こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スペイン料理

インドネシアに赴任されているS先輩を囲む会に参加。ダイビルのスペイン料理やさん。お料理はどれもガーリックたっぷりかつ素材の旨さが凝縮。赤ワインがとても美味しくて、いい感じにほろ酔い気分。デザートのロールケーキが、これまたロールケーキの概念を打ち砕く。ロールといってもくるくるまくのでなく、たっぷりクリームをくるんと一重のみーこのクリームはあっさりとしており、ブランデーを染み込ませたスポンジと絶妙なハーモニーをかもし出しているのだった。お酒がかなりきつく、たまらない逸品であった。
S先輩がおられるのはバリに近いスマトラ。田舎でいい所らしい。いいなぁ。小生は赴任するならタイはプラナンもあるしいいかなぁ。いや、スイスに新しくできた会社ならヨーロッパアルプスか!と、仕事のことは全く考慮してないのであった。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-29 23:22 | Food | Comments(0)

名張・第一岩壁

金曜がかなり遅くなってしまい、土曜は休養、日曜の名張に絞る。こんな時期果たして登れるのか?!
台風の影響で川が増水、勢いはそれほどないが、どう考えてもパンツまで濡れる水位。ヨセミテ前の最後の練習になるので、濡れてもいーわと突破。季節柄着干しでいいや。
直登をヤナッチリード&小生フォローでテラスへ。その上のゴールドフィンガーを二人ともリード、右隣のサブマリンをともにリードして一旦懸垂で地上へ。サキサカを小生リード、ヤナッチフォローでテラスへ。ヤナッチがブルーを根性でOSした後、自分はおじょうずをリードして懸垂で降りて終り。これでもたった5Pか…。まあ一回もテンション入れずにすんだが…。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-28 22:08 | クライミング | Comments(0)

木P

あれ?どこかで見た顔…とお互い思ったようでびっくり。フロアに常駐されているコンサルのお二人だった。初めて来られたそう。どれくらい登ってはるの?…もう10年近くですね…えー、学生時代からですか?いえ、社会人なってから始めました…やば、歳ばれるやん。
時間もあまりないので、久々にボルダー。まりさんに中級課題を教えてもらったりして遊ぶ。がバホールドの持ちすぎで、パンプする前に指が痛い。
台風だというのに東京出張のヤナッチは、6時間かけてよれよれと深夜帰宅。お疲れ様でした。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-25 22:56 | クライミング | Comments(0)

日P

天気も悪いし、パンプへ。最初3本、そのあと2本ずつ交代で11dまで登る。計11本で閉店時間に。木Pでは4本位しか登れないから、こんだけ登ったらホンマ疲れるわ。ジムで疲れているようじゃ、本チャンのクラック11Pも登れるんやろか…。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-21 22:59 | クライミング | Comments(0)

ハードコンタクト

まだ終わってなかったコンタクト騒動。ワンデイタイプのソフトを購入したものの、乱視が矯正されず、夜になると物が二重に見えてくる。装着感はバッチリなんだが、快適とは言えず、やはりハードが欲しくて、最初に買ったお店に行った。
今までのレンズは、試しに装着したが2時間したら目が曇り、やはり角膜に傷がつくよう。交換してもらえるといいけど。

事情を話すと、両眼とも新しいレンズにしてくれた。半年間は何度でも交換可能だそう。
ちょっとごろつき感があるのだけど、やっぱり視界がクリアでモノがちゃんと見える~と当たり前のことが嬉しかった。

自社製コンタクトなので、文句いいにくかったけど、その後今のところは快適。しかし、ワンデイ主流のこのご時世。クラレもこの前撤退したし、果たしてウチはいつまで続けるんでしょう。乱視人間としては、ハードもガンバってもらいたいんですが…。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-19 22:03 | 雑記 | Comments(0)

また来ます

夜中から激しい雨。
朝、5時半に起床するも、また雨が降ってきた。
結局、9時になっても降ったり止んだりで、すっかり登る気がなくなってしまった。

せっかくここまで来たので、せめて次回のために取り付き偵察に。
ロクスノの記述も読むだけでは??だったが、踏み跡は明瞭だった。

はじめて見上げるトイチ面はかっちょいくて登りたい!でもこんなん登れるんか?!…今日じゃなくてよかったかも?!双眼鏡でもルートをじっくり眺め、ますますクライミング意欲が高まる。

末端壁から更に登り、ベルジュエールの取り付きまで行った。こちらはルートの全容は全く分からず。1P目のペツルだけ見える。

雨はすっかりあがり、思ったより壁の乾きがよくてどうも登れそうな感じだけど、後の祭り。
今は「登りたい」というモチベーションを大切に持って帰ろう。
また来るで!

