こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Fishing( 30 )

和歌山

10/18

c0018489_17463643.jpg
懲りない奴が
とうとう釣りましたよ。

60㎝オーバーのメジロ。
ブリの手前です。

カンパチも釣れました。
わたしゃボーズですけど、何か。。。

帰って捌いてもらって(ヤナッチはまず捌き方のDVD見てたが)
お刺身で美味しく頂きました。

お魚さま、どうもありがとう!!!!!
[PR]
by Koh_Chang | 2014-10-27 17:50 | Fishing | Comments(2)

越前海岸

9/22

越前海岸でジギング。
c0018489_16541618.jpg
この人、大物狙ってるらしいよ。

いやいや、ほんまに魚なんかおるんかいな。

私も竿振ったけど、
なかなか真っ直ぐ飛ばない。
もちろん、ボーズ。


c0018489_16554362.jpg

不運なカマス。
擬似餌に食いついたというよりは
しゃくってる途中で
たまたま引っかかってしまったんだろう。。。

c0018489_165982.jpg

何も頑張って釣らなくても、
美味しい海の幸は頂けますやん。



c0018489_1701298.jpg

ドライブがてら他のポイントをチェック。
磯場にはこんな岩場になっている所もあったよ。
[PR]
by Koh_Chang | 2014-10-13 16:52 | Fishing | Comments(0)

運の悪い魚たち

魚に優しいエコフィッシャーのヤナッチ。(ボウズ常連者とも言う)
ごくたまに、運の悪い魚が竿にかかる「事故」がある。

50㎝オーバーのヒラスズキ。何と不運なやっちゃ^^;
c0018489_1412976.jpg


c0018489_14131217.jpgヒラスズキのお刺身。

まさか釣れると思ってないので、
切れない包丁で、散々苦労して捌いたらしい。

ぷりっとした歯ごたえで
味は淡泊だけどほんのり甘味。

久々にお仕事して遅くに帰ったら
思いがけないご馳走に、お酒もすすむ~


c0018489_1440996.jpg

ある日は不運のメバル。


小さ目なので小骨が面倒だけど
煮つけにしていただく。


c0018489_14444149.jpg

またある日は不運の小アジ。

圧力鍋で南蛮風に。
背骨以外は丸ごと食べられて
美味しかった。

不運なお魚たちは
大切に大切にいただきました。

我々が生きていくことは、
他の生きているものの命をいただくこと。
釣りという行為は、そのことに改めて気づかされる。

不運なお魚たちに、感謝の気持ちを込めて。
心より「ご馳走さまでした。」
[PR]
by Koh_Chang | 2014-04-30 14:57 | Fishing | Comments(2)

串本

4/13(土) 
串本海中公園へ。c0018489_915363.jpg
水族館。海水浴シーズになると
きっとこんなことはないのだろうが、
週末なのにガラガラでしたわよ。


c0018489_918423.jpg
軍手でガラス面を拭き掃除されてました。


ハタタテダイやらツバメウオやら。潜りたくなってくる。
c0018489_9182041.jpg


c0018489_925389.jpg
海中展望台。
この日は濁りがきつくて、
あまりよく見えなかった。


c0018489_928345.jpg
でも、上から見たら、こんなにもメジナが。。。
誰かがエサでも撒いたんやろか。

ここにルアーほりこんだら
ヤナッチでも釣れるんちゃうの(-.-)


4/14(日)
c0018489_9314356.jpg

ザッパーンと波が打ち付ける岩壁から
ルアーを投げる。

おーい
昨日の魚たちはどこに行ったべ?


c0018489_9342295.jpg

海岸の地形は面白い。

ここ登ったら楽しそう。


c0018489_9354247.jpg

今度来るときは

シューズ持参?!
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-19 09:37 | Fishing | Comments(0)

釣りバカ日誌

9/15(土)~16(日)

ヤナッチ弟が私でも絶対連れる穴場に連れて行ってくれるということで、三重県某所へ。
車から降りてちょちょっと歩くだけかと思いきや、ヒルがうじゃうじゃいる道を長々と歩く。昼下がりのジョニーをたっぷりつけたけど、鎌首もたげてユラユラゆれるヒルに果たして効き目があるんだろうか。いやまあ、こんな道初めて(涙)

道中は怪しげなキノコも生えとります。
c0018489_11234622.jpgc0018489_11223286.jpg



c0018489_114735.jpg
兄はフライ、弟はルアー、
私はちょうちん毛針。

二人は時々歓声があがったけど、
釣り方もよく分かってない自分に
釣れる訳ないやん。


c0018489_11211740.jpg

ひえっヒルの次はヘビっ

ヤマカガシが何か飲み込んだ後のようで
お腹が一部ぽっこり丸くなってた。


テント場に最適ポイントにつき、兄弟はまた狩りへ。
私も雨がシトシト降りだしてからまあ一応やってみるかと上流へ。
せめてエサやったら釣れるかも…と思うけど仕方ない。
c0018489_117221.jpg
あれ?今のあたり? 
もう一度毛針を流すと、キタ!ぐっと引いたら釣れましたよ!

