こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

大堂海岸・最果てエリア

c0018489_2352147.jpg大堂海岸・最果てエリアへ向かう。多分ここが懸垂地点なんじゃないかな、という箇所は1月に確認しておいたのだが、本当にこんなとこ降りて大丈夫?海しか見えてないぞよ?ほんまにルートあるん?テラス水没してないのん??と不安だらけ。
←懸垂開始
随分経ってからヤナッチの声が微かに聞こえ、ロープが軽くなる。無事テラスに降りられたようだ。自分の番。70m一気に懸垂なんぞしたことないし、腕はだるくなるし、とにかく早く地に足をつけたくて、少し離れたルートを観察する余裕もなし。

c0018489_2314263.jpg
降りたテラスは意外に広い。
ただ、この日は大潮に近く、干潮時はかなり水位が下がっていたのもあるだろう。
近くの磯には、渡し船で来る釣り客がぽつぽつ見られる。
ということは、釣り客同様、渡し船で来るという奥の手も有りか?!…と思ったが、残置が全くないので、結局面倒な事になりそう。

c0018489_23202937.jpgそして、Secret Agent Man。
この1本を登るために、80mロープを準備し、ユマーリングの練習をし、干満表で安全な時間帯を調べ、遠路遙々車を飛ばしてきた。

1P35mの持久力ルート。奇麗なクラック。
一生に一度しかない、初トライ。
万感の思いを込めて、登った。

ルートの終盤、慎重に行けば落ちることはない。
思わず、ありがとうとつぶやく。
ありがとう。ありがとう。
こんなルートに出逢えたことに、感謝。


コブクロの『蕾』には、こんな歌詞がある。
「いつかこんな日が来ることを きっときっときっと分かっていたはずなのに」
ヤナッチが寂しげに歌う。
…夫婦円満のためには、同じ時に同じルートはやらない方がいいみたい。

最後に荷物を背負って70mのユマーリング。この日一番の核心は、ここだった…。近所で空身でちょっと練習する位じゃ、話にならんわ…。
[PR]
by Koh_chang | 2008-02-10 22:45 | クライミング | Comments(2)
Commented by ポチ at 2008-03-08 02:40 x
随分遅いけれど、ほんとうに良かったねえ
おめでとうございます
またいつか一緒に登ってください!
Commented by こうちゃん at 2008-03-13 21:54 x
ポチさん、ありがとうございます!!
月並みながら、ホントに嬉しかったです(^^)v
暫く不在にしており、レスが遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
こちらこそ、またよろしくお願いします!