こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Fishing( 32 )

シーバス

日本海の磯に釣りに行ったヤナッチに、珍しく釣果があった。
狙った獲物ではないらしいが、そんな贅沢言ったらシーバスが化けて出てくるで。
60cmはあるけど、結構スリム・・・^^;
c0018489_197281.jpg


まずは刺身で頂く。ちょっと淡泊過ぎるかも・・・。
後日、ムニエルとアラ汁に。
c0018489_19112574.jpg


カマやカブトはシンプルに塩焼き。地味な食卓ですわ。酒があったらそれでよいのです。はい。
c0018489_19131046.jpg


何度砥いでも復活しない包丁。困ったのう。
次回大物が釣れるまでに、何とかした方がいいんちゃう?・・・次回はあるのか???


[PR]
by Koh_Chang | 2017-07-03 19:06 | Fishing | Comments(0)

淀川

少年のように釣竿を背中に背負い、チャリンコで芥川を走る。
淀川某所。狙うはブラックバスのR。

・・・だったはずですけど。ヤナッチさんよ、これはNじゃね?
c0018489_16552890.jpg


ごめんねズーナマさん。お騒がせしたな。
南海トラフ地震の前には、ぜひ大騒ぎして知らせてくれよな。頼んだぜ。


私の方といえば、もちろん今日もエコフィッシング。イエイ。


[PR]
by Koh_Chang | 2017-06-24 16:28 | Fishing | Comments(0)

淀川

淀川バスフィッシング。今日は枚方大橋のふもとに車を停めた。
なんちゅういい天気なんでしょう。で、アタリすらなし。釣り人も多いんだけど、釣れている人っているのかしら。
c0018489_1656252.jpg


竿振ってたら、小学生の女の子達が寄ってきた。ワームも見せると、本物みたい!ってきゃーきゃー。
魚も賢いから、きっとパチもんって分かってるんやで、子供やったら間違えるかもなあ、
でもお母さんが、それはアカンやつやって教えてるで!って。
そやな、ほやしオバチャン釣れへんのやろな(笑)

これから夕まずめのゴールデンタイムに突入!
って時に、駐車場が19時で閉鎖されるため、強制終了。
次回からは、またチャリンコに戻りましょう。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-06-04 22:55 | Fishing | Comments(0)

ガシラ

ヒラマサ狙いに行ったはずの大きなクーラーボックスには、なぜか寂しくガシラが一匹。
ともあれボーズよりまし。渡船代払ってるんだし、貴重な一匹、頂きませう。
c0018489_23335683.jpg


料理の出来栄えは置いといて、身が驚くほどぷりんぷりんで、とても美味しかった。
c0018489_23385778.jpg


もう一つの釣果は、朝来の地酒・竹泉 純米吟醸 雄町 生酒原酒。華やか・フルーティ、雑味なく芳醇。旨い。
渡船屋さんへの道中、地元のよろずやみたいな商店で但馬周辺の地酒も売っており、お酒が全く飲めないヤナッチに、日本酒を延々と語るらしい。そんなオヤジが薦めてくれる酒は、今回も◎なのだ。
c0018489_23419100.jpg


ヤナッチも試しに一口含む。「・・・エタノールやん」「何でこれが美味しいと思えるのか不思議」
・・・そして今日も一人で晩酌・・・。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-05-15 23:32 | Fishing | Comments(0)

淀川&一庫ダム

5/5
自転車でひとっ走りして淀川へ。
c0018489_166424.jpg

今日もまたエコフィッシング。

5/7
ドライブで新緑を抜け、一庫ダムへ。
あらま、看板埋まるほど水が満水。一応ここでも竿は振ってみた。
c0018489_1674882.jpg


ポイントを変えて夕暮れまで粘る。
c0018489_1683822.jpg

またまた今日もエコフィッシング。

この世界からブラックバスは絶滅したのだろうか。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-05-07 22:11 | Fishing | Comments(0)

淀川

ものすごく久しぶりにバスフィッシング。芥川沿いを下って淀川を目指す。
菜の花の土手の下に、雄キジ発見。近寄ったら飛んで逃げた。あれ、飛べるんだ^^;
キジの飛ぶ姿、初めて見た。
c0018489_1644455.jpg


淀川。夕方まで頑張ったんだけどね。。。
c0018489_16522563.jpg


なぜ釣れぬ 岸辺の影から ホーホケキョ

なぜ釣れぬ 根がかり気がかり 言いがかり

菜の花に 絡まる釣糸 蜘蛛の糸

きょういちの 大物釣れた 地球規模

対岸の 釣果気になる ボウズかな

この川に 魚はいない きっとそう

この川に いるのは鯉と ミドリガメ

あと一投 最後の一投 何回目?

リリースを キャッチする前 してるだけ

エコフィッシャー 私は魚に 優しいの


・・・結局バスはアタリすらなかったけど、川柳は大漁!ってどやさ。
[PR]
by Koh_Chang | 2017-04-16 22:41 | Fishing | Comments(0)

ヒラマサ!!!

