こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スキー( 60 )

奥伊吹

12/24(土)
姉・ヤナッチと奥伊吹へ初滑り☆

さすが豪雪地帯、米原ICを下りてスキー場に近づくにつれて、どんどん雪深くなる。
ゲレンデは1日中雪だったけど、いい足慣らしになったよ。
c0018489_16472672.jpg
最大傾斜46℃の非圧雪バーンも初体験。
リフト乗り場から見ると、白い壁に見えてたところがコースやった。
雪崩へんのか?っちゅうくらいずっと急でコワオモロかった。

けど、転んで板が外れた時にえらいことになる。
雪がふかふかで体が潜って動けないから、板を探しにいけない。
今度からくっついて滑ろうね(笑)
[PR]
by Koh_Chang | 2011-12-29 23:42 | スキー | Comments(2)

白馬八方尾根

2/26-27 Kちゃんと白馬八方尾根スキー058.gif

25日に金沢まで移動し、翌朝Kちゃんにピックアップしてもらって一路八方へ。
八方は実に15年ぶりくらいかも。Kちゃんは八方をホームにしているので、ゲレンデを案内してもらったよ♪
c0018489_23263469.jpg
土曜日は快晴。
ゲレンデの最上部までリフトで上がると、最高の景色が待っている。

白馬三山が目の前にどーん!


c0018489_23352343.jpg

五竜岳と鹿島槍ヶ岳も
何とかっちょいいことか。

夏あそこを歩いたんだねえ。
表情があまりにも違いすぎる。

c0018489_23435478.jpg
小蓮華岳方面。
こんな風に皆さん写真撮影中。

本当にいいお天気♪

c0018489_23463856.jpg日曜日はKちゃんの先輩方と合流。
お天気は下り坂だけど、
雨も降らず、一日十分楽しめた。

八方は、滑降距離が
長いね~頂上が遥か上。
滑降途中の林道コースより。


さすが八方、すごくうまい人がめちゃめちゃ多い。
距離は長いし、急斜面、コブ斜面も多い。
こんなとこ通えたら、いいですね~。

残念ながら日曜日に帰るのは小生のみ。もう1泊したいよう。
帰りの電車まで時間があったので、皆さんのご配慮で温泉経由で駅まで送ってもらう。
Kちゃん、いっぱい滑れてめちゃ楽しかったです。
ありがとうございました!
[PR]
by Koh_chang | 2011-02-28 00:04 | スキー | Comments(2)

降ったらシャルマン

2/12 シャルマン火打のゲレンデへ。
「降ったらシャルマン」っていう噂を聞いてから、もう10年は経っただろうか。
今にやりようやく初シャルマンである。

11日は結局降雪がなかったので、前日中に滑り倒された非圧雪エリアは、荒れ放題のままカチコチに固まっている。何とも残念。しかも自分の兼用靴は非常に軟らかく、固い斜面では操作しにくい。

午後から雪が続く。明日が楽しみ。
というか、荒れる日本海の近くで車中泊、激しい風雪の音であまり眠れなかった…。
全ては明日、パウダーが滑れますようにという願いのもとに、我慢我慢。

2/13 今日もシャルマンへ。
c0018489_020245.jpg
シャルマンは、ゲレンデトップまでのクワッドリフトが1本、途中までのペアリフトが1本あるのみの小さなゲレンデだ。だが、非圧雪エリアが広く、リフト下以外はどこを滑ってもOKなので、コース取りが自由に選べてまさに山スキーに来た感じ。

1本目、感激ウハウハパウダー♪
あっという間にパウダーは喰われてしまうものの、雪は柔らかくウハウハが続く。
c0018489_0262843.jpg

コンデジのしょぼい連続写真で
緩斜面を滑る様子を
撮ってみたのだが…

c0018489_0264159.jpg
遅すぎ…

スキーの写真って難しいね。

こんなゲレンデが近くにあれば、最高やのになあ!
[PR]
by Koh_chang | 2011-02-13 23:04 | スキー | Comments(0)

竹浪会・氷ノ山&ハチ高原

1/23-24、毎年恒例の竹浪会へ。
某高校山岳部OB会なのだが、部外者の自分もすっかり今や門下生の一人。年に一度の集まりを楽しみにしている。
竹浪先生は今年81歳。茶目っ気たっぷりの好々爺、相変わらずとてもお元気そうだ。今回は2日間ともスキーに参加された。並外れた体力、滑りも軽やかである。あの三浦敬三氏に続くのは竹浪先生じゃないかと思っているのだが。

