こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

滋賀・蛇谷ヶ峰

1/22(日)
生暖かい週末、前日は山でも雨でコンディションは悪いだろうし、近場で足慣らし…ということで、朽木へ向かう。

c0018489_2327185.jpg
市販の2万5千分の1の地図では、リフト終点からの登山道しか載っていない。電子国土で見ると、第一リフト途中から入る登山道が追加されており、こちらの方が斜度がなくて登りやすそう。

滋賀県の低山、
藪が濃いのは仕方ないとしても
久々に山の空気が心地よい。

c0018489_23282416.jpg
2時間弱で頂上着。
今日は新しい兼用靴の様子見も兼ねて。

←SCARPAのGEA 22.5㎝。
一番小さい兼用靴。小さいサイズはほとんど輸入されないため、7月のICIカスタムフェアで予約しておいたもの。

前の靴は靴擦れがひどくて、履く前からテーピングであちこち予防しないとダメだったのだけど、今回は大丈夫みたい。嬉しいな。

c0018489_23353177.jpg
天気予報は曇りだったのに、頂上に着いた時にはまさかの晴天。

湖岸は全然積雪なし。

琵琶湖と対岸の伊吹山までよく見えたよ。


c0018489_23455255.jpg

稜線沿いに武奈ヶ岳まで見えるよー。

c0018489_23465616.jpg

下りは想像通り。
湿雪の重い雪で、
ターンが。あああああ、あわわ。

でも、こういう山スキー、
私の原点だったりする。

滋賀の藪山を知っているからこそ、
無木立のパウダーもより一層楽しめるのさ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-25 23:35 | 山スキー | Comments(2)

志賀高原

1/7~9 今年も行って参りました志賀高原。
Oさん、Sさん、姉と私の4人、いつもの大六で。
c0018489_062138.jpg
先シーズンまでリサイクルショップで買ったっていうウェアを着てはったOさんが、ゴールドウインの今年のモデルで決めてこられたのには、驚きましたがな。しかもピンクよ、ピンク。
めっさカッコイイやん。

c0018489_093040.jpg
今シーズンから新型チケットになって、ゲートでの読み取り精度もずっと良くなった。が、設備投資に費用がかかったのだろう、新たに撤去や休止になったリフトも増えていた。いつも焼額山から一の瀬に戻る時に使っていた山の神のリフトは、跡形もなくなっておった…。

焼額山から奥志賀の間にあるこのたらっとしたコースは、いつもほんとに人がいない。基礎連するには丁度いいので、無くならないでほしいなあ。

c0018489_0213569.jpg
東館山の卵ゴンドラは健在であった。
4人乗りのちっさいゴンドラ、同じ形のものを色んなゲレンデで見たけれど、もうここでしか見なくなった。1976年製か。。。私の方が年上やん。お互いがんばろうぜ。

c0018489_025788.jpg
3日目の午後からようやく晴れ間が出てきた。

2日間、とても寒かった。初日の奥志賀トップは-16℃、3日目は-6℃。10℃上がると体感が全然違う。ブーツの中の冷たさが、随分と和らぐ。-16℃は足が氷のように冷たくなってしまうし、リフトの乗り継ぎは、体中が凍りつくようだ。

青空っていいわあ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-19 00:28 | スキー | Comments(0)

柏島の津波避難場所

c0018489_23371383.jpg




 田中さんて?
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-18 23:39 | 雑記 | Comments(0)

柏島4・いろいろ編

柏島は周囲4㌔弱、人口500名位の小さな島。養殖が盛んな漁業の島だ。
太平洋の黒潮と豊後水道がぶつかるこの地域は、魚類が約千種類にも上る豊かな海で、ダイビングや磯釣でも有名なところ。
c0018489_001727.jpg


c0018489_05498.jpgふらりと島を散歩。
小さな商店や酒屋さんがあるくらいの、のんびりした町。郵便局があり、柏島の記念切手が発行されていたので入ってみると、「昨日売り切れました」って職員さん。1000シート作って完売できたそうだ。また作ってね、ってお願いしておいた。

そばの神社の中には立派なアコウの巨木が。
1652年に八丈島から移植された1本…ということは、樹齢350年以上か。

c0018489_01585.jpg
風の吹く海岸沿いには、
無防備にアジが干されいている。

c0018489_0114881.jpg
そんな魚を失敬するのか、
この島にはノラ猫がとっても多い。

c0018489_013543.jpg

「今日はさぶいで」


かわゆい!と、触ろうとすると逃げてしまう。

食べもの持っていたら、飛び掛かってくるそうだけど。

c0018489_0184290.jpg
柏島は橋で
陸続きになっている。
その橋を渡ってすぐのところにある柏島キャンプ場は、今年の3月で閉鎖されるそうだ。

代りに、橋の少し手前のこの竜ヶ浜にキャンプ場施設を建設中。綺麗な海がずっと綺麗なままだといいけど。

c0018489_024323.jpg
島から観音岩までは、お手軽ウォーキングコース。
大晦日のこの日、2011年最後の夕陽を見るために来てみたけど、誰もいない。

c0018489_0272971.jpg

展望台から。


c0018489_0295222.jpg
いつもお世話になっているシーエアーさんで、1500本の記念ダイブをされたIさん。潜り始めて20年。ホムラハゼとはなかなかご縁がないそう。

c0018489_0415111.jpg
そうそう、記念といえば、ヤナッチが柏島で初めての釣果!
オアリイカとコウイカの2匹を、今治から来られていた板前ダイバーさんが調理して下さった。ありがとうございました。

お刺身とバター焼き。とっても美味しかったよ。
皆さんでシェアできる量でヨカッタ…。

c0018489_045327.jpg
高知の土産の定番、芋ケンピのケンピって何?

