こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コトバの備忘録( 7 )

5秒ルール

今日、JR高架下をくぐったところで、こんな看板があった。はて。
c0018489_2254976.jpg

昨日の試飲会で、Nさんが落ちたスルメをさっと拾って、ささっと払ってパクッと口に入れた。
5秒以内なら大丈夫ですもんね。いわゆる5秒ルール。

じゃないわな。JRの5秒ルールとは?

線路で作業を行う場合、作業グループとは別に、前方に列車の接近を知らせる列車見張員を配置する。列車見張員は、作業グループの見張員に無線機を使い、5秒に一度「異常無し」と交信をしなければならない。無線機の故障等に備え、万一連絡がなければ作業員は線路から離れなければならない、というルール。

実際の事故を教訓にうまれたルールだそうだ。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-03-13 22:56 | コトバの備忘録 | Comments(0)

ファーストペンギン

NHK『あさが来た』にはまっている方、大勢いらっしゃいますよね。私もその一人。
随分前の放送分になりますが、五代さんがあさのことを「ファーストペンギン」って呼んでました。
ふむふむ、って納得してたんですけど。

先日読んだ本に、たまたまこんな記載があって、びっくりぽん!
V.B.マイヤーロホ著『動物たちの奇行には理由がある』より引用しますね。

『…テレビなどでペンギンが流氷や絶壁から次々に海へ飛び込むシーンがよく放映されていますが、飛び込む前は落ち着かなく上に行ったり下に行ったり、よちよち歩きながら躊躇しています。彼らが躊躇するにはきちんとした理由があります。それは深くて暗い海には危険がいっぱいあるからです。飛び込んだ先に腹を空かしたヒョウアザラシやシャチがいたら、ひとたまりもなく彼らの餌食になってしまいます。しかし怖がって海に入らなければエサをとることができません。』

五代さんは、ここでリスクを恐れず最初に海に飛び込む勇気あるペンギンのことを、ファーストペンギンといい、あさのことをファーストペンギンだって言ってましたね。

本の続きです。

『あまりに長く飛び込むのを躊躇していると、ペンギンたちは乱暴にも仲間の一匹を海に突き落とします。そして、突き落としたペンギンが生きているのか、それとも血しぶきをあげて皮膚の破片を残して死んでしまったのかを注意深く観察するのです。後者の場合、仲間を突き落としたペンギンたちはどんなに自分の足が冷たくなっていても、内心では喜んで再び長い間陸上で待機します。そして仲間たちは再び集まり、もう1回テストとして群れの誰かを海に突き落とすのです。』

えええええ!

実際はどうなのかな、とざっと探したところ、NHKのサイトに「南極 次々と海に飛び込むペンギン」の動画がありました。確かに最初の一匹が飛び込むまでに、体当たりしたり、先頭のペンギンを突いている奴がいます。厳しい自然界では、図らずもファーストペンギンになってしまうこともあるって事ですね。

ちなみに、著者は「基本的な物理学の法則を使いペンギンの体内に起こる圧力を計算し、詳細な報告『ペンギンがうんこする際に生じる圧力:鳥類の排便における計算(Pressures produced when penguins pooh—calculations on avian defaecation)』にまとめたこと」で2005年のイグ・ノーベル「流体力学賞」を受賞しています。冒頭に紹介した本は、さすがイグ・ノーベル賞受賞博士のエッセイとあって、びっくりぽん情報満載で面白かったですよ~
[PR]
by Koh_Chang | 2016-01-16 17:48 | コトバの備忘録 | Comments(0)

みじんこ

c0018489_23225371.jpg地元高槻の和菓子屋さん・長岡京で気になるモノを発見。
干し柿の和菓子なんだけど・・・

c0018489_23243237.jpg原材料を見ると、
「みじんこ」
って書いてある。

みじんこ?
まさか
みじんこ?


