こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑記( 239 )

洗濯槽の掃除(-"-)

洗濯ものを干す時に、黒っぽい屑が付着することが多くなっているのに気づく。そういえば、もう長い間洗濯機の掃除をしていないので、市販のクリーナーを使ってみた。

洗濯槽をお風呂の残り湯で満たし、「洗濯槽ハイター」ちゅうのを入れ数分回して数時間放置。その後標準コースで洗濯機を回すんだが・・・・・・・

絶句するほど恐ろしく汚い真っ黒い洗濯槽(-"-)
ベロベロのワカメのような物体だらけとなった洗濯槽は
巨大なワカメスープの鍋と化しておる。

1回のクリーニングでは汚れを落とし切れず、急遽第二弾のクリーナーを買いに走る。
2回目、同じことを繰り返し、随分ましになってこれ。
c0018489_0202364.jpg

まだワカメが出てくる(-"-)
これではまだ洗濯機として使えない。

ちなみに出てきたワカメは、
網ですくわないとアカンし、
排水後のゴミも綺麗にしなあかんし、
クリーニング中は
洗濯機から離れられないのである。


3回目、買いに行くのが面倒なので、家にあったキッチンハイターをぶちまけて放置。
その後の運転でようやくワカメが出なくなった。
やっと本当の洗濯ができる・・・

面倒臭がりの自分だが、こんな面倒なクリーニングはこりごり。
せめて今後は2ヶ月に1度は掃除して、ワカメスープになる前に対処しよう。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-12-05 23:56 | 雑記 | Comments(0)

摂津峡・もみじ谷

11/16

c0018489_19183240.jpg

摂津峡のもみじ谷。
そういえば秋に立ち寄ったことがないので
そろそろ見頃かと行ってみたが・・・

青々としておるではないか。
しかも、スマホをかざしたその指に
蚊が止まるではないか。

夜もまだ夏布団だし
いったいどうなっているんだか。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-11-16 19:15 | 雑記 | Comments(0)

モンベルクラブ・フレンドフェア

シャルマン中の人がつぶやいているのを見て、インテックス大阪のモンベルフレンドフェアへ。
c0018489_198164.jpg

アウトレット商品をちょこっと買い物。

オンラインショップと同価格品しか
買っていないので、あんまりお得感なかった・・・

空くじなしの抽選。
モンベル分はいなべ市の手ぬぐい、
糸魚川分は柵口温泉・権現荘の入湯券と
いずれも残念賞の感が拭えず・・・

ザックカバーは、ロープバッグに改造予定。うまくできるかな~
[PR]
by Koh_Chang | 2015-11-07 19:04 | 雑記 | Comments(4)

新しい眼鏡

c0018489_21555694.jpg眼鏡の見え方が悪くなってきた。
特に夜。乱視も進んでいるようだ。

10年以上使っている眼鏡は
かなりガタがきているので
新しい眼鏡を作った。

検査の結果、意外にも視力は落ちていなかった。
若干右目の乱視がきつくなった程度。
結局のところ、
老眼が始っているってことですなあ。
眼鏡だけでなくって、本体も色々ガタがきてますわ。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-10-30 22:09 | 雑記 | Comments(0)

赤十字救急法基礎講習・救急員養成講習

c0018489_19594454.jpg
7月に受講した赤十字救急法救急員講習。
無事合格の認定証が送られてきた。嬉しいな。

合格率は7割。
分厚いテキストもらったその二日後に実技検定と筆記試験。
なので、ほぼ一夜漬け・・・

忙しい3日間だった。


講習初日は半日のみ。救急法基礎講習。昨年受講した消防署の救急法とほぼ同じ。手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動などを習得。

2日目から救急員養成講習。午前は座学で急病や怪我の手当について学習。心臓発作や脳卒中、熱中症などの症状、対応を学ぶ。午後は傷や骨折の手当の実技。三角巾を用いて、二人一組で練習。翌日検定があるので、かなり必死。

3日目、午前は手当の続きと搬送の実技。午後から総合実技。大阪で大地震が発生し、負傷者を手当・救護するというシミュレーション。こういった状況下では、いかに何もできないかが実感できる・・・周りの人との協力体制、コミュニケーションもとても大切。

