こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

「クイーン」

ダイアナ元妃の突然の事故死。エリザベス女王と女王を取り巻く人々のその後一週間を描く、淡々としているが奥深い映画。どこまで事実なのか疑問が残るものの、孤高の女王にとても好感を抱いた。王であるが故の孤独と高貴さ。国民がそれを望めば、本意でないこともやり遂げる。自分を押さえ、神と国民に尽くす事が女王の務めであるから。
女王は敷地内では悪路を自分で運転し(この様はかなり格好いい)、普通にテレビも観るし、ペンダントも自分で付ける。何となく、そんな事には無縁の存在と考えていたので、普通の人間なんだ、と新鮮だった。
鹿がダイアナ元妃とダブるような設定も興味深い。
あまり書くとネタバレになるのでこの辺で。
[PR]
by Koh_chang | 2007-05-23 23:30 | 雑記 | Comments(0)