こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

芥川山城

高槻の歴史を紐解くと、二つの城が登場する。一つは市街に近い高槻城。先日ローマ法王庁より「福者」に認定されたキリシタン大名・高山右近も城主を務めた城。市街に近く、城跡公園や歴史館に行った方も多いだろう。
もう一つは「芥川山城」。摂津峡の近くにあるらしい。

ググってみたら、高槻市HPに詳細が掲載されていた。
「高槻市インターネット歴史館」 芥川山城跡

詳細はリンク先をご参考頂くとして、何であんなところに?との思いもあり、散歩がてら行ってみた。
芥川沿いを自転車で。今日もカワセミがせっせと川にダイブしてお食事中。こんな光景を間近で見られるのも、高槻のいい所。塚脇橋のふもとからウォーキング。
この看板から山道へ。
c0018489_1018172.jpg

30分ほど歩くと、高槻市を見下ろすこの眺望。曇り空ながら生駒山まで見えた。
この景色を眺めると、城があったことも納得。
c0018489_1249627.jpg

この三好山は、三方を芥川に囲まれ、残る一方が断崖となっており、山そのものが難攻不落の砦。
生駒山系を臨み、眼下には西国街道や芥川宿を見通すことができる位置にあり、かつ亀岡へと続く間道もあった。芥川を下ると水上交通の要、淀川に至る立地など、政治上・戦略上において重要な場所でもあった。
c0018489_12511392.jpg

山頂に静かに佇む。眺望のよい広場になっている。
c0018489_12582792.jpg

梅田辺りの高層ビル群からあべのハルカスも見える。ハルカス分かる?
c0018489_1341881.jpg

大手石垣跡。
c0018489_1374737.jpg

この山域は私有地。地主さんが道を整備して下さっているようだ。下山途中の竹林が見事。
c0018489_13111380.jpg

芥川沿いの梅。春が少しずつ近づいている。
c0018489_13141053.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2017-02-22 23:09 | | Comments(0)