こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

謎のスポーツカー

5/20(日)

朝寝坊してしまったので、午後からちょいとサイクリングへ。

171から170に入って淀川を渡り、ひらぱーを見ながら川沿いを走る。
川沿いはサイクリングロードが続いており、快適に走れる。
c0018489_23493127.jpg

緑いっぱいの道には
野鳥がたくさんいる。

鳥の声を聴きながら
走るのは
爽快ですぞ。


八幡の御幸橋を渡って山崎方面へ。
そして見えました、あの赤いスポーツカー。
c0018489_2357386.jpg


なぜ屋根の上に車が?と前から気になっていたのだが、初めて近くで見た。
どうやら自動車整備工場のようだ。
ググってみたら、世界に数台しかない希少な車だとか。ボロボロやで?!ええのん?!
詳細はこちら

帰りは西国街道を通る。所々に古い民家があったりなかなか趣のある道だ。

今回のサイクリングには、スマホのアプリ「MapMyRUN+」のサイクリングモードを使ってみた。
c0018489_0165665.jpg

走った道のコースを記録。


c0018489_0183938.jpg

走行距離と時間、速度と消費カロリーが分かる。

休憩時などにはその都度一時停止しないと
速度が正確でなくなってしまう。
今度から気を付けよう。

消費カロリーも怪しいなあ。。。


このアプリ、ジョギングする時にはペース・距離・時間がさっと分かるので重宝している。
便利なもんがあるんだねえ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-30 23:23 | MTB | Comments(0)

金環日食

5月21日(月)7:30前後の金環日食
c0018489_0324151.jpg c0018489_033658.jpg c0018489_0331755.jpg



c0018489_0332992.jpg



c0018489_0333915.jpgc0018489_0335276.jpgc0018489_034491.jpg


ベランダでヤナッチが撮影。
見られてほんとに良かったね。どんなに長生きしても、ここでは見れへんもんなあ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-23 23:31 | 雑記 | Comments(3)

母のキルト作品

5/19(土)

c0018489_23301586.jpg
大津のギャラリー唐橋で
母がお友達と作品展をしているので
見に行ってきた。


c0018489_23322525.jpg

もう着なくなった着物と帯を
つぶしてキルトにしたもの。
見覚えのある柄も入っている。

家で見たときは大きさ的にも
布団ぽいなあと思ったけど、
壁にかかると綺麗だね。



c0018489_2340035.jpg

こちらの生地は
父のネクタイを使っている。
もう引退してする機会も無くなったしね。

こちらも見覚えのある柄があるなあ。

母の作品コメントには、
「毎日ネクタイをして出勤してくれていた父に感謝と愛を込めて」
てなことが書かれている。

わお。毎日喧嘩ばっかりしているのにね(^o^)



c0018489_23483898.jpg

お花が大好きな母は
花をモチーフにした作品も多い。



c0018489_23512463.jpg


c0018489_23493032.jpg

幾つもの絵を貼りあわせたような
とっても大きな作品。

1年かけて作ったらしい。



c0018489_23522062.jpg

右手前のカバンの生地は
畳の縁なんだって。
この縁を生地として使うのが
流行っているそうな。


母は私が子供のころから何でも作ってた。
和裁も洋裁もしてたし、革細工、編み物に凝っていた時もあったし、キルトは私が大人になってからだった。
母の器用さを少しは受け継ぎたかったな。。。

万華鏡作りを趣味にされている方の作品。
万華鏡を覗くと、宇宙が広がっていた。
c0018489_01158100.jpg


どれも愛情のこもった素晴らしい作品ばかりである。
「作る」っていいなあ。私も時間があったらやりたいなあ。

追記:
c0018489_23454865.jpg
そうそう、母が着物で作った手縫いの巾着袋。

中は違う生地でリバーシブルになっている。

あめちゃんが入っているので、まさらに
おばちゃんがカバンに入れてる
あめちゃん袋って言った方がいいかも。


このあめちゃん巾着を1人で80個以上作って、会場で1つ500円で販売。
売上は東日本大震災の義援金するから、と頑張って作っていたのだけれど、最終日を待たずに完売し、その他+α分を含めて、85000円の義援金が集まったそうだ。
お母さんもスゴイなあと思うし、お買い上げ下さった方々にも心から感謝です。
ありがとうございました。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-22 23:28 | 雑記 | Comments(2)

