こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北アルプス 蓮華温泉~雪倉岳 その2

5/4(土)

2日目:蓮華温泉~雪倉岳~蓮華温泉(泊)

蓮華温泉から目指す雪倉岳はほとんど見えない。左端にかろうじて映っているのがそうかしら。
c0018489_23441717.jpg


出発してほどなく、カリッとした斜面をトラバース中に、先頭のSさんが数m滑落し、ちょうど樹の根本の穴に吸い込まれるような形になった。一瞬の出来事。
幸いにもSさんに怪我はなく、無事脱出できて本当に良かった。
トラバース中ってシールが効きにくいので、特に氷化した斜面は滑落の危険大。
過去痛い目にあっているので、最近はすぐスキーアイゼンをつけるようにしている。
Sさん、大丈夫とのことなので、再出発。

兵馬ノ平には下りず、ほぼトラバースのコースを行く。
c0018489_234521100.jpg


ついつい先行者のトレースを辿ってしまう。「愚直なまでのトラバース」をしなければならないのだが、若干登りすぎたようだ。少し下って、瀬戸川にかかるスノーブリッジを恐る恐る渡る。
正規ルートには、完全に埋まっている個所があった^^;
c0018489_07359.jpg


やっと雪倉への登りが本格的にスタート。何かもう十分歩いた気がする。
c0018489_0144125.jpg


雪倉ノ滝の上部のあたりで板をぬぎ、小さな尾根を乗り越す。
c0018489_0184573.jpg


更に上を目指す。この上のルンゼがかなり急斜面で…
c0018489_2315234.jpg


ジグザグ登りより、板外して直登した方が早いんちゃうかって気になる。
つぼ足のトレースもあったので、そっちを選択。
c0018489_23165069.jpg


急なルンゼを抜けたら、うわっと大斜面が広がる。おお!と感激していたのもつかの間。
風がきついと思っていたら。。。
c0018489_2319850.jpg


かなり最上部にきていると思われるんだけど、天気急変、雪が降ってきた(涙)
斜面はカリカリ、板担いでアイゼンに切り替える。Fさんはスキーアイゼンで頑張っていたけれど、最後に階段のようなつぼ足トレースが出てきて、そこで皆スキーを外していた。c0018489_23212375.jpg


だだっ広い頂上付近を視界がない中歩く。
c0018489_23302985.jpg
強風の中、無事全員雪倉岳山頂到着。

ひどい靴擦れに悩まされているYさん、
痛みを堪えてのガッツポーズ。


こんなに悪天になるとは思いもよらなかった(涙)
視界も悪く氷化した斜面。安全地帯まで板は担いだまま下った。
まさかアイゼンでバックステップで降りることになろうとは(T_T)
そろそろ大丈夫だろうと板を履こうとするも、カリカリ斜面では足場を作るのも一苦労。
その後も、絶対に転倒できないという緊張感の中で、ただ斜滑降で暫く下る。c0018489_23392752.jpg


ようやく視界が出てきた。やっとまともに滑れる。。。
c0018489_2340532.jpg


雪は雨に変わり。。。
c0018489_23403693.jpg


アメニモマケズ。
c0018489_2340307.jpg


本日のスイーパーかしら。。。
c0018489_23405571.jpg


帰りもトラバース道で。雨のせいでトラブル続出!Sさん、Yさん、Fさんのシールが次々と全く板につかなくなり、応急処置で何とか戻ってこれた。ヘッドランは使わなくて済んでよかった^^;
c0018489_2348574.jpg

キャンプ場へ戻ってきたら、こんな看板ハッケン!

東レになったのが1970年。
東洋レーヨン時代のものだから、
これは43年以上前のものではないか!!!

どんな経緯でこれがつけられたのか
とっても気になる。


c0018489_095932.jpg
昨日より板が増えましたぞよ。

長い1日、お疲れ様でした。

今日も温泉最高です。


蓮華温泉ロッジの食堂の一角に、竹浪先生の写真が飾られていました。
2008年、78歳でツアーに来られた時のものです。
c0018489_0201919.jpg

私も
おばあちゃんになっても
スキーで温泉に
来られたらいいなあ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-29 00:11 | 山スキー | Comments(0)

北アルプス 蓮華温泉~雪倉岳 その1

5/3(金)

GW後半は蓮華温泉へ。
メンバーはFさん、Yさん、うちらにSさん合流。当初、白馬大雪渓から雪倉、蓮華を計画していたが、前半の大雪渓での雪崩事故を受け、入山を栂池に変更。

