こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:MTB( 47 )

紅葉

今年は夏山も秋山もろくに登っていないし、鈍った体に少しでも刺激を与えるため、時々思い出したようにチャリンコに乗っている。
c0018489_1321489.jpg摂津峡にさしかかると、
思いのほか紅葉が進んでいた。

そういえば、もう11月の半ば。

この時期、
ちらほら雪の便りを聞き始めると
短いベストシーズンが
もう終わってしまうのかと
ちょいと寂しい気持ちになる。
あと1ヶ月は登りたいのだけれど・・・


末端冷え症をどうにかした方がいいのかな。
今も足が氷みたいに冷たい。ちょっとググったら運動して筋肉つけろやて。はあ。。。(ため息)
[PR]
by Koh_Chang | 2014-11-12 13:54 | MTB | Comments(0)

ポンポン山

5/26(日)

お手軽トレーニングコース。今日はポンポン山まで行ってみよう。
自宅から本山寺までチャリ漕ぎ。
c0018489_23342218.jpg
ロードレーサーのお兄さんが
颯爽と抜かしていかはる。
はやっ!しんどないんかなあ。

神峯山寺あたりまでは、
ひーひー頑張って漕げるんだけど、
今日もやっぱりいつもの分岐からの急坂で
おりてしまった。


c0018489_23381825.jpg本山寺。

駐車場からポンポン山までは歩いて往復。
MTBなら楽しそうなコースなんだけど、
ハイカーの多い週末はやめておこう。

虫取り網をもった親子にも何組か出会う。

ポンポンメクラチビゴミムシを
探すような子はおらんやろうけど。


c0018489_23444119.jpg帰りは下り坂で楽々。

途中、地元の和菓子屋さん・長岡京で
柏餅とみたらし団子食べて、

更にインド料理屋さん・サガルマータで
ネパールセット食べて、、、

運動した分、チャラどころか
完全カロリーオーバーですやん
[PR]
by Koh_Chang | 2013-06-09 23:33 | MTB | Comments(2)

チャリのちジム

7/22(日)

中途半端な天気予報の週末。今週こそ山に行こうと思っていたのに、結局止めておいた。起きれなかった、ってこともあるけど。こんな日は、近くにポンポン山があるじゃないか。

昼間はムシムシむし暑いので、ピークを越してからチャリでアプローチ。
家からずっと登り坂、もうめっちゃくちゃ暑い。
神峰寺まで来たら、シャンシャンうるさいクマゼミからカナカナと涼しげなヒグラシに変わる。
近所では全く聞かないので、この辺りは日中も涼しいのかな。
こんなむし暑い日だけど、下山してくる登山者と大勢すれ違う。爽やかに走るトレランのお兄さんがへたばりそうな自分に挨拶して下さる。

次第に空が暗くなって、ヤバいなあと思っていたらザッと来た。
しばらくそのまま走るも止まないので、カッパを着こんだらピタッととまる。
また降るかと着たまま走ったら暑いこと。で、脱いだらまた降ってくる。

c0018489_2350018.jpgきーっとなったところで駐車場。
まだ小雨が降っているので、
チャリを置いて本山寺まで
ウォーキング。

歩く時は少し大股で
腕を振って。

かなり古そうな本堂まで来てUターン。


帰りは下り坂で楽々下山。

帰宅後一息つたらナカガイジムへ。
先日ようやく110手課題が終わったので、久しぶりにTちゃん課題を触ってみる。
課題ができたての頃、やってみても取れなくて諦めていた数か所が繋がった。
次回は繋げてやってみよう。Tちゃんが帰ってくるまでに終了したいけど、その前にコンペあるからルート無くなるかもorz
[PR]
by Koh_Chang | 2012-07-25 23:21 | MTB | Comments(2)

謎のスポーツカー

5/20(日)

朝寝坊してしまったので、午後からちょいとサイクリングへ。

171から170に入って淀川を渡り、ひらぱーを見ながら川沿いを走る。
川沿いはサイクリングロードが続いており、快適に走れる。
c0018489_23493127.jpg

緑いっぱいの道には
野鳥がたくさんいる。

鳥の声を聴きながら
走るのは
爽快ですぞ。


八幡の御幸橋を渡って山崎方面へ。
そして見えました、あの赤いスポーツカー。
c0018489_2357386.jpg


なぜ屋根の上に車が?と前から気になっていたのだが、初めて近くで見た。
どうやら自動車整備工場のようだ。
ググってみたら、世界に数台しかない希少な車だとか。ボロボロやで?!ええのん?!
詳細はこちら

