こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ダイビング( 98 )

柏島・エビカニ編

モンハナシャコ。こいつのパンチ力、銃弾が発射される時の加速度に匹敵し、蟹や貝を砕くらしい。
とはいえ、水中で出会うとすぐに穴に引っ込み、大きな眼をクルクル回してこちらを窺う臆病者。
c0018489_162752.jpg


オドリカクレエビかしら。身体がほとんど透明でガラス細工みたい。
c0018489_1694953.jpg


大好物のヒトデを抱えるフリソデエビ。
c0018489_16165794.jpg


ムチカラマツにそっくりなビシャモンエビ。偶然大小2匹写ってた。小さい方が雄なんやて。
c0018489_16184613.jpg


オオアカホシサンゴガニ
c0018489_16223188.jpg


キモガニ
c0018489_16253066.jpg


コマチコシオリエビ。ウミシダの中に潜んでいる。
c0018489_1627116.jpg


エビカニ類じゃないけど・・・
ナガサキニシキニナっていう貝の卵。まるでワイングラスに紫の粒が注がれているみたい。
c0018489_1629929.jpg


カンナツノザヤウミウシ。数ミリしかないとってもちっちゃい個体だった。
c0018489_16334150.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2015-11-02 19:01 | ダイビング | Comments(0)

柏島・お魚編

10/31-11/3

3年ぶりの柏島(^^) 高知の南南西にある小さな島はやっぱり遠かった。。。
早朝5時にようやく大月町到着。唯一のコンビニ・スリーエフがローソンになっていた。あれ?
スリーエフは今春四国から撤退し、ローソンに替わったらしい。店内手作りの爆弾おにぎりやお弁当が無くなってしまうのは寂しいな・・・と店に入るとそれらは健在である。ヨカッタ。全国どこでも同じコンビニで同じ商品だったら、面白くない。

この時期の柏島は7年ぶり。前回同様、今回もフードベスト&ウェット仕様にしたが、潜水時間が30分を過ぎるとと寒くて震えが・・・。そして体が冷えると・・・。Wで辛いのであった。

ゴールデンイールモレイ。(和名ヒメウツボ) 見たら幸せになるとか、金持ちになるとか。
ダブルで見れたから、宝くじ買っとくかの。
c0018489_10555317.jpg


コケギンポ。出てこないけど引っ込みもしない。
c0018489_15285679.jpg


ウミテング。砂地をモゾモゾ這って移動する変な魚。腹ビレを足のように使っているらしい。
次回出会えたら、ひっくり返して観察してみよう。
c0018489_15332967.jpg


ニシキフウライウオ。バックのウミトサカに擬態していかのよう。
c0018489_15403690.jpg


ホホスジタルミの幼魚。この魚の名前に激しく動揺するお年頃・・・。
c0018489_15431332.jpg


ミナミハコフグの幼魚。ちっちゃくてめちゃ可愛いので追いかけ回してしまう。
c0018489_15454091.jpg


ハタタテハゼ。柏島の個体はとっても大きいように思う。
c0018489_1547511.jpg


ハナヒゲウツボ。このウツボのブルーは本当に美しい。
c0018489_1551342.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2015-11-01 11:15 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その3

9/11

ダイビング最終日。今日が一番透明度がよくて、気持ちよかった。
砂地に自分たちの影が映るくらい。
c0018489_1781899.jpg

カイメンに隠れるザラカイメンカクレエビ。
c0018489_1784999.jpg

真っ赤なイソバナ。
c0018489_17131184.jpg

キンギョハナダイが群れてて、綺麗だった。
c0018489_1714148.jpg

タテジマキンチャクダイの幼魚のブルーも美しい。
c0018489_17143947.jpg

「竜宮の根」というこのポイント、竜宮城ってこんな所なんじゃないかなって思うくらいサンゴと魚が綺麗なところ。
c0018489_17153883.jpg

ボケーっと魚を見ながらプカプカ浮いているのも気持ち良い。
c0018489_17165189.jpg

砂地が心地よくてフィンを取るNさん。
c0018489_1718846.jpg

蛍みたいなノコギリダイの群れ。
c0018489_17191656.jpg

こうやってサンゴにナンヨウハギ幼魚だけ群れる場所は珍しいそうだ。めちゃ可愛い。
c0018489_1720937.jpg

c0018489_1721472.jpg
最後に船に戻ってきたら、
サプライズが待っていた。

ありがとうございました♪

最後の夜は、居酒屋かんむらへ。偶然通りかかったスタッフさんも一緒に乾杯☆

9/12

お昼の便で帰阪。
Wヨウコさん、今年もお世話になりました。ありがとうございました。
来年もまた、トリプルヨウコさんで行けますように!
[PR]
by Koh_Chang | 2015-09-11 17:05 | ダイビング | Comments(2)

