こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 50 )

伊良部島・その5

c0018489_0293881.jpg伊良部島最終日は自転車で下地島を1周した。

伊良部と下地は、遠い昔はひとつの島だったのだが、石灰岩の侵食が進み、クレバスが海水の水路となり二つの島になったそうだ。二つといっても、短い橋が幾つもその水路に掛かっていて、まさか名前の違う島だとは気づかないくらい。


c0018489_0285221.jpg下地島には、国内で唯一ジェット機のパイロット訓練用空港があり、着陸してそのまますぐ離陸するタッチアンドゴーが間近で見られる。

空港すぐ横の海もとても綺麗。

ほとんど車が通らない車道には、こんな蝶がたくさん舞っていた。


c0018489_0283080.jpg

下地島の名勝地「通り池」。

これが本物の通り池で、ミニよりも随分と大きい。
こちらももちろん海と繋がっている。


c0018489_0291323.jpg
ミニ通り池の先の、海を見渡せる岩場まで行くと、
昨日までお世話になったJINさん、ゆみさん達の船が!!

大声をあげて手を振る。
また来るからね。


c0018489_029268.jpgシュノーケリングでも十分楽しそうな浜。
誰もいないなんて
信じられない。

この後、浜におりてボルダーごっこ。
石灰岩はとても固いのだけど、ガビガビで痛すぎ…。
課題は山ほど作れそうだけど。


車道に戻って、さとうきび畑の中の、まっすぐな一本道を走る。
爽快、の一言。
このまま道がずっと続いていればいいのに。
---

この島を知ったのは、随分前に読んだ機内誌だった。宮古島の近くに、すごい島があると。
何にもないけど、シュノーケリングで別世界の広がる奇麗な海があると。
島の名前も覚えてなかったけど、「タッチアンドゴー」の島、とだけ覚えていた。

ダイビングを知り、この島に思い当たった。
行くしかないでしょう。

伊良部島と宮古島を結ぶ大橋の建設が現在進んでいる。
伊良部島の素朴な良さを知るために、橋が架かるまでに行ってほしいと何かで読んだ。

今いっとかな。

宿の方に橋のことを聞くと、変な人が入ってきて、治安が悪くならないかを心配されておられた。
伊良部が離島であるうちに、是非とも再訪したい。
[PR]
by koh_chang | 2009-04-29 00:27 | 旅行 | Comments(0)

浜名湖ガーデンパーク

次の日は「浜名湖ガーデンパーク」へ。
ホテルのすぐ近くだから行ってみようか、くらいの気持ちで行ったが、これが大正解。
花と緑の美しい素晴らしい公園で、とても広いし綺麗だし、駐車場も入場料も無料。
静岡県って太っ腹ねー。
c0018489_236234.jpg
公園にある
展望台からの
眺望。

下にあるのは
「国際庭園」。

c0018489_23112835.jpg浜名湖花博、なんてあったっけなあ・・・。

その時に出展された海外各国の庭園の様子が再現されているそうだ。
これはネパール。

上の写真を撮った展望台が
バックに写ってます。

c0018489_23162210.jpg
韓国。

c0018489_2317592.jpg
中国。

c0018489_23174886.jpg
タイ。

c0018489_2318189.jpg
アメリカ。
…とまだまだ続くのだが、
この辺で以下省略。

c0018489_23201073.jpg花の美術館
モネの庭。

c0018489_23252688.jpg
印象派の画家であると同時に優れた庭師でもあったモネ。

フランス・ジヴェルニーの庭と館の外観を再現しているそうだ。

c0018489_23234762.jpg
モネと言えば
睡蓮。

春から夏にかけては睡蓮の花が咲き、絵画のような趣になるそうだ。

この他にも、花と緑の見所満載の素晴らしい公園だった。
浜名湖方面におでかけの際は、超お薦めです!!
[PR]
by koh_chang | 2008-09-28 22:57 | 旅行 | Comments(0)

なばなの里

母、姉と3人で1泊2日のお気楽旅行へ。
三重県・長島の「なばなの里」で華やかな花々を愛でる。
c0018489_22455986.jpg

c0018489_22514130.jpgベコニアガーデンにて。


色んな種類・色とりどりの
ベコニアたちが見事。

c0018489_22533298.jpg
コスモス畑

もうすぐ
秋本番。
[PR]
by koh_chang | 2008-09-27 22:44 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・その4

居酒屋の親父さんが奇麗だよって教えてくれた御神崎へ。
紺碧の海。岩壁の上からも無数の熱帯魚が見えるほど、海が奇麗。

近くの誰もいない海岸を散歩すると、リュウキュウアカショウビンの鳴き声が。
ヤナッチがかなりしつこく撮影を試みるが、撮れたのは下半身のみ。
真っ赤なボディに大きな嘴、ちらっと見れただけでもよしとしよう。

山も好き。
海も好き。
南の島がいい。また、行こう。
[PR]
by Koh_chang | 2007-07-09 21:24 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・その3

ダイビングに挑戦!

海の中の世界なんて、初めての体験。
石垣港から米原まで、40分くらい船で移動し、まずはシュノーケリングで遊泳。
珊瑚礁の上で、魚がいっぱい!!これだけでも十分感動。
そして、ダイビング1本目。呼吸をすることと、耳抜きをすることに精一杯で、
あんまりゆっくりと魚を眺める余裕がなかった…のが事実。

そして2本目は川平のマンタスクランブルと呼ばれるエリアへ移動。
2回目は、1回目よりも落ち着いて海底に潜ることができた。周りは沢山の魚たち。
経験したことのない、新たな世界。
青い海の中は、太古からこんな世界が広がっているんだね。
そして。目の前に、マンタが迫ってくる!
大きく体を広げ、悠々と頭上を通っていった…感動。
初めてのダイビングで、マンタに遭遇できるなんて!!!

