こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

北アルプス 燕~常念縦走 その2

5/5(土)

燕~大天井岳~常念乗越~一ノ沢下山

3:45に目覚ましが鳴るも、暴風は相変わらずでとても行動できるような天気ではない。
明日蝶を目指すなら早朝発をしなければならないが、3人とも無言のまま二度寝…。

ん?二度寝?寝れたら本望。寝れないし。でも、テント大丈夫でヨカッタ。

5時頃起床、外は曇り。天気予報では今日1日は何とかもちそう。このまま下山するのももったいないので、常念方面へ向かうことにする。

7時出発。燕山荘の前は出発する人でいっぱいだ。
燕岳は雪化粧。
c0018489_23373552.jpg


千丈沢方面を見る。晴れていたら槍も見えるのになあ。
c0018489_2345241.jpg


蛙岩と北鎌尾根の独標。蛙岩は冬は中をくぐっていく。
c0018489_23532968.jpg


c0018489_15522.jpg

はろー

大天井岳に続く縦走路。
c0018489_2356341.jpg


北鎌尾根。もうちょっとで槍まで見えるんだけど。
c0018489_2358134.jpg


大天井岳を見る。積雪期は夏道を行かず、ダイレクトに登る。
やっと青空も見えてきたけれど、出発してからずっと稜線上は強風で、何度も耐風姿勢を取らないと吹っ飛ばされそうだった。
c0018489_23594311.jpg


大天井岳 2922m
c0018489_05149.jpg


東大天井岳と常念岳。大天井岳から先は、夏道で積雪もないところが多く、アイゼンは途中で外した。そういえばオッサン2人はずっとつけてなかったけど。
c0018489_084830.jpg


槍ヶ岳がやっと見えたよ。
c0018489_015334.jpg


13:45 常念乗越着。
c0018489_0182232.jpg


結局縦走中ずっと強風が吹きっぱなし。ザックのチェストストラップについている笛が、ひーっと乾いた小さな音を鳴らし続けているのがおかしかった。

さてこれからどうするか。明日の予報は朝から雨に変わっていた。
1.常念岳を超え、岩稜地帯を抜けたところまで泊まり、翌日蝶ヶ岳を経由で三ノ股下山
  →当初の計画。この案は今朝消えたって。
2.常念岳を往復し、乗越のテント場泊で、明日一ノ沢下山
  →天候はこれから悪化。昨晩からずっと強風に吹かれっぱなしなのに、
   今晩もこんな強風のなかテント泊なんぞ無理。
3.常念岳を往復し、風のない一ノ沢の適当なところで泊まり、翌日下山。
  →明日は朝から雨みたいだし、雨の前にさっさと下山したい。
4.今すぐ下山
  →賛成多数で決定。

ヤナッチは常念岳を目の前に、一人でも登りたかったようだけど、結局折れてくれた。
すまん、もう私はくたびれてしまったのだよ。
14:00、常念小屋前から携帯でタクシーを予約し下山開始。
c0018489_0355922.jpg
一ノ沢を下る途中で振り返る。


暫く下ると暗くなり、雷が鳴り雹が降り始めた。パチンコ玉くらいの雹がガンガン降ってくる。
いやはや、常念岳を登っていたら、エライ目に遭っていたところだ。ヨカッタヨカッタ。

登山口には17時着。タクシーは18時に予約していたのだが、別のお客さんを待っていたタクシーのおじさんが、無線で連絡してくれて早く来てもらうことができた。同じくこんな天候だから、と常念岳を諦めて下山した単独の青年と一緒に乗車、穂高駅で青年とお別れして本社へ戻る。

1日早い下山となり、八王子へ帰るTさんが電車をチェックするとかろうじて温泉に行く時間はある、とのことで急いで出かける。夕食も一緒にできず、最後はバタバタと見送ることになってしまったのは残念だった。

タクシーのおじさんから、白馬方面での遭難事故を聞いた。当初ニュースでは軽装だったと伝えていたので、あの天候で無防備すぎでは、と思っていたが、実際は事情が違っていたようだ。装備はしっかりされていた。ダウンジャケットもツエルトもコンロも持っておられたけれど、天候の急変に対応できなかったとか…。
夏、年配の方は体温調節機能が低下しているので、家の中にいても熱中症に気を付けないといけないと聞く。今回気象遭難された方は、みな60歳以上だった。歩いている時は、汗をかくくらいだ。薄着のまま歩き、急に吹雪き、寒いと思った時にはもう遅かったのかもしれない。

このGW後半は、事故が相次いだ。自分も肝に銘じなければならない。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-16 23:27 | | Comments(2)
Commented by komachan at 2012-05-17 23:16 x
実は、3日穂高町に泊まっていて、4日五竜に日帰り(ゴンドラ使って行けるところまで)予定でした。
4日早朝穂高はまだ雨が降っており、どうする?って迷ったあげく、ガスって見えなかったら面白くないし・・・と登山は止めました。その後ゆっくり松本に向かい、石井スポーツで物色した後、安房峠経由でドライブ旅行となったのでしたが、帰ったら白馬で遭難のニュース。
行かなくて良かった、ということと、春山は吹雪き何が起こるか分からない・・・と改めて考えさせられました。
松本はあの日半袖で良いくらい晴れたのですよ!

1泊2日で中房~一の沢縦走は素晴らしい♪大変だったとは思いますが、私も雪がある時に一の沢登って見たいわ~危なかった?雪崩の巣があると聞いてますが・・・

ステキな景色をありがとう!



Commented by こうちゃん at 2012-05-17 23:35 x
komachan、そうだったのですか!五竜はもっと北だし、4日の天気崩れるのは早かったと思います。入山前の判断が良かったですね。松本はそんなにお天気良かったのか。。。
常念岳も登らなかったし、何や中途半端で終わった感が強いのですが、山には無理は禁物、無事下山したのでヨシとします。
一の沢、下りは楽々でしたが登るのはしんどそう(^_^;)
そういえば、別の沢からのデブリが一の沢にも流れこんでいる箇所があって、そこはささっと下りました。そこ以外は、雪が落ち着いていれば大丈夫かな。
見てくれてありがとう!