石垣島・その2

9/10

本日もよい天気ながら北風が吹いているため、近場のポイントへ。
撮って!といわんばかりの小ぶりなサンゴのオブジェには幼魚が舞う。c0018489_15171532.jpg

うじゃうじゃのキンメモドキ。
c0018489_15173836.jpg

ぶどうみたいなミズタマサンゴに隠れる小さなバブルコーラルシュリンプ。
c0018489_15192921.jpg

トサカリュウグウウミウシが053.gif 2個体がパイプみたいな管で合体中。
写真撮っている時は全く気付かなかったの。ごめん邪魔して。
ウミウシは雄雌同体で、互いに精子を交換するそうだ。この広い海原で同種が出会うこと自体奇跡的!
c0018489_15321110.jpg


心が清らかな人には潜水艦に見えるポイント、サブマリン。
c0018489_16531764.jpg

てっぺんにサンゴのかけらを積んで・・・
c0018489_16542647.jpg

c0018489_1655586.jpg
小さなケルンに。

すぐに波に流されるだろうけど。

ケーブへ大の字で突入。気持ちよさそう。
c0018489_16561620.jpg

セジロクマノミに、
c0018489_16582920.jpg

カクレクマノミ。
c0018489_1659890.jpg

その横で、ハナイカが悠然と泳いで去って行った。
c0018489_16593962.jpg

ギンガハゼ。水色に輝く斑点が、銀河っぽいからこの名前なんだろう。
c0018489_1703114.jpg

今宵も居酒屋ゆくいで乾杯☆
[PR]
by Koh_Chang | 2015-09-10 15:15 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・その1

9/8

奈良のW洋子さんとともに、トリプルヨウコで石垣島ダイビングツアーへ。
マイルが足りず、一人遅いANA便で夜到着。炭火焼が旨いなつやで、無事来れたことに感謝し、乾杯☆

9/9

台風の影響が若干あるそうで、竹富島~黒島周辺で潜る。

石垣島といえば、やっぱりイシガキカエルウオは外せない。
c0018489_1055186.jpg

卵を守るクマノミ。時々胸鰭で扇ぐように新鮮な海水をかけてやっている。
卵の中にいる稚魚の眼が銀色にピカピカ輝いていて、もうすぐハッチアウトするのかな。
c0018489_14145292.jpg

ハダカハオコゼ。光をあてると、赤い眼がキラキラ宝石のように輝く。
c0018489_14204447.jpg

ムチカラマツをうろちょろする数センチほどのガラスハゼ。ほんとにガラスみたい。
c0018489_14213690.jpg

ハナゴンベ。黄色からピンクのグラデーションがとても綺麗。
c0018489_14244728.jpg

派手なストライプが目立つニジハギ。盛んに海底をつついている姿をよく見かけた。
c0018489_14283385.jpg

大好きなモンツキカエルウオ☆ リクエストしておいたら、見つけてもらえた(^^)
でも恥ずかしがり屋で近寄ったらすぐ巣穴に引っ込んでしまう。
もっとお顔をよく見せてほしいのに~ どアップにしてこの程度が限度。。。
c0018489_14322476.jpg

浅場で泳ぐアカヒメジとノコギリダイ。
c0018489_14383895.jpg

地形ポイントの仲本ケーブ。
c0018489_14414929.jpg

暗がりで群れるリュウキュウハタンポ。
c0018489_14411492.jpg

洞窟の中で、ギャー、眩しいんじゃー!と言っているようなアカマツカサ。
c0018489_14443265.jpg

ケーブの近くで、大きなアカククリがゆったり泳いでいた。
c0018489_14485633.jpg

今宵は居酒屋ゆくいへ。海の幸サラダが刺身も野菜もいっぱい。ゴーヤチャンプルもボリュームたっぷりで
CPいいですね~ご馳走さまでした。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-09-09 10:04 | ダイビング | Comments(0)

石垣島

いつになったら現在に追いつくのだろう、このブログ(汗)

8/30-9/3 Nさんと石垣島へGO!