アマゴさん、どうもありがとう。

せっかく釣れたんだけど、雨止まず。
焚火ができないと、せっかくの釣果が(涙)
拾ってきた枝も全部濡れてしまった。

小降りになった時に焚火開始。なかなか火がつかなかったけど、私がキャンプファイヤーの歌をうたいまくったおかげで(おい)、火種がようやく安定した。
c0018489_1111121.jpg
アマゴはホイル焼きにして、美味しく頂きました。


c0018489_11115668.jpg
麻婆茄子であまったナスを焼きナスに。これいけます。


そろそろ寝るか、って頃にちょうどまた雨が本降りに。ヨカッタヨカッタ、
と思いきや、一晩中降り続く。蚊にはいっぱい刺されるし。
翌朝になってもやまず。顕著な増水はみられなかったけれど、朝食もとらずに一目散に下山する。

あれだけ注意して歩いても、ヒルはつく。吸われる前に気づいてよかった。
弟は温泉の脱衣所で気づいたらしく、血だらけになってたらしい。

次回はヒルのいないところで、お願いします☆
[PR]
by Koh_Chang | 2012-10-13 11:00 | Fishing | Comments(4)

釣りバカ日誌

6/18 義弟がイワナの刺身を作ってくれる、葉わさびも採れるという口車に乗ってしまい、釣りバカ兄弟とともに岐阜某所へ。通行止めになった国道をMTBでえっちら1時間登り、さらに歩いて30分のところから入渓。

釣りは何回かやったことがあるが、一度も釣れたことがないし、5分やったら飽きる。正直何が楽しいかさっぱり分からないんだが、今回は食い気が勝ってしまった。

c0018489_0161249.jpg

気は乗らなくても、山の緑とお花は綺麗。
やっぱ山はいいね。


c0018489_0165739.jpg

沢に降りるとすぐに葉わさびの群生が。
うれしいな♪帰りにとろっと。
沢沿いの至る所にわっさわっさ生えていた


c0018489_02028100.jpg

モリアオガエルの卵が小さな池の上に。
池の中はイモリだらけ、まだオタマジャクシは
いないようだ。


c0018489_022266.jpg

マムシ草。茎の部分がマムシの柄に似ているから
らしいけど、花もミステリアス。


釣りに来たのに、釣りの写真がありませんねえ。

と、つっこまないように。
c0018489_0324575.jpg

サンカヨウ。
ガクが白い花のように見える。
そばには残雪。
雪の多いところに咲くそうだ。


c0018489_040061.jpg
お腹も空いたし、いい加減もう嫌だなーと思っていると、見かねて?義弟が釣ったイワナをお刺身にしてくれた。

歯ごたえがあって、鯛みたい。
とっても美味しい♪


ランチの後も、全然止める気配のない二人にとりあえずはついていく。

最初は、また地面釣ったと思ったけど。
c0018489_043243.jpg

尺にはちょいと足りないけど
大きなイワナが釣れた~

私に釣られるなんて、どんだけ鈍くさいねん。
長生きしろよ、とリリースする。


最後に大きいのが釣れて、気持ちよく釣り終了。
葉わさびをつんで戻る。

今日は山の恵みに感謝の1日だった。

c0018489_0465583.jpg
翌日。
葉わさびをざっくり切って
沸騰直前のお湯でじゃぶじゃぶ湯切りして


c0018489_048443.jpg

本つゆと醤油で味付けして
出来上がり。

しゃきしゃきして
つーんの美味しい
葉わさびのしょうゆ漬け。

職場に持って行って
みなさんにも試食してもらった。お腹痛くなってないよね(汗)
また来年、採ってきますね~
[PR]
by koh_chang | 2011-06-09 00:25 | Fishing | Comments(0)

もっとデカく!!(by Yanacchi)

ブログ更新が滞っているようなので、ワシがジャックすることにした。というわけで、今回より、「こうちゃんの部屋」改め、「ヤナッチのボウズ戦記」となります。

これまで渓流のフライフィッシングオンリーだったのであるが、哀しいかな、日本の渓流で釣れる魚はあまりに小さい・・・。都市近郊の渓流となればなおさら。小さいながら、細い竿をプルプル震わす美しい魚もそれはそれでいいのであるが・・・
c0018489_23522757.jpg


