こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

滋賀湖北・横山岳

9/18(日)

再び台風…
予定を変更し、滋賀・岐阜県境へ釣りに行くY兄弟。どうせなら車に便乗して近くの山に登ろうと地図を見ると、横山岳がすぐ近く。行ってみよう。

c0018489_2372945.jpg
広い駐車場のある白谷登山口には、
立派な小屋とコース案内の看板が。


c0018489_2312457.jpg
自宅周辺では、すっかり聞かなくなった蝉の声。
アブラゼミが目の前の止まっており、
写真を撮ってくれと頼まれている気が。

行く夏を惜しんでいるような…。


事前のネット情報で、6月時点で沢沿いの白谷コースは登山道が崩壊している箇所があるとのことだったが、今日はコース入口にロープや注意書きなどはなかった。先行パーティーは白谷コースに入られたので、もう直ったのかとも思ったが、予定通り東尾根を行く。
c0018489_23211673.jpg

先日の台風の影響だろうか。
まださほど大きくなっていない
ドングリが
いっぱい落ちていた。


c0018489_23215996.jpg
クリも。

今日もクソ暑いだが、
秋は近づいている。



c0018489_23222658.jpg

東尾根は、ブナが綺麗なコースだ。

c0018489_23231697.jpg

ブナ林


c0018489_2325189.jpg

稜線に出ると
ほんのちょっぴり紅葉。


c0018489_2326156.jpg
わお!琵琶湖♪
滋賀産の自分は
琵琶湖が見えるとテンションが上がる。

山上から湖は
ほんの一部しか見えない。
やっぱりMother Lakeは
大きいなあ

東峰辺りは、イワウチワの群生がすごい。春の花なので葉っぱだけだが、絨毯のように広がっている。咲く季節にぜひ再訪せんと。

西峰の手前で、朝、白谷コースに入られたパーティーとすれ違った。聞くと、やはり登山道は崩壊、倒木だらけで何度も渡渉、草も生い茂り、大変な目に遭われたそうだ。行かなくてよかった…
c0018489_23332649.jpg

横山岳頂上。
左のハシゴで屋根に登ったら
眺望がある…

日陰がないので、
すんごい暑い。

下山は三高尾根から。かなり急な道だった。


c0018489_2349284.jpg
アサギマダラ

ふわりふわりと飛んでいた。


お花も沢山咲いていたんだが、里に咲く花の図鑑を持っていなくて名前が分からない。。。
写真だけで失礼します。。。
c0018489_23523585.jpgc0018489_23525270.jpg

c0018489_23532222.jpgc0018489_23533533.jpgc0018489_004362.jpg
c0018489_01099.jpgc0018489_011613.jpgc0018489_01272.jpg
c0018489_014242.jpg
c0018489_015842.jpg


[PR]
by Koh_Chang | 2011-09-25 23:28 | | Comments(0)

宮城・栗駒山

9/11(日)

昨日夕方高速で鳴子温泉へ移動。最寄りの高速は古川ICだったのだけれど、出口の遥か手前から渋滞しており、スルーしてしまった。無料通行券はETCが使えないので、とんでもない渋滞を各地で引き起こしているとは聞いていたけど、これ程とは。

さて困ったと思いきや、たまたま4㌔ほど先のSAがETC専用出口を併設しており、無事高速を降りることができた。いやはや、無料はいいけどこれが日常茶飯事だったら大変だ。。。

鳴子温泉郷は幾つも温泉が点在しており、中山平温泉で泊まる。夜も朝もお風呂は貸切状態でありがたかった。(宿的には全然嬉しくないか。もっとお客さん来てほしいよね)
c0018489_0244292.jpg
やっぱ温泉はいいね~

さて。宮城に行くならいつか栗駒山には登りたいとは思っていたけれど、情報がなく躊躇していた。が、偶然にもヤマケイ9月号に栗駒山のルート情報が掲載され、よっしゃこれで行ける!と期待してやってきた。のだが。。。朝から雨の音で目が覚める。山はガスがかかっているし、行くかどうか悩んだけれど、少なくとも雨は上がりそうな予報だったので、とりあえずは出発。
c0018489_036472.jpg
いわかがみ平の駐車場で、完全にガスの中。
運転するんも怖かったっちゅうねん。

