こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

志賀高原

2/24-26

神戸・愛知・東京のシニアスキーチームに入れて頂いて、志賀高原へ。
84歳を筆頭に、80代が3名、70代が5名、60・50・40代が各1名と小生が一番の若手。
大先輩を前にすると、青っ洟の小僧です。いやはや、皆さんの元気なことったら!
初日は高天ヶ原~西館~発哺、二日目は高天~奥志賀、三日目は横手山~渋峠。
志賀高原には何年も来ている来れど、車で移動するのが面倒で避けていた横手山方面は今回が初めて。
c0018489_1958321.jpg


横手山といえば、標高2,307mと日本一高い所にあるパン屋さん。
このヒュッテの中に、パンコーナーがあった。
お昼には早すぎて、残念ながら試食はまたの機会に。。。
c0018489_19591679.jpg


気温が低いのにお天気がよくて、バーンの状態は全然良くない。志賀高原といえば上質スノーなのに、今回は三日ともカリカリがメインだった。特に横手山は標高が高いので、寒いのなんの。更にコースが短いため身体が温まる前にリフトに乗らないとアカンので、修行であった。。。空にはX状の虹。
c0018489_204428.jpg


c0018489_2004626.jpg夕食前後の宴会がとても贅沢!
独のスパークリングワインで乾杯。
しかもシャンパングラスもわざわざ持ってきて下さっているとは。

一粒がとても大きい牡蠣の佃煮。
自家製野菜のサラダ、お漬物(ゴマから手作り!)、南蛮漬け等々次から次に旨いつまみとお酒が出てきて、話も弾む☆


愛知チームYさんが持ってきて下さった44年前のスキージャーナル!
Kご夫妻にまつわる思い出話が掲載された号で、そのことをつい最近告白されたそう。
大事に保管されていたのですね。
そんな昔から一緒にスキーをされていて、今もこうして仲間でいらっしゃるのがとても素敵。
冊子には関西のスキー場として比良山など紹介されていた。この頃はもっと華やかだったんやろな~
c0018489_2005825.jpg


東京チームのお二人は、60年以上前に白馬鑓の温泉でお知り合いになって以来のお付き合いだそう。
80歳を過ぎても一緒にスキーに来られるなんて、並大抵のことじゃない。
元気に人生をエンジョイされている皆さんに、来年もまたここで再会できますように。
[PR]
by Koh_Chang | 2015-02-27 19:58 | スキー | Comments(0)