みじんこ:微塵粉
モチ米を蒸して乾燥(乾飯)し粉にしたもの。落雁など菓子の原料になる。

誰ですか、ミジンコが入っているって思ったのは。

という話をランチ時にしてたところ、バリバリ泉州のF先輩が、
「みじんこって関西弁なん?」

の発言に一同、???となる。
「ミジンコって全国共通でしょう。小学校の理科で習いましたよね。」
「何それ。知らんわ。」
「(一同)えええーっ!ゾウリムシとミジンコは覚えてるでしょー?」
「全然知らんわ。」
「ほな、みじんこって何ですのん?」
「あ、服にみじんこついてるで、とか言うやん。」
「(一同)えええーっ!何それ!」

小さいゴミとか埃のことを、F先輩の地域では「みじんこ」って言うそうな。
泉州弁なんかなあ。
奥が深いなあ。まだまだ我々が知らない言葉がありそうやねえ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-01-08 23:52 | コトバの備忘録 | Comments(0)

ボケ防止

ノーススフィッヘ。
誰が一番覚えてられるかな?
[PR]
by Koh_chang | 2010-01-14 23:13 | コトバの備忘録 | Comments(0)

clothsとclothes

ランチタイムにて。ある時Nさんが英語の先生に、「衣服」という意味で「クローズイズ」と言ったら怪訝な顔をされたそうです。衣服って英語でなんだっけ?と調べ直してみました。

「布」はcloth(クロス)。この複数形は、cloths(クロースス)。
「衣服」はclothes(クロウズ。クローズイズではないです)。常に複数形。

clothsもclothesもclothの複数形なのですが、「ただの複数の布」と「布を複雑に組み合わせて作る衣服」とで、異なる複数形を使い分けているんですね。

ちなみにclotheは「服を着せる」という動詞ですが、進行形のclothingになると、名詞の「衣類」という意味にもなります。clothesより広義で帽子やマフラーなども入ります。
衣服をしまう「クローゼット」も、clothつながりかと思いましたが、こちらはcloset。閉める、閉じるのcloseから来ているのですね。

ついでに、Water Closet、何のことか分かりますよね!?
[PR]
by koh_chang | 2009-01-22 16:46 | コトバの備忘録 | Comments(0)

低GI食品

ランチにMgさんが、SOY JOYを購入されていました。
c0018489_2355616.jpgSOY JOYは山の行動食で欠かせない一品です。カロリーメイトから始まり、Balance Up、Balance Power などなど栄養食品は色々出ていますが、SOY JOYはしっとりとしていて食べやすく、ドライフルーツたっぷりで美味しいし、ザックの中でも粉々にならない点も高ポイントです。
そのSOY JOYには「低GI食品」って書いてあります。GIってなんやねん? ランチタイムでは答えが出ないので、宿題になりました。

SOY JOYの説明ページによりますと、GI(グリセミック インデックス)は食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すもので、GI値が低いほど糖質の吸収がおだやかで、太りにくいと言われています。なるほど、ダイエットにはいいかもしれませんが、はて、山ではどうなのでしょうか。

登山は運動の中でもカロリー消費量が多く、エネルギーをこまめに補給しないと、ばててしまいます。糖質はエネルギーの源ですから、行動食には高GI食品の方がいいのかもしれません。
山で疲れてくると、甘いものより塩辛いものが欲しくなるので、ぬれおかきをよく持って行きます。お米は高GI食品なので、ぬれおかきは行動食にぴったり、ということですね。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-19 23:03 | コトバの備忘録 | Comments(0)

お餅を並べる入れ物は

ランチタイムは、1日の会社生活で一番楽しい時間です。職場のツワモノ女性陣と一緒に、フロアの一室であれこれおしゃべりしながらの1時間は、あっという間に過ぎるものです。
色んな話題で盛り上がりますが、ふとした言葉で、むむっと一同悩むことがあります。
その後調べて、暫しすっきりするのですが、すぐ忘れるんですね…。
自称「軽い認知症」の大先輩もいらっしゃいますので、備忘録作ることにしました。

先日話題になったのが、お正月の餅つき。つきたてのお餅は美味しいよ、と羨ましい話を沢山聞いたのですが、その丸めた餅を並べる入れ物のこと、はて何と言うのでしたっけ?
奈良のDさんが、おうちで「こじゅうた」と呼ぶと教えてくれましたが、誰もしっくりきません。

調べたところ、「もろぶた」又は「こうじぶた(麹蓋)」と言うのですね。
奈良では「こじゅうた」「こうじゅうた」とも言うそうですが、これは「こうじぶた」がなまったものだと考えられます。地方によって、他の呼び方もあるかもしれませんね。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-15 00:14 | コトバの備忘録 | Comments(2)