こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ダイビング( 95 )

伊良部島・その3

今日でダイビング最終日。
1本目:中之島ホール

ホールへの入口。ここからふわ~と穴の中に落ちていく。
c0018489_16273752.jpg

ホールの中はかなり広い。
c0018489_16294160.jpg

帰り道にカクレクマノミがいたよ。
c0018489_173261.jpg

2本目は通り池。
3回目の来島にして、やっと行けた。うねりがあるとポイントまで行けないので、海況がよくないと潜れないのだ。

通り池は、島の公園にあって観光スポットになっている。二つの池が下部で繋がり、さらに外海と地下水路で繋がっている。外海からは深さ45m、幅20mの巨大なトンネルを通り、池に入ることができる。

そのトンネルを抜けると…。
c0018489_16365047.jpg
下は青、
上は緑に分かれた
幻想的な世界が広がる。

池が深いため、上層と下層で温度差ができ、サーモクラインが見られる。
下から見ると、水中が陽炎のようにゆらゆら揺れている。
視界にあるのは、青と緑だけ。魚も壁も見えない。
不思議な異次元空間。
c0018489_16472615.jpg

水面まで浮上すると、帰りのエアがなくなってしまうので、浮上はなし。
幻想世界を十分漂って、またトンネルに戻る。

3本目:渡口ガーデン
最後は砂地にあるサンゴの根から根へ、癒し系のポイント。

サンゴに舞うデバスズメダイ
c0018489_16562317.jpg

c0018489_16572021.jpg

タテジマキンチャクダイの幼魚
c0018489_170523.jpg

お、この子は初めて見たよ。

クロハコフグ

幼魚は黒に小さな水玉模様で、とてもかわいい。見てみたいな。

タスジミドリガイ。大海原をもぞもぞ移動中。
c0018489_1735245.jpg

そしてイシガキカエルウオ。c0018489_1744286.jpg

この笑っているみたいな姿を撮りたくて、
ついつい追い掛け回してしまうんだな。
[PR]
by Koh_chang | 2010-11-22 16:24 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その2

1本目:アントニオガウディ
宮古島エリアで人気のある地形ポイントの一つ。

上を見上げます。
ちょっとマンタっぽく見えなくもない。
c0018489_23485771.jpg

不思議な地形です。
c0018489_23513124.jpg

2本目:ホープケーブ
通り池と魔王の宮殿を足してコンパクトにしたようなポイントだそうな。

差し込む光や魚たちを見ながら大きなトンネルを進む。
c0018489_23535868.jpg

トンネルの先の、洞窟に浮上。昨日のミニ通り池より大きい。
c0018489_23583866.jpg

c0018489_23592249.jpg再び海へ戻ります。


3本目:魔王の宮殿
ここも人気ポイント。でも地形の写真は失敗ばかりでパス…。
ノコギリダイ。ヘッドライトみたいにぽぽっと光って見える。
c0018489_052853.jpg

c0018489_065244.jpg
ハマクマノミ

イソギンチャクに隠れて
全然出てこない
恥ずかしがり屋さん。

私と一緒やね~。
[PR]
by koh_chang | 2010-11-21 23:47 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その1

1年ぶりに伊良部島にやって来た。
19日の午後、那覇経由で宮古島に到着。すぐ港に移動して高速船で伊良部島入り。
両島を結ぶ大橋建設は、随分進んでいて、もうすぐ繋がりそう。

ダイビングは20日から。
来る前の週間天気予報では、全く晴れマークがなかった。期待しなかった分、晴れると余計に嬉しい。何でも、本当に久しぶりのお天道様だそうな。
c0018489_23181286.jpg

1本目:ショートケーブ
水面を見上げると、太陽の光。嬉しいなあ。
c0018489_23245691.jpg

2本目:ナベ底(ミニ通り池)
海の地下水路を通って、洞窟へぽかり浮かび上がる。
観光客が上から覗き込む。
「ここは青の洞窟ですか?」ちゃいます~行ったことないです~
c0018489_23352430.jpg

