なので^^;)


c0018489_23421242.jpg

イワハゼ

ちっちゃい釣鐘型の花が
かわゆい


c0018489_235473.jpg

エゾハルゼミ

ヒグラシに似ている鳴き声だけど、鳴き始めがカエルみたい。
図鑑では、「ミョーキン,ミョーキン,ミョーキン,ミョーケケケケケケーーー」
と書かれているそうな。

ミョーキンかはビミョーですが。


下山後は、六呂師ピクニックガーデンの温泉に立ち寄ったのだが
小枝のパラダイス的というか。
昭和のまま時間が止まったみたい。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-07-23 00:24 | | Comments(0)