こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

岡山・備中高梁

7/28-29
両親と岡山へ。
ランチのためだけに立ち寄った真庭市下呰部。古民家を活かした素敵なレストランで、すぐお隣があらま、酒蔵じゃないですか。そら寄りまっせ。落酒造場という120年以上続く蔵元。
日本酒は地産地消であまり全国に出回らない銘酒がたくさんある。旅先でそんなお酒に出会うのも、楽しみの一つだ。
c0018489_1758302.jpg


新見市の満奇洞。鍾乳洞好きの父の旅行プランには、いつも行き先に鍾乳洞がある(笑)
洞名は、昭和初期にここを訪れた歌人・与謝野晶子が「奇趣に満ちた洞」と激賞したところから名付けられたそうだ。とても見応えのある鍾乳洞だったけど、赤やピンクや紫のカラフルな照明がせっかくの神秘的雰囲気を俗っぽくさせているのが残念。昭和のネオン街みたいやん。
こういう普通の照明だけでいいんとちゃう?
c0018489_19232318.jpg


鍾乳洞を後にしてドライブ中、すざましいゲリラ豪雨に。本当に怖いね。
予定をすっ飛ばして、兎にも角にも宿に向かい、無事岡山市足守温泉に到着。
温泉も食事も感激☆☆☆
c0018489_16333241.jpg


翌日、足守の古い街並みを散策。
c0018489_1637575.jpg

足守藩家老杉原家旧邸宅。無料で公開されている。
c0018489_1639392.jpg


県指定名勝、近水園。池の島は亀の姿。こちらも無料。手入れも行き届き、素晴らしいですね。
c0018489_1642377.jpg


高梁市の吹矢ふるさと村へ。備中には何度も行っているけど、ここへの訪問は初めて♪
ベンガラ色の紅い町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に選出されている。
c0018489_16461218.jpg


紅い郵便局。
c0018489_16512264.jpg


旧片山家住宅。200年余りベンガラ製造・販売を手掛けた老舗。本棚には医学・法律書から小説まで様々な古書が並び、豪商の生活の一部を垣間見た感じで面白い。無造作に置いてあるけど、結構価値のある書籍もあるんじゃないのかな?
c0018489_1654378.jpg


ベンガラ製造室。蔵の周りが今でも紅い。
c0018489_16525397.jpg


ベンガラ豪商の西江邸。現在も子孫が居住され公開されているものの、臨時休館日だった。残念。
c0018489_178277.jpg


吉備津神社。
c0018489_17113486.jpg

全長360mの廻廊が見事。
c0018489_17123341.jpg


最後に岡山城へ。
c0018489_1714427.jpg


天守閣は1597年に完成。昭和20年の空襲で焼失、昭和41年に再建された。壁に黒漆塗りの下見板を取付けるこの時代の特徴から外観が黒く、「烏城」とも呼ばれている。実は鉄筋コンクリートで、ちょっと見た目はレゴっぽい、と思ったのは私だけだろうか。
c0018489_17151025.jpg


岡山駅でレンタカーを返却し、新幹線で帰路につく。
今回も楽しい旅行をありがとう(^^)

備中で雨やレストで登らない日は、是非観光に行ってください(笑)
[PR]
by Koh_Chang | 2017-07-30 17:57 | 旅行 | Comments(0)