こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 159 )

大台ヶ原 堂倉谷本谷遡行

7/15-16で以前より行きたかった堂倉谷を遡行した。
大杉谷周辺の入山禁止はまだ続いているが、堂倉谷出合までは全く問題なかった。初日はアザミ谷出合まで誰にも会わず。

沢の夜はいい。焚き火がまたいい。「この谷の魚は絶滅した」そうで骨酒はないが、ほろ酔い気分で炎をみていると、日々の喧騒と時間に追われる毎日を暫し忘れることができる。

翌日の奥七ツ釜にて。
c0018489_030086.jpg
[PR]
by Koh_chang | 2006-07-16 00:16 | | Comments(0)

取立山

山岳会のTさん復帰お祝いを兼ねて総勢6名で福井の取立山へ。頂上までコースタイムで1.5時間という楽チンコースのはずだけど、低山はもう暑くてひと汗もふた汗もかく。楽しみの1つであった水ばしょうの花は、残念ながらもう終わっていて葉が巨大化し、湿原が畑のようになっていた。取立山の頂上からは白山が見える。まだまだ残雪が多い。雲行きがあやしくぽつぽつし始めたが、何とか駐車場までもってくれた。
温泉入って、アルコールなしの宴会(車だしね)。ぷっは~!!とできないところが残念だったが、またそれは山でやりましょう!
[PR]
by Koh_chang | 2006-06-18 20:54 | | Comments(0)

山の恵み

10~11日にかけ、岐阜・奥美濃の某所へ、沢屋のEさんとN博士という大先生らと山菜&岩魚山行に。沢を歩いては博士たちが山菜を摘み、岩魚を捕まえる。沢沿いの森林は雄大で美しく、淡い黄緑の葉っぱから透けて空が見えそうだ。
トトロが住んでいそうなとてつもなく大きなトチの木の下、せせらぎのほとりにツエルトを張り、焚き火を囲んで今日の夕餉。色んな山菜の天ぷら、コシアブラごはん、こごみのゴマ和えに岩魚の刺身、ムニエル、塩焼き、そして骨酒。焚き火に炙られ、飴色に輝くイワナ様の美しいこと。すべてがこの山の幸、大いなる自然の恵みに感謝。こんな美味しい幸を料理して下さったシェフたちにも感謝。

来年は、自分でも山菜が採れるよう、とりあえず図鑑を買いに行こう。
[PR]
by Koh_chang | 2006-06-11 00:11 | | Comments(0)

ポンポン山

新しい靴の試し履きを兼ねてヤナッチとポンポン山へ。舗装道がかなり入っているようなので、行けるところまでMTBでつめることにする。自宅からずっと登りで二時間ほどで上のお寺まで。かなりきつい!雪が降ってきてあっという間に真っ白に。自転車ではやばそうなので、そこから歩き。山道に入ると完全雪山だった。頂上でポンポン足踏みしたらすぐ下山へ。寒くてこんなとこで休む気にもならず、風のあたらない所でツエルト被ってラーメン作成。何か冬山みたい!?お気軽ハイクのつもりが、たっぷり疲れた。newシューズは靴ズレできそうなとこも確認できた。この位の雪だと冷たいとも思わないが、本チャンではどうなんだろう。ホントはアイゼン着けて歩きたかったのだけど、あまりにもの寒さに早く下山したくて結局着けず。こんな所で寒い寒い言ってて、冬山行けるんかいな。
[PR]
by Koh_chang | 2005-12-24 20:18 | | Comments(0)

綿向山

ひらぱと鈴鹿の綿向山へハイキング。のんびりハイクと楽しいおしゃべり、美味しい山の空気と頂上での旨いラーメン。これぞラーメン山行。紅葉は七号目付近からもう終りかけだったけど、久々のハイキングで心地よかった。
[PR]
by Koh_chang | 2005-11-23 23:52 | | Comments(4)

コマクサ

ひらぱと針の木岳へ花見登山に行ってきた。初日は夕立の恐れがあるので蓮華岳頂上は諦めたが、念願のコマクサ群生に巡り会えた。高山植物の女王と呼ばれるその小さくも可憐な姿が、ガラガラした礫地にしか生えないのはなぜだろう。
[PR]
by Koh_chang | 2005-08-06 00:28 | | Comments(0)

池郷・小又谷沢登り

大峰・池郷川小又谷へ。こじんまりとしながらも、淵、釜、滝と泳ぎ登り、と飽きること無し。近くに林道が通っているからか、水は前鬼ほど綺麗ではない。
最後はルンゼが消え、稜線まで薮こぎしながらのルートファインディング。稜線からは池郷林道目指して薮こぎ。林道を二時間近く歩いて駐車場にもどる。この舗装道路を歩くののつらいことったら!この林道は車も人もいないので、大声で歌いながら帰った。
[PR]
by Koh_chang | 2005-07-30 22:58 | | Comments(0)

比良沢登り

歳をとると、山に行くより休養が欲しくなったりする。今日も、もし朝起きれたら、というかなり消極的な計画だったが、何とか朝動きだす。近場で気楽にということで、やなっちと比良の口ノ深谷へ。実はリベンジ戦。数年前に、歩き始めてすぐ腰痛で中止したことがあった。
先週、紀伊の綺麗な沢に行ったせいもあり、天気が悪いのもあって、何か暗いし小さいししょぼい感があるのは仕方なし。滝には全てすぐ近くにしっかり踏まれた巻き道があり、沢自体は初心者でも楽しめる。
最後の15m滝を巻いてから、ヤナッチが竿を振る。こんな源流じゃ無理やろーと思いつつ、釣り上がると、何と岩魚をゲット!まだちっちゃい子供だったので、リリースしたが、ヤナッチは久々の岩魚様とのご対面で狂喜乱舞していた。ヤナッチに釣られるとは、ドンクサイやっちゃな(^_^;
[PR]
by Koh_chang | 2005-07-24 00:10 | | Comments(0)

比良ハイク

ひらぱと比良へ。日頃の運動不足解消プラン。大津ワンゲル道から釈迦岳、八雲の手前でダケ道を下山。低山だし昼間だし、滝のように大汗かいた。武奈ケ岳はやる気力湧かず割愛。これからも月1は歩こうと思う。
帰りにひらぱ宅で、連休計画を練る。前から花見山行がしたかったので、お花畑マークの続く縦走コースを選ぶ。三連休には梅雨明けしてますように。
[PR]
by Koh_chang | 2005-06-19 23:20 | | Comments(0)