こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

兵衛谷・その1

名渓中の名渓との噂高き御嶽・濁河川兵衛谷。以前より話を聞いて行きたいと思っていた。しかも岳人7月号で、日本の渓スタンダード10に選出されているではないか。ひょっとしたら今年のお盆は混むかもしれないな…とは思いつつも、体力に自信なき我々が普通の3連休で行くのは心許なく、4日間の予定でいざ出発。

巌立公園に着いたのが既に朝の4時…。結局寝不足のままの入渓となる。駐車場からアプローチはゼロ、すぐ下の谷に入って、程なく濁河川へ。
c0018489_23442488.jpg
兵衛谷に入るまでは
1箇所イヤらしいところがあった。
左側にハーケンと
残置スリングあり。

歩いて歩いて、
ようやく兵衛谷出合。


c0018489_23492672.jpg
最初の大滝、
曲滝20m。
この頃にはウェットを着ていても
泳ぎが多くて体が冷え、
カッパを着込む。


c0018489_2354996.jpg
滝を巻くとゴルジュが。
右上にぼろい残置ロープあり。


c0018489_2359356.jpg
泳ぎまくった初日の中でも
一番泳いだ淵。
何か奥に滝が見えてるぞ…。


c0018489_02569.jpg
奥にはトイ状の曲がった滝が。
不思議な地形。
ホールド・スタンスは多くて
右側を直登。

c0018489_061076.jpg
直登不能な2条の滝。
ここは右から巻くのだが…


c0018489_05227.jpg
途中で大きな岩のトンネルが。
ひょ~面白い♪


c0018489_091648.jpg
滝を巻いて
再び谷に降りた辺りから、
亀甲状のナメと小滝が
延々と出てくる。
感嘆しながら歩く。


c0018489_0115465.jpgおや?
滝があるのに出口なし?!

落ち口の釜がトンネル状に
なっていて、手前の釜に
地下で繋がっている。
何とも摩訶不思議な地形だ。
試しにヤナッチが手前の釜の
水中にカメラを沈め撮影を試みるも
泡しか写らなかった(^^;


暫く河原歩きで、時間的にも今日はここまで。
テン場を探している内に取水堰堤が見える所まで来てしまったので
ちょっと戻った台地で終了。今日は1日よく歩き、よく泳いだ。
そういえば他パーティーには全く出会わなかった。(結局最後まで釣師にしか会わず、
同時期に入ったパーティーは皆無だった模様。)

乾いた服に着替え、ようやく一息ついたところで
ひどい夕立が…。まだツエルトすら張ってないのに!
雨止まず、残念ながら本日の焚き火はナシ。
つまり、晩ご飯のおかずもナシ。ああ、岩魚さま~!!
[PR]
by Koh_chang | 2007-08-11 23:32 | | Comments(0)