そして、実技検定。検定員から負傷箇所が告げられると、2分以内に手当を完了させる。完了していない場合でも、終了の合図で止めなければならない。全部で8箇所、毎回検定員がしっかり患部が手当・固定されているかをチェックされる。なかなかのプレッシャー。
最後に、筆記試験。座学時に、「ここ大切ですよ」と言われた所から出題される。8割は正解しないと学科は合格しない。終了時にはどっと疲れた。

今回、たまたま隣の席でバディになってくれた女性は、小学校の保健室の先生。プロですやん。
お陰様で心強かった。ありがとうございました。

講習で学んだことを実践するような機会がない事を祈るのみ。
備えあれば憂いなし。万一に備えて、時々復習しよう。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-08-06 19:58 | 雑記 | Comments(0)

アタリー☆

基本的にくじ運は悪い。かなり悪い。懸賞の類も当たったためしがない。

この夏、伊藤園「おーいお茶」でやっていたネットですぐ当落の分かるキャンペーン。ヤナッチが会社でよく買っているらしく、応募タグをもらってかなりの数を入力。

c0018489_1730315.jpg

おお!

当たる人なんか
本当に存在するのかと
疑問に思い始めた頃に
出た!


c0018489_17343541.jpg

後日、本当に届いた!


c0018489_1735487.jpg

二度目のキャンペーンでも
1回だけ当選!


c0018489_17364222.jpg

夏らしく花火のパッケージ。

「中身はおーいお茶と一緒です」やて。

ペットボトルのお茶の中では、
おーいお茶が一番好きなので、
やっぱり嬉しいもんですね。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-07-01 17:28 | 雑記 | Comments(0)

ラブリー☆

ワンちゃんを飼い始めたKちゃん宅にお邪魔した。
c0018489_17132521.jpg

ちょちょ、
そんな眼で見ないで~

連れて帰りたくなるやんか~

c0018489_17144669.jpg
ナントカカントカホワイトテリアだったっけな。
ごめん、忘れたわ。

まだ子犬なので遊んでモード。
尻尾も肉球もキュート過ぎるわ。

一緒に行ったEちゃんもお家には愛犬がいる。
いいなあ。ワンコのいる生活。

せめて、また遊びに行かせてね☆
[PR]
by Koh_Chang | 2015-06-30 17:12 | 雑記 | Comments(0)

大人のピアノ

c0018489_23304690.jpg
時間が出来たら取り組みたいことの一つがピアノだった。
邪魔だし物置化している電子ピアノ、
もう処分してしまおうかと思うこともあったけど
いつかまた弾いてみたいと、思いとどまった。

先日☆子さんとピアノの話をして、
再開したい気持ちが高まる。

電子ピアノの上をようやく片付けて
久しぶりにふたを開けた。
懐かしいなあ。

ピアノは5歳から高3まで習っていた。近所の先生の家には、週刊ジャンプとブラックジャックが置いてあって、それを目当てに通っていたと断言できる。練習を全くしていなくても、北斗の拳の続きが読みたくて行った日もある。決して怒らない、優しい先生だった。だから続けられたんだろう。

久しぶりに弾いても、「音は鳴る」レベルで指が動かない。
バイエル教則本、ソナチネアルバム、ツエルニー40番。
数十年前の楽譜が役立つ時が来たぞ。

錆びついた頭を活性化させるためにも、少しずつでも続けていきたい。
そして、いつかは「英雄ポロネーズ」!(←いつかは15!と同じレベルやろそれ。。。)
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-16 00:07 | 雑記 | Comments(0)

初めての成分献血

先日、御堂筋の献血ルームを通りかかった。私はチビのため400ml献血ができない。200mlは必要量が確保しやすいようで、やる気満々でも断られることも多い。試しに、200は足りてますよね?と伺ったところ、血液型を聞かれ、時間があれば成分献血を、とのこと。ではやってみようかと献血ルームへ。

献血ルームに入るのも初めて。綺麗な施設。飲み放題の紙コップ自販機には、ソフトドリンクの他にコンソメスープやコーンスープもある。問診と検査の後、「温かい飲み物をもってトイレ済ませて来てください」と言われ、指示に従い成分献血開始。個々の椅子ごとにTVがついているし、雑誌も持ち込めるし、1時間退屈することはない。

20分ほどたった頃、何だか唇がピリピリする。針の刺さった血管に血液が戻っているのだろうか、細かい振動のような感覚はあまり気持ちの良いものではない。何となく不快な感じも、軽い貧血なのかなあ、って思っていた。

