こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リトル比良でクラック発見?!

c0018489_2318770.jpg久々に歩きたくて一人リトル比良を縦走。
北小松から楊梅(やまもも)滝経由岩阿沙利山、
白坂から近江高島迄のコース。

楊梅の雄滝は40mの迫力。ちょっと回り道でも、十分見る価値アリ。

このコースは、岳人5月号にも載っていたのだけど、ほとんど人にも会わず、静かな縦走路。
初夏の緑が綺麗だ。


c0018489_23193913.jpg

しかし、道のすぐ脇の木が…。こ、これって熊とちゃうん??
ひえ!!!と思わずきょろきょろしてしまう。
熊さん、私は美味しくありません。


岩阿沙利を過ぎ、暫く歩いた縦走路の近く見える岩。何となく様子を見に行くと、サビサビのRCCが。更に回って驚いた。
c0018489_23262732.jpg

綺麗なクラック!高さ6m位。


c0018489_23264348.jpg

横から見ると結構かぶっている。状態がいいので未登だとは思えないが、アプローチを考えると来る人もまれか。


c0018489_23281193.jpg
縦走路の最後の白坂。文字通り砂の白いスロープは不思議な光景。

この日は黄砂が多くて、景色があまり楽しめなかったのがちょっと残念。高島といえば、「蟲師」のロケ地でも使われたところが沢山あり、本当に向こうからギンコが歩いてきそうな感じだった。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-26 23:09 | | Comments(4)

「クイーン」

ダイアナ元妃の突然の事故死。エリザベス女王と女王を取り巻く人々のその後一週間を描く、淡々としているが奥深い映画。どこまで事実なのか疑問が残るものの、孤高の女王にとても好感を抱いた。王であるが故の孤独と高貴さ。国民がそれを望めば、本意でないこともやり遂げる。自分を押さえ、神と国民に尽くす事が女王の務めであるから。
女王は敷地内では悪路を自分で運転し(この様はかなり格好いい)、普通にテレビも観るし、ペンダントも自分で付ける。何となく、そんな事には無縁の存在と考えていたので、普通の人間なんだ、と新鮮だった。
鹿がダイアナ元妃とダブるような設定も興味深い。
あまり書くとネタバレになるのでこの辺で。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-23 23:30 | 雑記 | Comments(0)

昼食会

ヒルトンウエストの桃谷楼で学生時代のクラブ仲間と昼食会。中でもNちゃんとの再会は10年ぶり位かな。2児の母となり今日は赤ちゃん連れ。Kちゃん、Iちゃんのお子ちゃま達と会うのも初めてで、みんなそっくりで可愛いね~。立派な母親になってるなぁ。
わいわい賑やかに美味しい中華を食べた後は、負け組同士Eちゃんとお茶。西成の病院に勤める彼女の話もまた別次元で驚かされる。
それぞれの世界。
みんな懸命に生きてます。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-20 23:49 | Food | Comments(0)

土N

岩場で登っている最中に大雨に遭い、ずぶ濡れになった。
止むまで根気よく待って、回収後、ナカガイジムへ転進。

コンペ課題のナガモノで遊ぶ。面白い。
OCSもナガモノ課題中心だが、「適度な負荷の、長い持久力系でムーブのある」課題が意外と少ない。というか、こういう課題はあるのだが自分にはかなり難しく、持久力トレーニングにならない難易度になってしまう。
ナカガイジムは、まさにこの盲点をついた(私にとってだけか?)課題設定になっており、面白いのだ。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-19 00:26 | クライミング | Comments(0)

ついている?!

c0018489_2343558.jpg職場の自動販売機にて。
タダ茶のボタンをポンと押すと、
カタンと紙コップが落ち、ガラガラと氷が入る。
ガラガラガラガラガラガラ…
止まらんがな!

点検に来たお兄ちゃん。こんな事初めてだって。


初めて、といえば、こんな事もあった。
先日、某Mハンバーガー店で、ベーコンレタスバーガーを頼んだ。
半分ほど食べてから、ベーコンもハンバーグも入ってないのに気付いた。
レタスバーガーやん…

しかも食べてる自分、何ですぐ気付かへんねん…。
そっちの方がびっくりしたわ。
あ、もちろんクレーム言って、新しいのを1つ頂きましたけど(^^;
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-18 23:41 | 雑記 | Comments(2)

タイ料理 ラナハーン

兎我野町のタイ料理「まみ」が無くなってから、あの味を求めて色々タイ料理屋さんにも行ったが、なかなかこれっちゅう店がない。

お姉ちゃんに教えてもらった、滋賀のラナハーン

おいすぃ~♪
辛さも何段階か選べ、我々はもちろん「現地の辛さでお願いします」。
でも、まみの方が強烈やったな~。

ちょいと遠いのが悲しい。
瀬田と守山にあるので、シガリヤンは行くべし!
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-12 00:03 | Food | Comments(0)

