こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

石焼・石庵

上海の大先輩H室長が一時帰国されるぞ!とのことで、職場の先輩方と西梅田の石庵へ。毎度ながらHさんの上海話は、破天荒(なんて言ったら怒られるぞ)でケタ違いで面白い。
お土産は松茸!!もちろん、中国産。されど、マツタケ。

翌日おすましにしてみた。やはり、中国産。香りがないのは仕方なし。しかしこのままでは、エリンギのおすましだと思われないか!?
お、隠し味にこれだ。永谷園の「松茸味のお吸い物」。これで完璧!
[PR]
by koh_chang | 2008-09-30 00:36 | Food | Comments(0)

次は肩

何ヶ月前だろうか、ギャストンで引き付けるムーブをやったら、左肩に痛みが走った。それほどひどい訳ではなかったので放っておいたが、8月にプールでビート板を掴み、手を伸ばして泳ごうとすると、左肩が妙に痛いことに気づいた。挙手したり、肩を後方に回すとずきっと痛む。

今シーズンは足の故障で、外岩も行かず、ジムに週1行って簡単な課題をやるくらしか登っていなかったのだが、足をかばって登っていたのが肩に負担になっていたのだろうか。

それからジムに行くのも止め、1ヶ月以上経つのに痛みがひかないので、肩専門医のいるスポーツ整形を受診した。

結果、肩周辺の筋肉のバランスがとれていないために、肩甲骨と上腕骨の動きにゆがみが生じ、痛みの原因となっているそうだ。関節の動きもさほど悪くなく、インナーマッスルを鍛えれば治ります、とのことで一安心。
理学療法士の先生に、インナーマッスル強化のためのトレーニングメニューを教えてもらった。500gのウェイトを使う、非常に地味なもの。気長にやるしかない。
クライミングは痛みのある間は止めたほうがいい、とのこと。もう暫く大人しくしよう。

改めて「クライマーズ・ボディ」の肩の章を読む。故障して初めて内容がよく理解できるのが嬉しいような、悲しいような…。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-29 22:49 | クライミング | Comments(0)

浜名湖ガーデンパーク

次の日は「浜名湖ガーデンパーク」へ。
ホテルのすぐ近くだから行ってみようか、くらいの気持ちで行ったが、これが大正解。
花と緑の美しい素晴らしい公園で、とても広いし綺麗だし、駐車場も入場料も無料。
静岡県って太っ腹ねー。
c0018489_236234.jpg
公園にある
展望台からの
眺望。

下にあるのは
「国際庭園」。

c0018489_23112835.jpg浜名湖花博、なんてあったっけなあ・・・。

その時に出展された海外各国の庭園の様子が再現されているそうだ。
これはネパール。

上の写真を撮った展望台が
バックに写ってます。

c0018489_23162210.jpg
韓国。

c0018489_2317592.jpg
中国。

c0018489_23174886.jpg
タイ。

c0018489_2318189.jpg
アメリカ。
…とまだまだ続くのだが、
この辺で以下省略。

c0018489_23201073.jpg花の美術館
モネの庭。

c0018489_23252688.jpg
印象派の画家であると同時に優れた庭師でもあったモネ。

フランス・ジヴェルニーの庭と館の外観を再現しているそうだ。

c0018489_23234762.jpg
モネと言えば
睡蓮。

春から夏にかけては睡蓮の花が咲き、絵画のような趣になるそうだ。

この他にも、花と緑の見所満載の素晴らしい公園だった。
浜名湖方面におでかけの際は、超お薦めです!!
[PR]
by koh_chang | 2008-09-28 22:57 | 旅行 | Comments(0)

なばなの里

母、姉と3人で1泊2日のお気楽旅行へ。
三重県・長島の「なばなの里」で華やかな花々を愛でる。
c0018489_22455986.jpg

c0018489_22514130.jpgベコニアガーデンにて。


色んな種類・色とりどりの
ベコニアたちが見事。

c0018489_22533298.jpg
コスモス畑

もうすぐ
秋本番。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-27 22:44 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・その5

朝食後、今日もダイビングに行かれるNさんを見送り、石垣の街を少しうろついて午後帰阪。

Nさん、Mさん、本当にお世話になりました。毎日とっても楽しかったです。
またご一緒しましょうね!!

PS:どうでもいいんですけど、石垣にはランチパックは売っていません。
どんな地域限定があるのかと楽しみにしていたんですけど、沖縄県では販売していないって帰ってから知りました。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-23 15:37 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その4

一足早く帰られるMさんに見送られて、石垣港へ。
今日は上から見るとハート型の島、黒島に向かう。
1本目は「テラピー」。癒し系のポイント。
c0018489_022729.jpg
ニセネッタイスズメダイ。

ニセで悪かったな、と
言うてはりまっせ。

ニセ、とつく魚やエビは沢山いるけど
ニセ、って
失礼ちゃいます?


c0018489_0102527.jpg
イソギンチャクエビ

イソギンチャクモエビがいた岩礁の隙間をのぞくと
イソギンチャクエビが。

よく似た名前が多くて
ややこしい。

c0018489_027108.jpg
まーるいサンゴの上で一休みの
ホシゴンベ。

浮き袋のないゴンベは、じっとしていることが多いので、初心者でも写真が撮りやすい。

c0018489_0345189.jpg青く光るボディが美しい
ハナヒゲウツボ。

見たかった魚に逢えました!

