こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

妙高・火打山 その1

4/28(日)

GW前半。27日は前日から冬型の予報のため、1日ずらして入山。後で聞いたところ、やはり27日は相当の悪天だったらしく、車道で既に積雪があり、チェーン等冬用仕様になっていないと登山口にすらたどり着けなかったそうだ。
c0018489_23491063.jpg早朝に妙高高原の旅館でFさんをピックアップして、笹ヶ峰へ。
今日からは晴天予報で登山口すぐの駐車場はいっぱい、近くの大駐車場はまだ余裕があった。
とはいえ、きっとこの車の人たちがほぼ火打と考えると、相当な入山者がいそう。

笹ヶ峰の登山口。
さあ頑張りましょう。

c0018489_23561758.jpg
黒沢の橋の手前は
ずりっと滑ると川ポチャになりそうで
慎重に。。。


c0018489_2359561.jpg
カリッとした斜面のトラバースは気持ちのいいものではない。

途中でスキーアイゼンをつけて
ガッチリきかせて登る。

c0018489_012934.jpg
十二曲を登り切った尾根の先で、せまい個所があり、そこはスキーを担ぎアイゼン履いて登る。

しばらく歩くとじきに尾根は広くなって、見晴らしの良い富士見平へ続く。

ソフトクリームのような雪模様の先に火打山☆
c0018489_074190.jpg

ここ富士見平は、その名の通りお天気が良いと富士山まで見えるそうだ。
今日は無理だけど、周囲の山々がぐるり見渡せてとても気持ちのよいところ。
c0018489_08686.jpg

黒沢岳の西斜面をトラバース。
c0018489_0145162.jpg

火打山、影火打山、焼山。
c0018489_0154240.jpg

高谷池ヒュッテにチェックイン後、黒沢岳東斜面へ。
小屋の前でどこに行こうかと話をしていた時に、そこに居合わせた方がお薦めして下さった。
ひゃっほー!
c0018489_017388.jpg

ヒューヒュー!といきたいところが、ちょうど雪面がパックされた状態で、曲がれない^^;
c0018489_0261842.jpg

黒沢岳を回り込んでまた西斜面をトラバース。
c0018489_0325868.jpg

今日の晴天に感謝。
c0018489_0344634.jpg

この日の夜、小屋で非常に腹立たしいことがあった。

再三にわたり、注意をされているにも関わらず夜半まで騒ぐ集団がいた。
恐らく泥酔状態だったんでしょう。

小屋ってたくさんの人が同じ部屋に寝るので、イビキかく人いっぱいいるんですよ。
2階は20時消灯。それが22時まわってもイビキが聞こえないって異常なこと。
これは誰もあのうるさい集団のせいで眠れてない証拠。
なので私も注意しに言ったんだけど、その時は、はい、はい、と聞くんですね。

その後は耳栓して寝てしまったので知らないんだけど、0時近くまで騒いでいたらしく、翌朝ほかのお客さんが管理人さんに文句言うてはりました。注意したのは、私だけじゃなかったし、結局誰が言っても無駄だったんですね。。。しかも外でも騒いだらしく、テントのお兄さんもうるさかったって言ってた。
こういう時は、やっぱり管理人さんが適切な措置をとってほしい。
[PR]
by Koh_Chang | 2013-05-19 23:55 | 山スキー | Comments(0)