帰りは西国街道を通る。所々に古い民家があったりなかなか趣のある道だ。

今回のサイクリングには、スマホのアプリ「MapMyRUN+」のサイクリングモードを使ってみた。
c0018489_0165665.jpg

走った道のコースを記録。


c0018489_0183938.jpg

走行距離と時間、速度と消費カロリーが分かる。

休憩時などにはその都度一時停止しないと
速度が正確でなくなってしまう。
今度から気を付けよう。

消費カロリーも怪しいなあ。。。


このアプリ、ジョギングする時にはペース・距離・時間がさっと分かるので重宝している。
便利なもんがあるんだねえ。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-30 23:23 | MTB | Comments(0)

阿武山

4/29(日)

GWに突入したけど、山の予定は後半。前半は遠出を避けてたんだけど、どうも後半の天気が怪しくなってきた。そもそもの計画はもはや無理っぽい。
ちょいと体を動かそうと、近くの阿武山までチャリ漕ぎ。

c0018489_23432673.jpg
2週間前までは花見客だらけの芥川、
花が終われば鯉のぼり。
いつも人がいっぱいだよう。


c0018489_23444769.jpg

阿武山山頂にて。
どこからともなく桜の花びらがはらはらと舞う。

そういえば、この近くも『プリンセストヨトミ』のロケ地だったはず…とどうでもいいことを思い出す。どこに使われていたんだろうね。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-10 23:49 | MTB | Comments(0)

西国街道ちょっこし

旧山陽道である西国街道をチャリで行く。
昔ながらの町並みや小さなお寺も多い街道だ。

途中に一乗寺というお寺があり、立ち寄ってみると、1本の巨木が境内に聳え立っていた。
c0018489_19234437.jpg
樹齢約780年、高さ30m。
弁慶が馬をつないだという
伝説のあるクスノキだ。


c0018489_19271160.jpg
圧倒される大きさ。

西へ向かうと「サントリー山崎」の建物が見えてきたので、こちらにも立ち寄ってみる。
c0018489_19302558.jpg

無料で工場見学ができるとのことで、せっかくなので見学ツアーに入った。

綺麗なお姉さんが、蒸留所の各工程を詳しく説明してくれる。工程ごとに、香りが異なるのも面白い。
c0018489_19323494.jpg

熟成中のウイスキーが眠る。
c0018489_1935308.jpg

工程の一番最後では、試飲ができるのだが、自転車なのでソフトドリンクのみ…。
試飲では、山崎の10年、12年、白州の10年の3種類が味わえる。
ソフトドリンクは、なっちゃんりんご味とお茶…でも飲み放題。
チョコとミックスおつまみ付きで無料とは、サントリーさんもやりますなあ。c0018489_19375150.jpg

試飲は想定外だったので、次回は電車で行きましょうか。
敷地内のショップでミニボトル買って、おうちで呑みました。
c0018489_23203180.jpg
[PR]
by Koh_chang | 2010-09-26 19:18 | MTB | Comments(0)

東海自然歩道

ちょっこし本山寺近くまでチャリ漕ぎへ。
c0018489_2371183.jpg
本山寺駐車場の前にある
東海自然歩道の看板。

この辺りは東海自然歩道の一部だ。
東海自然歩道とは、西は大阪・箕面市「明治の森箕面国定公園」から東は東京・八王子市「明治の森高尾国定公園」までの長さ1,697kmの長距離自然歩道。

父親がこの自然歩道を踏破しようと、私が小さい頃から少しずつ歩いていた。基本は日帰りで電車だったため、行程が進んでいくと、前回まで進んだ場所まで行くこと自体が大変だったようだ。
私も小学生の頃、まだ家から近いうちは一緒に歩いた。私自身は、山歩きが目的ではなく、お昼のお弁当が一番の楽しみだったけど。

そうえいばお父さん、2万5000地図を何枚も何枚も繋げて、歩いた道を赤線引いていたなあ、なんてこの看板見て、ふと思い出した。
退職してゆっくりできるようになったら、続きをやりたいって言ってたけど、なかなかゆっくりできないね。山好きは、父親譲りなんかなぁ。
[PR]
by Koh_chang | 2010-05-15 23:05 | MTB | Comments(0)