先生の元気の源は、たっぷり睡眠をとること、だそうだ。夜21時までに就寝、朝は7時起床。ランニングは長い日で1時間半ほど走られる。こんなちっちゃい爺さんが、と驚嘆してしまう。

さて、初日は氷ノ山国際スキー場へ。
養父市のゆるきゃら、「やっぷー」が来場。
氷ノ山のブナの森に住む妖精なんだって。スキー場だけに、ゴーグルしてるんだって。
c0018489_23243373.jpg
イベント開催中で、但馬牛の焼肉や、つきたてのきなこ餅がふるまわれた。つきたては本当に美味しいね。

下山は恒例となった林道下り。今年は豪雪で雪はたっぷり。最後の橋は、雪が盛り上がっていた。
川ポチャにならないよう、慎重にね。
c0018489_2333688.jpg


二日目はハチ高原をメインに、ハチ北も1本下まで滑る。
我々のメンバーは13名、なんと私が最年少。先生を筆頭に、シニア券の多いこと(笑)。
皆さん、とにかくよく滑る滑る、1日中たっぷり滑った。
c0018489_2339644.jpg

今年も竹浪会に参加できたことに感謝。また来年も皆さんと再会できますように。

[備忘録]
・小回りは弧を描く。
・内足荷重を早く。
[PR]
by Koh_chang | 2011-01-23 23:04 | スキー | Comments(0)

志賀高原

1/8~10の三連休は、新春恒例の志賀高原スキー合宿。お宿はもちろん一の瀬の大六。
今回はY師匠、Oさん、Nさん、姉と小生の5人。3日間、滑り倒しましたな~。

1/8。早朝チェックインができたお陰で布団で一眠りしてからの出陣。
老体にはありがたいことだ。
今日はとってもいいお天気。感激。まずは焼額山へ向かう。
山の神からのクワッド、笹が見えていることなんて、かつてあっただろうか?
c0018489_073484.jpg
奥志賀高原へ。ゲレンデも三連休というのにこんなに空いているぞよ。
c0018489_0104329.jpg
白馬三山も綺麗に見えたぞよ。
c0018489_0122230.jpg
奥志賀から焼額に戻ると、横手山までよく見渡せた。
c0018489_0145120.jpg
夕暮れが近づくと、岩菅山もピンク色に染まる。
c0018489_0165514.jpg
夕焼け見ながら、本日終了。
c0018489_0175559.jpg

1/9。午前中は晴れていたが、昼ごろから雪。
寺子屋から東館を経由して、ブナ平で基礎トレ。
ジャイアントで急斜面滑って西館、東館、高ヶ天原と色々滑るも吹雪で寒くてつらい。

雲の晴れ間に西館からジャイアント方面を見る。
c0018489_0234891.jpg

小回りしても体が暖かくならず、リフト乗車中に体が芯から冷え切ってしまう。
今日はリフト終了をまたず、16時で終了。寒い寒い。

1/10。一晩で麓で20㎝、山では40㎝は積もったか。
小雪がちらつくも視界はあり、新雪で最高の条件。
積もったら、やっぱりここ!
c0018489_03775.jpg
焼額から奥志賀方面の非圧雪バーン。ふっかふかですやん。
今日の奥志賀は、初日以上に人がいなくて、ゴンドラ待ちもない。
客としては嬉しいのだが、経営は大丈夫なんだろうか…。

滑りに滑った3日間、ご参加の皆様、どうもありがとうございました。
師匠からは、板を替えたらこんなに滑るが変わるのか、と思うほど上達したとのお褒めの言葉を頂き、お世辞でも嬉しかった。ん?まてよ。結局は実力じゃなくて、道具のお蔭か?!
スキーって、やっぱり面白いし、奥が深い。
まだまだ理想の滑りとはほど遠いのだけど、どんな斜面でも格好よく滑れるようになりたいなあ。
[PR]
by Koh_chang | 2011-01-11 22:59 | スキー | Comments(3)

ニセコ・その4

最終日。やっぱり今日も雪。
午前中、ヒラフ~花園で滑る。こんな気持ちのいい雪で滑れるのも、また何年後になるんやろね。こんな雪質に慣れたら、関西のスキー場で滑れへんで。

慌しく帰る準備をし、14時発のバスを待つ間、ちょうどオリンピックのモーグル女子決勝をやっていた。愛子ちゃん、残念…。
c0018489_23105310.jpg
空港までの道中、「1億円のトイレ」のある道の駅で休憩。そりゃもう立派なトイレで。グランドピアノの自動演奏が流れ、全面大理石だし。