洞窟へ通じる出入口。
c0018489_2326998.jpg

3本目:ロウニンヤ
ロウニンアジのポイントだけど、1匹素早く泳ぎ去るのをみただけ。
昼寝中のサメもいた。起こしたらあかんで。

ゴマチョウチョウウオ
c0018489_23393355.jpg


夕方、佐和田の浜を散歩。
c0018489_23455195.jpg
陽がおちると、草むらに何やらほのかな光が。
c0018489_234915.jpg

単なる証拠写真…
驚いたことに、伊良部島ではほぼ1年中、ホタルが舞っているそうだ。普通、ホタルと言えば、川のそばにいる。伊良部島にも宮古島にも、川はないのだが、幼虫はどこで育っているんだろう?
[PR]
by Koh_chang | 2010-11-20 23:12 | ダイビング | Comments(0)

柏島

11/6-7で、高知県の柏島へ。
ドライで潜れる季節のうち行っておきたかった。
柏島は、大阪から7時間以上かかる。いつもは夜中に出発して朝ほとんど仮眠する間もなかったのだが、今回は2日しかないので、なるべく早くに発ち、ちゃんとお布団で寝れたのがとてもありがたかった。

スケロクウミタケハゼ
c0018489_232861.jpg

キンセイイチモチとナガサキスズメダイ
c0018489_23283298.jpg

カザリイソギンチャクエビ ちっこいエビはプレデター系が多いね。
c0018489_23285592.jpg

ゴールデンイールモレイ
c0018489_23291689.jpg

ヒレナガネジリンボウと共生するエビ
c0018489_23295892.jpg

外付けストロボのないコンデジでは、うまく写真が撮れませーん(言い訳)。
[PR]
by Koh_chang | 2010-11-07 23:18 | ダイビング | Comments(0)

柏島・その2

今日は波も落ち着いて、ダイビング再開。
ですが。
海が、更に濁り酒。どれくらいかと言うと、
c0018489_0333625.jpg

堂島川ではありません。

あんまり視界がないもんだから
ウミガメもこちらに気づいてなかったんでしょう。

迫ってきてますがな。


c0018489_036107.jpg
深度を下げても、濁りは消えず。

人懐っこいコブダイが近くまで来たが、
やっぱりハレーションで写真が撮れない。

実際はこんな地味な世界…。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-22 23:32 | ダイビング | Comments(0)

柏島・その1

遥か柏島までやって来たが、海は悲しいくらいに濁り酒。
外付けストロボのない小生のカメラでは、ハレーションで全く写真が撮れない。
ちなみに、写真を撮るとこうなる。
c0018489_052546.jpg
海の濁りにフラッシュが光って、雪模様~

魚はどこじゃ~



c0018489_02837.jpg


被写体のすぐ近くまで寄れる場合は、何とか写真が撮れる。

伊勢海老が隠れない程度に
迫ってみた。

このまま持って帰りたい。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-20 23:59 | ダイビング | Comments(0)

南港

c0018489_2346259.jpg

南港で潜ってきました!

なんとマンボウが!



c0018489_23533493.jpg

なんとナポレオンも!

しかも接近しすぎて、
口元の端っこしか画面に入らない!

模様迷路になってる!



ちなみに潜ったポイントは「海遊館」です。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-06 23:45 | ダイビング | Comments(4)

伊良部島・その5

本日がダイビング最終日。1本目は、初日に行った「ミニ通り池」へ。
c0018489_0112373.jpg

今日の方が日が差して綺麗だね~

c0018489_0123690.jpg池に浮上した怪しい奴。
この後また海の中へ戻っていく。

c0018489_014276.jpg
2本目は「中の島チャネル」。

ここも地形ポイントで、ゴルジュっぽい溝やトンネルや穴など色々出てきて面白い。

c0018489_015366.jpg
c0018489_016571.jpg


c0018489_0192329.jpg最後の1本は「アントニトガウディ」。
3本目だったので、ダイコンに注意しながら潜る。深度のある穴の中ではゆっくりできなかったけど、ハートマークは押さえとかな。

053.gifに見えるか微妙やのお。
愛があれば見えるのだ。


船へ戻ってくる途中で、お花のようなものが見えた。
c0018489_023321.jpg握りこぶしくらいの大きさで、ティッシュで作ったバラの花みたい。波にゆらゆらとゆれていた。

