こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

北アルプス 燕~常念縦走 その1

5/4(金)

中房温泉~合戦尾根~燕岳

GWはTさん&ヤナッチと何やかんやで燕岳~蝶ヶ岳へ縦走しよう、ってことに落ち着いた。
前半3日間は好天だっただけに、年休まで取った後半の悪天は残念。こればかりは仕方なし。
結局出発日をずらし、予備日なしとなってしまったので、どこまで行くかは天候や状況を見ながら判断することに。

3日20時半に豊科駅で集合の予定が、名神での事故渋滞で2時間も遅刻になってしまった。申し訳なし。

中房温泉へは南安タクシーを事前予約。とても親切なタクシー会社で、自家用車を預かってくれる上に仮眠用に会議室を無料で貸して下さった。広い会議室には我々3人のみ。横になって眠れるのは、登山前日には大変ありがたいことだ。

朝、6時過ぎに本社発。7:30中房温泉出発。まず人の多さに驚く。
c0018489_2365718.jpg

合戦尾根の第一ベンチ

大混雑ですよ。座るスペース確保するのも大変。
春山ってこんなに人多いのですね。


合戦小屋では生ビールも販売中。でも呑むにはまだ早い。
雨がぱらっと来たと思ったら、時折青空も見えたり変な天気。
「これは疑似晴天なんだから」って期待はしないようにしてた。
c0018489_2385226.jpg



北アルプス三大急登を歩き始めて4時間半、ようやく燕岳が見えてきた。
そういえば残り二つの急登、Tさんによると烏帽子岳のブナ立尾根と鹿島槍の赤岩尾根らしい。
c0018489_2311284.jpg


まずは燕山荘近くのテン場で設営。
c0018489_2317831.jpg


身軽になって、燕岳を往復する。
頂上 2763mから北燕岳方面を見る。風強し。c0018489_23181391.jpg


テン場への帰り道、槍ヶ岳方面を見る。
c0018489_23285533.jpg


14:30にはテントに入り、うだうだ過ごす。
夕方には雪も降り始めた。

就寝前に小屋へトイレに行った時、再度スマホでこれからの天気を確認。
麓の安曇野は夜中0時には晴れる予報であったが…。

一晩中暴風と雪がテントをたたきつける音が耳元で絶え間なく聞こえるため、ほとんど眠ることができなかった。あのTさんでさえ、ウトウトしかできなかったそうなんで、相当うるさかった…のもあるし、20年モンのテントが、果たしてこの暴風に耐えうるのかが、かなり心配だった。
テントが破れてふっ飛ぶようなことがあれば、小屋に逃げ込もうとは思っていたのだが。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-15 23:48 | | Comments(2)
Commented by komachan at 2012-05-16 22:08 x
GWの燕は特に多いと思う。
装備がそれほど無くても小屋やってるし、泊まれる。軽アイゼンで良いでしょ。
雪の上歩いたことない人だって沢山歩いてる。
縦走しなければ、雪崩の心配は全く無いからね。
昨年3日に日帰りで行ってきたよ。
歩き方を知らない団体さんを抜かせなくて大変だった。
後ろから人が来たら、横に避けてくれれば良いのに・・・と思って歩いてた。
直登するから夏道より小屋まで近い気がしました。
でも、春山一番にあの急登は堪えたよ!
続き、楽しみにしてるわ。

Commented by こうちゃん at 2012-05-16 23:15 x
komachan、なるほど、そうなのですね。
確かに、雪も緩んでいてアイゼン履かなくて大丈夫だったし、雪崩の心配もないし、ひたすら尾根登るので道迷いの心配もないし。
今年も団体さん多かったです。休憩ポイントはその団体さんの登る方、下る方が集まってそりゃもうすごい人でした!
これから続きアップします☆見てくれてありがとう(^o^)