白山で滑り納め

5/13(日)

快晴の日曜日、ヤナッチと白山へ今季最後の山スキーへ。
土曜日、たっぷり時間はあったはずなのにどうしてこうも出発が遅れるんだろうね。
c0018489_23471854.jpg
仮眠3時間ほど。起きるのが辛くて6時に一の瀬出発。
はい、もう皆さん出た後ですよ。

別当出合まで、スキー担いでMTBでえっちら登る。

…はい、早々リタイアですよ。
歩いている方とスピード変わらないので、自分は結局自転車押して歩いたわよ。どうせ歩くならとザックもおろしてMTBは台車代わりになっとったがな。おい。


c0018489_2352827.jpg
1時間20分ほどで別当到着。
お天気のよい日曜日、
別当出合には沢山自転車が並んでいた。


ちょいと意思疎通できてなかったために出合出発は8時。
数日前に吊り橋の板がついたので、怖い思いをせずに済んだ。
c0018489_23542554.jpg


砂防新道を行く。中飯場の辺りから雪が出てきた。
途中で板をつけ、1時間半ほどで甚之助小屋に到着。
c0018489_02967.jpg


c0018489_041542.jpg小屋の上の斜面から
エコーラインの方へ
トラバース。


万才谷から弥陀ヶ原へ。別山方面を見る。
c0018489_0115234.jpg


木道もすべて雪の下。
c0018489_0133249.jpg


12:40室堂着。小屋や神社は屋根だけ見えていた。
c0018489_0154867.jpg


頂上にはこだわりはなかったものの、天気が落ち着いているので、
雪のついているラインから頂上へ。途中のハイマツ帯で板を外したので、そこからほぼ頂上直下まで雪面を登る。雪は緩んでいたのでアイゼンはつけなくても大丈夫だった。
c0018489_0241017.jpg
14:00頂上着。

槍穂連峰もよく見えた。

遅いので誰もいない。
急がないとね。


c0018489_0272290.jpg
イワヒバリ君だけ
いはりました。


頂上から千蛇ヶ池方面に歩いて下り、雪のついた肩から一気に滑降開始!
快適なザラメで滑りやすい♪
c0018489_0292029.jpg


万才谷からエコーライン。下りは速いねえ。。。
c0018489_031448.jpg


もうすぐ甚之助小屋。何かもったいないねえ。。。
c0018489_0333883.jpg


小屋からもうしばらくはスキーで下る。ちょうどスキーを付けた辺りで限界。
あとは板を担いで歩くも、板の先端をまとめていたマジックテープを途中でなくしてしまったようで、板が何度も足にあたるわ、階段にひっかかるわで歩き辛かった。
c0018489_0401737.jpg
雪解けの斜面では
ふきのとうがいっぱいで、
白山にも春の訪れを告げていた。


別当出合からはMTBでそりゃもう楽チンなこと。
ママチャリ押してでも自転車で行く価値あるて。

そういえば、朝、電動アシスト自転車で出発する方をお見かけし、その方にたまたま室堂で日焼け止めを貸して下さいとお声をかけられお話した。古希を迎えた地元のおじ様、とってもお元気だ。電動自転車で、ちょうど別当の駐車場への分岐あたりまでバッテリーがもつそうだ。40代なんてまだ若い若い!と激励を受ける。はい、できる限りガンバリマス・・・。

スキーシーズン締めくくりには最高の1日だった。
今季も無事終了できたことに感謝。
来季も素晴らしい山と斜面に出会えますように。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-21 23:41 | 山スキー | Comments(2)

破れたザック

先日山スキーに行った時に破れてしまったヤナッチのザックについて。
昨年の夏購入なので、使用はまだ1年未満。
c0018489_0405811.jpg
Mountain HardwearのVia Rapida 35。

白い部分はダイニーマを使っているから強度はあるだろうけど、
ボディは100Dのナイロン。

最近はザックが軽量化されて
生地が薄いタイプも結構多い。


c0018489_0232544.jpg

破れた箇所。
ザックの側面。


c0018489_0251029.jpg

拡大図。
側面にスキー板を差しているうちに、エッジが擦れたのか?

