こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

めいほう

姉も一緒にめいほうへ。
東海北陸道で事故渋滞、美濃からは一区間通行止め。家を6時に出て、結局スキー駐車場に着いたのが10時半。第4駐車場でゲレンデまで遠いし、リフト待ちは10分ほどかかるし、午前中はほとんど滑れず残念。
スキー場上部は特にリフト待ちがひどい。コース数に対してリフトが少ないよね…。
コブコースは急、深、凍で最悪状態。おっとろしくて1本でもうええわ。
c0018489_0302593.jpg
15時になったら、ようやくリフト待ちも少なくなった。やっと普通に滑れると思いきや、リフトが16時で終了。16時半まで動くリフトのゲレンデは最下部で、これまた人だらけ。

めいほう、空いてたらいいゲレンデなんだけどなあ。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-30 23:25 | スキー | Comments(0)

木N

c0018489_234116100.jpgナカガイジム高槻を
外から撮ってみました。

おされですね。

道行く人が覗いていきます。

きっと前を通る度に
気になって気になって
扉を開ける日がくるでしょう。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-28 23:41 | クライミング | Comments(0)

火N

オープン1週間目のナカガイジム高槻へ。
c0018489_025049.jpgあれ?

お客さんいない?

ひょっとして

貸切??


19:30から2時間近く、貸切状態で思う存分登りました。
初級課題も沢山追加されていて、楽しいわん。

今だけの贅沢ですね。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-26 23:01 | クライミング | Comments(0)

産地直送居酒屋・壱岐島

上司の歓送迎会で、アメリカ領事館近くの壱岐島へ。
産地直送を謳っているだけあって、海の幸がどれもこれもとっても美味しい。中でも壱岐島のイカ。刺し身は甘く、天ぷらはサクサク。一夜干しは酒が欲しくなるの~!
コース終盤に出てきた牛のタタキもとろけるよう。
今回はメンバー半数が明日早朝から出張のため、のむのも控えめ、二次会もなし。二転三転した人事異動、実感がなくて気分はただのうまいもんツアーなんだが、来月からどうなることやら。女子チーム、結束固めてがんばるべ。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-25 23:34 | Food | Comments(2)

竹浪会・ハチ高原&ハチ北

今日は午前中はハチ高原、午後からハチ北で滑る。
ハチ北は高原に比べて随分と距離が滑れる分、やはりゲレンデが大賑わい。でもリフト待ちはどちらもあまりなく、いっぱい滑れた…というか、皆さん疲れ知らずなのか、お昼の休憩も食べたら速攻だったし、滑りっぱなしだったなあ。午後からは先生も一緒。80歳の先生がひょいひょい滑るのに、もう疲れましたとは言えないよなあ。
c0018489_0133714.jpg

今日は氷ノ山も
綺麗に姿を現してくれた。

この二日間、15人以上のメンバーでスキーを楽しんだが、何と小生が最年少!70歳でSAJ1級を目指しておられるKさん、スキーが楽しくて仕方がない様子。とにかく皆さん元気なこと!いつもオジサン(オジイサン?)パワーを頂いて帰るのでありました。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-24 22:07 | スキー | Comments(0)

竹浪会・氷ノ山国際

今年も竹浪会がやってきた。先生は3月で80歳になられるが、お変わりなく大変お元気そうである。
c0018489_23443612.jpg古銭屋さんに11時頃集合し、
午後から氷ノ山国際スキー場へ。

なんと今年は先生もスキーに参加!!
80歳とは思えぬ華麗な滑り、急斜面も楽々降りてこられる。

先生の赤いダウンジャケット、かなりの年代モノとお見受けするので伺ったところ、40年以上着続けているそうだ。40年!しかも補強はガムテープってのが、先生のお茶目なところ。奥様にもそんなオンボロ…と言われるそうだが、本当に愛着を持っておられるんだろうなあ。

c0018489_092075.jpg
今日は気温が低く、滑っても滑っても全然身体が温まらず辛かった。
それでもリフト終了の16:40まで粘り、下山は恒例の林道滑り。

最後、細い橋を渡るのだが、欄干の高さまで積雪があるので結構怖い。
川へダイブだけは避けたいところ。

夜は先生を囲み大宴会。小生が先生と初めてお会いしたのは10数年前。その時も元気なお爺さんだと驚いたのだが、80歳になる今もその頃と全然変わらない。現在も毎日10Kmジョギングされているそうだ。ただただ驚嘆。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-23 23:41 | スキー | Comments(0)

木N

今日はナカガイジム摂津へ。
終わってから気づいたが、今日は垂壁のナガモノしか触ってなかった。
宿題ばっかり増えてどれも片付かなかった。
この前みたいに、目からウロコのムーブがあるのかな。
それともやっぱりパワーかのう…。

しかし、ジムとはいえ、足がかじかむ。ストーブの前にいる時間が一番長かったかも。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-21 23:35 | クライミング | Comments(0)

ナカガイクライミングジム・高槻店オープン!

