こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

北アルプス 蓮華温泉~雪倉岳 その2

5/4(土)

2日目:蓮華温泉~雪倉岳~蓮華温泉(泊)

蓮華温泉から目指す雪倉岳はほとんど見えない。左端にかろうじて映っているのがそうかしら。
c0018489_23441717.jpg


出発してほどなく、カリッとした斜面をトラバース中に、先頭のSさんが数m滑落し、ちょうど樹の根本の穴に吸い込まれるような形になった。一瞬の出来事。
幸いにもSさんに怪我はなく、無事脱出できて本当に良かった。
トラバース中ってシールが効きにくいので、特に氷化した斜面は滑落の危険大。
過去痛い目にあっているので、最近はすぐスキーアイゼンをつけるようにしている。
Sさん、大丈夫とのことなので、再出発。

兵馬ノ平には下りず、ほぼトラバースのコースを行く。
c0018489_234521100.jpg


ついつい先行者のトレースを辿ってしまう。「愚直なまでのトラバース」をしなければならないのだが、若干登りすぎたようだ。少し下って、瀬戸川にかかるスノーブリッジを恐る恐る渡る。
正規ルートには、完全に埋まっている個所があった^^;
c0018489_07359.jpg


やっと雪倉への登りが本格的にスタート。何かもう十分歩いた気がする。
c0018489_0144125.jpg


雪倉ノ滝の上部のあたりで板をぬぎ、小さな尾根を乗り越す。
c0018489_0184573.jpg


更に上を目指す。この上のルンゼがかなり急斜面で…
c0018489_2315234.jpg


ジグザグ登りより、板外して直登した方が早いんちゃうかって気になる。
つぼ足のトレースもあったので、そっちを選択。
c0018489_23165069.jpg


急なルンゼを抜けたら、うわっと大斜面が広がる。おお!と感激していたのもつかの間。
風がきついと思っていたら。。。
c0018489_2319850.jpg


かなり最上部にきていると思われるんだけど、天気急変、雪が降ってきた(涙)
斜面はカリカリ、板担いでアイゼンに切り替える。Fさんはスキーアイゼンで頑張っていたけれど、最後に階段のようなつぼ足トレースが出てきて、そこで皆スキーを外していた。c0018489_23212375.jpg


だだっ広い頂上付近を視界がない中歩く。
c0018489_23302985.jpg
強風の中、無事全員雪倉岳山頂到着。

ひどい靴擦れに悩まされているYさん、
痛みを堪えてのガッツポーズ。


こんなに悪天になるとは思いもよらなかった(涙)
視界も悪く氷化した斜面。安全地帯まで板は担いだまま下った。
まさかアイゼンでバックステップで降りることになろうとは(T_T)
そろそろ大丈夫だろうと板を履こうとするも、カリカリ斜面では足場を作るのも一苦労。
その後も、絶対に転倒できないという緊張感の中で、ただ斜滑降で暫く下る。c0018489_23392752.jpg


ようやく視界が出てきた。やっとまともに滑れる。。。
c0018489_2340532.jpg


雪は雨に変わり。。。
c0018489_23403693.jpg


アメニモマケズ。
c0018489_2340307.jpg


本日のスイーパーかしら。。。
c0018489_23405571.jpg


帰りもトラバース道で。雨のせいでトラブル続出!Sさん、Yさん、Fさんのシールが次々と全く板につかなくなり、応急処置で何とか戻ってこれた。ヘッドランは使わなくて済んでよかった^^;
c0018489_2348574.jpg

キャンプ場へ戻ってきたら、こんな看板ハッケン!

東レになったのが1970年。
東洋レーヨン時代のものだから、
これは43年以上前のものではないか!!!

どんな経緯でこれがつけられたのか
とっても気になる。


c0018489_095932.jpg
昨日より板が増えましたぞよ。

長い1日、お疲れ様でした。

今日も温泉最高です。


蓮華温泉ロッジの食堂の一角に、竹浪先生の写真が飾られていました。
2008年、78歳でツアーに来られた時のものです。
c0018489_0201919.jpg

私も
おばあちゃんになっても
スキーで温泉に
来られたらいいなあ。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-29 00:11 | 山スキー | Comments(0)