ザック側面にはスキーループもついているし、MH社のこのザック紹介ページには、スキーを装着した写真も載っているので、想定はされているはずだが…


リペアシートでごまかせる大きさではないので、HPに載っているカスタマーセンターへ修理に出そうと思っているが、さてどうなることやら。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-20 23:13 | | Comments(0)

北アルプス 燕~常念縦走 その2

5/5(土)

燕~大天井岳~常念乗越~一ノ沢下山

3:45に目覚ましが鳴るも、暴風は相変わらずでとても行動できるような天気ではない。
明日蝶を目指すなら早朝発をしなければならないが、3人とも無言のまま二度寝…。

ん?二度寝?寝れたら本望。寝れないし。でも、テント大丈夫でヨカッタ。

5時頃起床、外は曇り。天気予報では今日1日は何とかもちそう。このまま下山するのももったいないので、常念方面へ向かうことにする。

7時出発。燕山荘の前は出発する人でいっぱいだ。
燕岳は雪化粧。
c0018489_23373552.jpg


千丈沢方面を見る。晴れていたら槍も見えるのになあ。
c0018489_2345241.jpg


蛙岩と北鎌尾根の独標。蛙岩は冬は中をくぐっていく。
c0018489_23532968.jpg


c0018489_15522.jpg

はろー

大天井岳に続く縦走路。
c0018489_2356341.jpg


北鎌尾根。もうちょっとで槍まで見えるんだけど。
c0018489_2358134.jpg


大天井岳を見る。積雪期は夏道を行かず、ダイレクトに登る。
やっと青空も見えてきたけれど、出発してからずっと稜線上は強風で、何度も耐風姿勢を取らないと吹っ飛ばされそうだった。
c0018489_23594311.jpg


大天井岳 2922m
c0018489_05149.jpg


東大天井岳と常念岳。大天井岳から先は、夏道で積雪もないところが多く、アイゼンは途中で外した。そういえばオッサン2人はずっとつけてなかったけど。
c0018489_084830.jpg


槍ヶ岳がやっと見えたよ。
c0018489_015334.jpg


13:45 常念乗越着。
c0018489_0182232.jpg


結局縦走中ずっと強風が吹きっぱなし。ザックのチェストストラップについている笛が、ひーっと乾いた小さな音を鳴らし続けているのがおかしかった。

さてこれからどうするか。明日の予報は朝から雨に変わっていた。
1.常念岳を超え、岩稜地帯を抜けたところまで泊まり、翌日蝶ヶ岳を経由で三ノ股下山
  →当初の計画。この案は今朝消えたって。
2.常念岳を往復し、乗越のテント場泊で、明日一ノ沢下山
  →天候はこれから悪化。昨晩からずっと強風に吹かれっぱなしなのに、
   今晩もこんな強風のなかテント泊なんぞ無理。
3.常念岳を往復し、風のない一ノ沢の適当なところで泊まり、翌日下山。
  →明日は朝から雨みたいだし、雨の前にさっさと下山したい。
4.今すぐ下山
  →賛成多数で決定。

ヤナッチは常念岳を目の前に、一人でも登りたかったようだけど、結局折れてくれた。
すまん、もう私はくたびれてしまったのだよ。
14:00、常念小屋前から携帯でタクシーを予約し下山開始。
c0018489_0355922.jpg
一ノ沢を下る途中で振り返る。


暫く下ると暗くなり、雷が鳴り雹が降り始めた。パチンコ玉くらいの雹がガンガン降ってくる。
いやはや、常念岳を登っていたら、エライ目に遭っていたところだ。ヨカッタヨカッタ。

登山口には17時着。タクシーは18時に予約していたのだが、別のお客さんを待っていたタクシーのおじさんが、無線で連絡してくれて早く来てもらうことができた。同じくこんな天候だから、と常念岳を諦めて下山した単独の青年と一緒に乗車、穂高駅で青年とお別れして本社へ戻る。