あんまり真っ白なんで、もう帰ろうかとも思ったが、雨は止んだしガスがきれることを期待して決行。ただし沢を渡る道はやめて、一番安全な道を往復にした。

c0018489_042839.jpg
中央ルートは
すんごいしっかり整備されていた。

c0018489_0491968.jpg
少しだけ紅葉が始まっていて
秋を感じる。

c0018489_0511878.jpg
c0018489_0514714.jpg

c0018489_0531059.jpg
もっと秋が深まったら、
さぞかし綺麗な草紅葉になるんだろうなあ。

ガスってなかったら、
草原が広がってて気持ちよさげやろうなあ。

c0018489_0545982.jpg
栗駒山山頂到着。

相変わらずガスの中。
風がきつい。
何も見えない。

紅葉の季節は、素晴らしい景色が広がっているそうだが。


海の方はどっちかな・・・
コンパスで確認して、真っ白い海に向かって黙とう。


栗駒山の辺りは、3年前の岩手・宮城内陸地震で甚大な被害があったところだ。「山と高原地図」では、その地震の被害による通行止めの箇所が至る所に記されている。栗駒山に登るなら、東北の名渓・産女川から…などと思っていたが、崩壊してしまったそうだ。
それに加えて3月の地震。9月の台風…もう勘弁してほしい。

と思うのは人間の勝手?地球も生きている。でもね…
[PR]
by Koh_Chang | 2011-09-23 00:58 | | Comments(0)

備忘録3

予定が二転三転しましたが、9月2週目の週末に、また宮城へ行くことができました。
期せずして、ちょうど震災から半年の節目にあたります。

9月10日(土)
今回は休みが取れなかったので、ボランティアは1日のみ。仙台駅からバス1本で行ける、岡田サテライト-現・仙台津波復興支援センターを再訪しました。

70名ほどのボランティアさんが集まっており、朝礼後各チームに分かれて依頼主さん宅へ訪問します。今回のチームは5名。私以外は仙台市内の方で、チームの方から震災の体験談を伺えるのも貴重な機会です。

ボランティアの内容は、半年経って当然ながら変わってきています。家屋の泥出しや瓦礫の撤去から、生活を支援するお手伝いが多くなっています。

依頼主さんは農家のお父さん。ずっと継続で支援されているそうで、スタッフさんもよくご存じの方です。自宅も田んぼも畑も全部やられてしまったけれど、畑の再生に並々ならぬ熱意で取り組んでいらっしゃる方とのこと。

今回は、畑のゴミ拾いのお手伝いです。向かった先は、本来なら黄金の稲穂が頭を垂れる田んぼが広がっているはずの場所。今は雑草が生える荒野のようになっていました。大きな瓦礫などは撤去されていますが、目の前にまだ車が引っくり返ったままです。

c0018489_23563716.jpg
お父さんがカチカチの土地をトラクターで掘り起こしたところ。

掘り起こすと下から色んなゴミが出来てきます。それを拾うお手伝い。
掘ってはゴミ拾い、を3回やったらやっと畑の下地が出来るそうです。
1日のお手伝いでは、5名で写真の半分のゴミを撤去するのが精いっぱいでした。

この辺りはぐるりと見渡しても、高台や高い建物が全くない平野です。唯一東部道路があるくらい。海岸を示す松林が見える距離なので、想像を絶する様相であったことでしょう。

帰り際、お父さんは「絶対に畑を再生させるから」と笑顔で送って下さいました。
リーダーさんが、明日は人手が足らないので、派遣はできませんとお断りしていたのが心苦しい。
もっと気軽にボランティアの輪が広まればいいのになあ。

翌日、バスで東部道路を走った時、お父さんの畑の近くを通りました。
いつの日かまたここを通った時は、豊かな田園風景が広がっていてほしい。

震災から半年。
非力な自分に何ができるのか。引き続き考えていきます。

---
仙台津波復興支援センターの情報は、こちらのサイトで確認できます。
東北へ観光へ行くついでに、1日寄ってみる、くらいの気持ちで十分だと思いますよ~!
(私も今回1日は遊びに行きました♪)
[PR]
by Koh_Chang | 2011-09-22 00:10 | 雑記 | Comments(2)

フェルト犬作りました

珍しく針仕事(と言えるのか?)をしてみました。
c0018489_23524120.jpg
ふわふわのフェルトを
ひたすら針でつついて
固めていきます。


c0018489_23571173.jpg
パーツの土台ができました。

それぞれをまたつついてくっつけて
肉付けしていきます。


できました。ラブラドール版のチャーリーです。
c0018489_23591584.jpg
ほぼ実物大です。


c0018489_002112.jpg

第一弾からは少し進化したかな?



夜に少しずつ作業して、台風で予定を変更したのもあって、できあがりました。
しかし、今回の台風、まだ被害の全容が見えません。今年は本当に災害が多い。
どうかこれ以上犠牲者が出ませんように…



[PR]
by Koh_Chang | 2011-09-06 00:17 | チャーリー | Comments(0)