こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

竹浪会・ハチ高原&ハチ北

c0018489_2352943.jpg宿の地区からハチ高原まで続いていた登行リフトが、今年から廃止されていた。この地区に登行リフトがなくなってしまったら、宿泊客が来るのだろうか…。ゲレンデが空いていることは嬉しいけれど、スキー場やその町にとったら死活問題だ。

代替バスで向かったハチ高原もハチ北も、リフト待ちはあまりないものの、ゲレンデは結構な賑わいだった。今日もリフトが止まるまで、たっぷり滑れた。

← リフトが終わったハチ高原にて


竹浪会の皆様方、今年もお世話になりありがとうございました。
山を愛し、自然を愛し、スキーを愛するおじ様たちと、また来年も楽しく集えますように。

本日の備忘録
・骨盤を傾ける
・太ももを上に伸ばさない。前方へ。
・ターンと反対方向に体を逆にひねると、内側エッジがたっている感覚を意識しやすい。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-25 23:51 | スキー | Comments(0)

竹浪会・氷ノ山国際

c0018489_23375788.jpg今年79歳になられる竹浪先生の門下生達が、いつもの古銭屋に集った。某高校山岳部のOB会だが、部外者の私も毎年参加するのを楽しみにしている。

初日は、午後から氷ノ山国際スキー場で滑る。
昨晩からの降雪で、珍しくここでもふかふかの雪。
一緒に滑った中のお二人は、今年70歳ながら、今月SAJ2級に合格され、見事な滑りを披露して下さった。

竹浪先生はもちろんのこと、周りの方々まで何でこんなに元気なんでしょう。

夜はもちろん大宴会。私なんかこの中じゃ、ひよっこもいいところ。幾つになっても夢を持って挑戦し続けている人生の先輩方に、勇気付けられる。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-24 23:32 | スキー | Comments(0)

clothsとclothes

ランチタイムにて。ある時Nさんが英語の先生に、「衣服」という意味で「クローズイズ」と言ったら怪訝な顔をされたそうです。衣服って英語でなんだっけ?と調べ直してみました。

「布」はcloth(クロス)。この複数形は、cloths(クロースス)。
「衣服」はclothes(クロウズ。クローズイズではないです)。常に複数形。

clothsもclothesもclothの複数形なのですが、「ただの複数の布」と「布を複雑に組み合わせて作る衣服」とで、異なる複数形を使い分けているんですね。

ちなみにclotheは「服を着せる」という動詞ですが、進行形のclothingになると、名詞の「衣類」という意味にもなります。clothesより広義で帽子やマフラーなども入ります。
衣服をしまう「クローゼット」も、clothつながりかと思いましたが、こちらはcloset。閉める、閉じるのcloseから来ているのですね。

ついでに、Water Closet、何のことか分かりますよね!?
[PR]
by koh_chang | 2009-01-22 16:46 | コトバの備忘録 | Comments(0)

低GI食品

ランチにMgさんが、SOY JOYを購入されていました。
c0018489_2355616.jpgSOY JOYは山の行動食で欠かせない一品です。カロリーメイトから始まり、Balance Up、Balance Power などなど栄養食品は色々出ていますが、SOY JOYはしっとりとしていて食べやすく、ドライフルーツたっぷりで美味しいし、ザックの中でも粉々にならない点も高ポイントです。
そのSOY JOYには「低GI食品」って書いてあります。GIってなんやねん? ランチタイムでは答えが出ないので、宿題になりました。

SOY JOYの説明ページによりますと、GI(グリセミック インデックス)は食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すもので、GI値が低いほど糖質の吸収がおだやかで、太りにくいと言われています。なるほど、ダイエットにはいいかもしれませんが、はて、山ではどうなのでしょうか。

登山は運動の中でもカロリー消費量が多く、エネルギーをこまめに補給しないと、ばててしまいます。糖質はエネルギーの源ですから、行動食には高GI食品の方がいいのかもしれません。
山で疲れてくると、甘いものより塩辛いものが欲しくなるので、ぬれおかきをよく持って行きます。お米は高GI食品なので、ぬれおかきは行動食にぴったり、ということですね。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-19 23:03 | コトバの備忘録 | Comments(0)

マロンです

c0018489_0235417.jpg「ぼく、N田マロン。

今日、こうちゃんが近くまで来るって言うから、
Nねえさんと一緒に
ちょっと様子見にいってん。

肩が痛いとかいって、こうちゃん遊び過ぎちゃうん?
まあ、またここ来る時は寄ってって。遊んだるし。」

---
マロンくん、また遊んだってな♪ 
N田センセ、今日もありがとうございました!
[PR]
by koh_chang | 2009-01-17 23:59 | チャーリー | Comments(0)