1日目:栂池スキー場・ゴンドラ+ロープウェイ終点駅~白馬乗鞍岳~白馬大池~蓮華温泉

スキー場のチケット売り場では、登山計画書を提出し、記載した名前を名乗って1人ずつ切符を買う。
ここからの入山者はきっちり確認されているようだ。
ロープウェイ終点駅では、先月の遭難事故の関係者の方々が捜査協力のビラを配っていらっしゃった。
身を引き締めて、いざ出発。
c0018489_23142232.jpg


高度を上げるにつれて、白馬の山々が見えてくる。
c0018489_23215554.jpg


樹林帯を抜けると、一段と人が多くなったような。。。さすがGW本番。
c0018489_23351740.jpg


白馬三山から鹿島槍まで、感激の眺望。こんな景色の中を歩けるシアワセを感じつつも
白馬大雪渓の大規模な雪崩跡が見える。春山は天気によって天国と地獄が隣り合わせ。
c0018489_2337391.jpg


乗鞍岳を登る人・人・人!
c0018489_23424720.jpg


だだっ広い頂上の向こう、小蓮華山方面に向かう人たちが続く。
c0018489_23441038.jpg


白馬大池は雪の下。広い雪原になっていた。
c0018489_23472945.jpg


大池から蓮華温泉に続く尾根へ、いよいよ滑降開始!思い思いにシュプールを描く。
c0018489_23482750.jpg


楽しい斜面が続く♪
c0018489_23535516.jpg


蓮華温泉ロッジの赤い屋根は、かなり上から確認できる。
c0018489_23545443.jpg


振子沢のコースより、こちらの方が滑りごたえあり。お薦め下さったSさんに感謝☆
c0018489_2358087.jpg


S師匠はガンガン飛ばして行かれるので、若輩者どもは慌ててついていく。
c0018489_001076.jpg


温泉臭がかなり強くなってきたよ。最後まで楽しい斜面。
c0018489_025194.jpg


蓮華温泉ロッジに到着。
c0018489_04551.jpg
事前に個室を予約しておいたけれど、
人数が少ないので、と個室料金なしで
一部屋5名で宿泊できた。
ありがとうございます!


c0018489_075684.jpg

登って、滑って、温泉、ぷしゅっ!

最高の組合せ068.gif

ここの温泉、ほんまにめっちゃくちゃ気持ちいい。

冬季はシャワーも上がり湯もなしだけど
温泉があるだけで十分だ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-27 23:55 | 山スキー | Comments(0)

妙高・火打山 その2

4/29(月)

朝食の中華丼をおなかいっぱい頂いて、火打山に向かう。
c0018489_8515577.jpg


左の奥が火打山。
c0018489_8525519.jpg


トラバースして肩まで。そこから板担いでアイゼンに切り替えたけど、Fさんはそのままシール&スキーアイゼンで。履き替えなくても登れたかな。
c0018489_8531457.jpg


頂上直下は日本海側からの烈風でぶっ飛ばされそう。
c0018489_85761.jpg

残念ながら景色もゼロだし
証拠写真だけ撮って
急いで戻る。

南側に少し下るだけて、風は落ち着く。さあさあ、一瞬のお楽しみを☆
c0018489_935373.jpg


小屋の前で少し休憩して、また下り始める。富士見平に着くころには、すっかり天気は回復。
c0018489_9658.jpg


帰りは行きに歩いた細い尾根はカットして、沢を滑ってこれた。楽しかったなあ。
c0018489_994519.jpg



下山途中で休憩した時、テルモスの蓋をしっかり閉めていなかったようで、最後の休憩でザックを開けるとフリースがお湯びたし。最後で良かったけど大いに反省。いつもは入れる前にテルモス振ってるんだけど、確認忘れたんやろう。

笹ヶ峰からスキー場へと下っている車道の脇で、おばちゃんが山菜が売っていた。
コゴミ、タラの芽、アブラコシ、アマドコロ。
安くていっぱい。おまけもたくさん下さった。ありがとう☆
コゴミは胡麻和え、タラの芽とアブラコシは天ぷら、アマドコロはさっとゆでてだし醤油と。
アブラコシは、醤油、砂糖と炒めて混ぜご飯にしても、とっても美味しいよ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-26 09:24 | 山スキー | Comments(0)

