こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ダイビング( 91 )

御蔵島ドルフィンツアー

7/18-21

昨年荒天のため2回ともお流れとなったドルフィンスイム、プールでの練習会を経てようやくこの夏に実現♪
東京の竹芝港を22:30頃出航。
c0018489_15342880.jpg
海の日三連休とあって、橘丸は激混み。
我らと同じく2等席なしの難民たちが
船の甲板、廊下に溢れ返っている。
席がなくても、ライフジャケットはチケット販売分
あるんでしょうねえ、東海汽船さん。

Yちゃん、Hちゃん、私は階段の踊り場、
Bちゃん、Iちゃん、R君は
その内側の廊下スペースをゲット。

毛布は1枚100円。それをマット代わりに。
腰痛いし、一晩中電灯が眩しかったけど
風雨しのげる船内だけでもありがたし・・・


c0018489_15405255.jpg

翌朝6時に御蔵島に初上陸!

まだ就航して1ヶ月も経たない橘丸に
なってから、波に弱い御蔵島港への着岸率が
格段にあがっているそうだ。

お天気が良くても
港を目の前にして、接岸できずに
八丈島に向かうことも珍しくないとか。


c0018489_1615760.jpg
御蔵島では、自転車走行が
禁止されているそうだ。

港から車に乗ったらすぐ納得。
まずいきなりこの坂。
この先もずっと坂。

お椀をふせたような形の御蔵島は
港の上に小さな町があるだけで
急こう配の坂道しかない。


午前中は、港で素潜りの練習。水中にいる蟹がわしわし餌を食べる様がおかしくて見ているうちに、波酔いしてしまった。アネロンのんどけばよかった~ 
c0018489_15503799.jpg


この後、カメラのバッテリー充電に失敗していて、肝心のドルフィンスイムの写真が1枚も撮れなかった。今回の写真は、全部Bちゃんにお借りしました。ありがとう☆ お蔭で集中して泳げたよ~

この島はぐるり一周ほぼ断崖絶壁で、いきなり川の水が滝となって海へと注ぎ込む。
c0018489_1604292.jpg


砂浜なんてどこにもなくて、とても荒々しい。離島といえども、沖縄とは雰囲気が全然違う。
c0018489_16132510.jpg


そして、御蔵島周辺に住む野生のイルカたち。
船長さんがイルカを発見すると、群れが近づくタイミングを見計らって、「入って!」と合図してくれる。
素潜り名人Bちゃんが深く潜ってイルカの興味をこっちにむけてくれるので
へたっぴな私でも、真横を通るイルカに大感激。
c0018489_1633544.jpg


一瞬で通り過ぎていくんだけどね。
c0018489_16321022.jpg


赤ちゃんイルカの可愛いことったら。
c0018489_16325178.jpg


息が全然続かなくて、すぐ浮上する私。
c0018489_16323662.jpg


イルカにささる私。
c0018489_16324125.jpg


お魚の大群にも遭遇。
c0018489_16325659.jpg



初めてのドルフィンスイムは、幸運にも3日間ともイルカに出会えた。イルカっちゅうたら水族館の飼い慣らされた奴しか知らなかったけど、当然野生のイルカは気まぐれだ。
深い所でこちらには全く興味なしで通り過ぎていく群れ(恐らく睡眠中)もあれば、水面近くまで来てすぐ横をゆったり泳いでくれるイルカもいる。
三連休なんで人も多く、うざいと思っている奴もおっただろう。通り抜けざまに、糞をひねっていく子がいたが、それは、チト嫌がっている証拠なんだとか。
イルカは我々をどう思っているんかな~なんて考えるけど、まあ片想いってとこかしら。
もっと遊んでもらうには、もっと息が続かないことにはね。

c0018489_1514628.jpg
島には、雑草なみに明日葉がわっさわっさ
そこらじゅうに自生している。

Bちゃんが摘んだ明日葉とツナで
ピザトーストを作ってくれた。
店出せるくらい旨いよ。


c0018489_15204088.jpg

暑いでんな~

あ~
水がうまいぜよ~


夕焼け時の御蔵島の桟橋。
c0018489_15233914.jpg

入り江もなく外海から突然の桟橋。
波の影響をもろに受けるのも納得。


その桟橋に、橘丸が到着する時には、必ず警視庁(東京だからね)のお巡りさんが来られる。
小さな離島だけに、入島者をチェックしているとか。
c0018489_1526154.jpg


