こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 27日 ( 1 )

明日の記憶

「明日の記憶」を見た。エンドロールが終わって会場が明るくなっても、しばらく動けなかった。若年性アルツハイマーを発症した働き盛りの男性の心の葛藤、妻の愛、家族の絆を描く。泣いた。悲しい涙なのか、感動の涙なのか、とにかく強く胸を打たれた。

「恍惚の人」のような介護の話ではない。アルツハイマーになった人自身の苦悩が、痛いほどに伝わってくる。自分が自分でなくなっていく恐怖。確実に進行していく病。「何も出来ないし、迷惑ばっかりかけて」と泣きじゃくる夫に、妻は優しい愛情で応え、支えていく。
そして、アルツハイマーになると、いつか来るその瞬間。。。
とても悲しい話なのだけれど、何かあたたかいものを残してくれる素晴らしい映画だった。

時々愚痴もこぼすけど、この人とこれからの人生も一緒に歩み、楽しい想い出をいっぱい作っていこう。
[PR]
by Koh_chang | 2006-05-27 23:33 | 雑記 | Comments(2)