熊野古道・伊勢路をゆく その2

c0018489_23295072.jpg
本日は熊野速玉大社がスタート。

参道には推定樹齢1000年の
立派な梛(なぎ)の大樹がたたずむ。


c0018489_23474124.jpg
今日は熊野古道といっても、
車の脇を走るような舗道が多い。

そんな中で、昔の面影を残す
高野坂は気持ちよかった。
もちろん、担ぎもちょいと
あったのだが。


c0018489_2353799.jpg
延々自転車で走り、古道で担ぎ、
いよいよ熊野那智大社へと続く参道へ。

この石段の担ぎが
きついこと、きついこと。

両側に聳え立つ杉の大木を
休みがてら何度見上げたことか。


c0018489_042227.jpg

おお!
あれが那智の滝!!



c0018489_074568.jpg

そしてこれが
那智黒アイス!

色が不気味。
でもお味は那智黒そのもの♪


復路は、当然車道を下り(楽だね~)、また速玉大社までひたすら舗道を走る。

いやはや、何とも酔狂なツアーであった。
2日目のコースは自転車でも楽しめるが、所謂峠越えの古道はねえ…。
峠はゆっくり歩いて越えましょう。
自転車は担ぐもんじゃないっす。

ちなみに自転車の担ぎ方
c0018489_0193517.jpg
フレームに腕を通し、自転車をほぼ立てるようにして肩に乗せる。
ハンドルを片手で持つと安定する。

フレームの角と肩の接触部分はかなり痛いので、
古いザックの肩ストラップを再利用してパッドにした。


さあ、次はどこで担ごうか?

って、ちゃうやろ~
[PR]
by Koh_Chang | 2010-03-14 23:23 | MTB | Comments(0)

熊野古道・伊勢路をゆく その1

Tさんから、シーズンが始まる前に熊野古道を自転車でいきませんか、とのお誘い頂いた。
春の陽気を感じる暖かな朝、JR熊野市駅でTさんと集合し、車をおいていざ出発。
c0018489_2321738.jpg

まずは松本峠へ。

c0018489_23594370.jpg

峠へ通じる石畳の階段。
自転車は担いで登る。


c0018489_00514.jpg

峠の近くにある展望台から、
七里御浜を望む。
七里御浜は「日本の渚百選」に選ばれた名勝で、25㌔に及ぶながーい海岸。

目指すゴールは遠いのお。

c0018489_094038.jpg

松本峠を越え、また車道に戻り
(やっと自転車にのれる♪)
観音道でまた担ぎ、
さらに大吹峠へ。

確かに担ぎが多いかも、
って聞いていたが…。

正直、自転車邪魔だよう。
重いよう。

人もいなくて、
とても静かな古道なのだけど、
これではイマイチ楽しめない。

c0018489_035138.jpg

道沿いに積まれた石垣は「猪垣」といって、
昔、山間部に作られた田畑を
イノシシから守るために築かれたもの。

でもこの位の高さだと、
イノシシが越えてしまいそう。

c0018489_23133888.jpg
七里御浜の浜辺にようやく降り立つ。

浜をチャリで走れるか試しに漕いでみたが、石ころの浜なので、笑えるほど前に全く進まず。さっさと諦めて車道を走る。

c0018489_23182558.jpg

獅子岩

「日本のスフィンクス」
って呼ばれているそうな。

うーん。スフィンクスか?

c0018489_23232551.jpg
途中から海岸沿いに真っ直ぐ堤防の道が続き、快適に走る。

自転車は担ぐもんじゃありまへん。

c0018489_23204348.jpg

遠くから見たときは、島かな、何て思っていた物体は、昨年秋に座礁したフェリーの残骸であった。

少しずつ解体作業が進んでいるそうだ。


この後、Tさんはそのまま新宮市のお宿へ、ヤナッチと小生は車のピックアップのために熊野市駅まで引き返す。

宿泊は山仲間同士では珍しく?割烹旅館でお料理もお酒もとても美味しく頂けた。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-13 23:58 | MTB | Comments(0)

チャリトレ

c0018489_0155860.jpg
鈍った体を動かそうと、ポンポン山登山口の本山寺までチャリンコ。
あいにく時雨れていたけれど、カッパ着ているのでGO。
往復3時間ほどで、往きはほとんど上りばかり。でも帰りは楽チン。
いいトレーニングコースだ。
[PR]
by koh_chang | 2009-12-23 00:13 | MTB | Comments(0)