こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 11日 ( 1 )

石垣島・前編

9/6-10

今年も恒例トリプルヨーコツアーの時期がやって来た。一緒に台風もやって来た。あんさんは呼んでへんでっ!

二ヶ月前に日常生活で貯めたマイルでJAL航空券をゲット。直行便は関空発だし時刻も中途半端でどうしようと思っていたら、伊丹発那覇経由便でも同じマイル数で行けるとのこと。奈良のヨーコさんと往復とも同便に、尼崎に引っ越しされたヨーコさんは、ANAマイルの別便で。

とりあえず那覇まで来れたものの、台風が勢力を増し、石垣島へのフライトが危ぶまれた。隣接ゲートの久米島行きは欠航となり、諦め顔の人達が去っていく・・・。

1時間ほど遅れて飛行機には乗れたが、滑走前から暴風で揺れている。風速が離陸限度を超えてて更に出発が遅れ、結局1時間半ほど遅延し石垣島に無事到着。尼ヨーコさんも、我々ほどの遅延なく無事ホテルで合流。ヨカッタヨカッタ!

宿泊は、初めて大浴場のあるホテルにしたものの、台風の影響で雨水が大量に入り込み本日は閉鎖。。。
とにかく、無事来れたことに感謝しよう。

翌日。台風は離れたものの、波浪とうねりで果たして船は出航するのだろうか・・・。予報では波の高さ3m。潜れる場所はあるのか、酔い止めが効くのか不安の中で出発。

風向きから波が比較的穏やかなポイントでダイビング。
潜って驚いた。サンゴの白化がひどい。
c0018489_1026846.jpg


c0018489_1037479.jpg


c0018489_10362291.jpg


c0018489_10354539.jpg


c0018489_103817.jpg

サンゴが茶色っぽく見えるのは、共生している褐虫藻という植物プランクトンと共生しているから。褐虫藻は光合成でサンゴに栄養を供給している。しかし、水温が30℃以上の日が2週間から1か月続くと、褐虫藻は光合成が出来なくなり、サンゴから逃げていく。そのためサンゴが白く見えるようになる。水温が高い状態がさらに続き、褐虫藻が戻らなければ、栄養を得られなくなったサンゴは死んでしまう。

今年は台風が少なく、水温の低い深海の海水とかき回される機会も少ないため、水温が高いままだそう。そう考えると、今回の台風も良しと思わねば。少々船が揺れても我慢我慢。褐虫藻さん、カムバック!!!

白化現象はクマノミ類と共生するイソギンチャクにも見られた。ハラビラクマノミの住処が・・・
c0018489_13353696.jpg

カクレクマノミ。ニモのおうちが・・・
c0018489_13364765.jpg

ハマクマノミの宿も・・・
c0018489_13362833.jpg

こちらが正常なイソギンチャク。セジロクマノミ。
c0018489_13405853.jpg

今夏はまたニモ人気が復活しているそうだ。ニモの前でフラッシュ撮影した時、映画の同じ場面思い出してゴメンナサイって思った。
c0018489_13411374.jpg

奈良のヨーコさんが発見した、ピースサインのサンゴ。トリプルヨーコで記念撮影。
c0018489_191461.jpg

奈良ヨーコさんのお母様は、先日100歳のお誕生日を迎えられたそう。おめでとうございます!
今年も3人で無事来島できて嬉しいです☆
[PR]
by Koh_Chang | 2016-09-11 10:03 | ダイビング | Comments(0)