こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

黒部・日電歩道

10/24 阿曽原温泉~日電歩道~黒部ダム

阿曽原温泉から上流へ。
人見平の関電宿舎前を通り、仙人ダムへの道中で、あの高熱隧道を横切る。
c0018489_034742.jpg


仙人ダムは不思議なほど碧い水をたたえていた。
c0018489_038843.jpg


ダムの上を渡る。ここからの景色が素晴らしい。
c0018489_0404066.jpg


東谷吊橋。ここで対岸に渡る。ここからいよいよ下ノ廊下のハイライト。
c0018489_23103751.jpg


S字峡
c0018489_2311471.jpg


「黒部で怪我はしない。」足下は黒部の激流。落ちたら即死だ。
道は人がすれ違うのも大変な幅。ワイヤーがなかったら、かなりやばい。
黒四が建設された時、水平歩道・日電歩道は関電が毎年整備することが義務付けられたそうで、現在も続けられている。こんな場所に人が通れること自体が、驚異的なことだ。
c0018489_23125523.jpg


十字峡
黒部川に剣沢と棒小屋沢が十字で交わる。
c0018489_0364745.jpg


白竜峡
一部こんな丸太の道もあり。
c0018489_0414842.jpg


川の両岸に白い壁が聳え立つ。
この辺りまでくると、川面がぐっと近くなる。白壁を削った道は細く、すれ違うのに気を使う。
c0018489_0423790.jpg


白壁に紅葉が映えて美しい。まっすぐな歩道はまだまだ続く。
c0018489_0451435.jpg


上流に向かって歩くため、少しずつだが標高が上がる。
紅葉の色づきも、歩いた分だけ進んでゆく。
c0018489_0463284.jpg


c0018489_0465231.jpg


内蔵助谷と出合い、日電歩道は終わる。
「黒部の巨人」丸山東壁。
c0018489_0471539.jpg


黒四ダム到着。丁度雨が降って来て、カッパを出さずに済んだ。
c0018489_047366.jpg


---
水平歩道~日電歩道は、毎年積雪状態により整備が完了する時期が異なり、一般登山者が踏破できる期間が短く、大変人気の高いコースだ。
行かれる前には、「高熱隧道」と「黒部の太陽」を読まれることをお薦めしたい。
自分は、帰ってから読んだことに後悔した。
ただの「景色が綺麗な道」ではない。
いい悪いは別にして、その背景にある重みを感じながら、
再度歩いてみたいと思う。
[PR]
by Koh_chang | 2010-10-24 00:26 | | Comments(0)

黒部・水平歩道

黒部の下の廊下を歩いた。富山・宇奈月から欅平までトロッコ電車に乗り、終点の欅平から水平歩道を歩き、阿曽原温泉で一泊。翌日は日電歩道を辿り、黒部ダムへ。黒部渓谷の自然美と紅葉、高度感たっぷりのスリリングな道を十分に楽しんだ。
帰宅してから、この水平歩道について詳しく知りたくなり、吉村昭の「高熱隧道」を読んだ。

衝撃的な内容だった。

黒部ダムはアルペンルートで訪れる人も多い、超有名な観光地だ。黒部第四発電所と黒部ダム建設の苦闘を描いた「黒部の太陽」はよく知られている。
では、第三発電所のためのトンネル(隧道)建設の死闘については、どれくらい知られているだろうか。恥ずかしながら、自分は全く知らなかった。数々の困難に立ち向かい、工事を完遂させるのは、どちらの現場も同じである。ただこちらは、太平洋戦争直前でやらざるを得なかった国策だったという事実と、300人以上の命を犠牲にしてやり遂げた人間の狂気が、単なる美談では済まないため、映像化されることもなかったのだろうか。

黒部渓谷の各発電所は関西電力の管轄である。同社HPで、クロヨンや日電歩道のことについてはちょっこし紹介されているが、第三発電所については詳細は掲載されていないようだ。わざと触れてないんじゃないかと思ってしまうが。
宇奈月商工会議所HP内に当時の新聞記事なども含め紹介されている。
ここです

---
10/22 サンダーバード利用でJR魚津まで移動
10/23 富山電鉄~トロッコ電車で欅平へ~水平歩道~阿曽原温泉 

水平歩道の始まり
c0018489_2334177.jpg


黒部の怪人・奥鐘山西壁
「朝日に輝く奥鐘の…」Mさんよく言ってはりましたなあ。
c0018489_23403150.jpg


水平歩道は、絶壁をコの字にくり抜いた道。丸太を渡しただけのところもある。
足元は100m下に黒部川。こんな道をとてつもない資材を持って歩いたのか…。
c0018489_2341403.jpg


