こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カワセミ&キジ

芥川沿いを鳥を探しながらウォーキング。今日はカモたちしかいないなあ…。

こ「ちょっと、そこのアンタ、この辺でカワセミ見なかった?」
c0018489_0195288.jpg

「あ、カワセミねえ…」


c0018489_0221776.jpg

「さっき、
 あっちの方に
 飛んでいったよ。」



こ「ありがとう!探してみるわ!」

c0018489_0253181.jpg

「ふう、助かったぜ。」



こ「ん?これカワセミか?!」
c0018489_0294355.jpg

「ん?誰さ?」


c0018489_0311146.jpg

「全く、失礼するわねえ。」


以上、ヤナッチ撮影でした。
c0018489_0384744.jpg
私の方は…初めてデジスコを触ってみたけど、ピントが合っているのかどうか、さっぱり分からなくてダメでした。

←めっちゃピンボケ(涙)
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-30 00:44 | bird | Comments(0)

オオルリ&ヤマガラ

先日の屏風山にて、ヤナッチ撮影。

c0018489_132567.jpg

オオルリ




c0018489_133751.jpg

ヤマガラ


かわいいね~
[PR]
by koh_chang | 2010-04-28 23:31 | bird | Comments(0)

瑞浪・屏風山

c0018489_23332464.jpg


新緑が芽吹いて。



c0018489_23345460.jpg


淡い
優しい緑に
包まれて。


この季節の緑が
一番好き。


今日はGWに向けてスラブの特訓。
結晶をひろっていくようなクライミングは永らくしていないので、最初は体カッチコチ。1日中スラブばっかり登ったので、帰る頃には少しは感覚が掴めてきた感じ。
信じて乗り込んでいくこと、かな…。
ここ屏風山は、スラブも沢山ルートがあるのだけど(トポに載っていないものも数本あり)、今日はスラブは誰も登っていなかった。スラブはこわおもしろいけど、まあ、こういうクライミングは流行りはしないでしょうね。
c0018489_2348396.jpg
目に入ってこようとするメマトイが集団で襲ってくる。鬱陶しいし、ビレイの邪魔!
こういう時は、迷わずメッシュバッグを被りましょう。アホと呼ばれてもいいのです。安全は全てに優先する。ヨシ!
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-25 23:32 | クライミング | Comments(2)

「再婚者はブラ買っていけ」

会社に行く時、鍵や財布を入れ忘れることの多い小生。週末、カバンから出したままついつい…ってことを防止するため、忘れたらアカンものを、合言葉にして確認するようにしている。それが、タイトルのコトバ。8つのキーワードが盛り込まれている。

毎朝ドタバタ出て行くもんだから、つい忘れ物をしてしまうのだが、このコトバで確認するようにしてからは大丈夫。

と思いきや、先日は会社で靴を履き替えようと思ったら…
左右色違いの靴下…

昨日は、Tシャツが前後ろ逆…

8つのキーワードじゃまだ足らないか?!


ちなみに、8つもの物は、順番に
財布・コンタクトレンズ・社員証・ハンドタオル・ブラ(←最初はなかったのに、F姉さんに指摘されて追加)・鍵・定期券・携帯電話
です。皆さんも、朝行く前唱えてね。
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-24 18:49 | 雑記 | Comments(0)

どこのTシャツ?

c0018489_2325176.jpg最近買ったTシャツに
付いていたタグやラベル。

山用はポリ100%に限るが、
どこのメーカーのものかというと
他社さんばかりで…。


ゴールドウインは循環型リサイクルで帝人ファイバーと組んでいるのもあって、ノースフェイスやヘリーハンセンの製品は帝人ファイバー"エコサークル"のラベル付き。昨年モデルからエコサークルに変わったと思う。でも、このシステム、パタゴニアほどは浸透していないような…。店頭の回収ボックスも気づかなかったし。購入者が、その製品が"エコサークル"品だと気づかない限り、この循環型リサイクルは成立しない。せめて直営店のスタッフなら、購入の際にお客さんに一言伝えればいいのにね。
防虫効果のある生地"スコーロン"も帝人ファイバー製。蚊だけでなくって、ヒルにも効くんやろか。

ゴールドウインのTシャツは、日本製のものも結構ある。窮地に立つ産地のことを考えると、日本製なら余計に買わないと、って思ってしまう。頑張れ、ゴールドウイン。

スウェーデンのアウトドアブランド・フェールラーベンはクラレのパナパック+シャインアップ。
光触媒のシャインアップ効果がどんなものか楽しみなところ。
このブランド、GAREに直営店が入って随分たつけど、お店をゆっくり見たのは初めて。綺麗な色のTシャツが多いのが嬉しい。あれもこれも、欲しいわあ。

GAREの西館は、おされなアウトドアショップが並んでいて、ヤバイです004.gif
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-23 23:24 | | Comments(0)

「登るオンナになるッ!」

c0018489_23284458.jpg今日のシティリビングの特集。
ほえ~
メジャーになったものだのお…

シティリビングっていえば
オフィスで働く女性に無料で
配布される情報紙。

おされな山ガールが
増えてるようで。
格好から入る女子も
いるんだろうなあ。

山ウェアは機能性重視。
それでも、同じ素材なら
山ガールちゅうより
山ンバアという方が近い小生でも
カワイイの着たいですもん。
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-22 23:48 | | Comments(2)