30分ほどたつと、看護師さんが手の平でにぎにぎしているものを、温かいカイロと交換。
管の先をみると、濃い黄色と薄い黄色の液体がたまっている。これが血漿と血小板の入ったものらしい。オシッコみたい。。。なんて思っているのは私だけか。

50分くらいで終了。終了後はアイスやパンやお菓子の自動販売機のコインと、歯磨き粉をもらった。
お腹が空いていたので、パンやらスープやら頂いて帰る。

あのピリピリ感って何だったんだろう?と後で調べてみたら、「クエン酸反応」というものだった。

成分献血は、血液が固まらないように抗凝固剤(クエン酸+クエン酸ナトリウム)を加えながら採血する。クエン酸は、血液凝固に必要なカルシウムを捉えることで、凝固を防ぐ働きをしているため、体が一時的にカルシウム不足になる。カルシウムは神経の伝達、筋肉の収縮にも関わるため、不足すると唇や手指に痺れを感じたり、こわばり、気持ち悪さ等になって現れる。

正にこれやんか。

クエン酸は肝臓で速やかに代謝されるので、その流入速度を遅くすれば症状はすぐなくなる。

つまり、ピリピリ感を感じたら、看護師さんに伝えればよかったってことね。
この症状は成分献血では珍しいことではないのだし、こんな症状が起こり得るってことを、事前に説明してくれたらいいのにね。また献血の機会あれば、このこと話してみよう。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-15 17:01 | 雑記 | Comments(0)

謎のコニャック

年始は実家に帰り、姉とパートナーのDさんも集って賑やかに新年を祝う。
c0018489_141515.jpg
母はもちろん父も、
Dさんも手作り料理を披露!

私?食べるの専門ですが何か?

おいしい~幸せ~



c0018489_14351236.jpg美味しい食事はお酒も進む。

父が棚から未開封の古い酒瓶を持ってきた。
40年くらい前に頂いたものらしい。

ほんまに開けるん?もったいなくない?
「いや、いつ死ぬか分からんしな~」と父。
せやな、お父さんが呑みたい時に開けよ。

判読不明の手書きのようなラベル。
コニャック、って書いてあるような。

コルクが分解しそうだったけど、何とか屑は瓶の中に落ちずに開封。
このお酒を貰った時に一緒に頂いたという銀杯で乾杯。
洋酒は滅多に呑まないので価値が分からないけど、
相当美味しいんじゃないかしら。


父もどこのお酒か分からないので、後日解読して調べてみた。
なかなか希少なお酒だったようで、私なんぞには、それこそ「もったいない」一杯であった。。。

***
Marcel Ragnaud -Fontvieille- 44°
マルセル・ラニョー 「フォンヴィエイユ」

仏グランド・シャンパーニュ地区で自家農園をもち、家族経営でコニャックを作るラニョー家。現在のラニョー・サブランの前身ブランドのコニャックで、1950年代の流通品。
以下、あるBARの方のブログにあった、このお酒についてから引用。
***
ラニョー・サブランの前身ブランドとなる「マルセル・ラニョー」のフォンビエイユ。
ブリアン家起業から1850年、コニャック協会会長でもあったガストン・ブリアンになり自家蒸留へ。娘のドニーズとその夫のマルセル・ラニョーが継ぎ、それから2人の間の娘アニー・ラニョーとその夫ポール・サブランが継ぐにあたりラニョー・サブランとなりました。

フォンビエイユとはラニョー・サブランが古くから所有する葡萄園の名で35年熟成の古酒が瓶詰されます。
葡萄の自家栽培、自家蒸留、自家瓶詰と一貫して手をかけるプロプリエテール・コニャックの中でも遡る時代と共に飛び抜けて格が違います。
***
なんと、そんなに由緒ある古いコニャックだったとは。
お父さん、貴重な逸品みたいなので、味わってのんでね^^;

普段家でのむのは、もっぱら日本酒チビチビだけど、マッサン見てから洋酒もええなあと思って(単純)、たまにウイスキーなめることもある。ストレートでちょっと頂くだけでふわ~っと芳香に包まれる感じがいい。
コニャックなんかのむ機会ないし、また実家帰らないと!お父さん、ちょっと残しておいてね^^;

c0018489_1412915.jpg
夜からまた降雪があって、翌朝は銀世界。

そういえば、
名神・京滋バイパスとも雪で通行止めで
電車で帰省なんて、この10年で初めてかも。

早くスタットレスに交換しなきゃ。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-01-04 22:38 | 雑記 | Comments(0)