とうとう高槻にもジムが出来ました♪
中貝さんジムの実に4店舗目です!

オープン当日、さっそくチャリンコで行ってみました。
どの辺りかはっきり分かっていなかったけど、見事オンサイト。10分ほどで到着です。

ジムの詳細はこちらをご参考下さい。
高槻店のブログ

今日は沢山のクライマーが集まっていました。
出来たてのボルダー課題は、若干遠いのが多くて、ほとんど登れなかったです…。
これからまだまだ課題が増えるそうなので、楽しみにしています。

リード壁もある摂津店に比べると、こじんまりしているので、持久力課題をのんびりやるにはちょっと難しいかもしれませんね。それと、摂津店ではほとんど心配のいらなかった、マットの上でボケッとしてたら反対側の壁の上から人がフォールしてくる状況があり得るので、注意したいと思います。今日の反省を込めて。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-19 23:53 | クライミング | Comments(2)

北摂・ポンポン山

地元のポンポン山へ、チャリ&ハイキング。
いつもは南側の本山寺登山口に行くが、今日は初めて北側の出灰登山口へ回ってみた。
高槻から亀岡へ抜ける県道6号線は、路肩もない細い道路ながら大型ダンプが頻繁に通り、結構怖い。山間の川沿いを走る道で、車がなければ快走できるのだが。
6号線から出灰方面へ入ると、突然古き昭和の田舎の景色となり、車もほとんどなくなる。自転車で走るのに面白そうだが、じきに登山口の看板が。駐車場もなく、ひっそりとしている。
歩き始めてポンポン山の頂上までは、1時間も歩かずにあっさり着いてしまった。ちかっ!
こちら側の方が人はいないし、随分楽だなあ。
c0018489_22495829.jpg

ん?

いつの間にか
ポンポン山、
富士山軽く抜いて
日本最高峰やん。

お隣の釈迦岳にも往復してみる。
c0018489_2257316.jpg

え?

釈迦岳頂上って、これだけ?
せまっ!

c0018489_22591252.jpg
今週は寒い1週間だった。
こんな低山にも、日陰にはうっすらと雪が。

ポンポン山頂上以外ではほとんど人に会わなかった。
短いコースながら、山の静寂を楽しめた。

聞こえるのはカサカサと枯れ葉を踏む音だけ。
時折、鳥のさえずりが、寂しい冬の山に色をそえる。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-16 22:33 | | Comments(0)

THIS IS IT

遅ればせながら、今更説明の要らない「THIS IS IT」を観た。タイムリーには機会を逸してしまったものの、高槻で今頃上映しているのを知り、急いで観に行った。

マイケルの全盛期、私は洋楽大好き少女であり、マイケルの曲も好きだった。しかしどんどんロック一辺倒になっていき、ハードロック、ヘビメタに走り、最後には時代が遡り、ツェッペリンで終わった。洋楽をあまり聴かなくなった頃には、マイケルのスキャンダラスな面ばかりが報道されて、既に過去の人になってしまったとしか思えなくて、突然の死もその延長に感じていた。

この映画を観て、気づかされた。
何て人が亡くなってしまったのだろうか、と。

数年前、SMAP×SMAPでサプライズ出演した時、正直その姿に驚き、この人はあっちの世界にいってしまった人かと思ってしまった。だが、スクリーンには、私がロック少女だった頃に見たマイケルがいた。声、ダンス、全てがそのままのマイケルだった。

私は何を誤解していたのだろうか?

マイケルは才能にあふれた最高のエンターテイナーであり、まさにKingであった。裏では常にスタッフに気を配り、ファンの気持ちを考え、愛にあふれる人だった。
このロンドン公演が実現していれば、それはもう素晴らしいステージであったに違いない。

このリハーサルの影で、マイケルの身体は薬に頼らざるを得ない状態であり、最後の悲劇を思うとますます哀しくなる。
マイケルを死に追いやったのは、我々ではないのかと。

人は亡くなってから伝説になる。
マイケルには早すぎた。その事にようやく気づかされた。
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-15 23:23 | 雑記 | Comments(0)