1日早い下山となり、八王子へ帰るTさんが電車をチェックするとかろうじて温泉に行く時間はある、とのことで急いで出かける。夕食も一緒にできず、最後はバタバタと見送ることになってしまったのは残念だった。

タクシーのおじさんから、白馬方面での遭難事故を聞いた。当初ニュースでは軽装だったと伝えていたので、あの天候で無防備すぎでは、と思っていたが、実際は事情が違っていたようだ。装備はしっかりされていた。ダウンジャケットもツエルトもコンロも持っておられたけれど、天候の急変に対応できなかったとか…。
夏、年配の方は体温調節機能が低下しているので、家の中にいても熱中症に気を付けないといけないと聞く。今回気象遭難された方は、みな60歳以上だった。歩いている時は、汗をかくくらいだ。薄着のまま歩き、急に吹雪き、寒いと思った時にはもう遅かったのかもしれない。

このGW後半は、事故が相次いだ。自分も肝に銘じなければならない。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-16 23:27 | | Comments(2)

北アルプス 燕~常念縦走 その1

5/4(金)

中房温泉~合戦尾根~燕岳

GWはTさん&ヤナッチと何やかんやで燕岳~蝶ヶ岳へ縦走しよう、ってことに落ち着いた。
前半3日間は好天だっただけに、年休まで取った後半の悪天は残念。こればかりは仕方なし。
結局出発日をずらし、予備日なしとなってしまったので、どこまで行くかは天候や状況を見ながら判断することに。

3日20時半に豊科駅で集合の予定が、名神での事故渋滞で2時間も遅刻になってしまった。申し訳なし。

中房温泉へは南安タクシーを事前予約。とても親切なタクシー会社で、自家用車を預かってくれる上に仮眠用に会議室を無料で貸して下さった。広い会議室には我々3人のみ。横になって眠れるのは、登山前日には大変ありがたいことだ。

朝、6時過ぎに本社発。7:30中房温泉出発。まず人の多さに驚く。
c0018489_2365718.jpg

合戦尾根の第一ベンチ

大混雑ですよ。座るスペース確保するのも大変。
春山ってこんなに人多いのですね。


合戦小屋では生ビールも販売中。でも呑むにはまだ早い。
雨がぱらっと来たと思ったら、時折青空も見えたり変な天気。
「これは疑似晴天なんだから」って期待はしないようにしてた。
c0018489_2385226.jpg



北アルプス三大急登を歩き始めて4時間半、ようやく燕岳が見えてきた。
そういえば残り二つの急登、Tさんによると烏帽子岳のブナ立尾根と鹿島槍の赤岩尾根らしい。
c0018489_2311284.jpg


まずは燕山荘近くのテン場で設営。
c0018489_2317831.jpg


身軽になって、燕岳を往復する。
頂上 2763mから北燕岳方面を見る。風強し。c0018489_23181391.jpg


テン場への帰り道、槍ヶ岳方面を見る。
c0018489_23285533.jpg


14:30にはテントに入り、うだうだ過ごす。
夕方には雪も降り始めた。

就寝前に小屋へトイレに行った時、再度スマホでこれからの天気を確認。
麓の安曇野は夜中0時には晴れる予報であったが…。

一晩中暴風と雪がテントをたたきつける音が耳元で絶え間なく聞こえるため、ほとんど眠ることができなかった。あのTさんでさえ、ウトウトしかできなかったそうなんで、相当うるさかった…のもあるし、20年モンのテントが、果たしてこの暴風に耐えうるのかが、かなり心配だった。
テントが破れてふっ飛ぶようなことがあれば、小屋に逃げ込もうとは思っていたのだが。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-15 23:48 | | Comments(2)

比良・武奈ヶ岳

4/30(月)