当初はもっと狭かったらしいが、ここまでの幅になったそうだ。
c0018489_2347296.jpg


まさに文字通り水平歩道。
c0018489_23512489.jpg


志合谷。隧道建設当時、莫大なパワーのホウ雪崩が、宿舎を対岸の奥鐘山の壁にたたきつけた。水平歩道はこの谷の区間、真っ暗なトンネルになっている。
c0018489_23572321.jpg


大太鼓展望台。ここから黒部川下流に、欅平の駅が見える。
c0018489_063792.jpg


展望台で足元を覗いてみるが、足がすくむ。写真じゃ分からんなあ…。
c0018489_08358.jpg


c0018489_010254.jpg


16時、阿曽原温泉着。さすがに人気コース、テントだらけ。
c0018489_022273.jpg


何とかテントを張った後は、お楽しみの温泉♪
1時間ごとの男女入替制。温泉の近くの隧道へ続く入口?にブルーシートで覆いがしてあり、そこが更衣室代わりになっていた。その中は熱気でサウナみたい。
湯船につかって至福のひととき♪♪♪ 周りの登山客のみなさんとも、自然と笑みがこぼれて話がはずむ。やっぱ温泉はいいねえ。
[PR]
by koh_chang | 2010-10-23 23:51 | | Comments(2)

こうもり谷

気持ちよくクライミングできるシーズンになった。
さぞかし賑わっているかと思いきや、静かなこうもり谷だった。
岩場には、私よりも年上の女性クライマーがお二人。
幾つになっても挑戦し続ける姿勢が素敵だと思う。
[PR]
by koh_chang | 2010-10-17 23:24 | クライミング | Comments(2)

マキノ高原

姉にお誘いを受けて、教会の若者たち(うちら姉妹は若者か?!)と滋賀のマキノ高原へ遊びに行った。
c0018489_0481974.jpg

持ち寄りのランチがいっぱい!
滝を見に散策したり。
温泉入ったり。

楽しい企画、ありがとう♪
[PR]
by koh_chang | 2010-10-16 23:40 | 旅行 | Comments(0)

三倉岳

c0018489_052812.jpg
三連休は生憎天気が悪く、予報で二日は登れそうなエリアを探して三倉へ行った。
久々のクラックで、何か登れるっていうわけでもないけど、
三倉のクラックにジャミングできたことだけでも、
なんや嬉しくて。

c0018489_055385.jpg

駐車場に太郎がいない。
今日だけならいいけど…。
[PR]
by koh_chang | 2010-10-11 23:48 | クライミング | Comments(2)

ソフトエクレア復活

c0018489_012243.jpgおお!懐かしい~!

と、コンビニで思わず買ってしまった不二家のソフトエクレア。

不二家100周年を記念して復活したらしい。
不二家っていえば、ミルキーとソフトエクレアとノースキャロライナでしょう。
ミルキーしか残らなかったけど。

そのソフトエクレア。サーカスの歌うソ・フ・ト・エクレア~♪のメロディーが浮かんだ人は、それなりの年齢のはず。
職場でも、懐かしいね~と言いながら一粒あける。

ん?色、こんな薄かったっけなあ…。

とりあえずお口の中へ。

んん?めちゃめちゃ柔らかいで?!
ソフトすぎて、いつの間にか中のクリームと混ざってるで?!

…ソフトエクレアは、ちょい固めのキャラメルを咬んだら、ムニ~って中のクリームがはみ出てくる感触がたまらんかった。
これは、我々の知っているソフトエクレアではない、というのがみんなの結論。
歯にくっつきにくく改良されたそうなんだけど、あの感触を再現してほしかった。
どうせなら、ノースキャロライナも復活して欲しいな。
[PR]
by koh_chang | 2010-10-04 23:11 | Food | Comments(0)

風邪?

いつまでも続く酷暑がやっと終わったと思ったらもう10月。
季節の変わり目で、急に冷え始めた朝夕に身体がついていけないのか、金曜日の夜から咳が出始めた。咳は朝には止まったが、お腹をやられた。
昨日のパーティーには出席できてよかったのだが、帰ったら微熱。
今日はPが治らず、外出できず。お陰でようやくブログが現在に追いついた(^^;
明朝には止まってますように~!(お食事中の方はスイマセン)
[PR]
by Koh_chang | 2010-10-03 23:02 | 雑記 | Comments(0)

Happy Wedding

結婚パーティーなんて、とんとご無沙汰だったのだが、今年はお二人目♪
年上の山の先輩。奥様はとても素敵な可愛い方で、本当に幸せそうだった。
c0018489_23355551.jpg


先輩と一緒に登ったのって、小川山のあの事件の時だけだったような気がする…。
これで古いお友達には、誰のことか分かっていただけたかと…。
今日まで、大変な道のりやったんやと思います。。。。。
どうぞ、いつまでもお幸せに053.gif
[PR]
by Koh_chang | 2010-10-02 23:33 | 雑記 | Comments(0)