昼前に到着し、レンタカーでまずは明石食堂へ。1時間待ってでも食べたいトロントロンのソーキそば。
とっても美味しかった☆
その後は、最北端の平久保灯台で青い空と海に微笑み、
c0018489_1922957.jpg

鍾乳洞で悠久の時を感じ、
c0018489_1941813.jpgc0018489_1942664.jpg

翌日から八重山の海を潜り、どこまでも澄んだコバルトブルーの海を堪能。
スカシテンジクダイの大群。
c0018489_197023.jpg


様々なサンゴも見事に海を彩る。
c0018489_19104844.jpg

c0018489_19114225.jpg

キンギョハナダイたち
c0018489_1914503.jpg

ノコギリダイは背中に黄色いランプを光らせているように見えるね。
c0018489_19165262.jpg

恥ずかしがり屋のカクレクマノミは、なかなかイソギンチャクから出てこない。
c0018489_19211430.jpg

メガネゴンベは空を見上げて何を想うのか。
c0018489_19215170.jpg

バラクーダ!
c0018489_19252481.jpg

グルクンの群れかな?
c0018489_19264093.jpg

カスミチョウチョウウオがすぐそばで群れ、思わず拍手。
c0018489_19291648.jpg

石垣島なんで、やっぱりこの子。珍しくイシガキカエルウオがペアでいたよ。
c0018489_19302212.jpg

c0018489_19311411.jpg
リクエストした
モンツキカエルウオ、
初めて会えた(^^)

臆病で一度ひっこんだら
顔をちょこっと出して
様子をずっと窺っている。

気持ちよさそうに泳ぐNさん。
c0018489_19355992.jpg

c0018489_19365597.jpg

V字ポイントでVサインしたら、
宝くじが当たるんだって!

黄色いけどアカヒメジ。
c0018489_19375878.jpg


海は3日間ともこんな感じ。海面が鏡みたいに穏やか。
c0018489_19401011.jpg

波照間ブルー☆
c0018489_19411739.jpg

綺麗な海を見ていたら、心も穏やかになってくる。癒されるな~
c0018489_1942230.jpg


Nさん、ほんとに素晴らしい海でしたね。お陰様で楽しいツアーとなりました。ありがとうございました。
来年はMさんもご一緒できますように。またよろしくお願いします058.gif
[PR]
by Koh_Chang | 2014-09-30 19:06 | ダイビング | Comments(2)

奄美大島

8/12-17

うむ、お盆休みの天気があまりよろしくない。山は避けてどこに行こうか。
奄美行の便が空いているので行ってみよう。帰りが取れてないけど、まあいっか。

奄美空港から島の南部にある古仁屋まで、バスを乗り継ぎのんびり移動。そのバスがかなり年季の入ったマイクロバスで、坂道に差し掛かると、座っていた一番後ろの座席の下からモクモクと排気ガスが。。。ゲホゲホゲホ。当然座ってられないほど座席が熱くなり、思わず座席を移動。地元の方は、慣れていらっしゃるようで、平然としておられました。。。運転手さんもバスに劣らず年季の入ったシニアの方と見受けられ、車内放送も全然聞き取れなかったのだが、これまた皆さん、特に問題もなく乗降されている。最後には誰もお客さんがいなくなってしまったので、不安になって直接運転手さんにどこで降りたらいいのか聞いてみたら、終点、と教えて下さった。

降り立った古仁屋の町も、静かな漁港で、何だか沖縄本島や石垣島なんかと比べ物にならんほど、田舎でのんびりした島だ。

枝サンゴが見事な海。
c0018489_17465275.jpg


迷路みたいなオオナガレサンゴ。
c0018489_17481846.jpg


バブルコーラルシュリンプ。ミズタマサンゴに共生。
c0018489_1843130.jpg

ムチカラマツに隠れ住むムチカラマツエビ。隠れるというより溶け込んでるよね。
c0018489_1871492.jpg


ホシゾラワラエビ。長い脚に白い斑点がいっぱいあって、それを星空に見立てたのね。きっと。
c0018489_1812133.jpg


睨みをきかすハタタテハゼ。
c0018489_18162284.jpg

イシガキカエルウオは笑ってる。
c0018489_18165017.jpg

アオギハゼはオーバーハング好きでいつも逆さま向いてる。クライマーみたいだね。
c0018489_18173846.jpg


本当はもっともっと綺麗な奄美の海を写真で表現できず、残念。カメラのせいにしちゃダメかな。
今回はダイビングのみで島の観光はあまりできなかった。またゆっくり来てみたいなあ。

帰りは結局、古仁屋から鹿児島までフェリー(同じ県内なのに16時間40分もかかるのだ。。。)、鹿児島からは空の便。フェリーは雑魚寝部屋で一人のスペースも狭いし満員だし、できれば次回は避けたいところ^^;
[PR]
by Koh_Chang | 2014-09-29 17:24 | ダイビング | Comments(0)