運の悪い魚たちシリーズ。
ヤナッチが恋い焦がれ、執拗に通い続け探し回り、とうとう手中にした本命中の本命、君の名は。
「ヒラマサ!!!」
c0018489_9543949.jpg

ルアーと磯釣りにこだわり、おっとろしい断崖を降りて竿を振り続けることX年。
時には懸垂下降で取り付き、ロープをFIXして釣ってるらしい。
(私はとてもじゃないがついて行けない)

船釣りで魚探使って餌つければ、もっと効率いいんだろうが、そんなものは全く興味ないらしく。
まあ、効率と費用、手間と時間のこと考えたら、釣りは絶対できんが。

ヒラマサ君、どうもありがとう。
c0018489_108244.jpg 刺身とアラ汁


c0018489_1091491.jpg 漬け丼とカマ焼


そして二度目の奇跡。再び日本海某所にて激闘の末、前回より大物をゲット。
推定(希望?)80cmオーバー。写真撮る余裕すらなかったらしい。
c0018489_10125566.jpg


c0018489_10163340.jpg 刺身とアラ汁


c0018489_1017313.jpg 蒸し焼

のほか、漬け丼、塩焼き、ムニエル、照り焼きと1尾でこれほどバリエーション豊かに頂いたのは、他の魚も含めて初めて。それほど今回は大きかったっちゅうことやね。
写真で見ると、あまり旨そうでないのは、カメラのせい、っちゅうことで。
しかし結局、普通の塩焼きが一番美味しいと思ったわ^^;

ちなみにヤナッチ曰く、近いうちに南海トラフ巨大地震があるかもと。
今年は大阪湾の漁港内にもイワシやタチウオが大漁に入ってきてて、何か魚が察知してるのかも!?
そもそもヒラマサが2回も釣れるなんて、天変地異がいつ起こってもおかしくないって。
・・・心に留めておくわ。
[PR]
by Koh_Chang | 2016-12-30 10:07 | Fishing | Comments(0)

アジ&タチウオ

運の悪い魚たちシリーズ。
某日、独りで淡路島にリベンジしに行ったヤナッチのお土産。
アジングで小鯵と一匹だけ大きめのアジ。
c0018489_16163673.jpg


なぜかアジングロッドに騙された不運なタチウオ。何でも今季はタチウオが大漁だとか。
ピッカピカで綺麗なお魚やね。
c0018489_1622744.jpg


タチウオと大きいアジは、塩焼きに。美味しゅうございました。
c0018489_16233539.jpg

小鯵は圧力鍋で南蛮風にしたけど、圧力掛けすぎて失敗(T_T) 
身が崩れて無残な姿に。骨まで全部食べれたけど。小麦粉で汁も濁ってダメダメやった。
c0018489_16252157.jpg

再挑戦するからまた釣ってきてー
[PR]
by Koh_Chang | 2016-12-29 16:15 | Fishing | Comments(0)

アジング@淡路島

淡路島のとある漁港にて。
c0018489_1737197.jpg
小さなアタリはあっても、極小豆アジなのか、二人ともボーズ。
c0018489_17375963.jpg
交通費だけで、スーパーで何尾アジが買えることやら・・・
と、損得考えているようでは、釣りはできまへん(T_T)
[PR]
by Koh_Chang | 2016-08-28 17:34 | Fishing | Comments(0)

パラダイスの終焉

7/30

ヤナッチ兄弟と5年前の岩魚パラダイスを目指す。
滋賀・岐阜の県境。通行止めになった国道を自転車で1時間かけて登る。先行者がいたので、先回りするために山道を1時間藪漕ぎ。GPSを駆使し、ポイントとなりそうな沢を目指し、1時間藪崖を下りる・・・。

沢に到着した時には、もう既にヘロヘロ。沢屋の弟は、何てことないようだ。参りました。

この沢は、前回ほぼ経験のない私でさえ結構な大物を釣り上げた、実績のある場所だ。
今日も兄・フライ、弟・ルアー、私・ちょうちん毛針で上流へ向けて出発。
c0018489_0251531.jpg

今日は何かおかしい。魚がいない。
岩魚が潜んでいるポイントは幾つかある。そんな所に来ると、こちらの姿が見えないようにそっと近づき竿を振る。それが、どこに行っても振れども振れどもアタリもない。目視しても全くいないのだ。

ここでは釣れるだろうという絶好のポイントで、ようやく弟が一匹釣り上げた。
c0018489_12353726.jpg
更に釣りあがり、この魚止めの滝まで。この淵、いかにも居そうな雰囲気なのに、やっぱりダメ。
c0018489_0261765.jpg

弟が貴重な一匹を刺身にしてくれた。
岩魚の刺身は、渓流釣りならではの贅沢。日本酒あれば良かったけど^^; ご馳走さまでした。
c0018489_0273044.jpg


本日の釣果、以上。この沢、我々のように自転車でアプローチする人はほぼ皆無かも。先行者は通行止めの看板をどけて、軽トラで入っていた。バイクがあれば簡単だ。この5年間に、乱獲が進んだのだろう。
パラダイスだと思っていたこの沢。恐らく二度と来ることはない。

沢でも海でも、何十匹も釣り上げる人がいる。そんなに釣る必要ある?
[PR]
by Koh_Chang | 2016-07-31 00:17 | Fishing | Comments(0)