行きも帰りも、この濃厚なのむヨーグルトを美味しく頂いた。

今回ニセコに来てとにかく驚いたのが、
ここはどこ?
っていうくらい、外人さんだらけだったこと。ランチ時など、周りがほんとに外人さんばっかりで、自分が外国に来たような錯覚に陥る。スキースクールの団体が、先生も生徒も全員外人さんだったり。
スキー場から束の間の晴れ間から見えた景色は、白くなだらかな山並みと、広い広い台地。人が住んでいるような所はほんのちょっとだけ。その小さな街に、豪州・アジアの人達が押し寄せてるって凄いことだ。

何度でも訪れたいもんなあ。
[PR]
by Koh_chang | 2010-02-14 23:05 | スキー | Comments(0)

ニセコ・その3

c0018489_22513284.jpg久しぶりの青空。
初めてアンヌプリが頂上まで綺麗に見えた。今日は頂上へのゲートが開かれ、一番上まで登れるリフトも長蛇の列、降り場から登っていく人の列も絶え間なく続いている。
そんな列をちょいと羨ましいまなざしで眺める。
また、今度のお楽しみ。

今日は花園エリアの樹林帯など楽しむ。景色を愛でることができたのも束の間、山の天気は変わりやすい。またしゃんしゃんと雪が降り始め、頂上も雲の中に閉ざされた。

午後からはビレッジの非圧雪エリアに入るも、荒れ放題になっていてなかなか手ごわい。
ナイターが始まるまでにヒラフに戻り、勝手に「北壁」と名づけたエリアで遊ぶ。いやはや、コブ斜面難しい!板は軽くなったけど、滑れないのは同じだった…。まだまだ修行せんと。

c0018489_22582799.jpg
今日も17:30までたっぷり滑って終了。
お疲れ様でした。
[PR]
by Koh_chang | 2010-02-13 22:51 | スキー | Comments(0)

ニセコ・その2

c0018489_055937.jpg
うっひゃ~!!

一晩中降り続いた雪で、パウダー!!

パウダーだけに、
お姉ちゃん、めっちゃ後傾!!


c0018489_0183253.jpg

雪がとっても軽くて
ふわふわ。

たまらんね~。


昨日はヒラフ5時間券だったけど、今日は全山2日券にして、ヒラフ~ビレッジ~アンヌプリと3つのエリアを楽しんだ。ビレッジは圧雪コースを滑ったこともあって、志賀高原の焼額山とよく似た感じ。アンヌプリは初心者コースでもふわふわのままで楽しめた。ゲレンデの広いこと、広いこと。
ヒラフは今日はどこも圧雪なしで、最高だった。
c0018489_0184493.jpg
昨日からずっと降雪だったのが、夕方一瞬晴れ間があり、初めて目の前に羊蹄山が現れた。こんな雄大な姿の前を滑っていたなんて。
[PR]
by Koh_chang | 2010-02-12 23:55 | スキー | Comments(0)

ニセコ・その1

c0018489_075067.jpgどーん!(ワンピース風)

北海道に来たら、これ食べなアカン。
空港からニセコへ向かうバスに揺られながら、
あんまり美味しいから一気に食べてしもたわ。


姉も一緒に、うはうはニセコツアー。
宿について準備してゲレンデついたらもう16時。しばらく滑っていったん夕食に戻って、またナイターへ。こっちに着いてからずっと雪が降っている。でも、ここまで来たらガンガン滑らなもったいないやん!と初日からまたリフト止まるまで滑ったのだが、その調子で4日間ももつのか、オバチャンよ。

いやま、ナイターっていっても、アイスバーンゼロ。何て軽い雪なんでしょう!


c0018489_0312146.jpg以前来た時、泣けるほど耐え切れない寒さだったので、今回はカイロをたんまり持参。こんだけあれば乗り切れるか?
[PR]
by Koh_chang | 2010-02-11 23:07 | スキー | Comments(0)

New Gear

c0018489_23335867.jpgOGASAKA Unity Q3。買ってしまいました。

脚力の無い、か弱い女性でも1級目指せるような板が欲しいとお店で相談したら、この板を勧められた。事前に選んでおいた候補の1つだったけど、OGASAKAっていかにも基礎スキーヤーって感じだし、早くへたるらしいし、見た目イマイチだし。でも結局これに賭けることにした。
OGASAKAはもちろんMade in Japan。靴のREXXAMもMade in Japan。頑張れ、ニッポンの製造業。トヨタよ、一体どうしたのか?

…話がそれた。早く滑りたいなあ♪
[PR]
by Koh_chang | 2010-02-03 23:33 | スキー | Comments(4)