こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ダイビング( 91 )

柏島・その2

今日は波も落ち着いて、ダイビング再開。
ですが。
海が、更に濁り酒。どれくらいかと言うと、
c0018489_0333625.jpg

堂島川ではありません。

あんまり視界がないもんだから
ウミガメもこちらに気づいてなかったんでしょう。

迫ってきてますがな。


c0018489_036107.jpg
深度を下げても、濁りは消えず。

人懐っこいコブダイが近くまで来たが、
やっぱりハレーションで写真が撮れない。

実際はこんな地味な世界…。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-22 23:32 | ダイビング | Comments(0)

柏島・その1

遥か柏島までやって来たが、海は悲しいくらいに濁り酒。
外付けストロボのない小生のカメラでは、ハレーションで全く写真が撮れない。
ちなみに、写真を撮るとこうなる。
c0018489_052546.jpg
海の濁りにフラッシュが光って、雪模様~

魚はどこじゃ~



c0018489_02837.jpg


被写体のすぐ近くまで寄れる場合は、何とか写真が撮れる。

伊勢海老が隠れない程度に
迫ってみた。

このまま持って帰りたい。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-20 23:59 | ダイビング | Comments(0)

南港

c0018489_2346259.jpg

南港で潜ってきました!

なんとマンボウが!



c0018489_23533493.jpg

なんとナポレオンも!

しかも接近しすぎて、
口元の端っこしか画面に入らない!

模様迷路になってる!



ちなみに潜ったポイントは「海遊館」です。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-06 23:45 | ダイビング | Comments(4)

伊良部島・その5

本日がダイビング最終日。1本目は、初日に行った「ミニ通り池」へ。
c0018489_0112373.jpg

今日の方が日が差して綺麗だね~

c0018489_0123690.jpg池に浮上した怪しい奴。
この後また海の中へ戻っていく。

c0018489_014276.jpg
2本目は「中の島チャネル」。

ここも地形ポイントで、ゴルジュっぽい溝やトンネルや穴など色々出てきて面白い。

c0018489_015366.jpg
c0018489_016571.jpg


c0018489_0192329.jpg最後の1本は「アントニトガウディ」。
3本目だったので、ダイコンに注意しながら潜る。深度のある穴の中ではゆっくりできなかったけど、ハートマークは押さえとかな。

053.gifに見えるか微妙やのお。
愛があれば見えるのだ。


船へ戻ってくる途中で、お花のようなものが見えた。
c0018489_023321.jpg握りこぶしくらいの大きさで、ティッシュで作ったバラの花みたい。波にゆらゆらとゆれていた。

見たことない物体で、ひょっとしてウミウシの卵かな、とも思ったが、数センチのウミウシがこんな巨大な卵産めないし、なんだろう?
後で調べたら、ミカドウミウシの卵のようだ。ミカドウミウシは30㎝位まで大きくなるので、なるほど巨大なはずだと納得。
しかし、こんなド派手な色して、目立つ場所に産むのはなぜなのかな。すぐ魚に食べられそうやのに。また調べておこう。

c0018489_0404562.jpgド派手繋がりで、
この貝。
赤青ペカペカキラキラと…
そもそも貝なのか?

c0018489_045195.jpgこんな風に、サンゴと一体化してるし…。
何やろ。これも宿題。


この日の夜、太もも痒いな、と思ったら、ぷつぷつと小さな水ぶくれが出来ていた。
皮膚が弱く、トラブルも多いので、いつのもことかと思っていたのだが、これが後々大変なことに…。この話は後日また。

翌日、朝からずっと雨。前回来た時に見つけた海岸で、ボルダリングをしようとクライミングシューズを持参していたのだが、次回に持ち越しとなった。
また行かねば!
[PR]
by koh_chang | 2009-11-23 23:09 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その4

c0018489_2338688.jpg本日1本目は、
癒し系の
「クリスタルガーデン」へ。

サンゴの根で、何かオモシロイ生き物がいないか探すのが楽しい。
大好きなイシガキカエルがいたら、しつこく写真を撮るのだけど、すぐ穴に隠れて警戒色に変わってしまう。何にもイジワルしないから出ておいでよう。

