こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

トレラン鏑木氏 強さの秘訣

トレイルランニングのトップランナー鏑木毅氏の特集記事が、先日新聞に紹介されていた。
48歳と決して若くはないのに、過酷なレースに耐える強靭な体と精神はどこからくるのか。
備忘録としてメモ。要点は2つ。

1.食生活の改善。「低糖」と「抗酸化」を意識。
2.加齢を受け入れたうえで、創造性を働かせる前向きな思考。

1.食生活の改善
「低糖」
運動するためのエネルギーは、糖質、脂質を同時に使って発生する。通常激しい運動をすると、糖質が優先的に使われるが、糖質は体内の貯蔵量が少ないためエネルギー切れを起こしやすい。
一方、脂質は大量に蓄えられているため、安定的にエネルギー供給が可能。体脂肪を効率的に燃やせれば、長距離を安定して走ることができる。その回路を作るため、食事を「低糖質」に改善。
「抗酸化」
激しい運動をすると、活性酸素が大量に発生する。活性酸素が体内に増えすぎると、酸化により細胞、血管、筋肉を傷め、老化の原因になる。抗酸化物質を含む食べ物※を摂取するのがよい。

※鮭、エビ、トマト、赤ピーマン、パプリカ、唐辛子、ほうれん草、ブロッコリー、人参、モロヘイヤなど

2.創造的トレーニング
体力の衰えを受け入れ、過去の成功時のトレーニング方法を捨てる。できないことを嘆くのではなく、新しいプロセスを考える。例えば雪上ランニングなど創造的トレーニングを取り入れ、わくわくする気持ちを持つ。わくわくしていれば、厳しいことも厳しいと感じない。それにはこうありたいというビジョンがなくてはならない。

[参考:日本経済新聞 2017年1月27日号]

私のような一般ピーポーには、プロの超人の真似などとてもできない。だが、年齢を感じさせない強さを持つ人が、どんな事を心掛けているのかは、興味があるし、もし凡人でも参考にできることがあれば、取り入れてみたいと思うのだが。
唐辛子(カプサンチン)は抗酸化作用があるのね。辛いモン好きには嬉しい話。では辛辛魚が今年も発売されたから、買ってくるか!・・・そこ?
[PR]
by Koh_Chang | 2017-02-06 23:56 | クライミング トレ&ケア | Comments(2)
Commented by カオリ at 2017-02-09 12:48 x
こうちゃん、お久しぶりです。私も興味ある記事です。
ところで、”唐辛子(カプサンチン)”は”カプサイシン”ですね。アスタキサンチンとごっちゃになってますね?!
カライの苦手な私は、鮭、海老、トマトを摂取だわ!^m^ 
Commented by こうちゃん at 2017-02-09 13:32 x
カオリちゃん、お久しぶりです!コメントどうもありがとう。そうそう、唐辛子といえば、辛み成分カプサイシンですよね。私も変だなあと思ったのですが、改めて調べてみたら、唐辛子の赤い色素成分がカプサンチンなんだそうです。抗酸化物質として鮭、海老などのアスタキサンチン、トマトなどのリコピン、赤ピーマンなどのカプサンチン、ほうれん草などのルテイン、人参などのβカロテンが紹介されていました。赤系の食べ物が多いのですね~
意識して食べようと思います(^^)