GW九州ツアー  大分観光編3

最終日も雨。安心院高原のアフリカンサファリパークへ。自家用車のまま回れ、間近にライオンや象など見れて迫力あり。GWで車が数珠繋ぎ、排ガス臭いやろなと動物たちが気の毒だけど。
c0018489_23263764.jpg最後に竹瓦温泉で砂湯に入る。
歴史あるこの温泉は別府でもシンボル的な浴場で、造りも豪華な木造建築だ。
浴衣羽尾って砂地に寝転ぶと
おばちゃんが砂を被せてくれて、頭だけ出てる状態に。
お、重い…かなり重い。
金縛りみたいに体が動かない。
温かい砂でじんわりと暑くなってくる。


重みが指圧効果になるらしく、かなり気持ちいい。
15分位でオシマイ。後に入るフツーの温泉も、またヨシ。

2等しか予約できなかったフェリーで帰途につく。
ピークの山小屋並の狭さ、鼾のうるさいオッサン、うむむ、眠れない…

翌朝、神戸港着。また、雨だ。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-05 23:21 | クライミング | Comments(0)

GW九州ツアー  宮崎 比叡山→大分 本匠編

またもや午後には雨の予報。ナンデダ。午前中だけでも登れないかと、H井さんお勧めの比叡山三峰「天空への階段」へ。
●天空への階段 1P目 11-
スラブからスタート。イレブンはないよとH井さん。H井さんの大丈夫、は本当は大丈夫じゃないということがよくよく分かったので、言葉半分に聞いてとにかくトライ。いやはや、ランナウトしないのがまだ救い。上部でもう雨が降ってきて、スラブやのに勘弁して(涙)と必死のOS。止む見込みもないのでロワーダウン…。嗚呼、宮崎のクライミングが終わってしまった。

クライミングできるのは今日までなので、宮崎を後にし、雨でも登れる本匠へ転進。魚道エリアを案内して頂いた。雨は結構降っているが、壁の辺りは大丈夫。
c0018489_23512013.jpg
●元気の出るカンテ 11a
登れないと元気出ませんよね…。OSで元気出ました。

●波瀾番匠 11b
いかにも石灰岩!っていうルートで面白かった。OS。

H井さんには、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
関西にも是非是非遊びに来て下さい。

この後、最後の夜にふさわしく、延岡のとんちゃんまでまた地鶏を食べに行く。地元の人でごったがえし、店中てんやわんや。大を注文して、死ぬほど食べる。九州来てよかった。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-04 23:28 | クライミング | Comments(2)

GW九州ツアー  宮崎 比叡山三峰北壁編

矢筈はまだ染みだしで登れない可能性高く、比叡山に変更。H井さんがフリー化整備をされたばかりの三峰北壁に案内して下さった。水場近くのトンネルの上にあたる北壁は、左上するクラックが続いている。5ピッチのマルチで残置支点はなく、ボルトは終了点のみ。どのピッチもかなりワイルドで、自分にはとても難しく感じた。いわゆる本チャンルートの緊張感で押し潰されそうになる。
H井さんが鹿川通信に発表されるそうなので、あまり詳しくは書かないでおこう。だが、是非全国誌にも発表して欲しい。再び甦った名ルートが、このまま埋もれてしまうことのないように。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-03 23:10 | クライミング | Comments(0)

GW九州ツアー  宮崎 矢筈岳見学編

朝からどんよりと嫌な空。今日は降水確率0%というのに、ぽつぽつ降ってきた。ナンデダ。
とりあえず、せっかく宮崎まで来たのだし、と、ダメ元でも矢筈に向かう。車で林道を下り、網の瀬川を岩伝いに渡り、2級課題のある大きなボルダー岩から水平道へあがる。暫く歩き、トンネルを抜けた辺りから踏み跡へ。
c0018489_22531733.jpg
途中、展望台に案内して下さったのだが、トンデモナク恐ろしい所で、びびってしまう。
まだ取り付きにも着いていないが、既にかなりの高度感。
真下はどうもすっぱり切れ落ちている様子。とても覗けるような場所でない。
ここ、まさか雪庇状態じゃないでしょうね…?!



c0018489_22543896.jpg展望台から矢筈のクラックも確認出来るが、見るからに難しそう。

程なく岩場基部へ。エリアで一番面白いという噂のチムニートラバースのある異色ルート「もぐらタタキ」。
水が滴り落ちていてるが、H井さんに騙され(?)ヤナッチが取り付く。ビレイヤーも水滴がかかって顔があげられない程で、ホンマに大丈夫?!行けば行くほどクラックの中がびしょぬれらしく、断念してクライムダウン。乾いていそうなのはルーフクラック位だが、行ける訳ないので、見学ツアーだけして帰る。

店じまいにはちょっと早いので、比叡山三峰道路脇のウォータークラックに取り付く。後輩がグランドして頭蓋骨骨折して血だらけになったルートですけど、出だし核心で、後は簡単です。10aくらいかな…とH井さん。ち、血だらけですか…大丈夫かな…。結局、またもやH井さんに騙される^^; 出だしもムズイし、クラック入ってからもフレアして難しいのですけど? でもその後、H井さんもハマってくれた。優しい人です^^;; あれま、トポには10cって書いてますよ~
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-02 22:45 | クライミング | Comments(0)