「デカイ魚が釣りたい!!そんな不純かつ単純な思いから始めたシーバスフィッシング(鱸(スズキ)のルアー釣り)。しかし、対象魚が何であれ、釣道は厳しいものであり、昨年末位から月2~3回程度のペースで夜な夜な湾岸をウロウロしたが、全くもって「何も釣れね。チョー哀し(北島コースケ風)」。

しかし、すっかり河口に生命感の戻った5月末、ついにその瞬間はやってきた。「ゴン!」という衝撃ののち、竿は大きく曲がり、「ギュイーン!」と糸がリールから引き出されていく。「これよ、これ!これが味わいたかったんよ!」しばしの格闘ののち、網持ってなかったので(まさか釣れると思ってなかった!?)、魚の口に手突っ込んで引きずりあげた魚体は約75cmの立派なスズキであった。
(あまりにボウズ続きだったので、常に持参していたデジカメのバッテリーが切れているのに気付かず、携帯にて撮影)
c0018489_23531472.jpg


これを機に、今までどうせ釣れんしなあ、ということで抑制していた物欲が暴発。ダイワのシーバス専用ロッド、モアザン(morethan)の導入と相成った。
c0018489_23533100.jpg


しかし、折角初シーバスを釣らせてやったのにいきなり降格させられたシーホーク(旧竿)の怨念か、このモアザンで釣れるのは外道のボラばかり・・・。挙句の果てにはボラすら釣れなくなり、また北島コースケの日々に逆戻りしたのであった・・・。
c0018489_23532673.jpg


別にシーホークの怨念を鎮めるためというわけでもないのだが、どうにも手首が痛いので、投げた直後の反動が強いモアザンを今回は諦め、久々にシーホークを携えての釣行となった。それでもやはり釣れないので、別に怨念でも何でもなくて単にワシがヘボなだけか・・・と、そろそろ帰ろうかと思い始めたその瞬間、「ゴン!」。で、例によって竿は満月、リールは悲鳴のしばし格闘の末、網に収めたのは(今回は網を準備していた!)、
前回を上回る約79cmのスズキ!!
c0018489_23534117.jpg

恐るべしシーホーク。どうすんのモアザン・・・。
[PR]
by koh_chang | 2009-09-14 00:00 | Fishing | Comments(7)

中奥川

c0018489_0293623.jpg奈良・中奥川でフライフィッシングに挑戦。

色々釣れましたよ!!

川岸の草とか、川の中に沈むゴミとか、
後ろの木の枝とか。
自分の左足も釣れましたが、何か?
[PR]
by koh_chang | 2008-09-07 23:28 | Fishing | Comments(4)

朽木

ひっさしぶりのFishing。朽木の管理釣り場へ。
あーだこーだやっても全然釣れない。
まあ、魚さんも私が振るようなフライじゃ、騙されへんわな…。
c0018489_23414774.jpg
おお、釣れたよん!
私に釣られるなんて
相当の鈍くさいやっちゃな…
[PR]
by Koh_chang | 2007-08-26 23:37 | Fishing | Comments(0)

管理釣り場デビュー

釣りなど興味はなかったのだが。
少し前に、新聞のエッセイに中国の諺にこんなのがあると書いてあった。「1時間楽しみたいなら、酒を呑みなさい。3日楽しみたいなら、結婚しなさい。(略)一生楽しみたいなら、釣りをしなさい。」
ヤナッチはいつも釣り釣りとうるさい上に、釣れないのを竿のせいにして次々と新しいのを欲しがる。そんなに面白いんやろか。たまにはつき合ってあげようかな、と芥川の管理釣り場に行った。10月から自然の渓流は禁漁になるのだが、ここは禁漁になると自然の川をそのまま区切って魚を放流し、フライやルアーを楽しめるよう地元の漁業組合が管理している。

初めて振るフライ。後ろの木にも引っ掛けた。魚はそんなアホじゃない。最初はおや?と寄ってきても、なーんだ、というように去っていく。同じフライをずっと使っていると、その「なーんだ」が「完全無視」に変わる。フライを替えてみると、また、おや?と寄ってくる。

2時間ほどでニジマスが3匹釣れた。私よりも経験が遙かに長いはずのヤナッチも3匹。…竿のせいじゃないと思うけど…。
帰って塩焼きにして夕餉にならぶ。

ん?また行くって?ほな、また行ったげるわ。
[PR]
by Koh_chang | 2006-10-22 23:38 | Fishing | Comments(4)