こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

南越前

1ヶ月前にオープンしたての南越前へ。初めて潜る日本海の魚たちは、地味系ばかり。

c0018489_23412582.jpgサラサエビ

可愛い奇麗なエビを発見。このサラサエビ、岩の隙間に潜んでいて、北海道以外の日本全国でごく普通に見られるらしい。和名の由来は、体の模様が更紗模様になっているから、だそうな。


c0018489_2352368.jpgタツノオトシゴ

お腹がぷっくり丸く膨れているの、分かります?
タツノオトシゴは、雌が雄の腹部にある育児嚢という袋の中に卵を産みつけ、雄は孵化するまでずっと保護し外敵から守り、稚魚になってから、”出産”する。
お父さんが妊婦さん?なのね。

顔の先っぽに小さな口があって、プランクトンなどを吸い込んで食べる。ちなみに、外見は不思議な形だけど、立派な「魚」。

c0018489_075212.jpgジボガウミウシ

真っ白のシンプルなウミウシ。オランダの海洋調査船ジボガ(Siboga)号が発見したのが名前の由来。Siboga号は当時植民地であったインドネシア東部水域を中心に1889から1900年にかけ調査を行い、膨大な生物標本を採取、その報告書は100年に渡って出版され続けているそうだ。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-24 23:37 | ダイビング | Comments(0)

朽木周遊

c0018489_0464316.jpg朽木の道の駅をベースに朽木60Kmの周遊コース。タイヤをスリックに替え、走行性は更にUP!こんなに楽チンなの?!と思うくらいによく走る。 県道783号は車がほとんど通らない静かな快走路で、蟲師の世界にトリップしたかのごとく。緑は優しく青く、とても爽快。
帰りに、地産の鯖ずしやら山菜やら買って、晩御飯も朽木を満喫。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-18 21:44 | MTB | Comments(4)

日N

ナカガイジムまで初めてMTBで行ってみた。アップダウンもなく、45分位で到着。ちょっとした運動になっていいかも。難点は自転車にライトがついていないこと。仕方ないので帰りはヘッドランプを着けて走ったが、前方が見にくく、暗い場所は結構怖い。
そんな中、一度ゴールデンレトリバーを連れたご夫婦とすれ違った。かわいいなあと思ったが自転車なので一瞬で過ぎていく。暫くすると、またそのワンコがいた。この時は道が狭いので、降りて通り過ぎるのを待つと、そのワンコが、私の横で座り込んでしまった。
か、かわいい~!!!!
久しぶりに撫でたゴールデンの感触。いい子だね、いい子だね、って何度も撫でてあげた。
飼い主のご夫婦が、あらま、私たちよりもなついちゃっているわ!ってびっくりされていた。ずっとこのまま撫でてやりたかったけど、後ろ髪を引かれる思いでお別れする。
…チャーリーに会いたいなあ。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-10 23:28 | クライミング | Comments(0)

新TOEIC

上司命令で受験することになったTOEIC。新形式になってから初めてだったが、ヒアリングはずっと集中しないといけないし、リーディングはまさに時間との勝負。ギリギリなんとか最後までやり遂げた、という感じで、終わった後は放心状態。チカレタビー。ふるっ。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-08 23:23 | 仕事 | Comments(0)

北鎌尾根・その4

c0018489_2349345.jpg今日は上高地へ下山するだけ。たっぷり朝寝を決め込んで、熟睡するも…。
寒い寒いを連発するIさんに安眠を妨害され、さほど寝坊もできず起きる羽目に。Iさん、超軽量化を図ってシュラフも防寒着もペラペラで、毎晩辛い思いをされたそう。

徳沢から本格的に雨が降ってきた。上高地の近くで、お猿さんの集団に遭遇。木に登って必死の形相で芽を食べていた。赤ちゃんがかわゆい。
上高地はGWだけあって、観光客でごったがえしていた。

上高地から松本までタクシーで移動し、車を駐車している信濃大町まで電車で戻る予定。駅に着くと1時間に1本しかない電車の発車時刻まであと数分!下界はすっかり爽やかな春だというのに、汚いカッパ姿に大きな荷物を背負ったまま、猿もびっくりの必死の形相で電車に滑り込んだ。

大糸線は松本と糸魚川を結ぶローカル線。乗り込んですぐに、席に座っていた初老のおじさまが、Iさんに「どうぞ」と声をかけられた。「お疲れでしょう。」 こちら側の若い女の子達も、「どうぞ」と我々に席をゆずって下さる。とんでもない、と遠慮しても、皆さん、どうぞどうぞと立ってしまわれた。旅人に席を譲ってあげようとする、この地の方々の温かく優しい心遣いに、大いに感動してしまった。
…それとも、臭くて我々の側から離れたかったんだろうか(汗)
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-05 23:36 | | Comments(0)

北鎌尾根・その3

c0018489_072946.jpg朝、準備をしていると、北鎌沢右俣からわっさわっさと沢山の人が登ってくる。渡渉を避け、北鎌のコルからスタートする方が、最近は主流になっているのだろうか。

お陰様で、コルから上はしっかりとトレースがつけられ、随分と歩きやすくなった。


c0018489_0144859.jpg
いよいよ独標。

ロープを出し1ピッチ登り、
後はコンテでトレース通り
直登ルートで頂へ。

そこを越えると…


c0018489_0214258.jpg槍ヶ岳!

