こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

備中・ニューエリア

1/4-6

今年の初登りは、ビッチュ~♥ ヤナッチが「新年特別家族サービス」でつきあってくれた。久しぶりにニューエリアで遊ぶ。

1/4
正月三が日に続き、今日も気持ちの良い晴天。お昼の気温、何と日なたは22℃!この寒がりの私が半袖で登れるとは。
左から3番目のフェイスルートでアップ後、「時間よ止まれ」。このルートは5年前に一度触り、2年前は久々に取付いた時にフォール、悪い膝にダメージを喰らい即終了^^;
やっとまともにトライできる日が来たよ。

1便目。「お前、登ったことあるんちゃうんかい」と呆れられるほど酷い登りで終了点へ。
2便目。意外にも7P目まで頑張れた。やっぱり石灰岩は、「信じて立つ」が大事やね。
c0018489_23531347.jpg

1/5
昨日の小春日和が一転、どんより雲に覆われた寒い日に。お昼の気温、7℃。やっぱりこの温度では末端冷え症の自分には、クライミングは無理ってことがよく分かった。
せっかく岩場まで来たので、触ってみたものの身体が全然動いてくれない。あっかん、テンション!
時折吹く冷たい風がほっぺと掌を凍えさせて、寒い寒い寒い!!!
明日暖かくなることを期待して、本日は1本のみで下山。ヤナッチの本来の目的?、釣り場を目指す。

瀬戸大橋の付け根でメバリングするヤナッチをおいて、私はスパへ。24時間営業のお店に行ったのだが、残念な点があった施設で、ゆっくり寛げず。戻ってみると、瀬戸内海の魚は既に全滅していたらしい。

1/6
左から2番目のフェイスルートでアップ。
早く釣りに行きたいヤナッチからプレッシャーかけられる。気温は14℃、言い訳できない。
1便目からもちろん、RP狙い。最終クリップまで来た。ここから時間が止められるか?

ヨレヨレになっている。落ちてもいいから渾身の力で1手ずつ。これを持てれば終わり、のガバ取りには届け!と最後の力を振り絞った。「絶対取る!」

届いた時の安堵感。終了点でしばし呆然となる。
12aなら登れないグレードちゃうやろと思われるかもしれない。でも、2年前の怖さをやっと乗り越えられた気がする。ムーブが多彩で組み立てるのも楽しかった。ツルツル、チョボスタンスに立つのも、最初は躊躇したし、めちゃくちゃ怖かった。ジワジワと腕にきた後の、最後のしびれるパート。時間よ止まれ、ホールドよ止まれ。
c0018489_23555486.jpg

今日も早めに下山して、第2部へ。
まずはシーズンを迎えた牡蠣を食べに赤穂へ。かましま水産赤穂店で、牡蠣三昧の忠臣蔵御前。生、焼き、フライ、蒲焼丼、すまし汁と牡蠣のオンパレード、これで1500円也。
c0018489_028178.jpg
結局、私は牡蠣は生が一番好き!!!次回は(あるのか?)、生牡蠣だけ注文する!!!
あたってもいいから生牡蠣だけ追加で頂き、至福のひととき。うう、美味しいです。
c0018489_0244211.jpg

相生に移動し、ヤナッチはメバリング。私は車でロクスノ読。吉田氏の追悼記事を読み、改めて唯一無二のクライマーだと思った。ヨセミテでマルチを登っている時、ビレイ点でベルギー人に、日本から来たというと「Do you know Mr. Yoshida?」と聞かれてびっくりした覚えがある。こんな壁の中で、吉田氏の名前が出てくると思いもしなかったから。その吉田氏には、愛猫がいたそうだが、この港にも可愛い猫が。

c0018489_19245045.jpg
ヤナッチが釣りをしている3時間ほど、ずっとついてきてニャーニャー鳴き、すり寄って猛烈に可愛さをアピールしていたそうな。釣れたメバルをあげると、バリバリと丸ごと食べ、もう1匹釣って!と膝に攀じ登ろうとしてたって。納竿した後も、車までずっとついて来た。靴の上に乗ってくるのは、舗装道路が冷たいからか、帰ってほしくないからなのか。

後ろ髪をひかれる思いでニャンコとお別れ。しかし、何でよりによってエコフィッシャーについて来たのか。きっと今頃もっと達人の釣り師を見つけて、お腹いっぱいお魚をもらっていることでしょう(^^)
[PR]
by Koh_Chang | 2017-01-07 18:44 | クライミング | Comments(0)