こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

「マリー・アントワネット」を見たが…

え、もう終わり?!と姉は小さく叫んだ。自分も全く同じ事を頭の中で反芻していた。まじ?彼女の人生、ここからがドラマなのに。ベルばらに涙した世代にはあまりにも薄っぺらい映画であった。本物のベルサイユ宮殿でロケしたので、画面は豪華絢爛、衣装もゴージャス、が、肝心のストーリーは夫婦関係に悩み、ストレスを浪費に費やす王妃の様子がメイン。フランス革命なんてどうでもよかったんですな、ソフィア・コッポラには。宮殿を追われ、全てを失っていくにつれて王妃の気品とプライドを高めていく。それが全くないまま幕切れじゃねぇ。
[PR]
by Koh_chang | 2007-01-21 23:22 | 雑記 | Comments(2)
Commented by メグ at 2007-01-28 22:56 x
そ、そうなん!?
面白そうやなと思っていたのに、そうなんか~・・・。
主役の女優さん可愛いやん。
彼女を語るには3時間じゃ無理なんね(^^;)
Commented by こうちゃん at 2007-01-28 23:18 x
そうなんよ~大体、オープニングの音楽がロックで始まったんで、「?」って思ったら案の定…ガックリです。マリー・アントワネット役の女優さん、好き嫌いあるみたいね。私はまあ可愛いかな、って思ったけど、14歳の役をやるにはちょいと、いえかなり無理がありますね…。
映画見るくらいなら、もう一度ベルばら読む方がずっといいですよ~!