見たことない物体で、ひょっとしてウミウシの卵かな、とも思ったが、数センチのウミウシがこんな巨大な卵産めないし、なんだろう?
後で調べたら、ミカドウミウシの卵のようだ。ミカドウミウシは30㎝位まで大きくなるので、なるほど巨大なはずだと納得。
しかし、こんなド派手な色して、目立つ場所に産むのはなぜなのかな。すぐ魚に食べられそうやのに。また調べておこう。

c0018489_0404562.jpgド派手繋がりで、
この貝。
赤青ペカペカキラキラと…
そもそも貝なのか?

c0018489_045195.jpgこんな風に、サンゴと一体化してるし…。
何やろ。これも宿題。


この日の夜、太もも痒いな、と思ったら、ぷつぷつと小さな水ぶくれが出来ていた。
皮膚が弱く、トラブルも多いので、いつのもことかと思っていたのだが、これが後々大変なことに…。この話は後日また。

翌日、朝からずっと雨。前回来た時に見つけた海岸で、ボルダリングをしようとクライミングシューズを持参していたのだが、次回に持ち越しとなった。
また行かねば!
[PR]
by koh_chang | 2009-11-23 23:09 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その4

c0018489_2338688.jpg本日1本目は、
癒し系の
「クリスタルガーデン」へ。

サンゴの根で、何かオモシロイ生き物がいないか探すのが楽しい。
大好きなイシガキカエルがいたら、しつこく写真を撮るのだけど、すぐ穴に隠れて警戒色に変わってしまう。何にもイジワルしないから出ておいでよう。

スカシテンジクダイと
キンメモドキの
乱舞


c0018489_2341453.jpg2本目は
「中の島ホール」。

ホールへの入り口。
突入だ~


c0018489_2342583.jpg
トンネルを抜けると
大きなホールになっている。


c0018489_2342339.jpg
3本目は「魔王の宮殿」。
宮古島を代表する大人気の地形スポットだ。

海底に空いた穴がトンネルでつながり、複雑な迷路のようになっている。


c0018489_23424990.jpg

天気が今ひとつで、
本来なら"部屋の窓"から
もっと光が差し込むそうだが。

でも十分幻想的だった。


c0018489_23425974.jpg

宮殿のミステリーツアーから
脱出~
[PR]
by koh_chang | 2009-11-22 23:37 | ダイビング | Comments(0)

伊良部島・その3

朝、今日は海が荒れているため、出航できないとの連絡アリ。残念。

c0018489_2330057.jpg午後はどうなるか分からないけれど、皆さんJINさん宅へ集合!

YUMIさんの手作りランチがとっても嬉しい♪
おいしいよ~011.gif

JINさんの最終確認で、午後からはビーチならエントリーできるということで、下地島の中の島ビーチへ。今日はこれ1本、水深も浅いため、90分の欲張りダイブ。コースを1周下見した後はバディ同士でずっとフリーでのんびり生物観察。

ルリスズメダイ
c0018489_23532594.jpg
浅瀬に多いこの魚、艶やかな青が美しい。

尾の先まで瑠璃色の左の子はオス。右上の(分かりにくいけど)尾の先が透明になっているのがメス。


c0018489_23543835.jpgセジロクマノミ

誰かマジックで落書きしたの?と思うくらい、くっきりとした白いライン。顔を正面から見ると変だよね。

臆病者でイソギンチャクから離れず、普通のクマノミのようにおんどりゃーっと向かって来ることはない。

c0018489_23113624.jpgハマクマノミ

こちらは白いラインが横一本。(魚のタテヨコ縞は釣られた時の方向で見るのよん)
クマノミの中では気が荒いらしいけど、この子は恥ずかしがりのようで、なかなか出てきてくれなかった。

c0018489_23214217.jpg

いつまでも美しい海でありますように。

このビーチはシュノーケリングでも十分楽しめるのだけれど、ダイバーの上で、もうすぐ12月だっていうのに、海パン一丁で泳いでいる人がいたのには驚き。さぶっ!
[PR]
by koh_chang | 2009-11-21 23:27 | ダイビング | Comments(0)