そして。天国から一気に地獄へ転落。
船酔い地獄。ゲロンパ!
[PR]
by Koh_chang | 2007-07-08 21:06 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・その2

今日は竹富島へ行こう。

石垣港から10分で到着。チャリンコを借りて島を走る。
小さなその島では、チャリンコが一番。端から端までもあっという間だ。
白い砂浜とコバルトブルーの海の広がるコンドイビーチ。
星砂海岸までずっと続いている。何て奇麗な海なんだろう…。

コンドイビーチは、砂地で浅瀬のビーチなので、魚はあまりいない。
シュノーケリングもしたけれど、ちょっと残念。
でも、どこまでも青い海に感動して、1日中ビーチで過ごし、
石垣に戻る最終便に何とか間に合った(^^;

こんな所で、1週間くらいぽけ~っと過ごしたいもんだ。
[PR]
by Koh_chang | 2007-07-07 20:48 | 旅行 | Comments(0)

石垣島・その1

そうだ、南の島に行こう。

直行便で石垣に降り立った午後、照りつける太陽の暑さがじりじりと半端でない。
レンタカーを借り、街を離れ少し走ると、周りはさとうきび畑と青い海。
玉取崎、平久保崎、川平湾を廻る。
どこに行っても、青い海。
癒しの旅が始まった。

夜、宿泊先近くの居酒屋に入った。
カウンター越に、店の親父さんが話しかけてくる。
若い頃、こんな田舎の島なんか嫌だと、東京に出たけど
10年経って戻ってきた。あんな所、住む所じゃない。
奥さんと2人でこの店やって、休みがあれば、釣りに行く。
今の生活に、ストレスは全くないね、と微笑む。

いいなあ、親父さん。
[PR]
by Koh_chang | 2007-07-06 20:17 | 旅行 | Comments(0)

徳島(2日目)

生憎の空模様ながら、大歩危・小歩危の渓谷美を堪能した後、祖谷のかずら橋へ。

c0018489_2335055.jpg
日本三大奇橋のひとつで、国の重要文化財にも指定されているかずら橋。かずらの木(つる?)で編まれた吊り橋は、全長45m、水面からの高さ14m。
歩くとぎしぎし、ゆらゆらするが、母は喜んでわざと揺らしていた…アンタは子供か!



c0018489_233891.jpg
しかも、渡し木の間はかなりの隙間。靴が脱げて落ちていきそう。
下が丸見えなので結構こわい。
この橋は、3年ごとに新しく作り替えられるそうだ。

帰りに、鳴門のドイツ館へ。第一次世界大戦後、ドイツ兵約1000人が俘虜となりこの板東収容所で過ごした。その収容所での生活と地元の人々との交流などが紹介されている。当時の日本軍からは想像しがたいほど寛容であった収容所で、ドイツ兵達は自由に音楽や演劇、スポーツ、芸術などの活動を行う。地元の住民たちも西洋の進んだ技術や文化に触れ、指導を受け、次第に交流を深めていったそう。感謝を込め、日本で初めてここで「第九」が演奏されたそうだ。この史実は「バルトの楽園」で映画化されている。
[PR]
by Koh_chang | 2006-11-26 23:30 | 旅行 | Comments(0)

淡路島→徳島(1日目)

母と姉の三人で徳島へプチ旅行。淡路島で一旦高速を降り、夢舞台へ。

c0018489_23245247.jpg

お弁当箱を並べたような花壇。整然としすぎていて、ちょっと味気ない。


c0018489_23253496.jpg
室内の植物園がとてもしゃれていて、ホワイトクリスマスをイメージしたコーナーは、白、紫を基調に可愛いくアレンジされている。

ゆっくり回って、EXIV鳴門へ。和食のゆうげは見て楽しみ、食して味わい。どれも極上の美味しさ。ご馳走様でした。
[PR]
by Koh_chang | 2006-11-25 23:49 | 旅行 | Comments(0)

奥琵琶湖 花の旅

6/24-25で、母と姉と3人でプチ旅行。実はこの3人でお泊まりで出かけるのは、初めてのこと。父は家でチャーリーとお留守番。女3人、気楽な旅、いいですね~。

長浜で博物館に行ったあとはホテルでのんびり温泉&買い物&食事。アワビづくしの中華は、おいしかったけどあれだけアワビばかりでも…?!と贅沢な感想。
c0018489_0132387.jpg
翌日は醒ヶ井の梅花藻を見に行く。
通りの民家は、どこも奇麗な鉢植えの花が並べられていた。そしてその民家のすぐ前を流れる地蔵川は、驚くような澄んだ水が流れている。その流れの中で、小さな白い花がゆれていて、何とも愛らしい。


お昼には余呉湖を探索。ちょうどアジサイが見頃でこちらも奇麗。
c0018489_0102542.jpg


奥琵琶湖ドライブウェイを経由して、新旭風車村の花菖蒲園へ。
c0018489_011242.jpg
道の駅なんだけど、立派なお花畑で、花菖蒲だけでなくて、他のエリアには色とりどりのお花が所せましと咲き誇っていた。

花三昧のプチ旅行。いいですよ~。
[PR]
by Koh_chang | 2006-06-25 20:38 | 旅行 | Comments(0)