お巡りさーん、桟橋で波動拳使ってるオバサンがいるよーっ
c0018489_15313740.jpg


c0018489_15355520.jpg

さよなら御蔵島

また来るからね


c0018489_15365630.jpg

帰りも何じゃこれの橘丸。

でも帰りは2等和室だったので
快適に過ごせたよ~

同じ値段ってのが解せん。

ツアー企画してくれたBちゃん、一緒に遊んでくれた皆さん、お蔭さまでほんとに楽しかったよ。ありがとう☆
来年もまた、イルカに会いにいこうね!
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-27 16:19 | ダイビング | Comments(0)

京都

以前激混みで入口で諦めた京都水族館、Yさんのそんなに混んでないよ~とのツイートを見て行ってみた。

c0018489_18341083.jpg
折り重なるオオサンショウオ

そんなに詰め込まんでも・・・と思いきや
捕まえても行き場のない固有種と外来種の交雑種らしい。

鴨川では9割以上が交雑種を占めて
どーすんねん、って問題になっている。

奴らには罪はないのにね・・・


c0018489_18355698.jpg

カエルアンコウ

海の中でも、微動だにせずボケッとしてるが
エスカを使って魚を喰らうその姿は
目にもとまらぬ速さらしい。

一度でいいから見てみたい。
ルアー垂らしてみる?


c0018489_1838126.jpg

せっせと卵の世話をするハマクマノミ。

胸鰭をあおいで新鮮な水を卵に送っている。
世話役はオスの仕事なんで、イクメンやね。

卵は、クマノミの赤ちゃんの目玉がはっきり見えて赤くなっている。ハッチアウトももうすぐ。

こちらも一度でいいから見てみたいなあ。


帰りに、久しぶりに京クラに寄ってみた。暑くて暑くて、ろくに登れなかった。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-19 18:39 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・ダイビング編

ANAのマイルが今月末で期限切れになってしまうので、せっかくならば同じマイルでちょっとでも遠く・・・と久しぶりに石垣島へ。

めだかさんのボート、申し訳ないけど貸切^^;
ダイビングは1年ぶりなので、のんびり系リクエスト。
5/9 1本目「サブマリン」。地形ポイント。心の清い人だけ、潜水艦に見えるんだそーです。
c0018489_13162753.jpg


2本目「リトルクリーチャーズホーム」。サンゴの根から根へ。
ハダカハオコゼ。写真じゃ分からないけど、実物をじっと見ていると眼がダイヤモンドのようにキラキラ輝く。
c0018489_13255051.jpg