御蔵島ドルフィンツアー

7/18-21

昨年荒天のため2回ともお流れとなったドルフィンスイム、プールでの練習会を経てようやくこの夏に実現♪
東京の竹芝港を22:30頃出航。
c0018489_15342880.jpg
海の日三連休とあって、橘丸は激混み。
我らと同じく2等席なしの難民たちが
船の甲板、廊下に溢れ返っている。
席がなくても、ライフジャケットはチケット販売分
あるんでしょうねえ、東海汽船さん。

Yちゃん、Hちゃん、私は階段の踊り場、
Bちゃん、Iちゃん、R君は
その内側の廊下スペースをゲット。

毛布は1枚100円。それをマット代わりに。
腰痛いし、一晩中電灯が眩しかったけど
風雨しのげる船内だけでもありがたし・・・


c0018489_15405255.jpg

翌朝6時に御蔵島に初上陸!

まだ就航して1ヶ月も経たない橘丸に
なってから、波に弱い御蔵島港への着岸率が
格段にあがっているそうだ。

お天気が良くても
港を目の前にして、接岸できずに
八丈島に向かうことも珍しくないとか。


c0018489_1615760.jpg
御蔵島では、自転車走行が
禁止されているそうだ。

港から車に乗ったらすぐ納得。
まずいきなりこの坂。
この先もずっと坂。

お椀をふせたような形の御蔵島は
港の上に小さな町があるだけで
急こう配の坂道しかない。


午前中は、港で素潜りの練習。水中にいる蟹がわしわし餌を食べる様がおかしくて見ているうちに、波酔いしてしまった。アネロンのんどけばよかった~ 
c0018489_15503799.jpg


この後、カメラのバッテリー充電に失敗していて、肝心のドルフィンスイムの写真が1枚も撮れなかった。今回の写真は、全部Bちゃんにお借りしました。ありがとう☆ お蔭で集中して泳げたよ~

この島はぐるり一周ほぼ断崖絶壁で、いきなり川の水が滝となって海へと注ぎ込む。
c0018489_1604292.jpg


砂浜なんてどこにもなくて、とても荒々しい。離島といえども、沖縄とは雰囲気が全然違う。
c0018489_16132510.jpg


そして、御蔵島周辺に住む野生のイルカたち。
船長さんがイルカを発見すると、群れが近づくタイミングを見計らって、「入って!」と合図してくれる。
素潜り名人Bちゃんが深く潜ってイルカの興味をこっちにむけてくれるので
へたっぴな私でも、真横を通るイルカに大感激。
c0018489_1633544.jpg


一瞬で通り過ぎていくんだけどね。
c0018489_16321022.jpg


赤ちゃんイルカの可愛いことったら。
c0018489_16325178.jpg


息が全然続かなくて、すぐ浮上する私。
c0018489_16323662.jpg


イルカにささる私。
c0018489_16324125.jpg


お魚の大群にも遭遇。
c0018489_16325659.jpg



初めてのドルフィンスイムは、幸運にも3日間ともイルカに出会えた。イルカっちゅうたら水族館の飼い慣らされた奴しか知らなかったけど、当然野生のイルカは気まぐれだ。
深い所でこちらには全く興味なしで通り過ぎていく群れ(恐らく睡眠中)もあれば、水面近くまで来てすぐ横をゆったり泳いでくれるイルカもいる。
三連休なんで人も多く、うざいと思っている奴もおっただろう。通り抜けざまに、糞をひねっていく子がいたが、それは、チト嫌がっている証拠なんだとか。
イルカは我々をどう思っているんかな~なんて考えるけど、まあ片想いってとこかしら。
もっと遊んでもらうには、もっと息が続かないことにはね。

c0018489_1514628.jpg
島には、雑草なみに明日葉がわっさわっさ
そこらじゅうに自生している。

Bちゃんが摘んだ明日葉とツナで
ピザトーストを作ってくれた。
店出せるくらい旨いよ。


c0018489_15204088.jpg

暑いでんな~

あ~
水がうまいぜよ~


夕焼け時の御蔵島の桟橋。
c0018489_15233914.jpg

入り江もなく外海から突然の桟橋。
波の影響をもろに受けるのも納得。


その桟橋に、橘丸が到着する時には、必ず警視庁(東京だからね)のお巡りさんが来られる。
小さな離島だけに、入島者をチェックしているとか。
c0018489_1526154.jpg