お餅を並べる入れ物は

ランチタイムは、1日の会社生活で一番楽しい時間です。職場のツワモノ女性陣と一緒に、フロアの一室であれこれおしゃべりしながらの1時間は、あっという間に過ぎるものです。
色んな話題で盛り上がりますが、ふとした言葉で、むむっと一同悩むことがあります。
その後調べて、暫しすっきりするのですが、すぐ忘れるんですね…。
自称「軽い認知症」の大先輩もいらっしゃいますので、備忘録作ることにしました。

先日話題になったのが、お正月の餅つき。つきたてのお餅は美味しいよ、と羨ましい話を沢山聞いたのですが、その丸めた餅を並べる入れ物のこと、はて何と言うのでしたっけ?
奈良のDさんが、おうちで「こじゅうた」と呼ぶと教えてくれましたが、誰もしっくりきません。

調べたところ、「もろぶた」又は「こうじぶた(麹蓋)」と言うのですね。
奈良では「こじゅうた」「こうじゅうた」とも言うそうですが、これは「こうじぶた」がなまったものだと考えられます。地方によって、他の呼び方もあるかもしれませんね。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-15 00:14 | コトバの備忘録 | Comments(2)

宮崎地鶏炭火焼 北新地 車

仕事のお疲れ様会で「宮崎地鶏炭火焼 北新地 車」へ。
初めて行くお店だが、もも炭火焼がとっても美味しかった。真っ黒になったお肉を1つ口にほおばると、炭火の旨みがぷわっと広がり、最初は硬く感じるが、噛めば噛むほどじゅわじゅわ~と肉汁が染み出し、お口いっぱい幸せが…。
延岡駅前の「とんちゃん」が思い出されるではないか。宮崎はなかなか行けないので、それまではこの店で決まりやね。お、梅田店もあるね、これはもうほんま行かんとあかんて。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-13 23:07 | Food | Comments(0)

志賀高原合宿・その3

今日も朝からいいお天気。寺子屋~東館~ブナ平を経由して、ジャイアントへ。ジャイアントは志賀高原の中でもなかなかの急斜面1枚バーン。毎年ここへ来て、自分の滑りを確かめるのだ。…そして今年も上達していないことを痛感するのであった(涙)

【師匠からの一言備忘録】
・円を描く
・骨盤を意識して
・ターン時、内足を早く傾けると切り替えが早くなる
・肩が内側に傾きすぎないよう
・腕は前に 
・コブ斜面では特に前傾 上体を遅らせるな
・深いコブは溝に入るのでなく、コブの後ろを

ご参加の皆様、大変お疲れ様でした&どうもありがとうございました!
来年もまた開催しますので、よろしくお願いします!!
初心者からベテランまで大歓迎、ご参加お待ちしております。(ちと宣伝が早いかしらん)
[PR]
by koh_chang | 2009-01-12 21:07 | スキー | Comments(2)

志賀高原合宿・その2

c0018489_23314175.jpg予想に反して、今日は晴れ♪感激!!
今日から参加の
O夫妻とSさん、
どなたが晴れ女・晴れ男だったのかな(^^)

ナイスパウダー!
ナイススキー!

Tちゃん、かっこいい!!

c0018489_0141572.jpg
昨日たっぷり降った雪で、
木々も綿ぼうし。

雪質も最高♪

c0018489_0183449.jpg降った後はやっぱり非圧雪バーン。
ヒューヒューもんですわ。

Y師匠はどんなに雪面が荒れようが、どんなにコブが深かろうが、まったく上半身がぶれることなく、ほいほいと美しく滑る。
臨月ほどあるあのお腹で。
多分お腹の中に、ジャイロが入っているに違いない。

c0018489_0245932.jpg今日は焼額、奥志賀で滑った。

はよ下りな、山の神のリフト乗れへんで~といつもの光景。

奥志賀の方はゴンドラ待ちもなく(=休憩する暇なし)、1日たっぷり滑れた。
皆さん、ほんまよく滑るわ攻めるわで、楽しかった!!
[PR]
by koh_chang | 2009-01-11 23:26 | スキー | Comments(4)

志賀高原合宿・その1

毎年恒例の新春志賀高原スキー合宿。初日はY師匠、Oさん、姉の4人。1日中降り続く雪で芯から寒い。久しぶりの初スキーでまともに滑れないわ、寒くてたまらんわ、何や辛い修行のよう。どんだけ一生懸命滑っても体が温まらず、その状態で吹き荒ぶリフトに乗ると震えも止まらず。それでも誰も休憩しないのは、みなスキーバカなんだろう。
悪天のせいか、三連休なのにゴンドラ・リフト待ちもなく、レストランもガラガラ。それとも不況の波がここにも押し寄せているのか!?
[PR]
by koh_chang | 2009-01-10 19:35 | スキー | Comments(0)