滋賀・湖西 武奈ヶ岳

代休消化の申請をしていた日が、たまたま天気予報が好転♪
せっかくなので、歩きに行く。
c0018489_223226100.jpgJR堅田駅8:45発のバスで坊村まで揺られ、御殿山コースで武奈へ向かう。

生憎、この辺りはまだ雲が垂れ込め、
深い霧の中。

ワサビ峠を越えると、
ショウジョウバカマが
まだ新緑のない登山道に
色を添えてくれる。

本来なら見晴らしのいい西南稜も何もみえず。

c0018489_22401654.jpg
頂上着…。
そろそろガスが晴れてもいい頃なのに…。

何も見えね。



c0018489_22531438.jpg
頂上からは北稜へ。

風は強いままだが、ようやく霧が晴れて、見晴らしのいい稜線歩きに。
武奈ヶ岳をふり返る。

c0018489_22573525.jpg
やっぱり山は天気だねえ。

釣瓶岳を通り、イクワタ峠へ。私の地図には古いから載っていないのか、栃生に下りる登山道があるようだ。


c0018489_2352854.jpg地蔵峠から、畑へ下りる。
登山道から舗装道路に出るのだが、そこからまた登山道に入る入り口がはっきり分からない。一度ピンクの印のあるところから踏み後に入ってみるが違うようなので、また道路に戻って下ると、白い手すりに階段のあるところに印あり。ここだろうと下ると集落に出るも、鹿よけの電流フェンスでどこからも集落に入れない…。入り口らしき所にも、触るな危険と書いてあり、開けてもいいのか分からず。
仕方ないのでまた道路に戻り、遠回りでも道路沿いに行くかと下ると、別の集落入り口がある。やはりフェンスに覆われているが、入り口は止め具を自分で開閉できそう。で、ようやく畑に入れた。

畑は日本の棚田百選に選ばれた地域。
c0018489_235873.jpg


地元のおじさんが、5/16に棚田のオーナーや家族が300人ほど一斉に田植えをするんだよ、と教えて下さった。
高島市の棚田オーナー制度
こういう制度で棚田を守っていはるんですね。

バスは行ってしまった後で、次の16:09のバスまでのんびり過ごす。
平日にのんびり…贅沢な時間。
明日からまた頑張ろう。
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-21 22:28 | | Comments(0)

鳳来・パラダイス

c0018489_21541935.jpgc0018489_21542950.jpg
ものすごく久しぶりにパラダイスへ。5年以上は経っているだろう。

小さな岩場だけど、とても賑わっていた。

ジムに慣れると、ついつい「もっといいホールド」を探してしまう。
何や動きもぎこちなくて。びびりも入るし。

でも、久しぶりのフェース。新しいRPがなくても、楽しかった♪
シャムロックは快適!

春は、道端にもお花が咲いていて、和むなあ。
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-18 21:49 | クライミング | Comments(0)

Sweet Basilのランチ

c0018489_2137693.jpg午後代休でマンモ検診へ。せっかくなので、頑張ってタイ料理に行くぞ!

Sweet Basilのランチラストオーダーは13:00までだったので、会社を出てから小走りでお店に滑り込む。

走った甲斐があったわ~001.gif

ちなみに今年のマンモも全然痛くなかったですよ。
前日行ったK先輩が超痛かったそうなんで、かなりびびってたんですが(^^;
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-15 21:36 | Food | Comments(0)

霊仙山

c0018489_23283997.jpg福寿草に会いたくて、一人で霊仙山に向かう。
米原駅からバスで8:00上丹生下車。ここから入るバス登山客は他におらず、静かな谷山谷コースを行く。
途中の屏風岩にはボルトが光っていた。登りに来る人いるのかな。

谷コースの前半は伏水になっており、ゴロゴロの沢の中を歩く。水が出てきても何回か沢を渡るので、雨の後はこのコースは行かない方がいいというか、行けないだろう。

うるしが滝で一休み。


c0018489_23291983.jpg
稜線を歩くのは気持ちがいいのお。

経塚山から来た道をふり返る。
なだらかなやさしい景色。

途中の避難小屋はとても立派なつくりだった。


c0018489_23301657.jpg

霊仙山の最高地点からちょっと低い頂上を見る。
三角点のあるピークがあちらなので、頂上は向こう。

こんな立派なカルスト地形が広がっているは知らなかった。


c0018489_23303433.jpg
頂上到着。

谷山谷では2組しか登山客に会わなかったけど、頂上付近は大盛況。西南尾根からの人が多いのだろう。

復路は、その西南尾根へ。


c0018489_23304656.jpg

咲いてました016.gif




c0018489_23305813.jpg
いっぱい咲いてました。


c0018489_2331125.jpg
かわいい~


花びらがちょっと開き気味でもあったけど、まだ残っていてくれて、大感激。
帰りは今畑から汗拭峠まで登り返して、醒ヶ井養鱒場に15時着。
養鱒場は桜が満開で、また幸せ気分。
[PR]
by Koh_chang | 2010-04-10 23:26 | | Comments(0)