こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 166 )

比良・打見山~蓬莱山

7/21

Nジム高槻仲間5人で比良山系へハイキング。
JR志賀駅を出発し、樹林帯のジグザグ坂道をひたすら登る。普段おしゃべりの我々も、どんどん無口に・・・。
時折出会う花たちに、ちょっぴり元気をもらう。シモツケソウのふんわりしたピンクは、とても可愛い。
c0018489_16223771.jpg

ようやく打見山へ到着。下界の酷暑が嘘のように風が心地よくて涼しい☆
スキー場を歩く。例にもれず、鹿のフンがいっぱい。どこもかしこも鹿の食害には頭を悩ませているようだ。
c0018489_16185748.jpg

蓬莱山から小女郎池へ。
c0018489_1622980.jpg

下山はJR蓬莱駅へ。途中からアスファルトの車道になるのだが、硬い道に出た途端に膝が悲鳴をあげた。痛いよう(泣) 道の硬さがこれほど膝の負担になるとは、と改めて思い知らされた。
更に翌日。ひどい筋肉痛で運動不足を改めて痛感したのであった・・・。

真夏の低山ハイキングは、アプローチが地獄ですね。1日よく頑張りました。ありがとうございました!
[PR]
by Koh_Chang | 2016-07-22 23:10 | | Comments(0)

妙高・火打山

10/3-4

三連休で考えていた紅葉山行、見頃をチェックするともうピークを迎えている模様。慌てて準備して出発。

大阪から新潟・妙高はやはり遠い。登山口の駐車場に着いたのが朝の5時・・・。
少しだけ仮眠して、秋の深まった笹ヶ峰を出発。暫くは木道歩き。
c0018489_15351480.jpg


c0018489_15374378.jpg

ブナの木を見上げると
陽を浴びた木の葉が
黄金色に輝いて見えた。

c0018489_15384917.jpg

少しずつ深まっていく
秋模様。


富士見平を過ぎると、爽やかな青空が広がる。気持ちいい♪
c0018489_1540974.jpg


白馬三山から槍穂連峰、更に南アルプス、富士山まで見えた♪
c0018489_15425444.jpg


高谷池キャンプ場にテントを張って、火打山に向かう。
10時半の時点で、何とかましな場所にテントを張ることができた。やはり紅葉時期は混雑するなあ・・・
c0018489_15452244.jpg


高谷池の池塘に青空が映ってとても綺麗。
c0018489_15473481.jpg


木道を歩く。火打山が少しずつ大きくなっていく。
c0018489_1549470.jpg


手前から火打山・影火打・焼山の三兄弟。
c0018489_15501954.jpg


天狗ノ庭。岩が点在して紅葉もとても綺麗だった。
c0018489_1551893.jpg


火打は残雪期にしか来たことなかったが、雪の下にこんな素敵な景色があったのね☆
c0018489_15523115.jpg


火打山への頂上に向かって階段をひーひー登る。振り返る景色に励まされながら。
c0018489_15534569.jpg


c0018489_15545189.jpg

頂上はかなり風がきつかった。

青空が嬉しい☆


頂上から影火打、焼山方面を見る。
c0018489_15572252.jpg


妙高山、三田原山方面。
c0018489_15585181.jpg


んまあ、えらいボロ壁がありまっせ。雷菱というところ。
c0018489_15594750.jpg


再び天狗ノ庭にて、登った火打山を振り返る。
c0018489_229061.jpg


高谷池に帰ってきたら、テント場は通るのがやっとくらいの乱立状態。。。狭いので仕方なし。
c0018489_22101064.jpg


夜中に雨が降った。朝には止んだが、一面ガスの中。
今日は下山だけなので、のんびりと出発。紅葉を愛でながら歩く。
c0018489_22122633.jpg


富士見平で休憩中、森林パトロールの方に火打山のしおりを頂いた。
火打山には30回以上登っているけれど、この富士見平から富士山が見えたことは一度もないそう。
そもそも、樹木でうっそうとしているとしているので、眺望ないですやん。。。
c0018489_22142248.jpg