スカシテンジクダイと
キンメモドキの
乱舞


c0018489_2341453.jpg2本目は
「中の島ホール」。

ホールへの入り口。
突入だ~


c0018489_2342583.jpg
トンネルを抜けると
大きなホールになっている。


c0018489_2342339.jpg
3本目は「魔王の宮殿」。
宮古島を代表する大人気の地形スポットだ。

海底に空いた穴がトンネルでつながり、複雑な迷路のようになっている。


c0018489_23424990.jpg

天気が今ひとつで、
本来なら"部屋の窓"から
もっと光が差し込むそうだが。

でも十分幻想的だった。


c0018489_23425974.jpg

宮殿のミステリーツアーから
脱出~
[PR]
by koh_chang | 2009-11-22 23:37 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その3

朝、今日は海が荒れているため、出航できないとの連絡アリ。残念。

c0018489_2330057.jpg午後はどうなるか分からないけれど、皆さんJINさん宅へ集合!

YUMIさんの手作りランチがとっても嬉しい♪
おいしいよ~011.gif

JINさんの最終確認で、午後からはビーチならエントリーできるということで、下地島の中の島ビーチへ。今日はこれ1本、水深も浅いため、90分の欲張りダイブ。コースを1周下見した後はバディ同士でずっとフリーでのんびり生物観察。

ルリスズメダイ
c0018489_23532594.jpg
浅瀬に多いこの魚、艶やかな青が美しい。

尾の先まで瑠璃色の左の子はオス。右上の(分かりにくいけど)尾の先が透明になっているのがメス。


c0018489_23543835.jpgセジロクマノミ

誰かマジックで落書きしたの?と思うくらい、くっきりとした白いライン。顔を正面から見ると変だよね。

臆病者でイソギンチャクから離れず、普通のクマノミのようにおんどりゃーっと向かって来ることはない。

c0018489_23113624.jpgハマクマノミ

こちらは白いラインが横一本。(魚のタテヨコ縞は釣られた時の方向で見るのよん)
クマノミの中では気が荒いらしいけど、この子は恥ずかしがりのようで、なかなか出てきてくれなかった。

c0018489_23214217.jpg

いつまでも美しい海でありますように。

このビーチはシュノーケリングでも十分楽しめるのだけれど、ダイバーの上で、もうすぐ12月だっていうのに、海パン一丁で泳いでいる人がいたのには驚き。さぶっ!
[PR]
by koh_chang | 2009-11-21 23:27 | ダイビング | Comments(0)

伊良部・その2

c0018489_2146851.jpg天気予報は今日から1週間、雨か曇りという大歓迎を受けているものの、今日は気まぐれの太陽が光を差してくれる。

エントリーして空を見上げる。

c0018489_21483791.jpg

1本目は「ミニ通り池」

外洋からトンネルを通って

光の差す水面へ浮上。

真っ暗闇から明るい世界へ
神秘的な脱出。


c0018489_221159.jpg

2本目は「アントニオ・ガウディ」

自然が生み出す造形美が素晴らしい。

伊良部は地形が面白い!


のだが、
2本目に入るまで、波あるボートの上で水面休息、酔い止め薬を服用していないヤナッチは、終盤お魚さんに大量のエサをまく羽目に。船酔いは辛いよね…。

c0018489_22192469.jpg3本目は更に波が強くなってきたため、湾内の「グルーパーズロック」へ。

砂地の根から根へ、癒し系ポイント。

海メロン大好きイシガキカエルウオくんちにニセネッタイスズメダイちゃんが遊びに来たよ。
[PR]
by koh_chang | 2009-11-20 21:45 | ダイビング | Comments(0)

伊良部・その1

c0018489_20495523.jpg宮古島から高速船で15分の伊良部島を再訪。
前回もお世話になったいなうの郷に昼過ぎに到着。
自転車を借りて、サイクリングへ。