やっと見えた!!
カッチョイー!!

けどまだ遠い…(涙)

…遠い…
…暑い…
…しんどい…


c0018489_0264664.jpg文字通り
ヘロヘロで
北鎌平を
過ぎる。

目の前に槍が
待っている。

が。

もうあかん…

c0018489_030224.jpg体調絶不調。つきのものの影響もあって、鎮痛剤は服用していたものの、たちくらみがして息苦しくなってきた。こんなところでフラッと来たら、あっと言う間に奈落の底だ。
絶対に無理はできない。幸いにも時間はたっぷりあり、皆さんには申し訳ないけど、しばらくひっくり返り、落ち着くまでゆっくりさせてもらった。情けない…。

小生がのびている側に、雷鳥がやって来た。
こんな所で、逞しく生きているんだね。
私も頑張らなきゃ。
c0018489_0422214.jpg
随分休憩させてもらったお陰で、何とか復活、無事槍の頂上へ。
長かった。遠かった。

Iさん、ヤナッチ、感謝です。
ありがとうございました。

狭い頂上に、夏山並みの人がいて、かなり驚いた。
肩への下りは夏山以上の大渋滞。

明日は天気も崩れる予報、少しでも高度を下げておこうと、槍沢キャンプ場まで尻セードを交えて駆けおりる。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-04 23:05 | | Comments(2)

北鎌尾根・その2

c0018489_0412817.jpgいよいよ北鎌の始まり。
←P2取付から尾根に上がるまでは、
グサグサの雪と木登り。

取付でフリーベンチャーを担いだ3人組にお会いする。今までトレースがなかったのに??と思っていたが、水俣乗越から天上沢を滑って来られたとのこと。さすがスキーの機動力!
P4までアップダウンを繰り返すが、腐った雪に非常に難儀する。お天気は上々で暑いのなんの、ヘロヘロでなかなか進まない。

P5ではロープを出し、天丈沢側を慎重にトラバース。足下から崩れそうで嫌な感じ。

c0018489_0441042.jpgP7までくると、遙か彼方にP9と独標(左)が。
まだまだ遠いね…。
P7からの下りは急峻で、ダブルアックスで下る。

当初の予定では、もう少し歩を進めたかったのだが、この調子ではとても無理。元気なスキー組は更に先を行かれたが、腐り雪にかなり苦労されているようだ。

北鎌のコルが空いていて、正直安堵した。今日はここで終了。
丁寧に整地し、ブロックを積み、快適な夜を過ごす。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-03 23:38 | | Comments(0)

北鎌尾根・その1

GW後半は槍ヶ岳北鎌尾根へ。Iさん、ヤナッチの3人組で5年前にも挑戦したが、大雨の後で水俣川が大増水、渡渉できずに敗退。その年は結局全パーティーが敗退となったそうだ。そして今回のリベンジ戦。七倉のゲートでお話を聞くと、暫く雨はないが、暖かい日が続き雪解け水で結構水かさがある模様。登山者も前日2人組がいただけとのこと…。大丈夫かな…。高瀬ダムの上でタクシーを降り、いざ出発。
c0018489_003414.jpg
過去の記録を見る限り、渡渉が数回あるのは覚悟の上。下半身が濡れてもいいように着替えも持ってきた。

←こんな感じの所を渡ったり、水面ギリギリをへつったり、高巻きしたりの「奇跡の道」が続く。が、とうとう運も尽きたか、という箇所まで来てしまった。渡渉するにも、腰まではつかるだろうし、流れもきつい。
渡渉点がないか、何とかできなかあれやこれやと偵察し、ひょっとすると、という望みを持ち、高巻き決行。その先には、ドロドロで割れ目も出ているが、何とか渡れそうなスノーブリッジの「奇跡の道」が続いていた!

P2の取付にはたっぷり雪が残り、とうとう渡渉なしで尾根までこれたではないか!!!
もう少し水位があったり、雪がなかったら無理だった。ラッキーというしかない。…が、これで完全に運を使い果たしてしまったようだ…。今日はこの取付にテントを張る。
[PR]
by Koh_chang | 2008-05-02 23:56 | | Comments(0)