黒沢周辺の紅葉は、まだこれから進みそう。
c0018489_2218462.jpg


下山後、登山口近くの明星荘で山菜蕎麦を頂き、杉野沢の苗名の湯でさっぱり汗を流す。

今年も美しき山の紅葉を愛でることができたことに、感謝。
ついこの前まで暑い暑いって言っていたのに、もう季節は巡っていくのですね。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-10-05 18:49 | | Comments(0)

滋賀・音羽山

9/20

事情があって、SWは遠出できず実家へ帰る。久しぶりに、裏山まで散歩に行った。
c0018489_19121413.jpg
東海自然歩道のコースにもなっている
音羽山。

頂上では大きな虫網を抱えた
おっちゃんが何人かいて
微笑ましかった。
何捕っているんだろうね。

MTBで走り去ったグループもいた。
いいコースがあるのかな。
一度調べてみよう。

c0018489_19161239.jpg
頂上から滋賀県側を見る。
おー、琵琶湖☆
マザーレイク☆

山の上から琵琶湖を見ると興奮するのは
滋賀県民あるある、やと思っているのだが。

私だけ?

c0018489_19193216.jpg
京都府側を見る。

京都タワーもくっきり見えた。

低山でも暑すぎず登れる季節に
なってきた。

秋晴れのもとで、
またどこか登りに行きたいな。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-09-20 22:49 | | Comments(2)

原始ヶ原

8/14 曇り時々晴れ

山と高原地図「大雪山」の十勝岳の南に、「原始ヶ原」という場所があり、「このコースは殆ど登山者がいないので原始の静かな湿原を楽しめる」って記載されている。途中から難路を示す赤破線マークとなっており、終点は沼がある模様。

どんな所か行ってみようかとググったところ、どうも長靴がないと歩けないようだ。慌ててスーパーで長靴を調達し、散策へ。

道中の白樺林が爽やか。
c0018489_17561178.jpg


沢の水はとてつもなく冷たい。沢を渡った辺りから、ぬかるみが激しくなってきて、長靴に履き替える。
c0018489_1756438.jpg


湿原が出てきたよ。
c0018489_17574510.jpg


c0018489_1759142.jpg

手作りの鐘があったので
ゴーンゴーンと鳴らしてみた。

熊よけになるね。


c0018489_1801035.jpg

あれま

誰ですか、
うちの炊飯器のお釜を
鐘にしてしまったのは。


池塘は思ったより少ない。
c0018489_1822936.jpg

とにかく広い湿原で、すべて地面はぬかるみの中。木道は一切なく、まさに原始のまま。
c0018489_1825296.jpg

湿原の代表的な植物のひとつ、モウセンゴケ。
c0018489_1855079.jpg

c0018489_18281796.jpg
ウメバチソウも
辛うじて残っていた。

c0018489_1863375.jpgまるで田んぼのような
長靴が潜るくらいのぬかるみが続く。

モウセンゴケやらなんやら、
踏みまくってしまった。避けて歩けない。

我々以外、人の気配はない。
いつクマに出合ってもおかしくない雰囲気。

原始の姿を残すためにも、
あまり人は入らない方がいいよね・・・


c0018489_18155251.jpgコース終点の五反沼を
目指すつもりで来たのだが、
湿原と湿原を結ぶ森の中の笹薮が
全て背丈を越える高さで、
しかも踏み跡がほとんどない。

半端ない藪漕ぎで
本当に大変だった。
GPSがあって良かった・・・

藪漕ぎ、湿原、藪漕ぎ、湿原を何度も繰り返す。
正直、いい加減懲りてしまった。
残念ながら同じような景色だし、途中で引き返すことにした。
c0018489_1820369.jpg

北海道には、人を寄せ付けない原始の森が、まだ沢山眠っているでしょうね。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-08-14 15:04 | | Comments(0)