武奈~蛇谷の縦走をしようかと考えるも、残念ながら天候が思わしくないので、葛川坊村から御殿山経由の往復のみとする。
道中は春の花がたくさん咲いていた。


c0018489_024618.jpg
春の定番、コイワカガミ。


c0018489_0243638.jpg
イワナシ

c0018489_025036.jpg

ワサビ峠から武奈の西南稜には、ちょこっと残雪あり。
こんな時期まで雪が残っているとは。

標高1000m以上は、まだ茶色い世界。
春は少し先かな。

c0018489_0264438.jpg

ショウジョウバカマは定番の赤いのやら

c0018489_0272536.jpg

白いのも咲いている。

c0018489_0274855.jpg

頂上…

ガスで何も見えね。

c0018489_0284726.jpg

ミヤマカタバミ

c0018489_029739.jpg

スミレが一番多かったなあ。

c0018489_0292932.jpg

こんな感じでいっぱい。

c0018489_0301783.jpg

麓は新緑がとても綺麗。
今の時期は輝いて見えるね。


c0018489_0321733.jpg

下山後は朽木のイタ飯屋さんパラディゾでランチ。
以前朽木の道の駅で買った合鴨の燻製がとても美味しかったので、今度こちらの方面に来たら製造元のレストランに行くぞと考えていた。

その合鴨の燻製も入った前菜プレート。土筆食べたのいったい何十年ぶりやろか。
ピザ、パスタも頂いたけど、このプレートが一番美味しかった♪

合鴨の燻製はレストランでも売っていて、道の駅で買うよりちょっぴりお得。
鯖街道通る方は、鯖寿司の他にもここで燻製買わなきゃもったいないよ~
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-11 00:32 | | Comments(0)

阿武山

4/29(日)

GWに突入したけど、山の予定は後半。前半は遠出を避けてたんだけど、どうも後半の天気が怪しくなってきた。そもそもの計画はもはや無理っぽい。
ちょいと体を動かそうと、近くの阿武山までチャリ漕ぎ。

c0018489_23432673.jpg
2週間前までは花見客だらけの芥川、
花が終われば鯉のぼり。
いつも人がいっぱいだよう。


c0018489_23444769.jpg

阿武山山頂にて。
どこからともなく桜の花びらがはらはらと舞う。

そういえば、この近くも『プリンセストヨトミ』のロケ地だったはず…とどうでもいいことを思い出す。どこに使われていたんだろうね。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-10 23:49 | MTB | Comments(0)

ステンドグラスとマロンとノンノ

4/21(土)
上司のOgさん、Mgさんと大先輩のNさん宅訪問の日。
Ogさんは息子さんを連れてこられる予定だったが、風邪で急遽お一人で参加。残念!
久宝寺の駅のホームで、無事Mgさんと合流。Mgさんは車椅子で電車に乗るのは初めてだったそうだけど、順調に来られて逆に待たせてしまったみたいで、スイマセンでした。

王寺駅で、Nさん号にピックアップして頂き、ダイビングでもご一緒したMさんとも一緒に、住宅街にあるオシャレなレストランでランチ♪

その後、手作りのステンドグラスの作品を拝見しにMさん宅にお邪魔した。
キッチン、洗面所、お風呂など、小さめの窓が全部ステンドグラスになっていて、めちゃめちゃ綺麗!
c0018489_2313052.jpg
お風呂の窓にイルカ。
可愛いなあ。

c0018489_2314388.jpg

洗面所の窓。

c0018489_2315362.jpg

WCに窓があること自体が羨ましい☆

c0018489_232511.jpg
キッチンにて。

c0018489_2321731.jpg
ランプシェードがステンドグラス!
笠の中を覗いたところ。

青空に桜が舞っている。
とても素敵。

c0018489_2322888.jpg
ランプに明かりを灯してみたよ。


c0018489_2323925.jpg
ランプ2種。

その他にも沢山作品を見せて頂いた。
どれもこれも素敵やったわ☆


c0018489_23164385.jpg
Nさん宅では、トイプードルのマロン君、ノンノちゃんも一緒に遊ぶ。ワンコをなでなでするのは久しぶり。可愛いなあ♪
ノンノちゃんはおやつにしか興味なかったみたいだけど(^_^;)

おしゃべりは尽きず、おやつも尽きず。とっても楽しい1日でした。

ありがとうございました!!!
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-10 23:09 | 雑記 | Comments(2)