って以前職場で話をしていたのだが、今回芋じゃない本物のケンピを見つけた。
堅いほどにかりっかりで甘くて美味しいよ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-17 00:30 | ダイビング | Comments(0)

柏島3・エビ・カニ編

柏島3・エビ・カニ編

c0018489_19552387.jpg

イソギンチャクにいつくプレデター
アカホシカクレエビ


アナタのことは
お見通しよ


c0018489_19573394.jpg
プレデター度でいうと
こちらも負けてまへん。

オシャレカクレエビかな。

透けてるくらいやのに
どの辺がオシャレなんでしょうか。

c0018489_2031571.jpg

岩の隙間をのぞいたら
だいたい何匹かごそごそいている
サラサエビ

c0018489_2045467.jpg

おお、初めて見ました、
バイオレットボクサーシュリンプ

オトヒメエビの仲間だけど、ずっと小さくて数センチ。

まだ珍しい部類で和名もないのだけれど、南の島に行かなくても柏島なら見れるのが不思議。岩陰の奥に入り込んでいるので、外付けのないコンデジだからこそ写真が撮れたv

c0018489_0134193.jpg

こっちがオトヒメエビ。

10センチ位で、ひげが長い。
サラサエビほど多くないけれど、
こちらもよく見かけるエビ。

c0018489_0172993.jpg

ん、えらい平べったいカニがいる。
これも初めて見るかも。

ミナミトゲアシガニ
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-14 20:09 | ダイビング | Comments(0)

柏島2・ウミウシ編

柏島2・ウミウシ編

c0018489_1903077.jpg
ニシキウミウシ

ウミウシって変な生き物やなって思うんですね。

貝殻もたない貝の中身みたいなもんやけど
無駄に綺麗っちゅうか

…無駄なんていうたらウミウシに失礼やな。
不思議な生きもんですわ

c0018489_1943384.jpg
マダライロウミウシ
邪魔しないでね。

分かってますって。
こんな大海原で
よく出会えたね。

c0018489_19124731.jpg

カンナツノザヤウミウシ

ピカチュウにちょっと似ててカワイイね。
もっと似てるウミウシがいるんだけど
見てみたいなあ。

c0018489_19151467.jpg

ヒロウミウシ

小指の爪くらいの大きさしかない
ちっちゃいちっちゃいウミウシ

c0018489_19185572.jpg

まだ小さいアオウミウシ

この子だけ沢山見かけるんだけど
いざ写真撮ろうと思ったら
なっかなかピントが合わないのは何故?

c0018489_19455356.jpg

レースみたいだね


何かのウミウシの卵やろうと思っているのだけど
何かが分からない。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-14 18:58 | ダイビング | Comments(0)

柏島1・お魚編

12/29~1/1まで高知の西端・柏島でダイビング。

天気晴朗なれども波高し、の日は船が出ないのでクライミングの用意もしていったが、幸か不幸か波穏やかな年末年始で毎日海の人に。
その1:お魚編
c0018489_17574011.jpg
水温は17~19℃くらい。
ドライスーツの中は薄手のフリースまで着ているが、ずっと水の中にいると冷えてくるので潜水時間は夏よりは短く1回40分くらい。

冬は魚数が少なくなるとはいえ、海の中は彼らの世界。

c0018489_1822375.jpg
ドヤ顏のハリセンボン

普通海の中で膨らんでることなんてあらへんよ

四角い魚を真正面から見るのってかわいいよね

c0018489_1854823.jpg
オニカサゴも正面から失礼します

どっかでこういう顔の人
いたような。。。

c0018489_18131528.jpg

このオキゴンベ、
私のことが気になるようで
じっとしながら眼だけをこちらに向けて様子を伺ってくる

c0018489_18162592.jpg

ムラソイは
サンゴの下でお休み中

c0018489_1828173.jpg

岩の隙間に挟まっている
カエルアンコウに至っては
ほんとにビクともしなくて
ずっとボケッとしているように見える

c0018489_18332486.jpg

こっちのカエルアンコウは
岩と同化してしまっていて
魚がいるとは思えない

眼も止まらぬ速さで捕食するなんて
信じがたいなあ

c0018489_18383837.jpg
2011年最後の1本はサンゴの上でまったり。

柏島は以前台風でサンゴが全部やられてしまったけれど
ここまで復活したそうだ。

ウミガメが途中でのっそり泳いでいったので誰かに教えたかったけど、だーれも気づかなかったみたい。

c0018489_18521052.jpg

ツバメウオの群れ

透明度があんまりよくないので
普通のコンデジだと
この程度にしか撮れまへん。。。

c0018489_1920446.jpg

今年の顏、タツノオトシゴの仲間、オオウミウマ

尾っぽをくるりと枝に巻きつけてゆらりゆらり揺れている。

タツノオトシゴは、お腹をパンパンに膨らましていたら、それはオス。オスが妊婦になって、育児嚢で子供を育てるんだね。オオウミウマは、多い時には一度に600匹も稚魚を産出するってすごいなあ。

[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-14 00:35 | ダイビング | Comments(0)

謹賀新年

c0018489_16171270.jpg

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり
ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

牛歩ブログではございますが
今年もマイペースで続けていきますので
見て下さったら嬉しいです。


年末年始は高知・柏島で潜ってきました。
柏島の海中でゆらぐ
タツノオトシゴの仲間、オオウミウマ

この海も東北の海に繋がっている。
世界中に繋がっている。

穏やかな海でありますように。
明るい1年になりますように。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-02 16:29 | 雑記 | Comments(3)