十勝岳

8/13 晴れのち曇り

当初計画していた沢登りは、行けるチャンスを窺っていたが、連日の降雨を考慮し中止した。
せっかくなので、百名山でもある十勝岳へハイキング。

12日夜は、ペルセウス座流星群が思いのほか沢山見られて、幸せな気分になれた。
一瞬で消え去る流れ星に託す思いはもちろん世界平和。唱える前に消えてしまうので、きっと実現できないんでしょう。嗚呼。。。。。

登山口の望岳台。噴煙あがる十勝岳を望む。
c0018489_13305252.jpg


花の種類は少なくて、このエゾオヤマノリンドウが一番多かった。
c0018489_1332313.jpg


標高があがるにつれて、植物も生えない荒涼とした景色になっていく。
c0018489_13435589.jpg


火星っぽくない?行ったことないけどー。
雲の合間からトムラウシが見えた。
c0018489_13451380.jpg


もうすぐ山頂。頂上についたらガスの中になってしまった。
c0018489_13495130.jpg


c0018489_13504910.jpg

下山途中に
白いリンドウ発見。

シラタマノキ
c0018489_13525945.jpg


花じゃなくて・・・これクマの糞ですよね。行きは気づかなかった。まだ新しいし・・・
c0018489_13565623.jpg

思わず
鈴をジャラジャラ鳴らす。

張本人に
出合うのは
遠慮しときます・・・
[PR]
by Koh_Chang | 2015-08-13 23:40 | | Comments(0)

モンベルの福袋

モンベルクラブのメルマガに、抽選販売の福袋の案内があってぽちっておいたら、当選していた。
というか、落選する人なんかいるんだろうか?
当たったからには購入しんとあかんわな^^; 買ったのは女性用S・1万円福袋。
c0018489_1142531.jpg

届きましたよ。

何が入っているんでしょうか。

そもそも福袋なんぞ、期待したらアカン。
1万円も出すなら、本当に欲しい1万円のもん買う方がええんとちゃう?

って思っているのに、
なんなん?このワクワク感w

c0018489_11431462.jpg

じゃん!

うあああああ
ダウンジャケット入ってる。

今季某バーゲンで買ったから
要らんねんけどなあ・・・

税込で25,000円分ほどの商品。
・ライトアルパインダウンジャケット ¥14,600-
・シャミース フリースジャケット ¥4,600‐
・ジオライン 長袖Tシャツ ¥3,500-
・ネックゲート ¥1,800-  まずまずといったところ。

ダウンはユニクロのよりずっといい。色は私好みではないけど。
後日、サイズがぴったり合った姉がもらってくれました。

やっぱり福袋って難しい。次回はもうぽちりませんよ^^;
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-03 23:43 | | Comments(0)

槍ヶ岳撤退

8/4-6

ジム仲間のKさん、Hちゃん、Bちゃんと新穂高~槍~双六の縦走に出発したのだが。。。

早朝高槻を出発し、初日は槍平まで。テン場がヘリポートになっていたため、臨時でテラスにテントを張る。1日小雨が降ったりやんだりしたものの、夕食時にはKさんが作って下さった美味しい食事を外で頂くことができた。
c0018489_0134935.jpg


2日目。小雨の中、とりあえず槍に向けて出発。
c0018489_018948.jpg


風雨の中、眺望もなしの登山は苦行そのもの。
c0018489_0203530.jpg


なんとか飛騨乗越まであがったが、稜線に出た途端、暴風で飛ばされそう!
ボロがっぱのBちゃんは身体も靴の中もびちょびちょで、このまま風の強い稜線歩くのは危険だし、どうせ槍の穂先へ登るのも無理だし、明日以降も雨予報だし、残念だけど今回はここまで!
c0018489_0212513.jpg


無理は禁物。山は逃げない。景色を楽しめるお天気のいい時に、また来ようね。
c0018489_0261617.jpg


再び槍平。到着時にはまた半端なく雨が降ってきたので、小屋泊に。
食事を担当して下さったKさん、ザックの中からこんな嬉しいおやつまで出てきた!
めちゃめちゃ重いのに、本当にありがとうございます~
c0018489_0303591.jpg

そういえば、自分のテントの中から、
岩手で買った肉味噌の瓶がゴロっと出てきてた。
買ってそこに入れてたこと、
すっかり忘れてたし。。。
c0018489_0324655.jpg