この島は山もなく、もちろん高い建物もなく、自転車を漕ぎながら、空の広さを実感する。

c0018489_2164179.jpg白鳥岬で釣れない釣りを実践中のヤナッチと別れ、海岸沿いの遊歩道を走る。

こんな綺麗なところなのに
誰一人いない。
宮古島とを結ぶ橋が完成したら、賑やかになってしまうのかなあ。

天気は下り坂で、海には白波が。
明日から大丈夫かな。

c0018489_2152329.jpg

遠く断崖絶壁に鷹の展望台?
あそこまで行ってみよう。

c0018489_21102619.jpgここは「フナウサギバナタ(船を見送る岬)」というところでその昔、沖縄本島などに旅立つ家族や親戚の無事を祈り、船を見送った場所だったそうだ。

伊良部島の町鳥・サシバの展望台。
一応ここも観光スポットだけど、土産物屋はもちろん、トイレや自販機など何も無い。誰もいない。


何にもない島、伊良部島。
青い海と空、それだけで最高。
[PR]
by koh_chang | 2009-11-19 20:49 | ダイビング | Comments(0)

柏島・その3

アケボノハゼ
c0018489_23441399.jpgなかなか逢えないアケボノハゼを、初めて写真に撮れた。(by ヤナッチ)

今までも見かけたことはあったが、誰かが近づくとすぐに巣穴に逃げ込むので、まともに見れたことがなかった。今日はゆっくりゆっくり近づいて、かなり寄っても我慢してくれていた。
とても美しいハゼだ。


ホタテツノハゼ
c0018489_23564315.jpg

こちらは地味な真っ黒のハゼ。
名前の通り、背びれが帆を広げているように見える。

このハゼも初めて写真に撮れた♪


クダゴンベ
c0018489_031615.jpgすぐに巣穴に逃げ込むハゼに比べると、ゴンベはじっとしていることが多く比較的写真に撮りやすい。

でもクダゴンベってこういうイソバナやヤギなどの、奥のほうに隠れているので撮りにくい。

恥ずかしがらんと出ておいで~


カミソリウオ
c0018489_0143022.jpg


頭を下にして、
ユラユラと漂う様は
海藻そのもので、
言われないと魚だとは気づかない。


海の中には面白い生物がぎょうさんいるなあ。
[PR]
by koh_chang | 2009-06-28 23:43 | ダイビング | Comments(2)

柏島・その2

今日からベテランFねー夫妻&お母様も加わって、賑やかで楽しいダイビング。
けれども昨日の透視度はどこに行ってしまったのか。
c0018489_2334926.jpgシャコシャコシャコ…と
岩陰に隠れようとする
モンハナシャコ。
15㎝くらいで
結構迫力あり。

無駄にド派手な
気がするんだが、
誰にアピールしてんの?


こちらはちっちゃいちっちゃいピグミーシーホース。
c0018489_23381010.jpg
体長1㎝ほどで
上手に擬態しているので
とっても分かりくい。
これでもタツノオトシゴの仲間で魚なのだ。

今回ライトを使って、初めて自分で発見できた。
写真の出来はさておき、見つけられたのがとっても嬉しかった。


以下2枚はヤナッチ撮影。濁り&深場での外付けストロボ威力を見せ付けられたわ。
c0018489_0202854.jpg
赤帯が華やかな
スジハナダイ

目の前を1匹横切り、
慌ててシャッターを押したが
私の写真は
証拠写真にもなっていなかった。


c0018489_0205344.jpg
スミレナガハナダイ

柏島ではどちらも30m近い深場に生息する。
こちらは小さな群れ作っている。

ライトを当てると
鮮やかな黄色が光って
綺麗。


c0018489_23514768.jpg
濁りの中に中型の魚の群れが。

メジナかな、思っていたが、黄色い魚がいくつか混じっていた。
調べてみたら黄化個体のいるミナミイスズミのようだ。群れには黄色いやつが大概混じっているらしい。

初めて見るミナミイスズミの群れだった。
[PR]
by koh_chang | 2009-06-27 23:31 | ダイビング | Comments(0)