イシガキカエルウオ。正面から見ると、テヘって笑っているように見えるんだけどね。
c0018489_13292522.jpg


3本目「トカキンの根」。大物狙いで。
イソマグロ。デカい。
c0018489_13362448.jpg


グルクンの群れに反応するイソマグロたち。
c0018489_13371317.jpg


5/10 今日は風が強く、潜れるポイントが限られてしまったそうです。今日も癒し系で。
1本目「黒島テラピー」
c0018489_13392954.jpg


擬態が上手なコノハガニ。
c0018489_13414445.jpg


ハマクマノミ。
c0018489_1344925.jpg


ハナヒゲウツボは何故いつも大口を開けているのだろうか。
c0018489_134527.jpg


2本目「パナリ 竜宮の根」。赤いイソバナがとても綺麗なポイント。
c0018489_13463641.jpg


竜宮城てこんなとこかな~と思わせる所。
c0018489_1348352.jpg


c0018489_1354171.jpg


大きな根の周りは、広い砂地。潮の流れが結構速い所なので、砂紋ができる。
c0018489_13505453.jpg


3本目は「秘密のオアシス」。
オニダルマオコゼが睨みをきかせてます。
c0018489_13543425.jpg


ハナビラクマノミに、
c0018489_13554496.jpg


カクレクマノミ。
c0018489_13563321.jpg


大きなミアミラウミウシ。
c0018489_1357665.jpg

ハナミノカサゴがゆったり泳いでいました。
c0018489_13574754.jpg


産卵を控えてお腹が大きくなったハマクマノミや、いっぱい産みつけた紫の卵を守るロクセンスズメダイは、我々にも来るな来るなと猛攻撃をしてきます。勇敢ですね。そっと見守ってあげましょう。

魚の寄生虫や食べかすをクリーニングしてくれるホンソメワケベラ。海の中で、気持ちよさそうにつつかれている魚をよく見かけますが、何度か私もほっぺたや唇をつつかれました。ご飯粒でもついてたんかしら^^;
ちくっと痛いけど、足の角質やったら気持ちいいんやろな。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-17 14:12 | ダイビング | Comments(0)

ドルフィンスイム練習会

6/15(土)

イルカと一緒に泳いでみたい☆
Bちゃんにお誘い頂いて、なみはやプールの練習会に行ってみたら、
c0018489_23234889.jpg

ジムとちゃうのに
ナカガイ組が
いっぱいいますやん☆

初めてのメンバーはBちゃんが先生。Bちゃんはイルカみたいにスイスイ泳いでた。いざ自分がやってみると、見事なまでに泳げない。。。
フィンはつけるけどバタ足はしない。手はまっすぐ前にのばし、身体、腰をしなやかにうねらせて。
潜る時は、大きく深呼吸2回してから息を止めて。

ダイビングの泳ぎ方に慣れてしまっているせいか、すぐに苦しくなってしまう。
90分×2回の練習で、最後の方でやっと何か掴みかけたけど、すぐに忘れてしまいそう。。。
c0018489_2336769.jpg

この飛び込み台にホールドつけたら
最後はルーフ、
そのままプールにドボンできるから
すんごい楽しそうやん☆


プールの後は、Nジム摂津店へ。
若者は元気じゃ。おばちゃんは眠くて眠くてzzz
泳ぐのって何でこんなに疲れるんだろね。
体育でプールのあった次の授業は、お休みタイムやったしなあ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-06-26 23:46 | ダイビング | Comments(4)

南越前・ダンゴウオ

5/12(日)

福井の南越前で、初ダンゴウオ狙い☆

ダンゴウオは成魚でもせいぜい1センチほどの、その名の通りお団子みたいな可愛い魚。

この写真のどこかにいるの、分かるかな?
c0018489_22262491.jpg


しょぼいコンデジで撮ったものなので、あんまり可愛くないけど^^;
c0018489_22364672.jpg


熱帯魚の艶やかな派手さのない日本海ですが、その分、ダンゴウオに集中できます・・・
ヒメギンポのちょっとした水色の縁取りが、とても鮮やかに感じます・・・
c0018489_22412914.jpg


ユビウミウシ。泳ぐらしい。
そういえば、数ミリほどのキイロウミコチョウが小さな身体をくねらして泳いでたなあ。
c0018489_22482974.jpg


ダンゴウオは、冬の産卵時に浅瀬にあがってくるけれど、水温が上がると深海に戻ってしまうので、見られる時期が限られます。水温14.6℃は、今までで一番冷たい海水でしたが、我慢できる範囲でした。
しかし、ほんまにちっちゃかった。老眼進んだら、どこにいるかさっぱり分からなくなるんやろなあ。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-06-05 23:04 | ダイビング | Comments(0)

鳥羽

c0018489_21325520.jpg
あ。
スイマセン、
また水族館ですが。

鳥羽です。
小学校の修学旅行で来たなあ。

南のお魚を見ていると
やっぱり旅にでかけたくなる。


c0018489_21371199.jpg

おめめが
かわゆい
コブシメちゃん

一瞬で色が変わる様は
摩訶不思議


c0018489_21401522.jpg

いやまあ
確かにここは
伊勢エビの本場やけど

ここまで一つの水槽に
詰め込まんでもええやろー
ってくらいに

うじゃうじゃ
エビだらけやった(笑)


c0018489_21465539.jpg
いつか海の中で実際に対面したいこの子がいたもんだから
何とか写真撮ろうと粘ったんだけど
閉館時間になってしまった。
全部回れなかったよう。またいかんと。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-03-29 21:38 | ダイビング | Comments(0)

沼津港

c0018489_23341698.jpgおおお!ハナイカが歩いとる!