お巡りさーん、桟橋で波動拳使ってるオバサンがいるよーっ
c0018489_15313740.jpg


c0018489_15355520.jpg

さよなら御蔵島

また来るからね


c0018489_15365630.jpg

帰りも何じゃこれの橘丸。

でも帰りは2等和室だったので
快適に過ごせたよ~

同じ値段ってのが解せん。

ツアー企画してくれたBちゃん、一緒に遊んでくれた皆さん、お蔭さまでほんとに楽しかったよ。ありがとう☆
来年もまた、イルカに会いにいこうね!
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-27 16:19 | ダイビング | Comments(0)

京都

以前激混みで入口で諦めた京都水族館、Yさんのそんなに混んでないよ~とのツイートを見て行ってみた。

c0018489_18341083.jpg
折り重なるオオサンショウオ

そんなに詰め込まんでも・・・と思いきや
捕まえても行き場のない固有種と外来種の交雑種らしい。

鴨川では9割以上が交雑種を占めて
どーすんねん、って問題になっている。

奴らには罪はないのにね・・・


c0018489_18355698.jpg

カエルアンコウ

海の中でも、微動だにせずボケッとしてるが
エスカを使って魚を喰らうその姿は
目にもとまらぬ速さらしい。

一度でいいから見てみたい。
ルアー垂らしてみる?


c0018489_1838126.jpg

せっせと卵の世話をするハマクマノミ。

胸鰭をあおいで新鮮な水を卵に送っている。
世話役はオスの仕事なんで、イクメンやね。

卵は、クマノミの赤ちゃんの目玉がはっきり見えて赤くなっている。ハッチアウトももうすぐ。

こちらも一度でいいから見てみたいなあ。


帰りに、久しぶりに京クラに寄ってみた。暑くて暑くて、ろくに登れなかった。。。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-08-19 18:39 | ダイビング | Comments(0)

石垣島・ダイビング編

ANAのマイルが今月末で期限切れになってしまうので、せっかくならば同じマイルでちょっとでも遠く・・・と久しぶりに石垣島へ。

めだかさんのボート、申し訳ないけど貸切^^;
ダイビングは1年ぶりなので、のんびり系リクエスト。
5/9 1本目「サブマリン」。地形ポイント。心の清い人だけ、潜水艦に見えるんだそーです。
c0018489_13162753.jpg


2本目「リトルクリーチャーズホーム」。サンゴの根から根へ。
ハダカハオコゼ。写真じゃ分からないけど、実物をじっと見ていると眼がダイヤモンドのようにキラキラ輝く。
c0018489_13255051.jpg


イシガキカエルウオ。正面から見ると、テヘって笑っているように見えるんだけどね。
c0018489_13292522.jpg


3本目「トカキンの根」。大物狙いで。
イソマグロ。デカい。
c0018489_13362448.jpg


グルクンの群れに反応するイソマグロたち。
c0018489_13371317.jpg


5/10 今日は風が強く、潜れるポイントが限られてしまったそうです。今日も癒し系で。
1本目「黒島テラピー」
c0018489_13392954.jpg


擬態が上手なコノハガニ。
c0018489_13414445.jpg


ハマクマノミ。
c0018489_1344925.jpg


ハナヒゲウツボは何故いつも大口を開けているのだろうか。
c0018489_134527.jpg


2本目「パナリ 竜宮の根」。赤いイソバナがとても綺麗なポイント。
c0018489_13463641.jpg


竜宮城てこんなとこかな~と思わせる所。
c0018489_1348352.jpg


c0018489_1354171.jpg


大きな根の周りは、広い砂地。潮の流れが結構速い所なので、砂紋ができる。
c0018489_13505453.jpg


3本目は「秘密のオアシス」。
オニダルマオコゼが睨みをきかせてます。
c0018489_13543425.jpg


ハナビラクマノミに、
c0018489_13554496.jpg


カクレクマノミ。
c0018489_13563321.jpg


大きなミアミラウミウシ。
c0018489_1357665.jpg

ハナミノカサゴがゆったり泳いでいました。
c0018489_13574754.jpg


産卵を控えてお腹が大きくなったハマクマノミや、いっぱい産みつけた紫の卵を守るロクセンスズメダイは、我々にも来るな来るなと猛攻撃をしてきます。勇敢ですね。そっと見守ってあげましょう。

魚の寄生虫や食べかすをクリーニングしてくれるホンソメワケベラ。海の中で、気持ちよさそうにつつかれている魚をよく見かけますが、何度か私もほっぺたや唇をつつかれました。ご飯粒でもついてたんかしら^^;
ちくっと痛いけど、足の角質やったら気持ちいいんやろな。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-05-17 14:12 | ダイビング | Comments(0)