山で食べるあんみつ、
感激の美味しさ☆

翌朝も雨。。。3日間とも雨予報だったら、絶対入山しなかったのに。この3日間、一度たりとも山の景色っちゅうもんを見なかったぞよ。
まあこんな時もあるさね~また来るさ~
c0018489_0413999.jpg

槍平から白出沢先の林道まで、こんな沢を横断したり、小さな橋を渡ったりする。
大雨の後、ここは激流になる。翌週、このコースで下山途中に遭難死亡事故があった。
槍平小屋でのアドバイスは素直に従い、絶対に無理しては駄目。
c0018489_0444459.jpg
下山後は温泉でまったり。お疲れ様でした☆

今回、膝の負担を少しでも減らすため、初めてダブルストックで歩いてみた。思いのほか歩きやすく、これから山歩きの時は、Wで行こう。もっと早く気付けばよかった^^;
[PR]
by Koh_Chang | 2014-09-28 00:49 | | Comments(0)

秋田駒ヶ岳

7/2

膝が少々不便でも夏山気分を満喫できそうな所・・・チングルマが見頃の秋田駒へGO!

梅雨の合間のお天気♪ 八合目までバスでアプローチできるのも、ノロノロハイカーにはありがたい。
阿弥陀池の周りを木道が囲み、気持ちの良い高原になっている。
c0018489_1337387.jpg


秋田駒は標高1600mほどの山ながら、高山植物の宝庫。
白いハクサンコザクラ?!と思いきや、東北では当たり前のヒメザクラ。青空に白が映える。
c0018489_13462560.jpg


エゾツツジ これも東北以北で見られる花。えらい低いところにポソッと咲く変わったツツジ。
c0018489_1433745.jpg

おおお、白いハクサンチドリなんて初めて見た。手前は通常の色。
c0018489_1455425.jpg

ミヤマダイコンソウの花の近くにカタツムリ
c0018489_13505469.jpg

男岳頂上。秋田駒ヶ岳はこの男岳と女岳、男女岳の総称。
c0018489_1482088.jpg

右の柔らかい稜線の山が女岳。その下の谷が通称「ムーミン谷」。
c0018489_14102279.jpg

シラネオアイ 
c0018489_1412679.jpg

谷底で咲き誇るチングルマ
c0018489_14134440.jpg

c0018489_14153339.jpg

大焼砂の稜線にあがると、大好きなコマクサに出合う 
c0018489_1419885.jpg

コマクサはまだ蕾の個体が多かった。こんなガレた地に健気に咲く貴女がたまらなく好きなの
c0018489_14251972.jpg

タカネスミレも群生をつくっている
c0018489_14282026.jpg

c0018489_14303377.jpg

横岳から阿弥陀池に戻って男女岳へ。
c0018489_14343686.jpg

男女岳頂上。
c0018489_14342663.jpg

なんで頂上に着いたら
ガスで何にも見えへんねん・・・

だだっ広い焼森山頂。
c0018489_15275351.jpg

遠くに乳頭山を望む。
c0018489_1528435.jpg

お花いっぱいのんびりハイクを満喫した1日☆ この山域、山がたおやかで優しいね。
クマちゃんもたくさん遊んでいるんだろうな。 
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-20 14:20 | | Comments(0)

尾瀬のお花

6/11-12

夏がくーればおもいだすー♪ 遥かな尾瀬 遠い空
ミズバショウの花が咲いている 夢見て咲いている水のほとりー♪

そうだ、尾瀬へミズバショウを見に行こう。

尾瀬というと、関西からは非常にアクセスが悪い地域だ。車だと一人で行くには遠すぎる。かといって、電車だと東京経由になってしまう。
調べてみたら、群馬への夜行バスがあるではないか。早朝新前橋駅に到着し、始発のJRを待ち沼田駅へ。
そこからバスで鳩待峠へ。9時過ぎには出発できるので、これ使えますね。