妙高・火打山 その1

4/28(日)

GW前半。27日は前日から冬型の予報のため、1日ずらして入山。後で聞いたところ、やはり27日は相当の悪天だったらしく、車道で既に積雪があり、チェーン等冬用仕様になっていないと登山口にすらたどり着けなかったそうだ。
c0018489_23491063.jpg早朝に妙高高原の旅館でFさんをピックアップして、笹ヶ峰へ。
今日からは晴天予報で登山口すぐの駐車場はいっぱい、近くの大駐車場はまだ余裕があった。
とはいえ、きっとこの車の人たちがほぼ火打と考えると、相当な入山者がいそう。

笹ヶ峰の登山口。
さあ頑張りましょう。

c0018489_23561758.jpg
黒沢の橋の手前は
ずりっと滑ると川ポチャになりそうで
慎重に。。。


c0018489_2359561.jpg
カリッとした斜面のトラバースは気持ちのいいものではない。

途中でスキーアイゼンをつけて
ガッチリきかせて登る。

c0018489_012934.jpg
十二曲を登り切った尾根の先で、せまい個所があり、そこはスキーを担ぎアイゼン履いて登る。

しばらく歩くとじきに尾根は広くなって、見晴らしの良い富士見平へ続く。

ソフトクリームのような雪模様の先に火打山☆
c0018489_074190.jpg

ここ富士見平は、その名の通りお天気が良いと富士山まで見えるそうだ。
今日は無理だけど、周囲の山々がぐるり見渡せてとても気持ちのよいところ。
c0018489_08686.jpg

黒沢岳の西斜面をトラバース。
c0018489_0145162.jpg

火打山、影火打山、焼山。
c0018489_0154240.jpg

高谷池ヒュッテにチェックイン後、黒沢岳東斜面へ。
小屋の前でどこに行こうかと話をしていた時に、そこに居合わせた方がお薦めして下さった。
ひゃっほー!
c0018489_017388.jpg

ヒューヒュー!といきたいところが、ちょうど雪面がパックされた状態で、曲がれない^^;
c0018489_0261842.jpg

黒沢岳を回り込んでまた西斜面をトラバース。
c0018489_0325868.jpg

今日の晴天に感謝。
c0018489_0344634.jpg

この日の夜、小屋で非常に腹立たしいことがあった。

再三にわたり、注意をされているにも関わらず夜半まで騒ぐ集団がいた。
恐らく泥酔状態だったんでしょう。

小屋ってたくさんの人が同じ部屋に寝るので、イビキかく人いっぱいいるんですよ。
2階は20時消灯。それが22時まわってもイビキが聞こえないって異常なこと。
これは誰もあのうるさい集団のせいで眠れてない証拠。
なので私も注意しに言ったんだけど、その時は、はい、はい、と聞くんですね。

その後は耳栓して寝てしまったので知らないんだけど、0時近くまで騒いでいたらしく、翌朝ほかのお客さんが管理人さんに文句言うてはりました。注意したのは、私だけじゃなかったし、結局誰が言っても無駄だったんですね。。。しかも外でも騒いだらしく、テントのお兄さんもうるさかったって言ってた。
こういう時は、やっぱり管理人さんが適切な措置をとってほしい。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-19 23:55 | 山スキー | Comments(0)

串本

4/13(土) 
串本海中公園へ。c0018489_915363.jpg
水族館。海水浴シーズになると
きっとこんなことはないのだろうが、
週末なのにガラガラでしたわよ。


c0018489_918423.jpg
軍手でガラス面を拭き掃除されてました。


ハタタテダイやらツバメウオやら。潜りたくなってくる。
c0018489_9182041.jpg


c0018489_925389.jpg
海中展望台。
この日は濁りがきつくて、
あまりよく見えなかった。


c0018489_928345.jpg
でも、上から見たら、こんなにもメジナが。。。
誰かがエサでも撒いたんやろか。

ここにルアーほりこんだら
ヤナッチでも釣れるんちゃうの(-.-)


4/14(日)
c0018489_9314356.jpg

ザッパーンと波が打ち付ける岩壁から
ルアーを投げる。

おーい
昨日の魚たちはどこに行ったべ?


c0018489_9342295.jpg

海岸の地形は面白い。

ここ登ったら楽しそう。


c0018489_9354247.jpg

今度来るときは

シューズ持参?!
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-19 09:37 | Fishing | Comments(0)