沼津で潜ってきた、、、じゃなくて
深海水族館に行ってきた。

小さい水族館だけど、よく似た生き物を比較展示するなどの工夫があって、なかなか楽しめた。

一番興奮したのは冒頭のハナイカだが。
深海魚関係ないし。

c0018489_23471100.jpg
冷凍シーラカンス。
世界でここにしかないらしい。

芸人さんのシーラカンス講座を聞いたり
展示を見ていると
かなり変わった生き物だと知った。

背骨ないねんて。

c0018489_23583548.jpg
沼津港周辺は、おさかなグルメの店がいっぱいで大賑わい。

お昼の時間を大幅にずらして
「丸天」で海の幸を頂く。

さすがにお刺身がとても美味しい。
そして何よりも、あら汁が驚く旨さであった。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-01-28 23:33 | ダイビング | Comments(0)

長良川・リバーダイビング

9/8(土)

Bちゃん、Bちゃんの友人、ヤナッチと岐阜県でリバーダイビングへ。
Bちゃんはダイビングショップで知り合ったのだけど、ナカガイ高槻で登りだしたらあっという間に強くなり、破天荒キャラでジムの人気者。ダイビングインストラクーで、あちこち潜りにいっているベテランさん。彼女も川は初めてとのことで、誘ってくれた。

行き先は長良川、下流の河口近くかと思っていたのが、山に近い中上流とのこと。潜れる深さがあるんだろうか。いつもは歩く沢の中、どんな世界なのかとても楽しみ。

現地ショップで長良川ダイブを開拓されてきたガイドさんに案内してもらう。夏の川で怖いのはゲリラ豪雨。今日もまずは川の様子をチェックされるも、巨大オオサンショウウオがいるスポットは、濁り過ぎで×、別のポイントへ移動した。

1本目:美濃市 長良川c0018489_10204664.jpg

河原ではフツーに水遊びをしているファミリーがいる。
下流側では釣り師がいっぱい。
え、こんな賑やかなところ潜るんですね^^;


c0018489_10291765.jpg

実際に川に入ると、足がつかないほど深い。
前日からの濁りがのこっていたので、
川の中の写真はうまく撮れなかった。


c0018489_1031638.jpg

濁った中にもゲンゴロウブナ、ギギ、ナマズ、カワエビ等々見られた。
アユは姿は見えなかったけど、岩についたコケを食んだ跡がいっぱいある。


c0018489_10335316.jpg

お天気が良ければ、水の中からも橋が綺麗に見えるらしいけど
今日はこんな有様。


2本目:関市 板取川
少しでも濁りのないところへ、ということで、上流の川へ。
c0018489_10364356.jpg


水深はMAXで4mと浅いけど、透明度は1本めよりずっといい。
c0018489_10382577.jpg


川を少し上ると透明度は増す。泡のたつ落ち込みのところでは、魚が沢山集まっていた。
c0018489_10404036.jpg


アマゴも泳いでいるよ。
c0018489_10423143.jpg


初めて使うカメラで、マクロモードがどこか分からず(おいっ)、他はピンぼけ写真ばかりでした。。。

ダイビング終了後は、近くのイタリアンへ。店のご主人が釣った鮎のフリッター。
c0018489_10443527.jpg

美味しかったなあ。


c0018489_1045343.jpg
関市がうなぎの街だなんて知らなかった。
夜は鰻丼頂きます。


次回はオオサンショウオに会ってみたいな。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-10-13 10:06 | ダイビング | Comments(2)

能登島

能登島のイワシトルネード☆
c0018489_23552185.jpg




あ、いつもの通り水族館ですが、何か?