でも夜行バスなんて学生時代のスキーバス以来。3列独立シートとはいえ、おばちゃんにはちょっとつらかった。

梅雨時期でぱっとしないお天気。平日ながらさすがにシーズンとあって、鳩待峠は団体客がいっぱい。
まあ仕方ないけど。
尾瀬ヶ原からは新緑がとっても綺麗。
c0018489_16581032.jpg


燧ケ岳
c0018489_1703562.jpg


ポンポン ワタスゲが ポンポン
c0018489_1733889.jpg


リュウキンカ
c0018489_1741081.jpg


木道の足元にもミズバショウ
c0018489_1791080.jpg


尾瀬ヶ原のミズバショウは終わりかけだったけど、
雪の残る白砂乗越を過ぎると、まだ元気なミズバショウがここそこに。
c0018489_1795738.jpg


大江湿原が一番見頃で綺麗だった。
こっちまで来る人少ないけど、標高高い分見頃が遅いので、ここまで来ないともったいないよ~
c0018489_1713812.jpg


雨もしっかり降っているので、尾瀬沼ヒュッテ泊。畳の縁がおされ~
湯船につかれて気持ちよかった~
c0018489_17162815.jpg

タテヤマリンドウもいっぱい咲いていた。ちっちゃくて可憐。私みたいね、おほほほほ
c0018489_1718913.jpg


ヒメシャクナゲ この子もちっちゃいよ
c0018489_17213912.jpg


ポンポン いっぱい
c0018489_17234841.jpg


至仏山。樹の間に恐竜の雪形が。
c0018489_17243421.jpg


ミヤマエンレイソウ
c0018489_17262895.jpg

クルマバツクバネソウ
c0018489_1726472.jpg

シラネアオイ
c0018489_17281725.jpg

サンカヨウ  雨露に濡れている時の方が綺麗に見えると思うのは私だけ?
c0018489_17324185.jpg


帰路は三条ノ滝方面へ抜けたいところだけど、帰るのがとても面倒になるので、また鳩待峠へ戻る。

戸倉からのバスは、登山客は私だけ。ほどなく尾瀬高校の学生さん達が乗り込んできて、1時間以上バスに揺られて帰っていった。この高校、豊かな自然に囲まれて、買い食いするところもなさそう(笑) 自然環境科もあるユニークな学校らしい。今ならそんな高校いいなあって思うけど、自分も高校生の時はちょっぴり都会にあこがれた。今は絶対田舎がいい!
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-19 17:25 | | Comments(0)

武奈ヶ岳のお花

やっと写真の整理を始めまして(大汗) 3か月分たまってるんですが、ボチボチupします~

5/29

坊村から入山して武奈ヶ岳へ。コヤマノ岳を経て青ガレからイン谷口に下山。琵琶湖側のバスは平日運休のため、歩いて比良駅に向かうも、アスファルト道は暑かった。。。真夏は地獄やろうね。
c0018489_1412428.jpg

レンゲツツジ


c0018489_14145427.jpg

ユニークな形です

ヒメハギ

c0018489_151999.jpg

ベニドウダンが
咲き始めていました

c0018489_1429815.jpg

イワハゼ

ぼんぼりが
かわゆい

c0018489_1431451.jpg

武奈ヶ岳頂上

頂上から
眺望があるというのは
本当に嬉しいことです

やっぱり山は
いいお天気でないと

c0018489_14335215.jpg

コヤマノ岳からシャクナゲの尾根を下ったけれど
案の定シャクナゲは
完全に終わっていました

全部咲いていたら
この道、スゴイことになるで

来年はもっと早く来なきゃ


咲き遅れたノンビリやさん

c0018489_1452792.jpg

金糞峠の
たわわな
サラサドウダン

1年おきに
花を咲かすので
来年は裏作かな

c0018489_1585315.jpg

タニウツギは
この時期
里山でよく見られますね

c0018489_14531528.jpg

これ
何の樹かな?

イン谷口の辺りです


来年こそシャクナゲ見に行くどー(毎年盛りを過ぎてから思い出すんよね。。。)
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-19 15:14 | | Comments(0)