ウツボというと地味な魚を思い浮かべるが、このウツボだけはどド派手。
鼻の先には黄色いリボンがゆらゆら揺れてます。

c0018489_046725.jpg
穴の中に隠れていたフタイロカエルウオが出てきたところ。

体の後ろ半分がオレンジ色で、そのオレンジ色がちょこっとだけ見えている。


2本目は「v字」。岩礁の壁をトラバースしていくと、v字型の切れ込みの入った地形がある。
c0018489_14241497.jpg

足下に魚の大群。

何の魚でしょうか。

c0018489_1425272.jpgノコギリダイが群れになって沢山いた。

海の中では、腰のあたりの黄色い模様が
電球をポッとつけたように光って見える。

c0018489_14544087.jpgこれがポイント名の由来となったv字。

このポイントでは、カスミチョウチョウウオの群れがとても綺麗だったのだけれど、写真がイマイチなものばかりで残念。

3本目は「秘密のオアシス」。今回のツアーの最後の1本となる。
c0018489_1458248.jpg
おっと、
コンペイトウミウシさんたちが
お取り込み中でした。
どうぞごゆっくり…

c0018489_1511176.jpg
おっと、
ハリセンボンさんが
お休み中でした。
どうぞごゆっくり…

c0018489_1532326.jpg

ヒトスジギンポ

穴からちょいと外の様子を
覗いています。
くるんくるんの眼がカワイイね。


c0018489_15195036.jpg
「ん?
見かけない顔だな。」

c0018489_15192795.jpg
「あんた誰?
おいらはミナミギンポよ。」

c0018489_1519458.jpg
「こうちゃん、ての。
ま、よろしく。
何、出て来いってか?
いきなりそれは無礼なんじゃねえのか?」

c0018489_15205284.jpg
「ま、遠いとこから来たんだし、
しょーがねーから
ちょっとだけ出てやるよ。
さっさと撮りな。」

表情豊かなミナミギンポくん、
写真撮らせてくれて
どうもありがとう!

楽しかった3日間のダイビングもこれにて終了。
沢山の命をはぐくむ豊かな石垣の海に、深く深く感謝です。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-22 00:00 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その3

今日も朝からいいお天気♪
1本目は「崎枝迷路」。
c0018489_091873.jpg
ポイント名の通り、迷路のように
入り組んだ地形を楽しむ。

藻屑のようなものが岩にいっぱい積もっていて、先行者が進むと舞い上がり、前が見えなくなるほど視界が悪くなる。

迷路を抜けると
透明度もよくて
こんなにきれい。

c0018489_0162065.jpg
Nさんが
サンゴに隠れている
ネッタイミノカサゴを
発見。

長い棘には
毒があるので
さわったらあかんよ。

c0018489_0282869.jpg
イシガキカエルウオ

えへっと
笑っているように
見えません?

2本目は、川平の「マンタスクランブル」へ。
ポイントにつくと、既に沢山の船が停泊中で、その数我等を含めて20艇!ひと船あたり、最低5人のダイバーがいるとして100人、10人だと200人…。
人気スポットとはいえ考えると恐ろしい。
c0018489_0293868.jpg
このポイントはマンタが立ち寄る場所として超有名なところ。

特にマンタがお気に入りというサンゴの根に向かって移動中。

果たしてマンタに会えるかな?

c0018489_0103457.jpg
マンタ登場!

で、でか!!

c0018489_0105336.jpg
サンゴの根の上を
ゆったりと
ゆったりと
はばたく。


c0018489_011884.jpg
何度も周回して
サービス精神
全開やなあ。


c0018489_0144036.jpg
自分の真上も幾度か通りすぎる。

息を呑むど迫力。

優雅に泳ぐんやね。
会えて嬉しいよ。


3本目は「ビッグアーチ」へ。
c0018489_2229433.jpg
大きなアーチ状の洞窟がある。

アーチの中で隙間から空を眺めると、ウミヘビがぷくぷく小さな泡を出しながら海面へと泳いでいった。

さてこのウミヘビ。

ここであったヘビくんは、息継ぎしに行ったと思われるので、爬虫類のウミヘビでコブラの仲間。でも魚類のウミヘビもいて、そちらはウナギの仲間。エラ呼吸なので、息継ぎしにいかなくていいんだって。