8/14(火)
前日に、一応北アに行くつもりで夕方家を出たものの、北陸道に入ってから半端ないゲリラ豪雨が来た。ワイパーは意味をなさず、滝のような雨が視界を閉ざす。ほんとに怖いね。
徳光Pで再度天気予報、降水情報を確認し、当初の予定の釣り山行はとりあえず中止とした。

さて、この貴重なお盆休みをどうすべかの。

どこも悪天のようなので、とりあえずは能登半島を観光でもすっかと高速道を下り、最寄りの道の駅で寝ようとするが、雨で窓が開けられず、暑くて眠れぬ一夜を過ごす。夏の雨の車中泊は最悪だ。

で、翌日。
雨の日は水族館に行くのがまず第一。能登島水族館にやってきた。
なぜか能登半島だけ晴れとるがな。

ジンベイザメがいたんだけど、水槽が小さくて気の毒やな…と思っていたところ、
その後、やっぱりここは狭すぎるということで、海に返すことになったんだって。
よかったね。
c0018489_055723.jpg


オニダルマオコゼっていつ見てもスゴイ顔ですなあ。
普段微動だにしないくせに、エサ捕る時は電光石火て信じられん。
c0018489_0102079.jpg


ドルフィントンネル。
c0018489_0161890.jpg
能登島は、海で野生のイルカと泳ぐドルフィンスイムができるそうなので、いつかやってみたいな☆


c0018489_022385.jpg
プリップリの大きな岩ガキ、
道の駅の魚屋さんで、その場で食べさせてくれます。
めちゃめちゃ美味しかったよう。


明日からどうすべ? どこが晴れる? 
尾瀬なら何とかなりそうってことにしたが地図がない。何件も本屋を回って、ようやく何とか入手した。
さてどんな山旅になることやら。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-09-30 23:52 | ダイビング | Comments(2)

柏島

6/23(土)~25(月)

高知県の西端・柏島へ。
3日間とも雨。まあよく降りましたわ。

普段使っているコンデジを水中でも使用しているが、山では滅多に使わないフラッシュが壊れていることに潜って初めて気づくorz

フラッシュが光らないか、たまーに光ったら画面が真っ白になるかのどちらか。
水中では光がないと、色の無い世界になってしまう。
な訳で、オリンパス最後の水中写真だぜぇ~数枚だけ撮れたぜぇ~

ハタタテハゼ
c0018489_23521180.jpg

目つき悪いでアンタら。
いつもは深場でしか見れないアケボノハゼが、27m位のところにいたのだけれど、カメラがこんなんやから写真撮れず。とても綺麗なハゼなんだけどな。
このハタタテ、普通過ぎて写真撮る人もおらんけど、アケボノに負けず綺麗やと思う。
沖縄ではこんなに大きくならないそうだよ。


コケギンポかな
c0018489_033860.jpg

穴から顏だけ出してるギンポ系って愛嬌あって可愛いの。


フリソデエビ
c0018489_23592612.jpg

珍しくサンゴの中にいたよ。


アオリイカの卵
c0018489_23595852.jpg

今はアオリイカの産卵時期。
濁っていた初日に産卵を見に行った。濁り過ぎてはっきり見えなかったけど、頭上を沢山のでっかいアオリイカが行き来していたよ。


ソラスズメダイ
c0018489_014617.jpg

そこらへんにうじゃうじゃいる子たち。
でっかいタコにもちっちゃい体で勇敢につついて追い払ってた。ちょっかい出してただけかな。



これから夏本番、シーエアーさんは多忙を極めはるので、また落ち着いた頃にお伺いしましょう。
それまでにカメラも買い替えなきゃ。

前回、柏島でボルダーできそうな所を見つけて靴持ってきたけど、残念ながら出番なし。
これも次回のお楽しみ☆
[PR]
by Koh_Chang | 2012-07-03 00:01 | ダイビング | Comments(2)