帰りは須玉ICから。至る所でひどい雷雨にあい、ホンマ前の見えないような運転はランナウトのようにコワイのであった。
尼に23時到着、こちらはまだまだ蒸し暑かった。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-16 23:52 | クライミング | Comments(0)

今日もまた雨がぱらつく

朝からアレになり、イマイチの気分。
まだお腹が痛いわけではないが、嫌な予感。
ハードなことはしたくないので、面白いという噂の三峰南陵レモンルートへ。

二峰経由で行ったが、ソラマメの方からのアプローチの方が分かりやすい。
ゆっくりしか歩けず。空も何か曇っているし。

1P 梁
ガタガタとした凹角を登る。
2P 河
トラバースがしぶい。フレークにキャメを決めたかったけど、サイズがあわず。
ボルトにクリップしてほっとしたが、そこからの出だしが悪かった。
3P 梁
クラックのバリエーションへ。5.8かよ?!後半は嫌なサイズのワイド。ジャムを決めたいので手を奥に突っ込みたいのに、ヘルメットが邪魔してそれができん。かなり奮闘系。
遠くで雷も聞こえるし、雨はぱらつくし、勘弁してくれ~。
お腹もやばくて、薬のむ。
4P 河
ちょっと登ったらあとは歩き。
ここで次の取りつき&懸垂下山地点に到着。
天気も悪いし、体調もイマイチなので、ここから降りさせてもらう。2Pの懸垂で取りつきに戻れる。

下山してテント撤収し、金峰山荘で久々にお風呂。んー風呂はいいねえ。

明日の天気もどうなることやら、とりあえずはミズガキへ移動。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-15 23:32 | クライミング | Comments(0)

やっと昼間は晴れました

妹岩へ。

●ジャックと豆の木 5.10b/c
意を決して取り付くも、出だしのワイドで返り打ち、その後もテンションの嵐で終了点へ。うーん、しょぼすぎ…。

●パピオン 2P目 5.10a
ジャク豆フォローのヤナッチから取り付く。自分もフォローした後、リードトライ。ジャムがよく決まり、RP。見た目も綺麗で面白いし、かなりオススメルート。

●龍の子太郎 5.9
ちょいちょい、これ5.9っすか。おちこみまっせ。
ほんま核心だけのグレードなんでしょう。悪いレイバックからクラックに足をもどすも…。二回激落ちして、二回目は太股を思いっきり岩にぶつけた。いてーっ!すっかりやる気なし。ジャク豆をするする登ってたおばちゃんが、こっちの方が嫌かも~と言い残して帰られた訳が分かったわ…。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-14 23:25 | クライミング | Comments(0)

今日も雨がぱらつく

今日も雲の多い怪しい天気。ハコヤ岩へ
●冬のいざない 3P
1P 5.9 河
登ろうと思うと雨がぱらつく。出だしとクラックの中が濡れていた。スタンスが多く、フェース的。OS。
2P 5.10c 梁
綺麗なクラック。トポの★はこのピッチにつけられている。核心は座り込めるスタンスから左のクラックに移るところ。OS。
3P 5.10a 河
最初にパワーがいった。上部は脆そう。OS。
終了点からは右側に歩いて戻れる。

怪しい空の下、少し戻ってバードウォッチングエリアへ。また雨が降ったり止んだり。
●キビタキ 5.10c
ヤナッチびびりながらもOS。さっきの10cと違い、レストが全然出きないし、体勢悪し。フォローでやらせてもらったが、細いし特に上部が悪いLB体勢になるし、よくこんなとこでプロテクション入れたなーと。
隣に5.8ながら自分の苦手サイズの続きそうなルートがあるが、天気もぱっとしないし、本日はこれで終り。

夜はまた雨になった。
K中先生のお言葉にむちゃくちゃ甘えて、スクールの夕食会にお邪魔して大いにご馳走になった。先生はクライミングも料理もウマイのだった!楽しいひとときをありがとうございます!!
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-13 23:20 | クライミング | Comments(0)

小川山は今日も~雨~だあったああ♪

途中のSAで沈殿し、午前中に小川山到着。天気予報が悪いせいか、まだ駐車場はガラカラ。テントサイトを確保してから岩場へ向かうも、雨のため全く登れず帰るはめに。
せっかくなので、岩根山荘のジムに行ってみた。リード壁もある。雨なのにお客はゼロ、二時間ほど遊ばせてもらった。ボルダーではエイハブ船長一撃の名誉をかけ、ヤナッチは1級意地でゲット、小生は4級どまり…。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-12 23:18 | クライミング | Comments(0)