イシガキカエルウオ。
c0018489_2232301.jpgc0018489_22443949.jpg穴からぴょこっと出た顔、ケロヨンになってるで。

やっぱり正面から見ると笑ってる。

c0018489_2255957.jpg
ニセアカホシカクレエビ。

小さいし透明だし
自分ではよう見つけられまへんで。


c0018489_22544841.jpg今日も沢山の魚たちに逢えました。

この夜は、「大」という焼肉屋さんで石垣牛を堪能したのだが、街から離れた店でタクシーで行くようなところだったのに、全く同じ時間に職場のIさんも来店していたことが後で判明。
世界は狭い!
[PR]
by koh_chang | 2008-09-21 00:04 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その2

c0018489_0131084.jpg
初日1本目は「サブマリン」へ。

潜水艦の形をした根がある。
ガイドのクロちゃんが船長さんに
なってポーズ。
潜水艦…に見えなくもない(^^;



c0018489_019996.jpg

このポイントは、地形が面白い。
こういったトンネルを幾つか潜る。

洞窟の中では、なぜか上下逆さまでホバリングするアオギハゼなどが見られる。



c0018489_027444.jpg
トンネルに入って、根の隙間から
空を見上げる。

何だか海面にいる魚が鳥に見えてきて、
ここが海の底だと忘れそう。

2本目のポイント…「これから波照間に向かいます!」
「きゃー!!」「うぉー!!」と船上では拍手喝采。
滅多に行けるところではないので、嬉しいな♪
c0018489_23385176.jpg
波照間島は、日本最南端の有人島。
石垣からは船で1時間ほど。
島に近づくと、突然海の色が変わる。
「波照間ブルー」と呼ばれる、
神秘的なブルー。

c0018489_2343336.jpg
2本目のポイントは「アザミ」。

砂地の癒し系ポイントで、
波照間ブルーを堪能しながら
珊瑚の根を回る。

c0018489_23462729.jpg
珊瑚から出た泡のように見えるのは
スカシテンジクダイと
キンメモドキの子供たち。

c0018489_2349693.jpg
恥ずかしがり屋の
カクレクマノミは
イソギンチャクの中で
かくれんぼ。

臆病なので、
イソギンチャクからほとんど離れない。

c0018489_23505314.jpg

青い縁取りと黄色い口紅が
艶やかなサザナミヤッコ。

砂地では、チンアナゴが
たくさんユラユラと揺れていた。

2本目が終わると、少し波があるため波照間港に入り、ランチタイム。
水着やウェットスーツのままでは村内に入れないのだが、
記念にターミナルに足跡だけつけた。

3本目は「イーストキャニオン」。
c0018489_23582045.jpg
ヒメゴンベ。

ゴンベは漢字では権兵衛。
背びれの先っちょについている飾りが権兵衛カットに似ているのが由来だが、このカットは
子連れ狼・大五郎の髪型
なんだそうだ。

c0018489_0302432.jpg
岩陰でイシガキフグが
お休み中。

魚にはまぶたがないので
眠っているかどうか
はっきり分からないのだが
全く無反応だったので爆睡かな?

石垣港への岐路は、台風の影響でうねりがあり、時折激しくバウンドしながらも無事到着。

夕食はお好み焼きの「さくら」へ。石垣常連のNさん&Mさんのお陰で店を探す手間もなし。感謝なのであります。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-20 23:33 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その1

関西に台風13号が接近中。欠航になったらどないしてくれんねん!
一足先に南へ逃避行したNさんの高笑いが聞こえてきそうだ…。
朝の5時から欠航に備えていたが、無事予定通り14時半のフライトで脱出成功!!
台風を飛び越え、石垣島へ。

Nさん、お友達のMさんとは、串焼き「竹茂」で待ち合わせ。無事全員集合して楽しい話と美味しい串焼きに舌鼓。明日からのダイビングが楽しみ♪
[PR]
by koh_chang | 2008-09-19 22:44 | ダイビング | Comments(0)

黒倉又谷・その2

今日は下山だけなので、朝もゆっくり出発。
ここの下山で迷うことも珍しくないようなのだが、踏み跡を辿るとすぐにきえてしまった。明らかにおかしいので元まで戻り、よくよく下山路を探すと、植林小屋跡の対岸、少しだけ下流の木に赤印。そこからもっとしっかりした仕事道を発見。
よかった、と思ったのもつかの間、また踏み跡が消えてしまった。こんな登山道のような道が突然消えるのもおかしい、と辺りをうろうろし、ずっと上の方に再び明瞭な道を発見。そこからは時折赤テープもあり、無事昨日の筏場登山道に合流。
駐車場に着いてほどなく、ざっと大粒の雨が降ってきた。よかった!
慌てて荷物を車に積み、岐路につく。

自宅に入ろうと思った時だ。
手にしている沢靴の中に、何か入っている…?
え、まじ??

握りこぶし大のカエルが鎮座しているではないか!
どうも、既に事切れているようだ…。私の靴の臭いにやられたか!?

いつここに入ったのかは全く分からないが(ヤナッチの悪戯かとも思ったが違うらしい)、
カエルもこんなところで最後を迎えるとは可哀想に。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-15 22:09 | | Comments(0)